スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯226(227)

予想通り、怪しい天満カレーは播磨の盲腸が見せた幻覚、暴走播磨アイでした。しかし、播磨が心の底まで腐ってはいなかったのが分って良かった。カレーを食べただけなのに、やたら格好良かったです。

烏丸に負けられないという想いが、男として正しい方向に進んでくれた。分っていても止められない、天満への愛故に外道に落ちたり輝いたりと、播磨は忙しい男だなあ。最後は播磨らしいやせ我慢した台詞で綺麗に締めたと思ったら、怪しい金髪の影が迫る!?

ここで脈絡もなく愛理本人が登場したらぶち切れるけど、これには笑うしかありません。でもさ、ナカムラさん。あなたは悪夢の22Pを見てないんですかぁ~。播磨はお嬢様の想い人でも何でも無かったんですってば。次回は暴走執事の攻撃をどうかわすのか、というよりどんな謎展開になるのかが楽しみです。さて、一旦小休止したかに見えた播磨の転落人生はどこまで続くのでしょうか?

それにしても、あの前振りでレトルトカレーだったのにはやられた。天満の手料理ではない必要があったとはいえ、まともに作ったら時間かかるから手早く美味しくってことか。だけど、これでまた真王道成立は、まだまだ先延ばし確定だ……orz。
スポンサーサイト
 
 

コメント

ナカムラの目は節穴?

僕の予想より遥かにハッピーエンドで終わった(播磨が烏丸に完敗して烏丸宅を飛び出し八雲に拾われる、みたいな)今週号ですが・・・なによナカムラ!お嬢様と最近コミュニケーション不足ですか!?それとも「やっぱり私ヒゲのこと・・・」とかあったのですか!?それとも本当に播磨デッドエンドですか!?
しかし今回僕が言いたいのはこれ、「八雲、播磨のお見舞いに行きなさい!!」。あの鬼編集長が「どんな時でも(入院してても失恋してても)原稿書かせろ!」と言っていたんだし「姉さんは自分の執筆が忙しいので私が・・・」とか・・・、ともかくチャンスを掴め八雲。「青い鳥」を掴め播磨(←引用させて頂きます)!!
しかしなぜ女装!?「ナカムラ派」なんて無いですよね??

ビンゴでしたね、シロクロさんの予想

まともなレトルトカレーを盲腸の痛みが引き起こした、暴走播磨アイが見せていた幻覚。シロクロさんが予想していたことがほぼ当たっていたのは感服しました♪
バカは風邪引かないとか病気しないとか出まかせということを播磨は身をもって教えてくれるのでそこだけは頑張ってるなぁと思いました(笑

ナカムラは悪夢の22ページのことは知らないと思っていいでしょう。知ってたらあんなに怒ったりしませんからねー。これで実は愛理さんが本当は播磨のことをまだ好きだった…んなわけないですけど!!まあどうなるのかは来週を待つことにします♪
個人的にありそうなのは盲腸で病院に入院したということで保護者(仮)の絃子さんに何らかの連絡がいって、保険証やら何やらを持って播磨の入院先に。そこで女装ナカムラと鉢合わせ、サバゲー戦の続きを病院で開始。結局、播磨もまとめて追い出される。
女装ナカムラといえば絃子さんなのであってもいいかなと思ったりしました(笑)。まあ本音をぶっちゃけると、絃子さんを出せ!ですけど♪

さて毎度のごとくダイヤのAの感想も。
今週は解説でもバッティングも御幸の独壇場♪強気の内角攻めが後のバッターに効果を強く及ぼしたのは感心しました。そういえば増子センパイ、この試合いいとこなしだけど大丈夫なのかな?
ダメ出しされまくりの沢村の表情がナイス♪その後で御幸にインコース攻めの重要性を教えられてる時の表情が子供っぽくてこれまたイイ♪ただ白州センパイの名前を覚えていなかったのはちょっといただけない…けど仕方ない。絡みなんてこれが初ですから(笑
今週も桐生の監督と広美くんの笑顔は強烈に輝いていました♪

「どんな時も原稿を描かせろ!! 入院中でも失恋してもだ!!」

あの伏線は散々スルーされたせいで記憶から抹消してた……。
今回は過去最大級に実現の可能性は高い、ハズ。(弱気なのは過去の実績のせいorz)
既に連載開始してるっぽい情報もあったから、今までのように原稿落としてお仕舞いにはしにくい。そして三井は困るとすぐ八雲に丸投げする人でなしなので、10歩くらい引いた状態の八雲が強制的に播磨と漫画に向き合う状況に出来そうです。
こううまく行くとは思えないが、来ると良いなあ。

> 僕の予想より遥かにハッピーエンドで終わった
播磨はもっと悲惨な目に遭うと思っていたので、割とハッピーで良かった。
アホな思い込みにも理由さえあれば、納得いくものです。
しかし、ナカムラには困った物です(笑)。眼帯越しに22Pを見ていたのでしょうか?
お嬢様の本心が今更別にあると言われても納得できんぞ!

> 、「八雲、播磨のお見舞いに行きなさい!!」。
超同意!! むしろ行かないとおかしいYO!
まあ、もう一人、お見舞いに来ないとおかしい方もいます。
ナカムラ派はいらんが、山猫派来るー!?

暴走播磨アイ

今更天満の料理にケチつける意味がないからとはいえ、予想が当って良かった。
まあ、オチは完全に予想外でした。このシリーズでは八雲登場は絶望視していたけれど、どうなるか分らなくなりました。ナカムラの動向といい、来週が楽しみです。

> ナカムラは悪夢の22ページのことは知らないと思っていいでしょう。
やはり22Pの顛末は知らずに、変な情報だけ仕入れた状態かなあ。
そもそもナカムラが誤解した相手を、読者は天満と認識しているが、八雲他別人の可能性は結構ありそうです。
そういう意味では、同棲相手と誤解された絃子さんとお見舞いで鉢合わせするというのは、美味しいシチュエーションになりそうです。

> まあ本音をぶっちゃけると、絃子さんを出せ!ですけど♪
ヤケ酒で酩酊状態の登場だと、なおのこと嬉しいな♪

> さて毎度のごとくダイヤのAの感想も。
> 今週は解説でもバッティングも御幸の独壇場♪

御幸の大活躍は、理論と実践が組み合わさると説得力が数倍増しになる好例ですね。
御幸の会心の一撃がなかったら、一番印象に残るのがあの笑顔になるところでした(笑。
そして、内角攻めの効果が次のバッターにも続く、というのは目から鱗。
しかし、哲さんはあれだけ顔の近くに投げられても微動だにしないのは、逆に怖い!

> ダメ出しされまくりの沢村の表情がナイス♪
あの時の御幸はクリス先輩が二人に増えたかのようでした。
本家も納得の駄目出しですから、そりゃ沢村も素直に聞くさ!?

この変態を見かけたらご連絡を

スクラン
天満は一体、何処のファンタジー世界からこのモンスターを召喚したんだ! と思ったら、盲腸による激痛から来る幻覚だったんですね~・・・・・・なんだつまらん。
S・Eコミックの某P隊の金髪悪魔の生み出す異界料理と同レベルまでランクアップしたと思って期待していただけに残念。

俗世からいくら離れようと、相変わらず器が小さい&人間失格な播磨の復活と、前回(サバゲ)と違い今回は場所が場所だけにさすがに通報されそうなナカムラの登場で、次回以降一体どうなる事やら。
というかナカムラよ。長年世話をしてきたお嬢のスッキリ顔見て察しなさいよ~

グレンラガン
8話
兄貴----------!!
スクライドのクーガー以来、久しぶりにヒットした兄貴キャラだっただけに本当に残念です。
火山付近が戦闘の舞台になるだけに、(中の人が既に経験済みの)ヴィラルと共に火山口に落ちて行方不明になる程度にしてくれ! と願っていましたが、願い届かず。
シモンに遺志を託して逝く姿には君島やウルフウッドの最期と同等のものを感じ、目頭が熱くなってしまいましたよ。

9話
兄貴亡き後の荒んだ雰囲気を表現していたのか、全体的に荒めの作画の回の中、一人、暗闇を照らす光の様に綺麗に描かれていたニア。
彼女がこれから、どの様にシモンそして大グレン団の仲間達と歩んでいくのか期待してます。

DVD3巻
既にご存知かもしれませんが、やはりあの温泉の回が再収録(というかようやく公開?)されるようです。
資金的に余裕が出来てからDVDを集めていこうかと思ってましたが、この巻だけはしっかりとゲットしますぜ!

変態×兄貴×新ヒロイン

残念ながら?、天満をネタに遊ぶ時代は終わりました。
そして伏せ字が多すぎて、異界料理が何のことか分らなかったぜ。ヒャッホウ。
あとは、まさかの女装ナカムラ登場で、変態さんVS変態戦争勃発なのか、全然違う方向に行くのか?

> というかナカムラよ。長年世話をしてきたお嬢のスッキリ顔見て察しなさいよ~
まったくだ。もう梅の香りと共にどこかに行きました。
そういえば、そろそろ梅干し漬け始める時期ですね。

> グレンラガン
> 8話

カミナはこれぞ漢!な見事すぎる散り方でした。あと、クーガーも良かったなあ。
カミナを殺すのは決めていたけれど、実際に脚本を書くのが大変だったという証言が救いです。
行方不明オチも考えたけど、それだと変な希望をシモン達も持ってしまい、今後の成長が阻害されてしまうから、残念だけど受け入れよう。

> 9話
> 全体的に荒めの作画の回の中、一人、暗闇を照らす光の様に綺麗に描かれていたニア。

5話でも光と闇の演出をやっていたけれど、今度は地上でうまく表現したと思います。
雨がやんだ描写といい、大グレンがノアの箱船で、ニアは漂着したアララト山と言えるのかも。

> やはりあの温泉の回が再収録
マジでテレ東規制だったのかあーーーーっ!!
それは楽しみだが、発売は9月か……。

どこまで播磨を不幸にさせれば済むのだ。
真綿で首絞めておいて最後の最後になって首を引きちぎりそうだ。
今回もまた播磨を不幸にさせる疫病神は天満だったか。
こんな傍迷惑な奴が烏丸と結ばれていいのだろうか。

今後待ってる展開もどうせ鬱展開でしょう。


恋の病は病院じゃあ治せません(←うますぎる)



播磨が負け犬根性ながらも立派な男気を見せてくれたのは今回の大きな収穫でした。


しかし神は残酷だった。
沢近という女が生み出した嫉妬・憎悪・欲望の象徴であるナカムラが瀕死の播磨にとどめを刺しにきたのだ・・・。
いわばナカムラは一時の沢近の「気の迷い」が生み出した闇の怪物
そして現在瀕死のうえ「光」をもたない播磨には勝ち目がない
さあ・・・どうなる!

ナカムラさん(笑)

やっぱこういう展開になったか。カレーは幻覚でその後病院へ。ここらへんはなんとなく想像はつきましたがまさかナカムラがでてくるとは思わなかった。でもなんでいるんだろうと疑問には思いましたがね。天満が愛理に連絡してそれがナカムラまで伝わったのかな。だとすると来週沢近でてきそうな気もしなくはない。



♯226(227)のまとめレス

レスもらってから随分時間が経ってしまいました。そのせいというかお陰で見えてきてる部分もありますが、それでもまとめ亀レス。

○あーさん
> どこまで播磨を不幸にさせれば済むのだ。
天満自身はそんなことは考えていないのだけど、そういう状況にドンドン誘導されてしまっていますね。どこまで作者の播磨イジメは続くのか?


○けさん
> 播磨が負け犬根性ながらも立派な男気を見せてくれたのは今回の大きな収穫でした。
> しかし神は残酷だった。

王道な題名がいいですね。
播磨がやっと読者が感心するような行動を取ってくれたのは良いけれど、ますます変な誤解が深まっただけなのが悲しすぎる。
ナカムラをここまで予想と違う方向に使うとは思わなかったなあ。
まあ、最大のライバルを悟られぬよう狙撃しているのは貫禄でした。


○ああさん
> まさかナカムラがでてくるとは思わなかった。
病院にいた理由といい、オチと言いナカムラは最高の執事です(^^ゞ。
あれだと他の見舞客は来そうにないなあ……orz。
八雲や絃子さんシクシク。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/552-6361be37

完全に時期を逸したので簡易で、 スクランとマガジン

いやあ・・・・ようやく見つけたよ。んじゃ。「今度こそ終わりが近いという感じでちょっと寂しい気もしますね」おいおい誰だよこんな事書いた馬鹿はwwww・・・・・・・・・あ、俺だ・・・。まだ

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。