スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル 第16巻表紙&シール

お布施するのは来週の計30ページの成り行きを見定めてからの予定です。それ故、今回は表紙シールについての雑感のみレビュー。

表紙は播磨&愛理。裏表紙が美琴!?
初版はおまけシール付。

表紙は予想通りの組み合わせ。しかし、愛理が小悪魔バージョン
ちっちゃくて可愛いな♪ 愛理妄想劇場の小悪魔が人気だったのかな。

そしておまけのシールは、この小悪魔愛理に加えて、小悪魔八雲天使天満の三枚セットの模様です。この取り合わせを見て何となく意図を察した。

要するに、播磨視点で見た場合の立ち位置。播磨にとって、天使は天満唯一人。しかし、何故か人気は愛理や八雲との絡みばかり。愛理と八雲は播磨を堕落させ拐かす悪魔なのです。とはいえ“拐かす”という意味では全然成功していませんがね。

それにしても謎なのが、裏表紙の美琴。なんでだろ?

これはあれか。失われた鉛筆フラグ……ではなくて、ボロボロの状態で助けてくれた女性という意味なのかなあ。神様やってた時に気遣ってくれたり、行く先のない状態で拾ってくれたりと、播磨にとって美琴は無条件で良い人です。でも、それならもっと同居人に対して感謝すべきだろが!と思ったり。
スポンサーサイト
 
 

コメント

テメェはまた(*n)オレを怒らせた

武装錬金
カズキと斗貴子さんのストロベリッっぷりに終始ニヤケっぱなし。こぉんのバカップル共、幸せになりやがれ~。
大戦士長vsヴィクター最終ラウンド。バスターバロン。これは実にいいスーパーロボットですね。バロンの特性もヘルアンドヘヴンも見れましたので満足満足。

スクラン
コイツハヤラレタ。オニギリダケジャナク、オオクノスクランドクシャノナナメウエヲイクジツニスバラシイオハナシデシタ。

・・・・・・・・・・・・・・・はぁ~。
読了後の心境はザ・ワールドを初めて体験したポルナレフの如く。もぅ何がなんだか・・・・・・。
前回渦巻いていた黒い感情は一体どこに行ってしまったのやら。こんな簡単に割り切れるほどの安っぽいモノだったんですかね。
まぁ、とりあえず今後単行本は買わない事に決定。“おにぎり”としてでは無く、一読者として納得のできる最終回を見る事ができたらまとめ買いしますかな。
・・・・・・今の所処分する確率の方が高いですけどね。

nにはどんな数字が入るのやら

少なくとも3より下はあり得ないと思った今日この頃。

> スクラン
> 読了後の心境はザ・ワールドを初めて体験したポルナレフの如く。もぅ何がなんだか・・・・・・。

分る分る。もしくは、気付いたら何故か負けてたDrウエストの心境か(笑
その位、唐突で理解不能な結論がいきなり沸いてきました。
あれは八雲の逃避です。恋愛や黒い感情から目を背けた結果が、あの答えなのでしょう。
立ち直れるのか、ねえ?

> まぁ、とりあえず今後単行本は買わない事に決定。
引き延ばしも困るが、最近の凄すぎる鋭角ターンも困ります。
例えこの調子で二転三転するとしても、こうなる読者は増えるでしょう。
「夏あら」に全力投球したいのか知りませんが、何だかなあ。
曖昧ENDでOKだったんだけど、この調子で話が纏まるかどうか不安です。
土下座したくなる程見事な展開になる確率は、日本がW杯で優勝するより難しそうだ。

> 武装錬金
ここまで素直に応援できるバカップルは中々いないと思います。お幸せに!
男爵様は必殺技後の隙を突かれて敗北したけど、実に良いもの見れました。
特にガンザックオープン~の流れが蝶サイコー!

容疑者播磨拳児

播磨、三回目の表紙
そして裏表紙もはや関係なし

とりあえず速攻で小悪魔八雲シールを貼り
お子様ランチ完成

次にこの表紙に隠された「意図」を考えてみる
・・・・・・・商売?

とりあえず予告が一番面白いのはどうかと思う。

美琴が裏表紙なのは

武芸者繋がりかな~と、ふと思った。
だって、表紙の芸風はバ○ボンドでしょ。
そういう訳で、アマレスは似合わないので却下。

思えば予告があった頃が一番輝いていたなあ。
輝きよ、もう一度と問屋が卸すのかは明日次第か。

そういえば15巻のラストのつむぎの「好き・・・ホントに」と
16巻の麻生の「好きだったんだ・・・・・ホントに」は対比させてる
みたいですね。お気づきでしたか?

おお、マジだ

麻生がぼそっと言った台詞かあ。気付かなかった。
現在形と過去形。おそらく対比させてるんでしょうねえ。
男の想いはことごとくねじ伏せて来ましたが、女の子の願いは届くのでありましょうか?

スクランは何も考えずに書いてるようでいて、所々はちゃんと考えてる典型例か。
思い返せばアソミコは、おにぎりと並んでそういう形跡が多く見受けられるカップルの一つでした。

何で放棄したんだろうなあ。想像以上の縦笛パワー?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/484-6e89f123

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。