スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯213(214)

後始末も口直しもなしで映画編に突入か。お陰で読んでるこっちまで、愛理の心境の如くモヤモヤしてしまう、そんな怪しい出だしでございました。とりあえず、恋より友情路線に回帰したお嬢様が向かう先は、恋と友情の両取りなのか、それとも?

本音トークで旗の苦境を知った姐さんが、映画を使って旗支援を本格的にする模様。しかし、文字通り“付いて来れたら”な飛ばしっぷりに唖然。それとも播磨の思い人を白日の下に晒すのが目的なのか? 個人的には、♭のアフレコ話で映画はもういらねになったんだけど、やるとしたら長そうだなあ。

とりあえず愛理は両思いが勘違いで、播磨の思い人は天満だと薄々気付いている模様です。これが無ければ旗一直線だと思ったけど、わざわざ入れた以上、もっと捻った展開にするのであろう。きっと、多分。そうだといいなぁ。

しかし、エリージョって……。ド○ンジョ様を汚すんじゃない!!

こうなるとト○ズラ西本、ボヤッ○ーは……花井?
マジでヤッ○ーマンをやるのか、説明ある訳ないけど違う意味で注目です。

それにしてもスポーツ描写が酷いな。下半身が絶対おかしい。(漫画だから)テニス打ちはまだしも、スイングの向きがマジで分らなかった。最初の大コマは左打ちで、次のページは右打ちだし、スイッチですか?打席をスイッチする前に腰と足の向きをスイッチさせてください。
ボウリングで球を取る動作も一応合ってるはずなのに、怪しく見えてしまい、読者に動きを納得させられない。こんなんじゃ格闘漫画や時代劇が描ける日は遠そうです。
スポンサーサイト
 
 

コメント

今週のがっかりしょんぼりメカ

もはやスクランの内容よりジャッキーチェンの新作のほうが気になる今日この頃

結局、沢近も八雲も「天満>播磨」だったわけで。真のモテモテは天満だったわけですね。
播磨をフォローできる二人のヒロインが脱落しかけている今、今の状態で播磨が失恋したら
播磨に待つのは死に近い未来かもしれません

それにしても前はもっとちゃんと動きは描けてたはずなのに・・・
作者と播磨の画力は平行して落ちてきてるとは思いませんか?(または本当に別人が書いてるのか)

さすが真の主役?

確かに天満はモテモテ。恋より友情、恋より姉想い!
このまま脱落なのかはおいといて、現状は間違いなくこの状態ですね。

「動き」については、一年前のバレンタインでもやらかしてますからねえ。別人というか、もう相当量をアシ任せにしてそうだ。

1.好きなキャラだけ描いてる
2.顔だけ描いてる
3.本人以外が描くとバレる目だけ描いてる

小林先生の作画については、どうぞ好きな選択肢を選んでください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/462-c9159a0a

スクールランブル ♯213(214)

発表も終わったしレポートも出したし、これでようやく終わりです馬鹿侍。発表の場にはあの人がいました。どうやら俺はこの男と因縁があるらしいです。そう、度々ブログに登場、某教授です。去年の期末テスト

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。