スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♭42

伊織とサラが主役、なのかな。しかし、八雲は出番があっても物の見事に播磨と絡まなくなってる辺り、中々露骨でございます。

伊織が天満の部屋を猫屋敷にして何をしようとしたのかは不明だけど、しっかりボスに収まってるようで何より。天満をいよいよ歯牙にもかけなくなりましたが、やはり八雲には頭が上がらないとは、イイ奴です。

とはいえ、むかついたのでサラの所へ家出。
そして意外な来訪者。

回想シーンは犬の話を回収したし、実によいお話でした。しかし、修道院に寄宿したのは12歳からですが、なぜか10年前……。そうか今は22歳だったのか!!(違います)

まあ、12歳であれは、ちょっと足りない子になるので設定変更? 残る伏線は「日本に来た理由」ですが、これは前にも書いたけどやらないだろうなあ。一応、個人的に考えた設定はありますが、今回の変更は影響なし。さて、語られる日は来るのでしょうか?

そしてその話を聞いた伊織にも感じるところはあったようで、天満にお詫びの印を……。猫的価値観なので、死屍累々なのはご愛敬。というか、あれって褒めて欲しくてやるんだっけ? 猫の生態には詳しくないので、間違っているかも知れません。

……でもまあ、天満の絶叫が心から同感できる光景ですね。



P.S.
「Character material」を買ってきました。
まだ、ざっと流し読みした程度ですが、期待していた青崎家やロンドン編の話はなさそう。むしろ、更に小出しにされたような。精読した後に改めて感想を書こうと思いますが、その前に二言三言。

世界観がしっかりしているから、キャラが輝いてるなあ。とはいえ、結構ネタキャラというか、未発表なのが頷けるトンデモキャラが多めなのは初出に拘ったせいでしょうね。

それと魔法少女もそうだが、やっぱり翡翠への並々ならぬ愛情。そして誤字脱字はきのこ文の華!という個性を遺憾なく発揮してくれました。さて、「月姫リメイク」と「月姫2」の同時発売はあるのでしょうか?
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/346-3761525a

スクールランブル ♭42

スクールランブル♭42の簡易感想でござい。今回は伊織ネタ、ではなくサラネタでした。伊織の中では八雲>伊織>>>>(絶望の壁)>>>天満天満は完全無視でも天満の「ドラえも~~~~ん(泣)ヤクモ~~~~ン

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。