スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

武装錬金 第26話

残りのピリオドを見事に再現した蝶サイコーな最終回でした。月並みだがこれ以外表現しようがない。月からの帰還、パピヨンとの決着、ヴィクター達の今後など、やるべき事は全てやり、しかもアフターまでぶち込んだ!

アフターはちゃんとやるともの凄く蛇足だし、余裕もない。かといってEDでやるには絶対尺足りないし、台詞無いと意味不明、と思っていたら漫画風の演出と来たか。アニメのスクラン知ってる人なら、3話Dパートの痴漢退治エピソード簡略版と言えば分るでしょう。蛇足感を与えない、実に上手い演出でした。

よく考えたら、あのまま終わるとカズキ側の後日談が全然無かったから、これは良い判断でした。やっぱり主役なんだし、ヴィクターとパピヨンだけでは物足りないのは道理か。そしてホシアカリEDの時のラストは、アフターの傷撫でだったのかと納得しました。

それから感心したのは、ヴィクトリアのマント

あれは心の仮面を具象化したものでした。パパと再会した時、ヴィクトリアがマントを脱ぎ捨てて、ママの伝言とは別に、ただただ心から泣いた。

カズキと斗貴子さんの再会シーンが、中途半端な全裸抱擁で気になったのと比べ、とてもブラボーな再会シーンでした。あそこは、もっと光らせるか、絶対領域解禁するかハッキリしやがれ! 無理矢理光らせた感が凄いので、DVDで修正あるかな?

そしてパピヨンとの最終決戦。

お互い実はズタボロだけど、もう想いは止められるハズがない。もっとあっさり終わると思っていたけど燃えた燃えた! 『真っ赤な誓い』をここで使うとは反則だろ!
だけど、「この手を離すもんか」で腕が離れるのは狙ったな(笑

バトルは一心同体の名に恥じない形で決着は付き、カズキの殺し文句。この流れは原作同様蝶サイコー。ヴィクターといい、ボスクラスの相手は結局殺していないのが、とてもカズキらしい。

こうしてパピヨンは新しいマスクとスーツを身に纏い、新たな生を謳歌する。なーに、誤解を招く物言いで全部ご破算になりかけたのも良い思い出です。



この半年間色々あったけど、この作品は楽しいことばかり思い出します。ベストを一話だけ選べと言われても困るくらいにね。アニメ化は絶対成功すると思ってはいたけれど、予想を遙かに上回る出来映えでした。

もっと愛を込めて。パピヨン、ではなくスタッフに捧げよう。
「ありがとう。心から」と。
スポンサーサイト
 
 

コメント

最後の最後まで蝶サイコー

自分としてはちと物足りない部分もあるのですが、それでも話の流れとしては良かったです♪綺麗な感じで纏まって、とてもいい最終回!

カズキが唯一無二の存在の斗貴子さんとパピヨンが乙女です♪
裸になって再会は個人的にはいらなかったです。シロクロさん同様、ぼかすならぼかす、完全に見せるなら見せる。どっちかはっきりしてもらいたかったです!
パピヨンとの決着は単行本のまんまで最高♪カズキの説得の回想でヴィクトリアと鷲尾が出たのは何故か燃えました♪そして新しい生を満喫するパピヨンに幸あれ、です。

物足りなかったのはやはりアフター…。見せてくれたのは嬉しかったわけですが、カズキの「丸ごと全部 斗貴子さんのコトが好きだから!!」はあって欲しかったっ!!
あとは毒島ちゃんの素顔が半端だったことと、剛太の春到来がまるまるカットされたことです。特に前者はガスマスク無しのボイスが聞きたかったです!後者は剛太ということで諦めました(笑
武装錬金、蝶サイコーな作品でした♪

スクランはこちらで。蝶簡略化します。
今回の話は「男はバカな生き物」ということだったということを伝えたかったのでしょう。騙される方が悪いですが、騙す方のが圧倒的に悪い!とりあえず菅がうっとうしい!!
田中と永山さんは未来永劫そのままで♪円たちのようにはならないで、マジで!

最後にダイヤのAとあいこらのことを…
まずダイヤのA、結城キャプテンが地味ですがカッコよかった!不器用に行動でチームを引っ張るその姿はキャプテンに相応しい貫禄♪行動で引っ張るという意味では監督も同じですね。
それにしても3年キャッチャーの宮内がお笑い芸人のパッショ○屋良に似てることに気付きました。クリス先輩、御幸、そして宮内。キャッチャーってキャラが濃い…
あとは沢村につっ込まれる降谷が面白い♪ボケ的キャラにつっ込まれるって(笑
あいこら、全般通して天幕が可愛すぎ♪ツンデレの基本的リアクションがイイ!でも一番のインパクトは「すごくしたいの!」です。照れ顔がプラスされたことで破壊力倍増ですし。
服が透けて見えるメガネ…まだ3Dメガネが付いてきそうで…(汗

満腹になる完成度(武装錬金)と何故か涙の話(スクラン)

蝶・サイコーな出来に感動。パピヨンの前向きな行動には敬意を表したいですね。つうかあんなふうに生きれる人間になりたいです(パピヨンはホムンクルスだけど)。それと原作と違ってカズキとヴィクター30日間ずっと戦ってた事にビックリ。タフすぎます。それとホシアカリや真っ赤な誓いを入れるタイミングが凄く良かったです。最後にEDですがいい意味で予想を裏切ってくれたました。まさかここに後日談をいれるとは、スタッフに乾杯!しかし毒島の「好みは炎の様な人」の話はやって欲しかった。
スクランですが、梅津哀れとしか言いようが無いです。ただ彼には強く生きて欲しい・・・あと円を見ていると昔やってた漫画「×ーペケ」の「君の瞳は1万ボルト」のひとみを思い出しますね。それにしてもホワイトデーにはおにぎり旋風は起きるのかなぁ。起きて欲しいな・・・
P,S
このまま永山と田中がいい感じにキャラが崩れそう(特に永山)。

ピリオド&.

スクラン二学期最終回と同じサブタイトル

でもどうしてこうも違うのか

パピヨンと斗貴子さんという二大ヒロインも大きかったと思います。
カズキへの想いがパピヨンのほうが強かったわけではなく斗貴子さんには斗貴子さんのパピヨンにはパピヨンの想い方があったんですね。

さあ次なる変態はどこだ!!

風呂敷を綺麗にたたんだ最終回

腹八分目ということにしましょう。欲張って自爆が一番悲惨。
原作を綺麗にアニメ化しつつ、スタッフの遊び心も加わった良い作品でした。

> カズキが唯一無二の存在の斗貴子さんとパピヨンが乙女です♪

二人ともそれぞれの信念に基づいた行動は逆に見えても想いは同じ。
しかし、パピヨンはもう一人の主人公というより、やっぱりヒロインだよなあ。無論、あくまで立ち位置の話です。
カズキの説得で二人の言葉が出てきたのは上手い補強でした。

> 物足りなかったのはやはりアフター…。

必要最小限にカットされたせいで、端折られたシーンが余計見たくなる罠。
そういう方々を見事に生け捕る素敵な“罠”はあるのだろうか?
あれに補完する形でいいんだけどねえ。
毒島の生声が結局無かったのは残念。ドラマCD買えって事ですか!?

> スクランはこちらで。蝶簡略化します。
> 今回の話は「男はバカな生き物」ということだったということを伝えたかったのでしょう。騙される方が悪いですが、騙す方のが圧倒的に悪い!

普通に読むと、これ以外の感想は出てこないよね。
それをわざと曲解することに全力を挙げてみました。
菅は鬱陶しいとは思わないけど、予想通り春が来たらダメになるキャラです。

> 田中と永山さんは未来永劫そのままで♪円たちのようにはならないで、マジで!

ほんの数週間前(作中)までは手さえ握れなかったのに……。
幸せになって欲しいが、いつ告白したんだとそっちが気になったり。

> まずダイヤのA、結城キャプテンが地味ですがカッコよかった!

ああいう姿を見せられると体育会系はイチコロ! やるっきゃない。
理論派キャプテンが流行ですが、古き良き魅力を再発見しました。
あと、ビミョーに実在の人物からネタ引っ張ってるのかな?

> あとは沢村につっ込まれる降谷が面白い♪ボケ的キャラにつっ込まれるって(笑

今時、ボケもツッコミ入れられないとダメなんだと、オクト場聞いてると思う。
単に降谷のボケ指数が、乱高下してるだけかも?

> あいこら、全般通して天幕が可愛すぎ♪

ちゃんと読んでないので適当ですが、ツンデレの見本通りの行動でした。
分っていても止められない破壊力の嵐とはこの事か。
そして先生の年の功が光ったお話!

終止符とゴマの差ですよ

どうしてこんなに違うのか? やっぱり似て非なるモノ。
日本語には言霊が宿っているのでしょう。

○パチモンさん
> 蝶・サイコーな出来に感動。パピヨンの前向きな行動には敬意を表したいですね。
人間やめてるけど、あんな風に生きたい。
そう思わせてくれたパピヨンの信念と行動に敬服します。
あと、カズキ達はずっと戦っていた訳ではないでしょう。カズキが動かなければ休憩してたと思う。もうヴィクターは敵意がないからね。

> 最後にEDですがいい意味で予想を裏切ってくれたました。
音楽は最終回らしく勇壮、壮大、熱い曲のオンパレード。そして締めはホシアカリ。
真っ赤な誓いといい、どちらも主題歌と呼べる出来だからこそ!
しかし、EDのサービスには驚きました。スタッフGJ!
盛り込めなかった要素を加えた完全版が出来ると良いなあ。

> スクランですが、梅津哀れとしか言いようが無いです。
一言でまとめるとこれしか言いようがない。
そのうち、やってもいないのに「あなたの子供よ」とか言われそうだ……。

> それにしてもホワイトデーにはおにぎり旋風は起きるのかなぁ。
ここでおにぎり来れば確定でしょう。普通の漫画なら!
スクランは普通の漫画じゃないからね(笑
これからバレンタインならば、期待が抑えられなかったが、さてどうなる?


○けさん
> パピヨンと斗貴子さんという二大ヒロインも大きかったと思います。
今思うと、パピヨンは時代を先取りしていたんだなあと思ったり。
だけど、パピヨンは希望と絶望の下りが示すように、最後まで能動的だった。
そういう意味では、やっぱりもう一人の主人公なのか。
と、前のレスとは違うことを書いてみる。

> さあ次なる変態はどこだ!!
変態なだけなら、自転車のライバルかねえ。
素晴らしい変態は一体誰なのか探すのも、これまた楽しみ?

蝶・サイコー!! 心から

武装錬金
「あいがとう。心から」
この言葉はこの作品に関わってきた全ての方に贈りたい言葉ですね。
本編はエロスを感じさせるカズキ視点から見た斗貴子さんとのキスシーンや、ヴィクター&ヴィクトリアの再会、パピヨンとの因縁の決着など非常に見応えのある出来でした。
アフターはDVD最終巻でもう一回映像化して欲しいです。
惜しむべきは今回で最終回と言う事なんですよね・・・・・・。
原作がマンガなどのゲームソフトは基本的に買う事は無いと思っていましたが、6月発売予定の武装錬金ゲームに期待。

スクラン
良かったですよ、最初の2コマは。
他? 他も一応は面白かったですよ???
まぁ歴史や前に倒れる美学を汚して欲しくありませんでしたけど。
円は梅の反応を見て楽しんでいるだけなら良かったんですけど、あれはちょっと・・・・・・。

愛が込められた作品でした

> 「あいがとう。心から」
ここまで空気を読んだ歌を作ってくれた樹海、そして素晴らしいアニメに仕立てたスタッフに向けて、こちらから言いたい作品になりました。
アニメは毎年、アホみたいな本数が作られていますが、ここまで思える作品はほんの数本。これ、カズキが斗貴子さんに出会った並の幸運でしょう。

> 本編はエロスを感じさせるカズキ視点から見た斗貴子さんとのキスシーン
そうだよな!これ、カズキしか見てないよ!
わざわざ描き起こしてくれたスタッフの気合いに感謝。

> アフターはDVD最終巻でもう一回映像化して欲しいです。
ここまで来たら、もう一丁空気を読んで欲しいけれど、来期からジーベックはメチャ忙しいからなあ。諦めずに行動するならメールを送るか、DVDのアンケート出してみるとか、かな。

> 6月発売予定の武装錬金ゲームに期待。
シナリオは原作サイドが書いたので、そちらは多分大丈夫。
ゲーム作りには他にも大きな壁はあるけれど、ガッカリにはならないはず。多分。

> スクラン
> 良かったですよ、最初の2コマは。

せめて3ページまではおまけしません?
> まぁ歴史や前に倒れる美学を汚して欲しくありませんでしたけど。
ああ、なるほど。それだと許せないか。
あの状態で倒れると違う腕を強打しそうなんだが、まあいいや。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/497-a329efc0

武装錬金 第26話「ピリオド」

パピヨン「お前にはいるのか!?武藤カズキの代わりが!!!」カズキのことだけを考え、カズキとただひたすら決着をつけたい一心で白い核鉄の研究をし続けたりと、なんだかパピヨンの方が斗貴子さんよりもカズ

[続きを読む]

武装錬金 第26話「ピリオド」(最終回)

宇宙でカズキと再会する斗貴子さんの笑顔がまぶしかった今回。やっぱりパピヨンあっての武装錬金ですね。素直じゃないところが最高なのですが、絶望し暴走気味(っていうか、何かしてないといられない)の斗貴子さんの剣を、しっかりと腹で受け止めるあたり、立派です。....

[続きを読む]

武装錬金第26話(最終話)ピリオド

「カズキが帰ってきて…斗貴子さんに笑顔が戻ってきた…武装錬金最終話ピリオド」「カズキとパピヨンの最終決着…そしてヴィクターは」「最終回は最初しょから最後まで蝶クライマックスだぜッ!!」『・・・・』「雰囲気ぶち壊し…せっかくエンディングに流れたホシアカリ..

[続きを読む]

武装錬金 第26話 「ピリオド」 (最終回)

武装錬金  現時点での評価:3.5  [SFアクション]  テレビ東京 : 10/04 25:00  テレビ愛知 : 10/04 25:28~  テレビ大阪 : 10/04 25:30~  テレビせとうち : 10/04 25:58~  TVQ九州放送 : 10/08 26:45~  テレビ北海道 : 10/09 25:30~...

[続きを読む]

武装錬金 #26 「―最終話― ピリオド」 感想

日常から非日常の世界へ… そしてまた日常へ――

[続きを読む]

武装錬金 第26話(最終話)

さーいしゅーかーい!!このシーズンで間違いなく随一の名作アニメの最終話。ちょっと寂しい反面、充足感もあります。

[続きを読む]

武装錬金 第26話(終) 『ピリオド』

パピヨンが美味しいとこ持ってった(笑)ついに終わってしまった武装錬金。男キャラがみんな熱いところが大好きでした!

[続きを読む]

武装錬金 第26話(最終話)「ピリオド」前半

武装錬金の第26話を見ました。第26話 ピリオド「何の用だ?俺を始末しろとの任務か?」「いや、決着をつけにきた、パピヨン。カズキの代わりに」「代わりなどいない。貴様にはいるのか?武藤カズキの代わりが!!お前にはいるのか!?武藤カズキの代わりが!!」「斗貴子先輩!!危...

[続きを読む]

「武装錬金」最終話 ピリオド

2クール目から視聴再開したが結局途切れ途切れになってしまいました^^;あまり語る資格はありませんが、最終回ということで書きます。では簡単にですが、武装錬金感想いきます!【検索用ワード:第26話、第2

[続きを読む]

武装錬金 第26話(最終話)「ピリオド」

武装錬金 第26話(最終話)「ピリオド」いよいよ最終回です

[続きを読む]

武装錬金 第26話「ピリオド」

武装錬金 (10)作ってたよ~~(T_T)作ってたの~~(T_T)パピヨンは約束を守って白い核鉄を~~(T_T)不可能と言われていたのに愛よ、愛の力よ~~(T_T)そういう意味でカズキとの約束があった分、パピヨンの方がこの期間楽だったかも知れませんな。斗貴子さ...

[続きを読む]

武装錬金 第26話(最終回)

最終回は、カズキが帰ってくる話でした。カズキとヴィクターは1か月もの間戦い続けていたというのに驚きました。研究を引き継いでスタートしたとはいえ、1か月で白い核金を作り上げてしまうパピヨンは凄すぎますね。代わりに決着をつけに来たという斗貴子にパピヨ....

[続きを読む]

武装錬金 第26話(最終話)「ピリオド」

ここにある核鉄はこれからずっと斗貴子さんと一緒だから――。 パピヨンとの決着をのぞむ斗貴子。 その時、月面にサンライトイエローの光が輝く! カズキは生きていた!? 完全無欠の大団円^^  パピヨンはニューヒーローになる(笑)

[続きを読む]

武装錬金#26もっと愛をこめて

サンライトイエローに輝く月手放さなかった希望が奇跡を起こす最後のダッダララダッダラ~♪を聴きながらこの秀逸なOPを眺めていればそれだけで・・(ノ_・、)今、感激と一心同体になって最終回を観終わりましたよ・・最終話「ピリオド」「代りなどいない」それでもパピ...

[続きを読む]

武装錬金 第26話 「ピリオド」(最終回)

 ここにある核金は これからずっと斗貴子さんと一緒だから by 武藤カズキ

[続きを読む]

武装錬金 第26話「ピリオド」

ピ リ オ ド毒島の明かされた素顔(゚д゚`)

[続きを読む]

武装錬金/最終話 「ピリオド」

== 最終話 「ピリオド」 ==[[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/6c/d2/kj02ty/folder/283393/img_283393_8441946_0?-1)]]{{{:-あらすじ-カズキが果たせなかったパピヨンとの決着。せめて代わりを果たそうと、斗貴子はパピヨンのアジトのあった場所に行く。しかし彼は

[続きを読む]

武装錬金 #26 「ピリオド」

最初から最後までクライマックスな最終回ですw代わりなどいない!貴様にはいるのか?武藤カズキの代わりが!お前にはいるのか?武藤カズキの代わりが!武藤カズキのいない世界など、何の興味も無い。

[続きを読む]

『武装錬金』 津村斗貴子

『武装錬金』の斗貴子さんです。実は、腕章を装備させるのを忘れてしまったため、昨日ささっと描き加えたのですが、うん、大丈夫だよね。腕章だけ浮いて見えるなんて事、無いよね(´▽`;)斗貴子は、ホムンクルス抹殺

[続きを読む]

武装錬金

「ピリオド」 あ~ついに終わってとまいました、なかなか良い終わり方だと思いますねっ、EDでその後もやってましたが、ちよっと文字が小さくて読めなかったのは残念。 結局「カズキ」の思いはかなった訳ですねっ

[続きを読む]

武装錬金#26「ピリオド」最終回

また一つ好きな作品が終わってしまいました月に行ってしまったカズキ姫主役出番無しを心配してましたよカズキの代わりにパピーとの決着をつけに来た斗貴子さん『代りなどいない!貴様にはいるのか武藤カズキの代わりが!!』カウントダウンが始まったあ~~~~~~~~~..

[続きを読む]

武装錬金26話

武装錬金26話パピヨンはフラスコで何か制作?斗貴子さんは兵器かと思ってたけどカズキに依頼されてた白い核金なのねパピヨン言えばよかったのに…(汗)月が光ってるのがサンライトハートの光?マスターバロンで

[続きを読む]

レビュー・評価:武装錬金/第26話 ピリオド

品質評価 67 / 萌え評価 19 / 燃え評価 23 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 41 / お色気評価 35 / 総合評価 33レビュー数 99 件 パピヨンは、カズキを諦めず白い核鉄を精製していた。そして斗貴子に、「貴様は武藤カズキを諦められるのか」と尋ねる。斗貴子の頬を伝う涙。見

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。