スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

小島亜也登場の謎は解けた!

特に発表も企画もなく、東Pのコラムにあった「200回に注目」が何のことかサッパリ不明。その上、思わせぶりに出てきた新キャラは何?でしたが、たれ込みでやっとその理由が判明しました。ちなみに、たれ込みは♯200コメント欄の「知ってるヒトにしかわからないネタ」を参照してください。

↓は200回に注目ソースとなった、東Pコラムの引用です。

某月某日
「スクールランブル二学期」打ち上げ。スタッフキャストがたくさん集まって大騒ぎの打ち上げでした。超豪華な賞品が揃った福引き大会にはあっと驚く賞品もあって大盛り上がり。小林先生ありがとうございました。で200回に注目。みなさん本当にお疲れ様でした。


小林先生が用意したあっと驚く賞品とは、「200回に登場する権利」
そして、小島亜也さんが獲得したという訳か。
だから、その事を知っている東Pにとっては、200回に注目なのね。

……そんな内輪ネタ、分る訳ないって!!

普通は、その超豪華景品を読者にもプレゼントするとか、アニメのプロデューサーだから三学期発表?とか思う罠。

それでもって、小島さんは再利用する気がない一発キャラだから、影響のない架空世界で出そうと決めて、こういうネタを選んだと思って良さそうです。

なんというか、ノリと勢いだけで突っ走ると後々大変だなあと思う次第であります。
スポンサーサイト
 
 

コメント

決して自分のことではない

…つまり我々読者は「友達三人で話してたら二人が自分の知らないゲームの話をしだして他の人まで集まりだして自分だけ世界からとり残され、次の日から友達がゲームの話がわかるやつとばかり話すようになり仕方なくほかの奴と話そうとするがこの時期になるとグループがかたまっていて昼休みを一人ですごすことが多くなってしまった人」状態にされたわけだ…むごい…

けさんへのレス

3つまとめてレスします。

> ちなみに自分的にピークは七巻あたりです。絵もストーリーもこのあたりが一番好きです。でも修学旅行編も好きです。播磨がかっこいいのが久しぶりだったから…、
8巻以降路線を変えたけど、それが上手く行ったとは言い難いからね。
そういえば銀河鉄道後、播磨が格好良い時がほとんど無いから、修学旅行は確かに貴重、なのかも。
さて、お泊まり完全版まだー?

> 2006年け的抱かれたい男性ランキングでも上位に入るだろうパピヨンはアニメでもさすがな変態ぶりを見せつけてくれました。さすが「いぬかみっ!」の後番組ですな。

抱かれたいのかー!?
変態枠と言う訳でもなかろうに、恐ろしい偶然だ。
変態=馬鹿じゃなく、道化てないと言えないことが世の中多々あります。そういうものをしっかりと描いて、パピヨンには立派なダークヒーローになって欲しいな。

> … つまり我々読者は「友達三人で話してたら二人が自分の知らないゲームの話をしだして(略)
小島さんの件は、知らない方が良かった真実かもねえ。
とりあえず東Pのせいにしておきましょう!
まあ、コメントの件については、スザクですら仲良くなれるんだし、切欠を上手く掴んでください。

ほら、世の中タイミング~、って言いますし。……あれ?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/397-fd54b69b

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。