スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

天元突破グレンラガン 第14話 「皆さん、ごきげんよう」

お墓とはいえ、カミナが出てくると見る方も気合いが違う! そしてヨーコの表情から察するに、前回の心配は杞憂で終わりそうです。今回は、ニアがどこかへ行っちゃいそうなサブタイトルでしたが、終わってみれば一安心。Aパートアイキャッチが示すように、ニアちゃんファンクラブが世界規模に膨れあがっただけでした(笑)。つーか、あのまま(シモン専属)調理主任に居座っていたのね。()の文字は言わなかっただけと信じたい。

しかし、今回は前哨戦のつもりで見ていたのに、これまた凄い物を見せてくれました。

ラピュタじゃなくて、板野サーカスや「皆さん、ごきげんよう」の挨拶一つで熱い野郎共の暴走を止めたし、マクロス成分多めの熱いドリル展開。本家がもう手書きじゃ無理とCGに移行したご時世でやり遂げた熱い魂に、確かな敬意を感じました。

それにしても見せ場は顔芸だけとは、シトマンドラのしょぼさは想像を超えていた……。シュザックの力を見せる暇もなく、ダイガンドの引き立て役で終了。部下を使い捨てる奴には相応の報いということか。

ダイガンド戦は初めてシモンのドリルが苦戦したが、グァームは策士策に溺れる。悪知恵を働かせなければ、援軍もドリルの刃が立つこともなかったハズです。こうしていよいよ残すは螺旋王とテッペリン!と思ったら、やっぱり超巨大ガンメンが登場。

次回は秘密を知ったヴィラルがどうするのか、そして決戦に相応しい今回以上のバトルが楽しみです!
スポンサーサイト
 
 

コメント

怒涛の30分

やはり予想どうりヴィラルの話はなくニアも無事でした。
しかし四天王のバトルはグレンラガンが無敵ということを、これでもかと詰め込んだ怒涛の30分でした。
「ちょっと交代」と言ってロシウにミサイル回避を任せるシモン・・・それはアニキの真似じゃないよね・・・?
ニアに律儀に挨拶するバカ達に笑いつつ、次回は第15話「私は明日へ向かいます」。サブタイトル読んでるしニア死亡は無し・・・ですよね・・・。ヴィラルの行方が気になります。

超バトルな展開

いきなり一ヵ月後&カミナの墓(…かな?)参りには驚きました。しかもテッペリン目前での持久戦。2クールという短さなのでテンポ良く感じました♪

四天王戦はありとあらゆる意味で自分の想像を超えてました♪シトマンドラの最弱っぷり然り、グアームの螺旋バリアー然り。
シトマンドラはグアームの言う通り、若造っぷり全開でどうしようもないです…。せっかくシュザックがかっこいいのに勿体ない。グアームはシロクロさんと同じことを考えてました。押し潰すなんてことを考えなければ、グレンラガンのエネルギー切れでどうにかなったでしょうに…
こうして四天王は散りました。戦歴としてはチミルフとグアーム、ヴィジュアル悪いのはグレンラガン。アディーネとシトマンドラ、ヴィジュアルよさげなのはダイグレン。特にアディーネとシトマンドラのやられ方は容赦ないです!アディーネはダイグレンの超至近距離からの一斉砲撃、シトマンドラに至ってはただの体当たり…。軽く同情してしまいます(笑

そしてやっぱりニアは素敵に無敵♪(シモン専属)調理主任になっていたのは驚き!自分も()はあって当然だと思います!!でも純粋にニアの料理の腕も上がってると信じたいです。
シモンを信じるニアは可愛い♪でも今回はいきなりとんでもない無茶振りが炸裂して大爆笑。それをやってのけるシモンがマジでカッコいい!!しかしニアのスカートの中身が黒で染められていたのは良かったような寂しいような…?

とりあえず来週の注目点はヴィラルの一ヶ月後の様子、ヨーコの出番、です。サブタイトルは父親だった螺旋王への別れの言葉だと思います。

過去に拘る父親と未来へ歩む娘、ですよね

○イソタスさん
> しかし四天王のバトルはグレンラガンが無敵ということを、これでもかと詰め込んだ怒涛の30分でした。
シモンが一人で戦えると言っていたが、二人いてこそグレンラガンは無敵だね!
二人乗っている意味が久々にあったのが良かった。

> 「ちょっと交代」と言ってロシウにミサイル回避を任せるシモン・・・それはアニキの真似じゃないよね・・・?
真似かも。ロシウの反応がデジャブって見えます(笑。

> サブタイトル読んでるしニア死亡は無し・・・ですよね・・・。
カミナ死亡回の予告はカミナだったので、根拠にならなかったりする。
螺旋王に決別の台詞を言った後にグサリ!な可能性はまだありますが、見たくない×100
そんなことになったら、画面の内外でファンクラブの連中が暴動起こします!


○ウエストさん

> いきなり一ヵ月後&カミナの墓(…かな?)参りには驚きました
きっと四十九日だったんだと勝手に解釈した。
既存の宗教はもう残って無さそうだけど、一応人類の進化系だったのは確認と。

> 四天王戦はありとあらゆる意味で自分の想像を超えてました♪

強さで凄さを見せるのとは違うが、メリハリが良くて楽しめました。
シトマンドラの情けなさは、前回での認識変更でも足りなかった(笑)。
グァームは結局、通り名の「不動」とは全然違ってた。生身でもガンメンでも機動要塞でも一番動いていたような?

四天王戦が終わってみれば、アディーネはまだマシな散り方でした。
散り際の台詞、そして串刺しよりはマシだ!

> そしてやっぱりニアは素敵に無敵♪(シモン専属)調理主任になっていたのは驚き!
暴れ牛状態の野郎共を一声で止めた可愛さは無敵!
料理は味付けを知らないだけなのか、天然なのかが謎だけど、リーダーが美味いというならこれで良いのだろう。シモンは今まで小食だったみたいだけど、一杯食べてこれから大きくなるんですよ♪

> シモンを信じるニアは可愛い♪
普通、ああ無責任に信じられると困るが、それをやってのけるシモンは流石主人公!
ニアは天然で亭主の尻を叩くのが上手いなあ(笑。
しかし、映してはいけない部分は映さない。高性能なAIの付いたカメラだぜ!?

> とりあえず来週の注目点はヴィラルの一ヶ月後の様子、ヨーコの出番、です。サブタイトルは父親だった螺旋王への別れの言葉だと思います。
ヨーコは今回見てるだけでしたね。次回は見せ場はあるのかどうか?
ガンメンでスナイプしても良いハズだが、今の戦い方では出番がないか……。
ヴィラルは楽しみ。そしてサブタイトルは、私もそう思います。というか、それ以外認めん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/562-2a82f5c8

天元突破グレンラガン 第14話「皆さん、ごきげんよう」

オレ、兄貴にはなれないけど、自分にしかできないことやってくるよ――。カミナとシモンの始めた戦いは、ついに王都・テッペリンにたどり着く。残る四天王二人の戦艦との激戦が始まる!前回から一ヶ月後、いきな

[続きを読む]

天元突破グレンラガン 第14話「皆さん、ごきげんよう」

いきなり一ヵ月後からスタートか!アニキの墓の前で語りかけるシモンとヨーコ。シモンも成長しましたね。この一ヶ月で敵の本拠地テッペリンの眼前まで迫ることに成功した大グレン団。その時四天王シトマンド

[続きを読む]

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第14話 「皆さん、ごきげんよう」

天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)いよいよ大グレン団は、王都・テッペリン目前までたどり着いた。ここからは、本格的な戦い・・・そして、テッペンリン攻略戦の幕が切って落とされる。迫りくる敵戦艦、ダイガンテン!グレンラガンは出撃を開始した・・・。

[続きを読む]

天元突破グレンラガン 第14話 「皆さん、ごきげんよう」

天元突破グレンラガン  現時点での評価:3.5~  [ロボット ドリル]  テレビ東京系 : 04/01 08:30~  監督 : 今石洋之  シリーズ構成 : 中島かずき  キャラデザ : 錦織敦史  メカデザ : 吉成曜  アニメ制作 : GAINAX  全26話  ....

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。