スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯212(213)

スクランの掟、女の子は酷い目に遭わせない法則発動。その為、壮大な仕掛けをした割にショボイ結末になりました。本当に、これだけのドラマとページ数が必要だったのか疑問です。

結局、愛理が播磨にのぼせ上がっていた頭を冷やして、天満との関係を元通りにして目出度し目出度し。

しかし、事の発端である王道バレはうやむやで友情話にすり替わり、消化不良な感じです。「恋より友情」路線に回帰したのか、それとも播磨と天満の関係を冷静見つめ直しただけなのかは不明な表情でした。

この件を王道バレではなく“嫉妬”で片付ける気なら、旗展開に死角なし!?

実際、八雲と愛理の関係以外は引きずる人は他にいないし、播磨が絡む要素は皆無となった。あとは二人が和解すれば終わりです。とはいえ、八雲は怒ってます。珍しく天満の意見を完全にスルーしたし、八雲の眉がつり上がってます。

暴言他を愛理がちゃんと謝らないとダメでしょう。ビンタは“罪”に対する“罰”だと受け止めていたのなら、一歩踏み出すだけのハズ。この方が人間的成長も感じられて良いのだが、さてはて。

あれ?、天満に謝ってNEEEEE!!

一緒に「ごめんね」と言えば良いのになあ。天満は言われる理由が分らなくても、心のけじめとして必要だったと思う。お互いに謝られる理由は不明でも、この方が良かったな。

それにしても天満は凄い!!

激ニブ設定もここまで来ると女神様の領域です。そんな天満でさえ気付いてしまう、決定的な一言を言わせなかったビンタにはやはり感謝すべきでしょう。

しかしまあ、読み終えたら何か妙に気が抜けた。イブで砕け散ったと思いきや、まだスクランに熱い想いがあったようです。出来れば鬱ではなく、元気の方を下さい。お願いします……。(白文字にしてたけど意味無いから止めました)
スポンサーサイト
 
 

コメント

あれ・・・終わり・・・?

こんばんは。

最後の沢近の微妙な表情は「結局自分は謝れてない」事にたいしてのものも含まれているかな、という勝手な期待を込めています。
個人的には一歩を踏み出して成長する沢近が見たいわけです。

というか、シロクロさんもおっしゃるとおりあれだけ引っ張ってこれで一件落着ではさすがにショボイにも程がありますし・・・。

次回は普通に別の話になりそうな雰囲気もありますが、そろそろこういう話で、あまり重くならない程度に引っ張りつつ踏み込んで欲しい所です。

播磨にはあの電話の会話から少しおかしいと疑いを持つなんてまず無理でしょうし、どうも彼はいつのまにやら蚊帳の外、
となるとポイントはやっぱり八雲でしょうか。

ほぼ全読者の感想でしょう

あれだけ引っ張って、盛り上げておいたのにショボイ結末に逃げた。
だったら修羅場なんか描くな!と言いたくなります。

次号の注目点は、このまま無関係な話に移行して逃げ切りを図るのか、後始末くらいはするのかでしょう。散歩して出た糞は、飼い主が責任持って片付けて欲しい!

巻数が一桁の頃なら播磨は気付いたかも知れないけど、今の播磨はひな壇の飾り物(首無し)なので期待していません。八雲が消え失せた男前成分を担うのかどうかは謎。というか、それ役割違うよね。

主人公はだれだ

スクラン内の主人公の入れ替わり
天満時代(1~3巻)
初期のあたり 現在とコンセプトがまるで違う
この時は播磨がハーレム主人公になるなんて思いもしなかった。
播磨時代(2~8巻)
スクラン黄金期ともいえる一番ノリにノッてた時代
烏丸が消滅 
混乱の時代(8~11巻あたり)
脇キャラの増殖で誰が主人公か判断がつけにくい
サバゲーバスケなど迷走が続いた。
修羅の時代(12~現在)
話の質の上下が激しい時代
前半は八雲が中心中盤は播磨が中心現在に至るまでが沢近が中心 

コメントすることがないと考察になる。
しかしホント落ち着かない作品だな。

スクランとは良く言ったもので

スクランブルエッグの如く、その辺ごちゃ混ぜはわざと狙ってるのでしょう。ごちゃ混ぜにしすぎて、作者もよく分って無さそうな気がするのは気のせいだと思いたい。

基本の流れはそれで合ってると思います。
このまま沢近主役で逃げ切るのか、それとも?
とりあえず天満は一度復権するはず。しないとおかしい。

「昔のスクランを奪い返せ!」

来週でゲトバ終わりなんだな・・・ってのは置いといて、
八雲の「アレ」については最後のほうまで取っておくのではと見ましたが。・・・結局は、今回もまた播磨のみを悲劇に追いやるための手法にしか見えなかったな。

>スクランの掟、女の子は酷い目に遭わせない法則
いいやスクランはそれよりも、
悪人に何の危害も降りかからない
法則の方が強いですよ。八雲以外の茶道部一味、円、冴子、笹倉、東郷、ハリー・・・。こいつらはまとめて必殺仕事人に頼んでこの上ない天罰を下してやりたいですね。

さて、次週はどうなるんでしょうか。縦笛とか播磨がらみ以外をダイジェストで終わらせるなんてこともしそうな気がしてならない・・・。

素直に奪還やってた頃は面白かった

播磨の知らぬ内に問題が起き終息?したので、今回はどうなんだろ?
どのみち「全部ヒゲが悪いんだから!」の一言で、簡単に破滅しそうなのは修学旅行以降確定した流れでしょう。

> 「悪人に何の危害も降りかからない」法則
なるほど。こいつはやられたぜ!
仕事人は、今ならHOT&COLDが中々良い感じですね。
冴子はまあともかく、円の梅イジメの理由だけは明かして欲しいものです。
東郷はあっさり見捨てられる可能性も高いけど、晶とつるんでる限りは無事そうだな。

箸休めの短編集はとてもありそうだけど、さて何をするのやら。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/457-b5fa7a7b

スクールランブル ♯212(213)

スクールランブル♯212の感想です。そういえば、某大学の某理工学部は今日でしたね。会場でやりとりしてる人とかたまにいましたね。なつかしいなあ。さて、俺的にはまだまだ平穏からは程遠いぜ!16日

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。