スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

エウレカセブン 第06話

DQN主人公のロボアニメを見た後だというのに何の因果か、DQNなガキどもの悪戯が主題な話でした。

落書き程度はともかく、脚立から落としたのは怒れ、遠慮無く怒って良いぞ、と思ったんですが、甘いね~。

しかし、この作品はこのままでは終わりません。
なぜ子供達がこんな悪戯をするのか、そしてレントンの子供時代の回想…。

正しい親と子の関係を提示しつつ、レントンの株を上げることに成功した展開は中々見事。
エウレカと子供達、そしてレントンが一つのファミリーになっていき、それをホランドらの大人が暖かくもしっかりと見守っていく…。
月光号に乗ってから大分経ちましたが、やっと一つのチームにとけ込んだ、そんな話でした。

eureka06.jpg

あと、レントンが他人の操縦だとゲロ吐いたのに、子供達は平気な辺りは将来が楽しみです。
と言っても、エウレカの操縦が荒すぎただけ、かも?
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/57-b7d1368c

交響詩篇エウレカセブン 今週は短めで 第06話 チャイルドフッド

前の2つの記事に書いた通り諸事情により、今週は簡易版です。今回のメインは、レントンとエウレカの3人の子供達(名前が覚えられない…、モーリス・メーテル・リンク)の関係の構築でしたね。これからは、良い関係で過ごせるようになるのかな^^今回の頭で、イタズラする

[続きを読む]

エウレカセブン#6「チャイルドフッド」

 タイトル通り子どもたちのお話。レントンと、エウレカと、3人の子どもたち。  子どもたちはレントンに対して宣戦布告。いたずらを繰り返す日々です。なんとかしたいレントンだけれど、あのエウレカの子どもとあっては強くは出られずじまい。けれどレントンにも思い当たる

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。