スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♭44

「強制終了感が消える、ちょっといい話」を期待していたのですが、余計酷くなった気がします。とりあえず麻生はヘタレでFA。

こう感じるのは、麻生が別れる決意をするまで、ではなく、
美琴の高まる乙女心だけを描いていたからでしょう。

あれで振られるなんて誰も思わないYO!!


やはり美琴は麻生のことが好きでした。それも自分から告白しようと決意するほどに。
しかし、結果は告白することなく撃沈。
神津先輩に次いで、またもや告白前に失恋とは、ホント恋愛運ないねえorz

それとヘタレと断言したけど、麻生の苦悩は分るんだよね。

美琴にはもっと相応しい相手がいるんじゃないか?
自分で釣り合うのか?
そしてホントに自分は愛されているのだろうか?
、とね。

だから、あそこで美琴がメールしていれば、麻生の決断は変わっただろうな。
やはり美琴に、そして麻生に勇気がなかったということか。

例え心では好きあっていても、相手にハッキリ伝えなければ伝わらない。
そして伝わらなければ、やがて壊れていく。


こういうことが言いたかったのかなあ。
うーむ。これって少女漫画の文法の気がします。(断言するほど経験値ないけどね)

いや、別れた真相とは違うか。
おそらく、駅前プロレスデートで完全すっぴんモードではしゃぐ美琴に、麻生が引いてしまったのが決定打。

自分では彼女を受け止めきれない。

こう自覚してしまったが故に、別れを決断したのでしょう。
でも、美琴の愛を確信していれば、違ったかなあ? うーむ分らん。



今回、大人達が良い味出してくれたのが個人的高ポイント。

美琴の両親はホントイイ親だなあ。こんな人たちに育てられたら、そりゃあ、愛情豊かでおっpnyも大きくなるさ!

妙ちゃんは、大人のオンナとして的確なアドバイス!
いいねえ、こういうの。こういう事が言えるキャラは妙ちゃんだけですからね。
やはりバスケ編はご都合改悪だったんだなあ。

スポンサーサイト
 
 

コメント

こう来ましたか・・・

スクランらしさという意味では欠片も感じられませんが、アソミコはお互いがアレなので、周りに支えられてる様子、特に支えてる側が味があっていいと思います。
前回は花井、菅がそれぞれ漢を見せてくれましたが、今回は何と言っても妙ちゃん、やっぱ恋愛の事となると凄いですね。
・・・・前は「孫子さん」とかいったあげく荒療治で失敗してましたが・・・あれはバスケ編全編通してのご都合キャラ変えでしょうね・・・。

スクランですし、ページ割くほどのメインキャラでもない(特に麻生)ので、ここで終わり、という気がしますが、別漫画でこの辺にスポット当てて詳細に描いたら結構面白くなったかも知れない、とも思いました。

傷を癒やそうと入った泉が海水だった…。超能力を持った無実の死刑囚の頭の上にスポンジをのせてる気分だ…(例えがわかりにくい)
こんな恋愛に容赦ないラブコメになるとは最初は思いもしなかった。
この傷を癒す方法はb-sideだけ読んでる人の気分で読む事だ…そうすれば「あ~この子の恋はこれから始まるのね。」というふうに希望に満ちた読み方ができる…

姉ヶ崎先生リターンズ

ん~、今回の話だけですとアソミコ破局関連は微妙すぎます。小林先生にその気があるのなら、麻生の苦悩話も描いて欲しいです。
姉ヶ崎先生、バスケ編での汚名を返上。さすがは大人の女性です。今後もそのキャラ維持し続けて~。

デモベ
一部売ってしまった物もありますが、PC18禁の初回限定版を除いてコンプリートしてたりします。(笑&哀

人を呪わば穴二つ・・・

 #はお嬢の勘違いスイッチがオンに、ナカムラとスズキマサルの変なスイッチもオン・・・#200を迎えた頃にヒゲとお嬢が大人の関係になっていたら・・・
 ♭を一言にまとめると・・・アソミコは作者によって殺されたといったところ。デスノートが無理なら藁人形の紐を引っ張って・・・(嘘です)
 スクラン2学期が終わり(ビデオ2本+60分)、とりあえず「ネギま」を録画・・・内容はぱにぽにのギャグ要素+深夜版ネギまの全年齢化といったところ。それにしても宮崎のどかの声は塚本八雲そのものといったところ・・・って演じているのはどちらも能登さんだよね・・・

 P.S:EX大衆11月号にボケ殺しのラスト水着が載ってます

因幡の白ウサギ?

・馬鹿侍さん
> スクランらしさという意味では欠片も感じられませんが、アソミコはお互いがアレなので、周りに支えられてる様子、特に支えてる側が味があっていいと思います。
本人同士は弄られて味が出るタイプなので、周りが色々と弄ったりアドバイスしたりがあって楽しめました。

> 前回は花井、菅がそれぞれ漢を見せてくれましたが、今回は何と言っても妙ちゃん、やっぱ恋愛の事となると凄いですね。
天然は天満一人で十分! 妙ちゃんはこの立ち位置でお願いします。

> 別漫画でこの辺にスポット当てて詳細に描いたら結構面白くなったかも知れない、とも思いました。

まあねえ、メインなら、この後があるんだろうけど。
♭しか読んでない人は、次号で告白して結ばれるんだろうな、と思う引きですしね。


・けさん
> 傷を癒やそうと入った泉が海水だった…。
アソミコの人はこういう心境だろうなあ。

> こんな恋愛に容赦ないラブコメになるとは最初は思いもしなかった。
> この傷を癒す方法はb-sideだけ読んでる人の気分で読む事だ…そうすれば「あ~この子の恋はこれから始まるのね。」というふうに希望に満ちた読み方ができる…

♭だけ読めば、上で海水につかってしまった人にもレスした通りの印象ですね。
しかし、まさかこういう方向で描くとは、ホント死人に鞭打つ容赦なさ。

別れても好きな人~?

・晴天快晴 空さん
> 小林先生にその気があるのなら、麻生の苦悩話も描いて欲しいです。

やはり、男の目線で描いて欲しいですね。女々しくなりすぎるから没なのかなあ?

> 姉ヶ崎先生、バスケ編での汚名を返上。さすがは大人の女性です。今後もそのキャラ維持し続けて~。

激しく同感!!

> デモベ
> 一部売ってしまった物もありますが、PC18禁の初回限定版を除いてコンプリートしてたりします。(笑&哀

さすが!?
こういう熱烈信者に、作品の出来できちおんと還元してあげるのがプロというもの。
スクランも……頼みます。小林先生。


・Mrリバウンドさん
>  #はお嬢の勘違いスイッチがオンに、ナカムラとスズキマサルの変なスイッチもオン・・・#200を迎えた頃にヒゲとお嬢が大人の関係になっていたら・・・

播磨が「普通の主人公キャラ」ならあっさり一線超えそうな展開ですが、さてどうなる事やら。
確かに執事とメイドが変なスイッチ入ってますな。婚約者の事とかどっか行ってます。

>  ♭を一言にまとめると・・・アソミコは作者によって殺されたといったところ。

一言で纏めるとその通り。
一番肝心な、麻生が別れを切り出す部分が描かれないまま終わったのが残念でした。
作者にとっての優先順位は、美琴は麻生が好きでした>>>>強制終了感の緩和であることだけは分ったお話でした。

> デスノートが無理なら藁人形の紐を引っ張って・・・(嘘です)

そうか、地獄組なら曖昧検索OKだった!!
まあ、そういう問題ではありませんが……。

>  スクラン2学期が終わり(ビデオ2本+60分)、とりあえず「ネギま」を録画

興味ないから見ていませんが、ぱにぽにとスタッフ同じなので、それっぽいらしいですね。つか、地上波の横ぶった切りが凄いという印象が。

>  P.S:EX大衆11月号にボケ殺しのラスト水着が載ってます

ほほう。って、これ封印されてそうだから気軽にチェックは無理か。
でも、ちょっと興味があるのもまた事実。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/386-0ebb3e1f

スクールランブル ♭44なのに半分布教活動とはこれいかにw

ぬう、こう来ましたか。実はある程度予測はしてたんですよ。予測というより願望ですが「美琴側の描写」というやつを。さすがに後日談でなく、前日談(?)が来るとは思いませんでしたが。答え合わせをするなら、

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。