スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♭55

遂に来た! 八雲の誕生日エピソード!! 悲しい冷静な分析通り、友達とのハートフルなお話でした。会場はメルカド。最近変なコスチュームが多かったが、和服は変に媚びず美しくて実にいいチョイスです。

意外と段取り悪いのは、しっかり者のサラと榛名を料理担当に回したせいで、美樹主導になったせいでしょう。その美樹とさつきが妙にドジっ子していてサイコーでした。八雲はケーキを見ちゃっても、あんなに瞳をうるうるさせながら聞かれては、本当のことなど言えるハズありません。

内緒のつもり、なのが逆に素敵です。

ゆっくりゆっくりと言っていたのだから、寄り道して播磨のお見舞い(一度目)をしてくれていると大変よろしいのですが、それは想像の翼を広げすぎか。

「八雲が驚くよねー!」と期待されてしまい、「わっ」「ぎゃっ」と驚く練習をする八雲が可愛すぎる。でもそれは本人も気付いたように違うよね。たとえサプライズではなくなっても、友達が自分の為に一生懸命用意してくれた想いが、自然に表情を作ってくれました。驚くというより、楽しそうな笑顔が蝶・サイコーでした。笑顔っていつ以来だっけ?

それに店長が頼んだ謎のお使い内容といい、普段より多いお客さんということは、店長公認で常連客含め、看板娘の誕生日を全員で祝ってくれたのでしょう。ああ、実に良い話でありました。天満の見事なオチ以外は!

しかし、相変わらず何のSide Bなんだか。これは本編からのこぼれ話という意味に変わったということかな。もっと自由な時系列で話を作りたいのか、それとも♯本編が終了してもしばらく♭が続く布石かな。多分、前者の方だろうけどね。
スポンサーサイト
 
 

コメント

祝!30万ヒット

シロクロさんがノリノリ?と聞いて飛んで参りました。
まずは、300000HITおめでとうございますっ。

マガスペ見つけるのがきつくなってしまいましたが、

>「八雲が驚くよねー!」と期待されてしまい、「わっ」「ぎゃっ」と驚く練習をする八雲が可愛すぎる。
の文字だけで既にノックアウト気味です(笑

ここで八雲の誕生日とは・・・・本編があっさり28日になったときはどうしたものかと思いましたが
♭は本来八雲が主人公でしたから、ここに来て八雲の一大イベントをこちらでやるというのもアリなのかもです(?

その本誌の方は、歩行祭がいい感じで
天満の演説もなんかよかったですし、でも、やっぱり思うのはこういう事は修学旅行で以下略

また性懲りもなく播磨がやらかしてくれそうですが、
この公衆の面前でどんなパフォーマンスをしてくれるのか、ちょっと楽しみであります。

School Daysは残念でしたね。
凄惨な最終回のためにみなさんあの誠を始めとするキャラ達のDQN行動を耐えていたんでしょうし、その結末がこれとは・・・。
とりあえず、放送予定だったものは「放送を自粛する」ような内容ということなので、おそらく皆の期待通りの事が起こるのではないかと思いますが(笑)
今回の事を受けて変にマイルドになることなく、
いつか放送して欲しいですよね。AT-Xが予定通りやってくれるといいのですが・・・。


ではでは、失礼します。

復活おめー

ノリノリって(笑)。ただ単に溜め込んでただけです。
30万HITは予想より早かったが、最近のスクランが面白いお陰?

> の文字だけで既にノックアウト気味です(笑
ページをめくると、デンプシーロールが待ってるぞ!
先月のを見て、まさかスルーじゃないだろうなとちょっと怖かったので、八雲誕生日エピソードがあって良かった。
まあ、あれはあれでとても面白かったんだけどね。

マガスペは最近売れてないっぽいね。ラビリンスのアニメ化は雑誌自体のてこ入れか。
キャラ配置だけはいいし、その道のプロが手を入れると化けるのか試しに見てみます。
とはいえ、正直こんな空気作品を選ばなくても、と思ってしまう。
マガスペNo.1は間違いなく若美。しかし、絶対にメディア展開が不可能な作品(汗)。

> その本誌の方は、歩行祭がいい感じで
いい感じであればあるほどちらつく修学旅行の影……。
自業自得というか。京都の仇を矢神で討て!
天満がシリアス・ギャグ両面で活躍。播磨も暴走がツボにはまってます。
次回、播磨の暴走がどんな波紋を広げるのか楽しみです。

> School Daysは残念でしたね。
詳細記事は読んでませんが、噂どおり原作はアレらしいのが分かった。
まあ、それが売りなので仕様がないんだろう。
それを考えると、アニメ版は味をマイルドに調えつつも、持ち味は殺してないといえそう。
上江洲さんって凄い人かもしれない。

ついでにエイジ。
15話以降は間違いなく面白い。
矛盾が矛盾でなくなっていくのはさすがです。
しかし、14話までのジャンプ展開?と偽装していたのか、グダグダだったのはもったいなかった印象です。

ようやくマガスペ見つけた

なんかマガスペ見つけ辛いですね・・・もっと色々アニメ化すればいいのに、主将とか地院家とか若美とか(スクールデイズすらアニメ化するんだから・・・)。
さて感想ですが、さつきと美樹が可愛い!、が第一印象です。ドコかの誠の女バージョン(性欲が所有欲に変換)と化している円と違って、あの狼狽の可愛さは八雲以外のキャラでは久々のストライクといった感じです。・・・ああ、余計梅津が不憫でならないや・・・刺殺エンドの匂いが(←疲労困憊のため少々脳が毒されています)・・・。
やっぱり可愛いや一年生組!次回の小林先生新作は「スクールランブル2(二年生になった八雲の話)」で決まり!しかも一年くらいで一年間の話を書く超超特急でウダウダ感無し!・・・こんな妄想が出てくるとは恐るべし1年・・・え?うるさい?スミマセン。でも今回の話はそれだけワクワクさせるお話でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/611-e5b8f458

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。