スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

のだめカンタービレ 第05話

巨匠、格の違いを見せつける、の巻。
指揮者が何故指揮者と呼ばれるのかを端的に示した良い話でした。

シュトレーゼマンはただのエロ親父ではなかった。千秋との経験の差を見せつける、見事な人心掌握術でオケの心を鷲づかみしてしまいました。無論、千秋の心もね。

ただ前で棒を振って文句言ってるのは、指揮者とは言いません。

バラバラの心を一つに集め、良い音楽に仕立て上げるから指揮者と言われるのです。千秋が正しいことを言っても、オケ団員も人の子です。素直に聞くとは限らない。むしろ、オケなんて世界中どこもあんなもんです。

あとは左手の動きも描写するようになれば本物なんだが、アニメではそこまでやるの無理だろうな。私の先生は、右手はリズムを、左手は感情を表現すると仰っていました。

何か、感想ブログにあるまじき事を書いてるような気もするが、まあいいや。ともかくこれで、千秋もスタートラインに立ったし、今後の展開が楽しみです。



・2話~4話
2話が面白かったので継続決定。ちなみにVVVはミスったので、そのまま捨てることにした。
バイオリン、ティンパニーと面白キャラが登場。お馬鹿で楽しい!
だから、千秋が愉快な仲間達を集めて、自分のオケを作るのかと思ったら違った。4話はそれ故微妙評価だったけど、5話見て再評価しました。

それにしても気になるのが楽器演奏

CGで描いてるけど、あんな動きじゃないだろ! ティンパニーは、踊りながら演奏してたオカマの動きとかけ離れてるし、ピアノもなぁ……。バイオリンだけは改善していますが、これなら迫力ある一枚絵の方が好きに想像できて嬉しい。
ことTVアニメにおいては、動かない=悪ではないと思います。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/453-fb169a2a

のだめカンタービレ #5 ─プイプイ言わすなっ─

千秋、大魔王になる!(((゚□゚))) ↓ ↓

[続きを読む]

のだめカンタービレ Lesson 5

千秋、初オーケストラ指揮!! でも気持ち悪い音が出る~ 学校中のへたくそと変り者

[続きを読む]

のだめカンタービレ Lesson5♪

一人一人の演奏家を大切にネ♪今回のエピソードは、『千秋、初めての指揮台♪』ですvvチューを回避するため、のだめが正拳突きをしてしまってミルヒーダウン!(笑)のだめが無理矢理引っ張り出した感じもあります

[続きを読む]

(アニメ感想) のだめカンタービレ 第5話 「Lesson 5」

のだめカンタービレ Vol.1 [初回限定版]/アニメ指揮科への転科を希望する千秋を激しく拒否するシュトレーゼマン。のだめは千秋を指揮科に入れるよう懇願する。するとシュトレーゼマンは、とある条件と引き換えに千秋の転科を許可した。その条件とは、シュトレーゼマン....

[続きを読む]

アニメ・のだめカンタービレ~第4話&第5話・シュトレーゼマン!

アニメ・のだめカンタービレですが、ミルヒ・シュトレーゼマンという外国の偉い指揮者が登場するわけです。この役はドラマで竹中直人がやっており、むしろ外国人かどうかも怪しかったのですが、アニメでは外国人であることは疑いないようです。ただ、本物かどうかは、アニメ

[続きを読む]

のだめカンタービレ Lesson5

 「キスしてくれたら千秋を指揮科に転科させてあげる」というシュトレーゼマンにのだめが返した答えは「正拳突き」だったw

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。