スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル二学期 第26話

曖昧&ドタバタENDになるのは分っていたけど、……うーむ。三学期をやるにせよ、これはこれできっちり締めて欲しかった。全然終わった気がしないというか、ダラダラと締まりがないというか。作画は最終話らしく、やーもを筆頭に素晴らしかったんだけど、話に爽快感がないのが致命的か。

終わった気がしない最終話といえば、「ブラックラグーン」がそうでしたが、見る側のテンションが盛り上がっているからこそ「二期やるんだよな!?」と思えた訳です。

最低目標だった八雲の自覚が確認できたのに、なぜこう盛り上がらないんだろうなぁ。

やーも話の残り、その他アニメ未出を寄せ集めた八雲シリアスパートは「八雲が優先させた気持ちは、天満じゃなくて播磨だろ!!」という根本的な論理破綻があるものの、それぞれの出来は良いと思う。特にユーレイちゃんのオチは気に入りました。とはいえ、煽るだけ煽って原作に逃げたというか、25話のようにそれぞれが一つの力にならなかったのは残念でした。

トドメを刺したのはギャグパートの出来。

ジーコ→事故を筆頭にギャグが寒すぎてテンションが上がりません。あんなので無理矢理烏丸の出番を作るより、他にやることがあったはず。結局リセットしちゃったしなあ。その上、漫画は完成しないし、事故でしようがないということになったのか?

お寒いギャグをやる位なら、姉に寸毫でも傷を負わせた播磨に八雲が厳しく当るべきでしょう。鬼編集化して病室で無理矢理漫画を完成させちゃうとか諸々。

「どんな時でも原稿を描かせろ!! 入院中でも失恋してもだ!!

五島編集長のこの台詞は、伏線に違いないと思っていたあの頃が懐かしい……orz 今回、これ以上ない完璧なシチュエーションだったんだけど、ねぇ。

あとは、締め方も八雲が二回もやったような気がしちゃうのもマイナス材料。一度で良いし、それよりは「リセット完了」辺りのドタバタを生かして終わった方が良かった気がします。そうすれば最後の提供テロップと上手く繋がったはずです。



半年間色々あったけど、スクールランブル二学期を総括すると、最良部分の文化祭はもっとじっくりやって欲しかったな。とはいえ、うまいアレンジと補完で、冬休みの辺りは原作よりも良い作品になっていると思います。しかし、ラストで煽っていた修学旅行に何も期待していない自分には、終わりよければすべてよし、とならなかったのが残念でした。

しかし、「まだまだ走り続けます」宣言だけど、果たしてどうなるんでしょう? すぐに取りかからないと原作終わって賞味期限が切れそうだけど、スクラン班は冬に別作品をやるはず。その後だと果たして?

納得いかない部分があったので、ちょこっと書き直しました。
他、細々した点については、気分が乗ったらまた改めて。
スポンサーサイト
 
 

コメント

・・・で、結局原稿は?

二学期最終話
・・・ 返事が無い。唯の屍のようだ。(放送終了後の状態)
OK、貴様(リセット発案者)の考えはよ~く分かった。だからちょいと語り合わないかい?拳で。
八雲の優先した“想い”はやっぱり播磨のものですよね。姉の幸せを願うなら烏丸のことを応援するはずですし。ジーコ?無かったことに。
バカと天才は紙一重と言いますが、天満は基本的にアッチ側というか何というか。粘土細工のライオンを瞬時に女神転生系のクリーチャーにしてしまうのは、やっぱり才能ですかね。
最後の最後で見所が“イチさんと神風”と“D組の三バカ”しか見所が無かったのは寂しいなぁ。
三学期は始まるとしても、悪夢の修学旅行編が終わるまではまともに見そうに無いです。

ブラックラグーンの2期は鬱になる話ばかりなので覚悟しといてくださいね。

ホントにどこいったんでしょうね・・・

> ・・・ 返事が無い。唯の屍のようだ。(放送終了後の状態)
> OK、貴様(リセット発案者)の考えはよ~く分かった。だからちょいと語り合わないかい?拳で。

やはりそっち系の反応ですか。
私もまだ文章にならないフクザツな思いがぐるぐる巡っているのですが、一つ気が付いてしまった。

この最終回は、イブ編の焼き直しだと!!

・八雲は播磨の気持ちを優先させる
・天満の記憶リセット
・嵐の中、出かけて事故る
・原稿未提出(イブは受取拒否)
・漫画バレ→変態さんバレ(ちょっと強引か?)

どうです、この類似点! 悪夢のイブ編が原材料なら、錬成の出来が悪くなるのは当然でしょう。それに視聴者側は「いつでも漫画オチ来い!」の心づもりだったのに、中途半端なストーリー仕立てだったしなあ。

ましてや、期待していた八雲の恋心は早々に殻に閉じこもったのでは、ねえ。

守りが堅いのは予想済みだったけど、幽霊の少女の追求が生温すぎた。
播磨と天満のキス寸前映像を見せて「あなたはホントにこれで良いの?」と追い込んだり、八雲が優先した想いが播磨の方である論理破綻の追求もありませんでした。次回登場で真実の追究は……期待できそうにないしねえ。

> 三学期は始まるとしても、悪夢の修学旅行編が終わるまではまともに見そうに無いです。
> ブラックラグーンの2期は鬱になる話ばかりなので覚悟しといてくださいね。

唯一見たかったやーも話をやってしまったので、修学旅行が終わるまで見たい話はないですね。その上、サラとのお泊まりも大事な部分を使ってしまったし、……頑張れ沢近&東郷ファン!?

ブラックラグーンは既にヤバイネタばかりだと思っていたら、更にヤバイとは。覚悟するか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/368-f7dbadcc

スクールランブル二学期 最終話(第26話) .

スクールランブル二学期、ついに最終回です.思えば短いものよ・・とくだらない話は置いといて・・・・。「突然の『さよなら』・・・迷い込んだラビリンス・・・あなたはだれ?・・・教えて。『すれちがい』『片想い

[続きを読む]

スクールランブル2学期 第26話 .(ピリオド)

八雲の前に現れる幽霊(?)裏の八雲か・・・?「播磨が好きなのに、あなたはそれを姉に譲っていいの?」とか語りかける。そしていつの間にか幼少期。良く分からんがGJ!こんな八雲は二度と見れないぞ!保存保存!昔は姉の天満といろいろあったらしいですね。八雲が頑張った

[続きを読む]

スクールランブル二学期 #26 [最終回] 「.」

2クールに渡って放送されたスクラン二学期もいよいよ「点」もとい「.(ピリオド)」ですね。 ↓ ↓

[続きを読む]

スクラン二学期#26(最終回)

 #26 . #1から感想を書き出したスクールランブル二学期は今回で最終回。 ユーレイの女の子の質問に戸惑うヤクモン。 ここでヤクモンの幼少時代の回想が・・・。 今のヤクモンとは思えないほどのハキハキとした喋りに天満ちゃんはタジタジ。 ヤクモンが粘土細工

[続きを読む]

スクラン2学期 第26話 最終回 「 . 」

さて最終回は八雲 本当の気持ち天満 真相に迫る?播磨 もう一歩の三部作でお送りいたします

[続きを読む]

スクールランブル二学期 第26話 「 . 」

今週は、これまで記事を書いてきた(または視聴してきた)作品が立て続けに終わる時期なので、ちょっと寂しい気分です。 ちょうど、外の季節も急激に秋になってきましたからね。長袖の服に身を包みながら、『スクラン』最終回をしっとりと視聴しました。 まあ、内容の方

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。