スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

コードギアス 反逆のルルーシュ 第15話 「喝采のマオ」

どうみても痴情のもつれです。本当に(ryな展開が、不思議とドラマチックになるのだから恐ろしい作品です。マオは、ルルーシュの悪い未来の一つだったんでしょうね。しかし、「情を捨てろ」と言っておいて、実は劇甘なC2がおいしゅうございました。

チェーンソーで解体しようとするマオのイカレッぷりは凄かったが、C2のツンデレも負けず劣らず。結局マオを殺せないは、逆に手足を撃ち抜かれるはしても、マオを助けようとするなんて!

そっちかよ!という声が聞こえそうだが、無論ルルーシュに対してもね。

C2の真意を知ったルルーシュの行動は見事の一言。C2がマオを倒すと思っていたのに、うまいこと罠に嵌めました。同じシチュエーションでも、あの言いぐさが出来るルルーシュと純情BOY扇のギャップが楽しかったり。

これからは共犯者ではなく契約者同士、対等の立場として共に歩む訳か。
分ってはいたけれど、ヒロインレースはC2の完勝で決着したと見て良いでしょう。

しかし、シャーリーがまだ学園にいたとは驚きました。他人プレイと思わせるって相当無理あるなぁ。そしてミレイは遂にお見合いか。何やらルルーシュに助けて欲しそうな顔してましたが、胸の内はどうなっているのやら。あと、彼女は前回の反応から、ルルーシュの素性を知ってると思いましたが、確定ソースも出た。まあ、一緒に島流しされたんだろうから当然ですね。

それから、他の皇族とも皇子時代は結構接触があったことも判明。

予想通り、シュナイゼルは強敵の模様です。いつ登場するか、こちらも楽しみ。そしてこれまた予想通り、大貴族で放蕩者のロイドさんでありました。
ところで見合い相手は、当然玉の輿狙い。すると、この二人しか候補がいませんが果たして?
スポンサーサイト
 
 

コメント

だだっ子マオ、大癇癪

今回は色々と見所が満載でしたね。C2も結局はルルと同じで「身内には甘い」タイプでした。もっとも、甘さではルルの方がまだまだ上ですけどね♪路地裏でのチンピラしめは素敵でした。

マオのイカレ方はここまでとは思いもしませんでした…。チェーンソーで四肢を切断した後でオーストラリアに空輸って怖いこと言うんですもの!ギアス発動してからの約4年間はC2がいたから良かったものの、それ以降の約7年間は拠り所の無い状態で常に心の声が大量に聞こえる状態ですから、壊れるのも無理ないかも…。嫌いにはなれないですね、こういったキャラは♪
それにしてもブリタニアってオーストラリアを攻め落としていないんですよね、ビックリです。ちなみにマオに関しての年数は一話の回想でルル達を見ていたC2の姿があったことからの推測です。間違ってたらゴメンです。

ヒロインレースに決着はまだ早計です!まあ、バレをチラッと見た人間の意見ですけどね。19話では面白い事が起こりますよ♪
それに自分はまだシャーリーの芽は摘む気は無しです!というのもルルがシャーリーの日記を燃やしたことが引っ掛るのです。記憶消去が完璧なら日記を見たところで揺り動かされることはないはずです。でも日記や写真のような物的証拠を処分したということは切っ掛けがあれば記憶が戻るのではと思ったのです♪それにルルは今でもシャーリーのことを思いっきり悔やんでますし…ね?

シュナイゼルの登場が待ち遠しいです♪ちなみに第一皇子は権力を傘に威張ってるようなダメ人間です。それにしてもナナリーの口から「シュナイゼルお兄様」という言葉が出るとは意外でした。ルルのように「皇帝の子供(ナナリー以外)は皆殺し」なんてことは考えてません♪いい子です♪
ロイドは個人的には爵位はもう少し上かと思いました。オレンジに改名する前のジェレミアよりも位が一つ下ですから。侯爵くらいはいっててもおかしくは無かったんですけどねー。でもおかしいのはそのロイド伯爵に失礼極まる暴言&暴力を平気で振るってるセシルさんです!まあ、ロイドがあんな風ですからいいのかもしれないです…。身分に関係なく気軽に接することの出来る特派、本当にこのアニメの癒しです♪

シロクロさんの見合い相手予想に自分も参加します。まずは候補に2人ほど追加です。ギルフォードです。コーネリアの騎士ですけど、見合いくらいはさせられるかもしれません。オレンジやキューエルも生きてたら可能性はあったかもしれません。ダールトン47歳も独身だったら無くは無いかもしれませんね(笑
相手となるとシュナイゼルでしょうね。ロイドの場合はあの性格からして見合いをするなんてことは考えないでしょう。見合いする暇があったらランスロットと一緒にいることを選びそうです♪というよりはロイドにはセシルさんが…かもです。

日は沈み、また昇る

ルルとC2はお互い、五十歩百歩な甘ちゃん同士でした。もちろん百歩はルルーシュ。
そして、ルルーシュが絡まないサブストーリーも魅せる展開で嬉しい悲鳴ですね。
特にヴィレッタ。記憶喪失は読んでいたが、まさかあれほどとは。シャーリーが実質消えたと思ったら、一人で二粒美味しいとんでもない伏兵が誕生!

> マオのイカレ方はここまでとは思いもしませんでした…。

病んでるとは思ってましたが、ぶっ飛びすぎ。しかしボイスはいつ録音したんだろ。
マオはC2を荷物扱いにしたいらしいし、ヤバイお方です。
ダルマにしてもうどこにもいかないようにしたい、ということなのかねえ。
オーストラリア云々は、人のいない砂漠に家を建てたという意味でしょう。

> それにしてもブリタニアってオーストラリアを攻め落としていないんですよね

日本侵攻図から見ても持って無さそう。意外だなあ。
ブリタニアはフィリピンを持ってるし、植民地は大英帝国系ではなくアメリカ系みたいですね。

> それに自分はまだシャーリーの芽は摘む気は無しです!

なるほど。確かに国に帰るより、記憶復活の日は近そうです。
ヒロイン復活はあるかも知れないけど、問題は、記憶復活がいつなのか。
そしてルルーシュの自責の念は、どの感情から発露しているのか次第でしょう。

> ロイドは個人的には爵位はもう少し上かと思いました。

侯爵だと遊び人やるには偉すて大変だから、伯爵にしたのかなあ。
私も、ロイドはもっと大貴族でも十分似合うと思います。
そしてセシルさんは確かに。上官なら鉄拳制裁してもおかしくないけど違ったし、貴族身分も確実に下。それでいてあの関係。謎は深まるばかりです。

> シロクロさんの見合い相手予想に自分も参加します。

ギルフォードダールトンは、考えたけど外したんですよ。
ギルフォードは本人にその気一切無い。ダールトンは……犯罪だろ!
まあ、貴族社会なら娘ほど年が離れていてもありえる話か。
もしギルフォードだとしたら、あちらも周囲のごり押しに屈して形だけ、かな。
しかし、ミレイはそんなギルフォードに一目惚れしてしまう。なーんて展開なら見たい。

> 相手となるとシュナイゼルでしょうね。

普通に考えるとこちらでしょう。
廃嫡された皇子についたが故に没落したのだから、最有力候補にくっつけたいはず。
そして一緒に没落する位の関係なら、ルルとミレイはかつて許嫁だったとしても不思議ではない。こんな設定があったとしたら、今回の表情が意味深なものになりそうですが、さてはて。
ちなみにロイドの恋人はランスロットでお願いします。

ルルーシュはいい感じに成長しております

『解読不能』の空耳字幕MADに大・爆・笑。あの曲は、オレンジさんが復活するまでこれで我慢してくれというスタッフのネタ提供作品と判断する事にしました。

マオの性格はあのギアス能力の事を考えると「仕方ないかなぁ」と思っていたんですが、さすがにチェーンソーはいきすぎかと。深夜作品的には大歓迎なんですけどね。

シャーリーについては生徒会メンバーに嘘をつき続けるのは無理がありますからねぇ、ギアスを使わない限りは。ルルーシュもそんな方法だけはもう使いたくはないでしょうし。ルルーシュが学園を去る日が近づいているって事なんですかね?

次回でマオ編完結(だったような)予告でもチラッと映ってましたが、しぶとく生き残ったマオが何をやらかす事やら?(白々しい)

以下注目点
・CC強し。拘束衣を着せられていた事になんか納得
・扇に対し初めて殺意が
・会長両親の狙いはやっぱりシュナイゼル?
・スザクの親父は徹底抗戦を唱えた後、スザクに直接(or間接的)に殺された?
・プリンセス・藤堂爆誕

DVD映像特典のルルーシュのネタバレ(?)発言
「最悪の《規制》になる男だ」ってセリフの事です。

確かに成長してますね

ルルーシュは! スザクは……地位だけだな。
ただし、谷口監督はこういうウザキャラを劇的に成長させるのが上手いし、終盤に期待しますか。

> 『解読不能』の空耳字幕MADに大・爆・笑。
どう聞いても最初のサビは「強姦だー○×△」にしか聞こえないんですからねえ。
そりゃまあ、こんなネタにされるのは当然でしょう。

マオは私も同感。C2ボイスエンドレス再生で相当ヤバイ人だと思っていましたが、まさかバラバラにしようとするなんて想像の範囲外でした。

学園生活はシャーリーの件もあるし、ルルーシュが去るしかなさそう。
次回のサブタイトルがナレと全然噛み合わなくて妙だし、その日は近そうです。
その前に、もう一度生徒会の馬鹿騒ぎが見たいんだけどなあ。
え、蜂の巣でまだ生きてるの? ギアス恐るべし。

> 以下注目点
C2は格好良かったけど、クランプ足が偉いことになってて吹いた。
扇はとんでもない強運の持ち主だなあ。死ぬはずだった新宿で助かり、ゼロに地位を譲ったら大組織のNo.2になり、あげく記憶喪失の美女を拾うなんて!
許すまじ!と思うのは早計。彼には過酷な運命が待っている。
あの純情君に彼女が出来たら、バレるのは時間の問題です。
そして女の素性を考えれば殺すしかない。ゼロの命令に対し、扇の決断は!? なーんちて。
スザクと父親の件について考えると、状況証拠はスザクが犯人だと示しています。
このまんまなのか、ミスリード狙いなのか、結論はもう少し先かな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/444-11fec2f0

コードギアス 反逆のルルーシュ 第15話 「喝采のマオ」

ルルの華麗な逆襲!!そしてC.C.とルルーシュが真の意味での契約を・・

[続きを読む]

コードギアス 反逆のルルーシュ #15 「喝采のマオ」

 この世界には善意から生まれる悪意がある。 悪意から生まれる善意がある。 ルルーシュが起こした行動は、果たしてどのように受け止められるべきものなのか。 裁きは世界の必然なのか。 ギアス。 この人ならざる力を使う者は否応なく心に孤独を作り出し、善意と悪意の

[続きを読む]

コードギアス 反逆のルルーシュ 第15話 「喝采 の マオ」

マオ、哀れなり

[続きを読む]

コードギアス 反逆のルルーシュ 第15話「喝采のマオ」

コードギアス反逆のルルーシュ 2「お前は俺の敵か味方か?」これはツンデレルルたんの心を偽る言葉。本当は「お前は俺が好きなのかマオが好きなのか?」が正解なのであります(笑)そりゃあねぇ、昔の男が出てきたらヘタレルルーシュとしては心配な訳ですよ。....

[続きを読む]

コードギアス第15話の感想-マオはマオとして失格です!(委員長風にw

 マオとの契約は11年前ですか。ブリタニアが日本に攻め込む前ですね。場所が中国? C.C.の目的は一体なんなんでしょうね。

[続きを読む]

コードギアス 反逆のルルーシュ 第15話「喝采 の マオ」

契約だ。今度は俺からお前への――。 マオとルルーシュ―― 過去と現在、ギアスを与えれた二人。 増していくギアスの力に抗しえなかったものと運命に抗うもの…。 二人にギアスを与えたCCの選択は――。 スピーディな展開にあ然(?) 惜しげもなくなんでも使い捨てていき

[続きを読む]

コードギアス 反逆のルルーシュ15話

マオとの勝負、第2ラウンドの15話。今回はルルーシュの勝利でした。・ルルーシュ今回は非常に輝いてました。うおっまぶしっ!ビデオでマオに精神攻撃とは思わなんだ。そして今回は久々に(ギアス使用とはいえ)寄せ集

[続きを読む]

コードギアス 反逆のルルーシュ 第15話「喝采のマオ」

コードギアス 第15話 「喝采のマオ」の感想です。手短にといいながら語りどころがありすぎて困ったのものですがとりあえず核心には触れず、周りから攻めてみましょうかね。 コードギアス 反逆のルルーシュ 2

[続きを読む]

コードギアス 反逆のルルーシュ stage15『喝采 の マオ』

この世界には善意から生まれる悪意がある悪意から生まれる善意があるルルーシュが起こした行動は果たしてどのように受け止められるべきものなのか?裁きは世界の必然なのか?ギアス、この人ならざる力を使う者は否応な

[続きを読む]

コードギアス 反逆のルルーシュ 第15話「喝采 の マオ」

コードギアス 反逆のルルーシュ 第15話「喝采 の マオ」もうひとりの契約者、成れの果て…

[続きを読む]

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ 第15話 「喝采のマオ」

コードギアス 反逆のルルーシュ 2危険なマオの能力。頭で戦うルルーシュにとって、彼の持つギアス能力は脅威だった。そして、マオはC.C.を奪うために動き出す。果たしてルルーシュは・・・。

[続きを読む]

コードギアス・反逆のルルーシュ 第15話「喝采のマオ」

「白馬の王子って言って欲しいな、君を迎えに来たんだからさ、ははははっ嬉しいだろ、C.C.」 by マオ脚本:大河内一楼 絵コンテ:須永司 演出:山田徹 作画監督:向山祐治・佐久間健

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。