スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯238

歩行祭の全容が発表されたが、こりゃまた本格的だなあ。ゴールが灯台で、日の出を眺めるとは中々にロマンチック。こうなると播磨と一緒に朝日を眺めるのが誰か気になります。無論、途中で何があろうと、天満と烏丸が参加するのが大前提。播磨は、烏丸を格好良く説得出来なかったのは残念だが仕方ない。むしろ邪心に囚われてる割にはまともな思考をした方でしょう。

と思いきや、熱が入ってくると邪心がどこかへ行ってしまった。

「ホンッットに惚れてるんならよぉ~~!! 塚本もマンガもかっさらってきゃいーじゃねーか!!」と、ついつい熱い台詞を語ってしまうのが播磨らしい。魔王の播磨にとって、悪魔は天使だったらしい。お陰様で烏丸がやる気になっちゃいました。

問題は、烏丸の「彼女も誘おう」の解釈。

いくらなんでも、塚本違いで八雲も歩行祭に誘うという事はないよな。それ、天満涙目だしね。話の流れ的に、歩行祭で天満と一緒に歩くより、アメリカへ一緒に来て欲しいと読めるんだよね。

こんな急展開となれば、天満も播磨もお祭りどころではない。練りに練った?歩行祭が完全にどうでも良くなるので、さすがにあり得ないか? でも、イギリス修学旅行という前科があるからなあ。

もしも天満が即断でアメリカ行く事に決めたとしたら、姉依存症の八雲はどうなる!?

八雲は、サラと未来を語り合った時も、姉さんと一緒の未来しか想像出来ない筋金入りです。修学旅行でさえやっぱり寂しがってた今の八雲が、一年かそれ以上天満が帰ってこない、なんてシチュエーションに耐えられるとは思えない。一気に姉離れを果たすのか、それとも播磨への想いに変化が生まれるのか? そこで天満が「播磨君、八雲のこと任せたよ!」などと言ったらどうしよう。(いやないだろ、さすがに……)

などと、無駄に想像を巡らすのも、たまには良い物だ。普通にお祭りやって、適度にモブ話を挟みつつ、メインがしっかり進行するのが一番です。
スポンサーサイト
 
 

コメント

良かった!

何が良かったかというと話が進んだこと・・・なかなか当たり前のないのがスクランですから・・・。
しかし50キロは流石にキツイ!ソコん所気にしろよお前ら・・・円のことは・・・まあコイツ(コイツ呼ばわり・・・)は放っておいて天満と烏丸ですよ!ポイントは!
今回の後ろの素敵おにぎりレビュー(←違う?)はともかく前半はか~なりありそうです。個人的にはそれもいいけど、書くならキッチリ書いて欲しいです。修学旅行なんか(以下自粛)・・・。
播磨のキメゼリフは、どこかのトンガリサングラスのアニキが乗り移ったようなカッコ良さがありました(オーバーな喩え)。やっぱり播磨はこういうバカじゃないと。
しかし天満のアメリカ行き・・・八雲は当然のように付いて行きそうな気がします・・・姉思いでもあるけど、別の意味で姉に甘えっきりですから・・・。日本に残るにはやはり天満がお姉ちゃんらしく「八雲は八雲なんだから」とでも言って、播磨が今までとは逆に八雲の青い鳥になって・・・イカン!おにぎり丸出しの感想に・・・本編そっちのけで妄想が・・・まあ読者の妄想を掻き立てる御祭り前夜、というような話でした。

牛歩を超えた尽歩?

50キロはかなり本格的ですね。実際に歩く会とかは、その程度やるみたいです。
円はちょっと……ノーコメントで。

> 今回の後ろの素敵おにぎりレビュー
どう展開するにせよ、期待にはしっかり応えてもらわないと。
そこから予想の斜め上に行くのはご自由に。別の漫画はNo Thank you

> 播磨のキメゼリフ
グラサン繋がりで兄貴降臨。根が小心者にしては、いいこと言ったと思う。
さて、我々は第8話を乗り越えて行けないのだが、いつ来るのでしょうか?

> しかし天満のアメリカ行き
ここらは妄想領域なので、人それぞれか。八雲を任されたけど、手出し厳禁で播磨の理性が四苦八苦するドタバタラブコメディーなるものを考えたことがある。筆力不足で闇の彼方へ消えましたが、ふと思い出しました。
でも、さすがに八雲が付いて行くのは問題が多すぎるような。
せっかく友達が増えたしねえ。1-D軍団がもったいないというだけの話ですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/594-b0530ab2

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。