スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯206(207)

エビパーティーの続きではなく、ひな祭りで一年生軍団が、八雲・天満・愛理人形のどれをお姫様にするかの騒動でした。これは、八雲(と播磨)の気持ちの再確認がテーマでしょう。しかし、八雲の気持ちは恋を通り超えて愛の領域に達しているような。

そうでなければ、播磨が振り向いてくれなくても支え続ける現状をどう説明する!?

八雲の気持ちは想像通り、播磨の天満への気持ちが最優先で、姉と競争する気はナッシング。だけど、この前提が崩れれば戦う気はありそう。でも、姉を想っている播磨が好きな気がしないでもないけどね。とりあえず、二学期アニメのように播磨の気持ちを理解しすぎて、播磨が天満に気持ちを伝えて欲しいと考えてる模様です。
そして、肝心の播磨の気持ちは、変えるつもりがないと受け取ったので、期待の曖昧エンドへ向かうと見ました。

何故、曖昧エンドが期待なのか。

それは、スクランは播磨の想いが変わったら終了だから。そして播磨の気持ちが変わらないと、おにぎりも何もあるはずがない。だから、播磨が玉砕した後、振り向けば青い鳥が側にいたことに気が付けば良いんです!!

しかしまあ、一年生は、もしかして播磨と沢近の噂を八雲の耳に入れないようにしていたのか、なんなのか。整合性を取るのに苦労しています。

だが、サラは違います!!

八雲以上の八雲通認定キター!!

天満団長無き今、サラが新たなおにぎり応援団長になってくれるとみた。幽子と伊織の人外応援団は、人外故に限界がありすぎたから、期待していますよ~。わざわざ八雲が微笑んだコマにカットがあるんですからね。

そして、その播磨に告白されたの?と聞かれた八雲の驚きと微笑みは、とっっっっても素敵でした。
驚いた後に「――まさか」と言った時の、これまでになく優しく可憐な微笑み!!
きっと、播磨に告白されたあり得ないIFを想像しての、ちょっぴり切なくても、にじみ出た幸せな気持ちの現れに違いありません!!


でもって、妹の心、姉知らずなオチは、よくやった伊織!!
播磨は、この位の目には遭えと思うのは、間違ってないでしょ。
多分、播磨人形の首も最初から折れてたんだろうな。無論、犯人は伊織と天満でFA。



「空の境界」がアニメ化するらしい。
一番難しそうな気はするけど、三度目の正直があればいいなあと祈っています。
つーか、Fateがあの出来でDVD初動2万↑なんだから、気合い入れて作って損はないぞ!!
スポンサーサイト
 
 

コメント

もしや、ジン先生は・・・・

急な登場ですが、はじめまして。t-46です。
さっそくですが、今週の八雲もよかったですね。
なんだか、ジン先生は八雲をかなり大切に描いてくれているみたいです。おにぎり派な私にとっては嬉しい限りです。
もうすぐ大詰めとなってきたスクランですが、なかなか先の予想できない流れですね。もしかしたら、シロクロさんの予想みたいに玉砕後に青い鳥がすぐ近くにいたことに気付くかもしれませんが・・・・。
それはそうと、もうすぐ八雲の誕生日ですね。たしか三月二十三日でしたね。もしかすると、この誕生日を利用して播磨と・・・・なんて考えていますが。どう思いますか?

八雲!
ヤクモ!
塚本八雲!
おまえはもう立ち上がれないのか?
八雲!
ヤクモ!
おまえは最大の敵 沢近の死をむだにするのか?
たて八雲!
立ち上がれヤクモ!

・・・沢近を勝手に殺したのはここ最近の印象の悪さのせいです。ごめんなさい。
くらえ!サンダーボルトヒップ!
・・・すいません情緒不安定で・・・。
播磨も八雲も自分の想い人が誰が好きか大体わかっているんですよね。それだけ相手のことを見ているとゆうか好きだからわかってしまうとゆうか。
播磨にとっての天満はこの先たとえふられたとしても永遠に特別な人であり続けるだろうから我々おにぎりが望む形としてはもう一人の特別な人に八雲がなってくれることを願うばかりでございます。

心から愛する人は

はじめましての方も常連になりつつある方も、今後ともよろしく。
(まともな)コメントが増えるのは大歓迎ですので、お気軽にどうぞ。

○t-46さん
> なんだか、ジン先生は八雲をかなり大切に描いてくれているみたいです。おにぎり派な私にとっては嬉しい限りです。
空回りしている時も多々ありますが、間違いなく一番大事に描いていると思います。
播磨はラブコメ主人公の常として、想われる事には蝶・鈍感。
八雲の想いに気付いてくれると嬉しいんですけどねえ。

> それはそうと、もうすぐ八雲の誕生日ですね。たしか三月二十三日でしたね。もしかすると、この誕生日を利用して播磨と・・・・なんて考えていますが。どう思いますか?
当然、考えていますとも!
播磨は、唯一誕生プレゼントをくれた八雲にお返しする義務があります。
人として絶対やらねばなりません!!


○けさん
おでんに当ってしまったのでしょうか? お大事に……。
> 播磨も八雲も自分の想い人が誰が好きか大体わかっているんですよね。それだけ相手のことを見ているとゆうか好きだからわかってしまうとゆうか。
誰が好きなのか分るというのは、正しくその通りでしょう。
人一倍注意して見ているので、相手の想いが自分に向いてるのかどうかは、肌で感じているはずです。
播磨は馬鹿補正で、無理矢理ポジティブ志向してますが、八雲は常識人なのでこのような状況になりました。話の都合、と言ってしまうと身も蓋もありませんがね……。

> 播磨にとっての天満はこの先たとえふられたとしても永遠に特別な人であり続けるだろうから我々おにぎりが望む形としてはもう一人の特別な人に八雲がなってくれることを願うばかりでございます。
イエエエェェェェェェェェェエエス!!!
播磨にとって、天満は特別な存在であり続けると私も思います。
心から人を愛したならば、忘れたい過去になることはありません!
そして同じく、天満が特別な存在である八雲となら、きっと上手くやっていけると信じてます。

萌えてきた

ヤクモンが覚醒するのを心待ちにする今日この頃…

なんだか最終回が近いのか
はたまたそれとも過去に播磨が感づいたように
まわりまわり続けるのか…

ああん、もう
萌えてきた

萌えー

あれだけ素敵な笑顔は初めてだったような!?
この話は、ヤクモン覚醒の伏線だったんだよ!と後々笑えると良いなあ。

三年編はやらないと断言していたから、作中期間一月以内に終了するはずですが、どう終わるのか。
まあ、ぐるぐる回り続ける可能性は、結構高い……。

追伸
今年も正月休みがどこかへ行ってそうですが、セイント頑張ってください。
脳みそ溶けそうなサブタイなので、見るのがちょっと怖いけどね(笑)

遅ればせながら、新年の挨拶と今回の感想を。

今年も色々書きたいと思ってますのでよろしくお願いいたします。


天満にへし折られた播磨雛人形、これはまさに
「播磨、天満にふられてデッドエンド」
を確信させるようにも見えてきました・・・。

>それは、スクランは播磨の想いが変わったら終了だから。
終了以前に、これはもう物語の破綻ですよ。・・・つーか、今じゃもう破綻し放題だけど(w
でもこれは、数多くある破綻の中で最大のものとなりそうですね。
>播磨が玉砕した後、振り向けば青い鳥が側にいたことに気が付けば良いんです!!
天満バカ一代の播磨の気持ちがそう易々と傾くわけがないと思いますよ。今となれば播磨にはバッドエンド以外の選択肢はないと思います。
>もうすぐ八雲の誕生日ですね。たしか三月二十三日でしたね。もしかすると、この誕生日を利用して播磨と・・・・なんて考えていますが。どう思いますか?
この日が、おにぎりの終焉の日になる可能性が高いと思います。さらには、高野の謀略も手伝って、花井の人生の終焉の日にもなりそうですね。しかも花井は7巻の漫画編のときの柱の「その他=2C全員-花井」のようにハブ扱いされ、最期の方で死人と化したというオチだけで済まされそうですね。
そして翌日(終業式)が播磨の人生の終焉の日になることは確実でしょう・・・。
> 播磨にとっての天満はこの先たとえふられたとしても永遠に特別な人であり続けるだろうから
これでは、まるでいつまでも過去を引きずってるようにも受け取れますが・・・。でも、播磨に待ってる未来はこんな感じでしょうね・・・。

貴方のお陰で幸せだったって

年初から手厳しいけど、今年もよろしくお願いします。

> 天満にへし折られた播磨雛人形、これはまさに
> 「播磨、天満にふられてデッドエンド」
> を確信させるようにも見えてきました・・・。

バッドじゃなくてデッドかい!
昔ならデッドはあり得たけど、今はあの頃に比べて随分丸くなっちゃいました。
いずれにせよ、播磨が幸せになるとは思えないけど、作品が幸せな終わりを迎えられますように。

> >それは、スクランは播磨の想いが変わったら終了だから。
> 終了以前に、これはもう物語の破綻ですよ。・・・つーか、今じゃもう破綻し放題だけど(w

既に色々破綻しているのは同意。
そして播磨の片思いが終わる=物語の終了なので、これ以上続けるのは不可能になるはずです。

青い鳥の件に関しては、私も播磨の気持ちがそう簡単に変わってしまうのは困ります。播磨が気付いた段階で物語終了のイメージです。
救いがあるバッドエンドだと思って下さい。

> この日が、おにぎりの終焉の日になる可能性が高いと思います。さらには、高野の謀略も手伝って、花井の人生の終焉の日にもなりそうですね。

花井ゾンビオチは普通にありそう。
八雲の誕生日は多分描くと思うんだけど、どうなるかは予想不能。
日程的に大団円を迎えてもおかしくないんだけど、今の引き延ばしを考えると始業式直前まで行きそうだし……。
大団円間近ならば、おにぎりにとってハッピー系、まだまだ続くならバッド系と適当に予想してみる。

> これでは、まるでいつまでも過去を引きずってるようにも受け取れますが・・・。でも、播磨に待ってる未来はこんな感じでしょうね・・・。

第一巻の文章を考えると、天満への想いは大事な思い出として生きていくことでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/423-c34fbeee

スクールランブル ♯206(207)

鹿=理性の管理人 侍=本能の管理人ウソかホントかは知りません。鹿「さて・・・・・」侍「今年度最後な訳ですが、覚悟はいいですか?」鹿「とりあえず感想いっときましょうか。スクラン♯206(207)

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。