スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ワールドエンブリオ第19話&2巻

星=メガネの証明完了!

まさか和月先生の書いた帯漫画が的中してしまうとは……。
漫画家魂がシンクロしちゃってます!
ブチ撒けといい、正面から見ると誰の本か分らないだけのことはあります。

こうなると3巻の帯も楽しみ。牛、豚と来たので、次は
鳥、鳥、鳥山明? まさか、ねえ……。

えーと中身の方は、先生の追加エピソードなかったのがちょっぴり残念。ちょこちょこ変更されてる気はするけど、追加ページは陸が刃旗を受け継ぐシーンだけかな。

そのシーンは謎の空間と少女らしき人影が印象的。ひょっとして刃旗は刃姫と読むのが正しいのかも? もしそうなら、刃姫は感染源or誰かにバラバラにされてしまい、核となって分散したという仮説が出来る。

それなら、全ての刃旗を奪うタカオの目的と、洋平に「刃旗核をくれないか」と言われてぶち切れた理由が納得いく。
「盗人猛々しい」とまで言ってますからねえ。

そしてタカオが感染源を倒すために必要だと言った柩姫ネーネの力とは?

“柩”は「ひつぎ」と読むので、不安通りにマザーなのか、はたまた全く別の存在なのか?
果たして二年前、一体何があったのか。この辺は後々の楽しみとしましょう。



そんな訳で19話。室長がもはや腹黒にシカ見えないのはデフォルトでしょう。
そしてレナのてこ入れが凄い!?

前述のメガネに加え、三つ編み、委員長、隣にお引っ越し、そしてドジッ娘属性まで追加! しかも、どうみても料理が出来るとは思えません。
この分だと、朝晩食事にお呼ばれする日は近そうです。

その上、学園では子犬のように可愛らしい子まで追加の大盤振る舞い。どう考えても生け贄要員なのがアレですが、ね。

だが、そんなヒロイン達の猛攻も、ネーネにはどこ吹く風。
ただ、そこにいるだけで比類無き破壊力を発揮。さすがお姫様!!
スポンサーサイト
 
 

コメント

『星』蝶・サイコ-----!

ワールドエンブリオ
レナ!ハーフパンツ!眼鏡!照れ顔!ナンかキタ~!!
本編では今後、レナの学園生活にリクが加わったことで少しずつ変わっていくんでしょうね~。
新キャラに関してはシロクロさんと同じく、“生け贄”という言葉が即思い浮かびました。

今月号のヘルシング
あっ、天気予報のお兄さんだ。久しぶり。

紅蓮弐式
バレてしまいましたか。紅蓮弐式って操縦中、前から見ても後ろから見てもすんごい事になりそうですよね。

デモベ
アニメでもお馴染みの無限螺旋から開放された世界について
・解放前(転生前)の記憶を持っていない。
・ブラックロッジは“最初から”“どこにも”存在しない事になっている。
・無限螺旋中、ブラックロッジに殺害された人達は生きている。(瑠璃の両親など)
・武装天使sも生まれなかった。
・無限螺旋中の覇道鋼造と、解放後の覇道鋼造は別人。
・博士&エルザはブラックロッジが無くても破壊ロボなどで電波を撒き散らしている。
・・・とまぁ、こんな感じです。あとは各ルートによって微妙に違う所があるくらいです。(例外:旧神&瑠璃ノーマルEND)
ライカ・ノーマルENDについては、ネタバレOKでしたら、多少説明致しますが・・・・・・。
・エセルっぽい衣装のアル
すいません。ちょいと早とちりしてました。エンディング中のあの衣装は、ただ単に「アルに可愛い衣装を着せてみよう」って考えから生まれた物だと思います。他にも、普段とは違う服装もしてましてし。

次回もサービスサービス♪・・・?

> レナ!ハーフパンツ!眼鏡!照れ顔!ナンかキタ~!!
マジで何かキターーー!!
今までの鬱を吹き飛ばす怒濤の攻勢に、こう叫びたくなる今日この頃。
たとえ、新キャラを中心とした新たな谷底への招待だと分っていても、楽しいものは楽しい!
しかし、あの子がシャナの吉田さんと平井さんを掛け合わせたような存在に見えるのは気のせい?
(ついでに、さっちんも)

> 今月号のヘルシング
> あっ、天気予報のお兄さんだ。久しぶり。
衝撃の再登場時は、少佐同様しばらく名前が出てこなかった。
予想通り、肉人形として玉砕してしまったお兄さんに敬礼。
そしてウォルターはアーカードと戦いたくて裏切った模様。でも、限界が。予想通りのパターンで決着つけないで欲しいところです。

> 紅蓮弐式
ロボットを操縦するのに、エロ姿勢とはこれいかに!?
バリバリに慣性制御が効いてないと話にならん姿勢ですが、色々と楽しみですね。
それはともかく、小型・高性能化に成功したのはサクラダイトのお陰なのでしょう。
(中東のは小型化できなかったと思われる)

> デモベ
なるほどね。彼の○○○○ぶりは、ブラックロッジの消滅如きでは変わらなかった訳か。
大体分ったけど、余計気になる部分が増えたり……。
やはり細かい経緯は、ゲームやらないと理解できそうにないのがアレですなぁ。
こうして人は運命の輪に囚われていくのか!?

> 普段とは違う服装
そういうイベントでもあるのかと思ったら、ただのお遊び企画だったのか。
ちなみに一番面白いのが、カジュアルなマスターテリオンです。
でも、逆にこういう遊びは原作分ってないと出来ない訳で。
つくづく尺不足が惜しい作品でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/411-b2c99f81

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。