スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯203(204)

読み通り、王道バレなし!! わざわざ東郷まで使って煙幕も完璧です。
だけど、ツンツンじゃなくてドジッ娘路線かよっ!?
ホントに愛理さんは播磨にメロメロなんですねぇ……。

とはいえ、1ページ目の見せていない表情に闘気の名残が感じられました。
しかし、美琴の時のようにならずに済んだのは成長ではなく、やはり天満が烏丸を好きだと知ってる余裕からでしょう。
それに、女としてのスペックで天満に負けるはずがないという自信

相手が美琴や八雲だったら、絶対にぶち切れてます。

まあ、仮定の話をしてもしようがないけど、天満の魅力をドジとアホと見たのはちょっと、ねえ……。間違ってるとは言わないが、高慢と思われても文句は言えないな。
そんなこんなで、愛理さんは播磨に振り向いて貰おうとドジッ娘修行スタート。

しかし、演技が天然に敵うハズがない!!

自動販売機、靴下?
甘い甘い。天然ボケ相手には、話にもなりません。
そしてナース……。……やり過ぎ。

女播磨を通り超えて、天満二世まで突っ走りますか?
あれで照れなければ初期天満の域に達したのですが、人としては正解です。

それにしても天満と播磨は、馬鹿やってる分にはホント息ピッタリ。
いっそ姉弟になっちゃえ!と思うくらい相性抜群!!

うん、やっぱり良いなあ、このコンビ(決してカップルではない)

しかしまあ、面白いかどうかは別にして、予想通り、女の子は黒くしたり悪くしたりしない。泣かせもしない、というポリシーを感じさせる展開でした。

それ故、王道展開だった「あいこら」とどちらが面白いかと論じる気はありません。でも、漫画としては、間違いなく「あいこら」の方が展開楽で面白くしやすいけどね。

さて、茨の道をひた走る「スクラン」は一体どう話を纏めるのやら。
スポンサーサイト
 
 

コメント

嫉妬の炎がメラめ・・・・・・あれ?

先程は失礼しました。よく考えたらこれと一緒に記入しとけば良かったんだよ~な。

スクラン#203
前回の引きからしっとマスクレディが誕生するのかと思ってましたが、誕生しませんでした。残念!でもまぁ、お嬢の珍しい行動も見れたことですし、良しとしますか。
以降、今回の注目点
・播磨&天満の共同宿題=“1+1=0”に等しい。(宿題は答えよりもやる気が大事?)
・居候はお前だ、播磨。帰宅後、絃子さんのお仕置きが。(決定事項)情報源@高野
・ナース服をどこで着替えて、歩いてきたの?
ネタ2号
沢近愛理 スタンド名:ザ・ワールド
名の如く、世界を制することが可能な力を持ったスタンド。格闘戦・・・主に足技に優れ、恐るべきスピードの蹴りのラッシュを放つことが出来る。
主な能力
・サイコウにハイってヤツだ!
播磨拳児の何気ない一言により、身体能力が上昇した状態の事。滅多にお目にかかれない。
・ザ・ワールド(時間停止)
体を張ったボケで、自分以外の全ての者の時間を停止させる事が出来る恐るべき力。が、この力を使う度に何か大切な物を必ず失う。

ルルーシュ第08話
時間という物は残酷なんです。
しっかしまぁ、種の所為で“フリーダム”って言葉は“やりたい放題”とかそっち系の意味で使われることが多くなってしまいましたね。
もうすぐ操縦中の描写が素敵な事になりそうな紅蓮弐式が登場します。楽しみだなぁ、もう!

うたわれ
ようつべで“うたわれるもの”で検索するとDVD-BOXの特典映像も見れるんですよね~。まぁ、モノがモノだけにすぐ消されるんでしょうけど。
『うたわれるもの コミクアンソロジー特別編』の表紙&裏面は必見。一度だけでも見ておく価値はありますよ。

デモベ
ウィン様がラスボスという事はありえません。奴はあの二人をくっつける気満々でしたから。二人の為にデートのセッティングをしたり、嫉妬で怒り頂点のアルと戦おうとしたりしてましたから。
その他情報はまた次回にでも。

これはメラではない。メラゾーマだ。・・・あれ?

> スクラン#203
確かに珍しい表情は一杯見られました。
嫉妬などネガティブ方向に行かれるよりはマシですが、明後日の方向に全力失踪中なのをどう評価するかですね。
個人的には、谷は谷でしっかり描かないと山が目立たないと思うので、逃げはそろそろ終了していただきたいところ。

> ネタ2号
> 沢近愛理 スタンド名:ザ・ワールド

またまた力作再び。今度は沢近ですか。
最強の能力、のはずが何か欠陥だらけのような(笑)
今週号は、期待されてた蹴りより、ザ・ワールド(時間停止)の方が発動してしまいました。
確かに時間は止めたけど、一つどころか沢山の物を失ったような。
さて、次はいよいよアレか!?(……あるのか?)

> ルルーシュ第08話
> 時間という物は残酷なんです。

みんなそういう罠。
そして、そう言わせれば勝ちなスタッフ側の計略に乾杯!

> しっかしまぁ、種の所為で“フリーダム”って言葉は“やりたい放題”とかそっち系の意味で使われることが多くなってしまいましたね。
> もうすぐ操縦中の描写が素敵な事になりそうな紅蓮弐式が登場します。楽しみだなぁ、もう!

“自由”の悪い見本でしたからねえ。
というか、種運命だとモロに条約違反兵器なのに“勝てば官軍”を地でいけば嫌われるのは当然。
ランスロットの場合、登場→スーパー系戦闘、待機→リアル系戦闘としっかり手綱を握っているので安心して楽しめます。
紅蓮弐式の操縦が素敵? 久々にモーションコントロールなのだろうか。期待。
これが出てくれば、上記のランスロットの制約がかなり外せるので戦闘の幅が広がるし、楽しみ。

> デモベ
> ウィン様がラスボスという事はありえません。奴はあの二人をくっつける気満々でしたから。二人の為にデートのセッティングをしたり、嫉妬で怒り頂点のアルと戦おうとしたりしてましたから。
なんてこったー。そっち系なのか。それはそれで楽しそう。
真性ロリの九朗ちゃんも、瑠璃お嬢様はまだストライクゾーンのはず。元の世界にどう戻るのかはかなり謎ですが、お幸せに。
しかし、ブチキレモードのアルと戦おうと思う辺り、やはりウィンフィールドは人間じゃない!!
> その他情報はまた次回にでも。
そういえばED絵にエセルドレーダの服を着たアルがいたけど、まさか融合ルートなんてのもあるのだろうか?
エルザルートは……簡単すぎて、逆に難しそうな気がするロボ。

俺はツンデレをやめるぞ!天満ぁ!

「気になるあいつにペース乱されている」状態から「あいつに振り向いてもらうために今日もハッスル!ハッスル!うっほっほ」状態になってしまった沢近…
もうあの頃には戻れない…もう二度と……。

ツンデレなんて化石です?

怒ってツンツンになるかと思いきや、この展開。
もはやツンは完全に捨て去ったとみるべきか。
とはいえ、“尽くす女”ではなく、方向間違ってますが“女を磨く”努力をするのが沢近らしいと思いました。
さて、どこをどう引っ張っても残り30日もないけど、どうするのかな。
……というか、烏丸仮面から10日しか経ってない、はず。嘘だっ!!!

スクランの終焉を物語ってるような内容だった。

まあ、いずれ沢近は本来の姿である魔王の姿に戻るでしょうな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/407-96ece605

スクールランブル ♯203(204)

徹夜明けの~気だるさ~が~♪なぜか君を~抱きたがってるよ~♪(「もうすぐ帰るよ」吉田拓郎)んなわけもなくただだるいだけです、そんな馬鹿侍。スクールランブル♯203の感想です。前回の引きは無しか

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。