スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯263~266

八雲誕生日おめでとう!と書くために何とか本日復活。
ついでに本編でも神風が吹いているようで何より。とはいえ、冬休みの強制終了の悪夢が脳裏をよぎるので、過信は禁物ですよ!

途中、亀仙人の姿を幻視しそうになったが、概ね多くの人が待ち望んだ展開。
天満の恋を成就させるために、播磨が男のやせ我慢!
そして八雲は、播磨が置いていった恋心を察し、拾う!

空気になりかけていた仲良し四人組設定も、天満の押しかけ女房作戦?を手伝うために一致団結といい感じに機能している。ずっと便秘状態だったストーリーが一気に流れていく様は爽快そのもの。やっぱり無理な引き伸ばしは良くないね!

だから、こうして大団円にうまく向かっているけれど、あと半年は続きそうなのが最大の不安材料でしょう。あれだけ宣伝していて、DVD付くし、9月までは終わると思えない。その後の展開はさすがに無いと思うが、果たして……?

ちなみに私は三学期反対派でしたが、OVAであれば賛成です。修学旅行やオハイオなんかわざわざ見たくない。だが、面白い部分だけ映像化されるなら反対する理由はありません。正直、単品OVAとしてはスクランに商品価値はもうないだろう(ペイラインに乗らない)けど、こういう方式があったとは素直に感心しました。
スポンサーサイト
 
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

播磨“漢”を見せる時

歩行祭以降再び“漢”らしい姿を見せ、下がりきっていた好感度も元の位置まで戻りました。
八雲の赤面顔もたっぷり拝む事も出来ましたし、わたしゃ満足ですよ。

OVA三学期
悪夢の出来事以来、単行本は購入していませんでしたが、スクランらしい面白さが維持されている歩行祭が収録されているなら“買い”ですかね。
・・・・・・応募締め切りが来る前に応募用紙の付いた単行本を買って置かないといけませんね。


ガンダム00
突っ込み処満載で始まった00も話が進む度に面白さが増して行き、3月29日に1期目が終わります。
1話以来仕事の忙しさの為か、感想を見る事が出来ませんでしたが、見ていないようでしたら時間がある時に見る事をオススメします。
戦闘は使い回しが一切無い上に、対エースパイロット戦はかなり熱いですから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

播磨は最大の被害者

もちろん引き伸ばしのこと。
やっと待ち望んでいた男気溢れる行動が出来るようになりました。
歩行祭は、久々に大当たりの長編で私も満足しています。
OVAが無駄に面倒な申し込み方式なのは、やはり出版社なんだなあ。
それにロイヤリティーとか在庫とか、都合は色々あるんでしょう。

ガンダムOO
「限界離脱領域」は何て自虐ネタ?と思いましたが、最近は素直に楽しんでおります。
ぶっちゃけ、主人公達が絶対的優位にあったヴェーダと機体性能の差を失い、苦境に陥ってからの方が面白い。
厨設定をぶち壊して、立て直すのに1クールくらいかかったせいか、王女やサジの伏線が全く関係無しに終わりそうですが、これなら2期は期待できそうです。

2期は雰囲気がガラリと変わりそうで、やはりWっぽいなあとまた思ったり。(Wは脚本家逃亡したり色々あったせいらしいが)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/635-899fed5f

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。