スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

天元突破グレンラガン 第17話 「あなたは何もわかっていない」

舞台は7年後に飛んで、ロシウ編スタート。角張ったフォントがこれまた人格を表しています。さて、そのロシウ副官だが、……石田三成が嫌われていた訳を存分に見せつけてくれました(笑)。政府と人類の平安を考えての行動であり、規律遵守の要求なのは分る。

それ故、文官からは圧倒的支持があるけど、武断派の多い首脳陣へ根回し不足なのは、彼もまた真っ直ぐ角張った人物なせいだろう。何かとことんモデル?と被るなあ。「楽な道を」と言ったところで、首脳陣はロシウが何してるのか知らないからねえ。

そしてニア。「やだ」にはこちらもズッコケた(笑)。天然も大概にしないからこんな事になるんだよorz。OPに黒ニアがいた時点で離別は覚悟していたんだが、敵ボスになるとは予想外でした。死なずに済んで良かったと思うべきか、死にそうとガクブルするかビミョーなところ。しかし、こうなると本当にニアは、螺旋王の娘だったのかさえ疑問になる。それとも子供達は反螺旋族になる呪いがかかっていたから捨てていたのか、はたまた乗っ取られただけなのか?

その答えは来週、生体コンピューター・螺旋王本人が答えてくれると期待しよう。OPのカットから想像するに、残ってるのは頭だけッぽいのが哀れだが、ここで色々ネタばらししてくれるなら、15話の感想は取り下げても良いな。

それにしてもいきなり7年後というのはキツかった。

女性陣は良い感じに年取ってましたが、青年シモンは違和感バリバリ。丸っこい目が好きだったのに、中途半端にカミナっぽくなったというか。それとダリーが美少女になったのは良いが、ミギーに胸があるのは気のせい? 胸といえば、褐色の整備班長様はどこへ行ったーー!?

あとまあ、ミギー達が乗ってたのがただの量産機でガッカリですよ。能書きたれてたが、実はガンメンでしか対抗できない方が好みです。ロートル頑張れ!
スポンサーサイト
 
 

コメント

人間、繁栄早すぎ

たったの30分で皆の変化を書いたのは流石ですね。
でも七年だけでコレだけの繁栄・・・。物理的に無理ですよ、ガンメン使っても・・・シモンより違和感ありすぎ・・・。
首脳陣が見事な天下り&税金泥棒な感じで泣けますね。彼らの姿がこの7年間のロシウの孤独をより強く感じさせて痛々しく思えます。
孤立無援で地下に居たいと願う人間を守るためヴィラルはグラパール(ギミーとダリーが乗っていたグレンラガンもどき)と戦っていましたね。ガンメンを越えるグラパール(キノン曰く)数機相手に疲弊したエンキドゥでこれほど戦えるとは・・・。最初僕は「グレンラガンとの対決を待っているのか、ヴィラルらしい」と思い、ヴィラルの目的が分かって「やはりヴィラルらしい」と思いました。どうやら僕の中では意外とヴィラルの好感度は良いようです。
ヴィラルが言った言葉はシモンとロシウにとって深い溝をつくるモノになるのは間違いないでしょうね。ロシウがあまりにも強行すぎるという怒りと、いくら隠していたとしても総司令と呼ばれる人間が地下に居たいと言う人の存在すら知らないという無知さ・・・。極めつけの今話ラストの戦闘で、もう二人の仲は修復不能!?とまで思いました。どうなるか怖いです。
ニアはまあ相変わらずと言いたいけど・・・やはり前回のEDは死亡フラグですか・・・嫌な予感。
ギミーは胸板が厚い筋骨隆々に育ちましたね。でもダリーはキャラ変わりすぎ・・・絶対分からないって!
さて次回は第18話「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」螺旋王が出てくるみたいだけど面倒なことになりそう。ラセンガン出てきて暴れたりしなきゃいいけど・・・。というより、後9話でどうやってまとめるんだろうか・・・。そっちの方も注目です。

ヴィラルのことも触れてあげてー

あれからも生き残って、色々と世界を回り、人間に対しても色々と理解を深めてきたであろうヴィラル。だからこそ、レジスタンスとして地下で生きたいと願う人を守ってきたのだと思います。
それにしてもいくら強いとはいえ、あんなズタボロのエンキドゥドゥで7年間(?)頑張ったと思うとマジで凄い!螺旋の力が及んでないとはいえグレンラガンの量産機、グラパール部隊を相手にするとは…。シモンを除くとヴィラルって2番目に強いとか?
7年経ったヴィラル、髪もいい感じに伸び、表情もカッコいいです♪

さて本編です。ロシウの考えも分からなくもないんですよねぇ…。無秩序だった世界を回していく為には規律は必要なことです。ちとやり過ぎではありますけどね。特に強制疎開。やはり適度にが一番♪でも、ダヤッカとキタンはともかく、双子ともう一人の態度は怠慢すぎ!ロシウが怒るのも無理ないです、アレでは…
シモンとは平和に対する想いは同じでも、やり方で対極に見えました。総司令でありながら自ら前線に出るシモンはまるでカミナのよう。昔のロシウならそれでも反発はしなかっただろうけど、7年の時は悲しくも考えを変えてしまいました。学んでいくうちに政治、治安、調和を覚えたロシウは現実主義者に…
どちらが正しいかは一概には言えないです。ヨーコがいれば…と思ってしまいます。

ニアの変貌は『乗っ取り』だと推測。新OPを見ると、ニアの性格そのものが変わったというよりはもう一人の目つきの悪いニア(?)が意識を乗っ取った感じ。アンチスパイラルがどんな人間の集まりかは不明ですが、少なくともニアのそっくりさんはいそうな予感…
しっかし、せっかくシモンのプロポーズを受けた矢先に…。ニアのプロポーズの返事、まるで播磨の恋愛に対する考えだった気がします。「やだ」はツッコミどころ満載ですが可愛いからよし!

シモンに関してはそんなに違和感はなかったりします。いい感じに育ってくれたのでは?総司令の立場は窮屈そうですけど…。性格が穏やかなままなのは安心できます♪ブータもですけど(笑

頭オンリーで生存してる螺旋王、その生命力はまるでゴk…!何を語ってくれるのか見物です。まずはロシウを見下すとかして欲しいかな?
螺旋王は「人間は嫌いだけど、地球という星(世界)は愛してる」タイプの人の気がします。彼がその気ならテッペリンのような都市を幾つも建設していてもおかしくないはずです。それをしなかったのは地球を無駄に変えることをしたくなかったのかも?獣人の寿命が短いのも、人口が多くなりすぎない為にも思えます。…かなり間違ってるかもしれませんが(汗

ついつい長くなってしまいました、反省。ガンメンが頑張って欲しいのに同意♪ガンメンは気合でパワーアップできますが、グラパールは無理そうです。感情に左右されるガンメン、感情に左右されずに安定した力を発揮できるグラパール。好みはと聞かれたら前者です!

繁栄なんてレベルじゃないぞ

> たったの30分で皆の変化を書いたのは流石ですね。
実際にはAパートだけで描いたのだから、正直凄いと思う。
性格が一番変わったのはキノンだろう。どこが暢気やねん。
見かけはダリー。すっかり御前ボイスが似合う子に成長してしまった。

> でも七年だけでコレだけの繁栄・・・。物理的に無理ですよ
そもそも初めての月ロケットなのに、アポロより数倍早いという恐ろしさ。
現代文明を遙かに超越してます。適応した市民達は地味に凄い。
全然適応できてない首脳陣は税金泥棒と言うより、本当は普通だよな。

> ヴィラルの目的が分かって「やはりヴィラルらしい」と思いました。
ヴィラルは株大暴落からのV字回復がアイデンティティなのか?
シモンと戦うための口実なんだろうけど、既に人間と獣人の境が怪しくなってますね。

それから、シモンとロシウは修復不能とかは無いと思う。
シモンはロシウを信じているし、ロシウはやり方はどうあれ、信頼を裏切るような真似はしないでしょう。違ったらゴメンよ。
残り話数は、話自体はシンプルだから大丈夫でしょう。種運命と違って、計画的に話数を消費してるし、次回のネタばらしで一気に加速するはず。

ヴィラルの事を書くと

本題からやや外れるし、文章が更に長くなるからあえてカットしました。そのせいか、記事本文よりウエストさんのコメントの方が文章多い罠(^^ゞ。

ヴィラルはシモンと戦うための口実を探してる内に、人間の心を理解してきた感じかな。最後に見せた怒りは本物でしょう。そしてシモンに裁かれるならともかく、裁判という謎のシステムに裁かれるのは屈辱と感じていそう。いいオールドタイプだ♪

> シモンを除くとヴィラルって2番目に強いとか?
一番と二番の間に絶望的な差があるけれど、きっとそうに違いない。

> さて本編です。ロシウの考えも分からなくもないんですよねぇ…。
気持ちは分るんだけど、性急すぎた。結局、あの神父の弟子なんだなあ。
ダヤッカとキタン以外は使い物にならないが、それでも留めているのは螺旋王の予言があるからでしょう。本当は無能でも勤まる各地の市長にするのが、一番良い方法だと思います。

> シモンとは平和に対する想いは同じでも、やり方で対極に見えました。
カミナの死を見てるからこそ分かれた判断なのかも。
それでもカミナのように、先頭に立って戦うのがリーダーだと思うシモン。ロシウは死後の苦悩を知ってるからこそ、安全確実に新政府の威厳と強さを示したいと考え方に溝がある感じ。

確かにバランサーは欲しかったなあ。石田三成に例えたが、豊臣政権がギクシャクし始めたのは、調整役の弟・秀長の死後からです。

> ニアの変貌は『乗っ取り』だと推測。
そうであってほしいね。あっちが元々の人格だと悲しいぞ。
アンチスパイラルは、そもそも人間なのかという問題があるが、どんな答えが聞けるのか楽しみです。

> ニアのプロポーズの返事、まるで播磨の恋愛に対する考えだった気がします。
私は、二人で同じ物を見て感じたいと言ったシモンのプロポーズが播磨っぽいと思いました。しかし、どう見てもラブラブなのに、あの返事には参った(笑。

> 頭オンリーで生存してる螺旋王
素直に世界の秘密を喋るとは思えない。しかし、危機に対し、かつて人類の為に戦った闘志が蘇れば協力してくれるのかな。
だが、お茶目な生体コンピューターにクラスチェンジしてたらどうしよう。
ガンメンに限らず、ベテランと新人達が力を合わせて戦えるかが、今後の鍵でしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/573-78124704

天元突破グレンラガン 第17話 「あなたは何もわかっていない」

7年の歳月は人を変えるのには十分な時間…。新体制につくもの、別のものを求め去ったもの、変化を拒み抵抗するもの…。平和は怠惰に、理想は頑迷に…。そして――人が地上にあふれた時、月は無慈悲な本性を見せる

[続きを読む]

天元突破グレンラガン 第17話「あなたは何もわかっていない」

新OPはガオガイガー方式か!空色デイズの2番とは粋なことをしてくれます。このOPだけでも色んな展開が妄想できてたまらないわけですが!っていうかグレンラガンみたいな機体が量産されてて吹いた。

[続きを読む]

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第17話 「あなたは何もわかっていない」

天元突破グレンラガン2テッペリンの決戦から七年の月日が流れた。解放された地下の人々は、螺旋王の残したテクノロジーの恩恵を受け、瞬く間に文明を構築していく。新政府の総司令の座に着いたシモンは公務に忙殺される日々をぬって、ニアにプロポーズする・・・。

[続きを読む]

天元突破グレンラガン 第17話「あなたは何もわかっていない」

グレンラガン新展開。テッペリン攻略戦から7年後の世界。なかなか内容の濃い展開で満足( ̄▽ ̄) そうそう革命軍はその目的(=革命)を達したときから、次は「内部闘争」の問題を抱えるのよね。通常の歴史

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。