スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♭51

生徒会長選挙の裏側で遂に花井×美樹が始動した、と見せかけて超久しぶりに花井×八雲のまともな絡みでした。確か、八雲が花井のエロ妄想を見てしまって以来だと思いますが、どう見てもおにぎりへの練習台だよね。八雲は自分からラブレターを渡した経験が無いから、本番に向けて良い予行演習になったことでしょう。うん、きっとそうに違いない!!

話は、花井と一年生達がそれぞれ個性的な反応をしていて面白かった。一年生軍団の花井評価は、似た者兄貴を持つ榛名が低いのは当然として、サラの評価が意外と低いのに驚いた。でもまあ、真実だからなあ。そんな周囲の低評価の中、美樹だけは花井を高評価!

種類は違うが、バカはバカを知る!?


こうして八雲が美樹のラブレターの橋渡し役を頼まれてしまう訳ですが、久しぶりに八雲の色んな表情が見られて満足。(内容はともかく)頼まれ事されてちょっと嬉しい八雲やオロオロビクビク八雲が拝めて、二ヶ月ぶりの補給を堪能しました。

しかし、花井。お前って奴は……。

女の子の弱点を突くなんてサイテーです。中の人が同じ作品風に言えば「失格」です。
言い訳は許さん!「負け惜しみだぞ、アグリ♪」ってなもんです。

その上、あそこまで解読したなら十分意味通じるだろ(笑)。それなのに、何だあの反応は。こうして花井×美樹は始まる事なく終わったのでありました?

それにしても榛名は、あの迷惑兄貴のお陰で慣れているのか物事に動じなさすぎ(笑)。意外とツボってきた。兄貴とは違った意味で魅力的なキャラになりそうです。
スポンサーサイト
 
 

コメント

勉三さんだ・・・

この話を読んでコミック版「キテレツ大百科 第一巻」の「失恋はラブミ膏」を思い出したのは僕だけだろうか?好きなヒトが書いてくれた返事を採点する勉三さんの姿と被ります。もしかしてパクリ・・・?まあ「ひゃうっ」な八雲に免じて許してやるか(目を逸らしつつ)。
なんか八雲に迫る花井、美琴の賢妻ぶり、愛理と播磨の破局(他に良い言葉が浮かばないので・・・)、天満と烏丸の絡み、など先祖がえりしてるような気が・・・。
どの道花井より播磨を何とかしなさい八雲!主人公が腐ったままじゃ(コミック)中古で買っちゃうよ!幽霊さん伊織さんサラさん尽さん(←!)助けてー!!

キテレツだったのか

> この話を読んでコミック版「キテレツ大百科 第一巻」の「失恋はラブミ膏」を思い出した
花井がラブレターを持って行く時の絵が藤子調だったし、多分それが元ネタでしょう。
渋いところからネタ引っ張ってきたなあ。スクランにうまくアジャストした良い話でした。
それにしても「ひゃう」は反則だ。

> 先祖がえりしてるような気が・・・。
最近、先祖返りというか、初期に戻してますからね。
八雲の犬苦手設定なんて、すっかり忘れていましたよ。
誤爆告白以降の展開を事実上無かったことにした影響であろうか?
それとも話をまとめる為なのか?

> どの道花井より播磨を何とかしなさい八雲!
播磨はちゃくちゃくと腐り続けています。
こんなダメ男君を助けられるのは八雲だけ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/546-949836b6

スクラン ♭51 とカイジとか

どうも最近マガスペが無いんですよね~~。今日、ようやく見つけて読んできましたがなんか立ち戻ったかな・・・?久しぶりに、キモさ全開の方の花井を見られました。というかあれが週一で来てたらトラウマとい

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。