スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

School Days 第7話 「前夜祭」

次回の展開が怖くて中々書く気力が沸いてこなかった。ええい、アレのヘタレっぷりをムカツきながら眺めつつ、ヤンデレとやらを堪能するだけのハズだったのに、なにこの緊迫した空気は!? スタッフ良い仕事しすぎです。

それもこれも、良識キャラと信じていた刹那が暴走したせいだ。アレを“世界の彼氏”と公認させたいのは、己の秘めた恋心を納得させる為なのか? 何か夜逃げ寸前みたいな描写もあったが、刹那も相当問題がありそうだ。

そして今回、初めてアレが状況に流されずに行動したが、中途半端故に余計問題がこじれてしまった。ホント、誠心誠意とは真逆の男である。本人は、刹那がかき乱す前の状況に戻したからOKのつもりなのだろうが、人の想いは元には戻らない。

覆水盆に返らず


この故事がピッタリ来る展開です。世界は、口ではやり過ぎと言いつつも、いざ着信拒否が解除されるとあの有様。所詮、勝者の余裕だっただけで、逆襲を喰らうと脆いものだった。無論、アレの中途半端さへの怒りもあるが、恋人の座を夢見てしまった分、ショックはでかいのか。

そして言葉はヤンデレ初期症状のマフラーほどきが怖かったが、残念ながら編み物のようにやり直しは出来ないんだよねえ。それでも、ちょっとたくましくなったのだが、それが余計敵を増やす結果になってしまった。

加藤グループの他に、友好的かと思われた世界グループ、そして世界本人までビンタしてしまったので、もう世界中敵だらけ! その上、計画されてるイジメが、材料から推測すると洒落になってないんですが……。

迷路の奥の密室、ビデオカメラ、暴れても平気なシーツ、フォークダンスの伝説……。

素直に解釈すると、レ○プビデオ撮られて心身ズタボロの状態で、更にアレと世界が楽しくフォークダンスしてるのを見せつけられる展開になるんですが、そこまでスタッフは鬼畜じゃないよな!? そんな事になったら、スタッフもアレ共々地獄行きリストに追加です。

そんな悲惨な未来予想図を覆せるのは、悲しいがアレだけだ。人の名前を取り戻す活躍を見せるのか、それとも呪詛の対象となり続けるのか? 奇跡は起きないから奇跡なんだとは分ってる。しかし、エロ魔人があの巨乳を他の男の好きにさせる訳がないと、一縷の望みを託すとしよう。
スポンサーサイト
 
 

コメント

とうとうシロクロさんまで主人公をアレ呼ばわり(笑

刹那の行動は単に世界の幸せを考えてのこと。やりすぎというのは認めますが、友情ゆえの結果だと思います。ちなみに夜逃げではなく引越しのはず。場所は海外…だったと記憶してます。

言葉さんの怖い部分がちらほら見え始めてます。まあ、初期ですけどね。必死にアレと付き合ってると公言する言葉さん、まじで可哀想…。世界にビンタ、優しいなぁ…。グーでいいのに♪
マフラーほどきのシロクロさんの感想は言いえて妙です♪

アレがどんな態度に出ようとも、丸く収まることはないでしょうね。言葉さんを選んでも世界はともかく、刹那から恨まれそうですし、世界を選んだら選んだで刃物で左首の頚動脈をスパッといくでしょうし、まさに「覆水盆に返らず」「後悔先に立たず」ですね。そう考えると加藤さん辺りで…ってそれは酷いかな?

思い出作りか

そう考えると刹那の異常なまでの対抗心や一連の行動も一応納得。
心おきなく旅立つための準備だった訳か。で、世界は知らない訳だよね。

ビンタはグーでもOKだと思うが、やはり言葉はお嬢様育ちだったからでしょう。
しかし、ここから更にぶっ壊れられると、もはやホラー映画見てる気分になりそうだ。

> アレがどんな態度に出ようとも、丸く収まることはないでしょうね。
ねじれた関係が公然化してしまったから、もうなるようにしかならないっぽい。
ただまあ、それで加藤さんに走るのは妥協の産物というか、節操なしというか。全員に刺されて死ぬのが相応しいコースだと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/590-2aec007d

School Days 第7話「前夜祭」

近づく学祭のテーマは『誠心誠意』!そんなもの欠片もない最低主人公に『誠』なんて名前をつけたりと。皮肉利きすぎです(笑)裏切りにあっても健気に信じようとする言葉に。じわじわと悪意の包囲網が…。そして、ついに

[続きを読む]

レビュー・評価:School Days/第7話 前夜祭

品質評価 9 / 萌え評価 13 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 22 / シリアス評価 70 / お色気評価 26 / 総合評価 27レビュー数 107 件 School Days第7話 前夜祭のレビューです。

[続きを読む]

(アニメ感想) School Days 第7話 「前夜祭」

School Days 世界編 (ハーヴェストノヴェルズ)世界との関係に溺れ、言葉と会う事も少なくなった誠。だが刹那は、言葉への未練を残す誠に、けじめをつけさせようとする。だが・・・。

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。