スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯261

天満の涙はうれし泣きか悲しい涙か?

状況から推察するに2:8くらいの割合かな。仮に告白が出来て受け入れられても、その後知る烏丸の未来は夢見る女子高生には重すぎる。そこで播磨の出番となるのか? バカをもってバカを制してまで逃亡させなかったんだから、見せ場はまだあるハズです。

無論、おこぼれ狙いじゃんくて、天満を励まし烏丸への想いを遂げさせる方向で!

な~に大丈夫。ギャグ漫画という禁句はおいといて、いずれ来るべき別れがあろうとも、それまでそこそこの猶予はある。某小説風に言えば“長くもなく短くもない”その時までを精一杯幸せで充実した時間にすれば良いのです。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/633-5013190e

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。