スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

エルフェンリート EL93

物語は予想通り荒川サイドへと移ります。
色々まだ謎はありますが、メガネ男はやはりウイルスの情報を探しに潜入したスパイだった模様。

そんな訳で根強く囁かれていた白河クローンとか板東さんの改造人間説は消えました。
代わりに板東さんの弟説が浮上しました。

実は目の前の女が目的の物を持ってましたが、荒川があまりに臭いわ下着姿という事で、変な女、位にしか想わなかったのが運の尽き。

もうちょっと話を聞けばミッションコンプリートだったのにね…。
まあ、確かに先入観なしに見るとそう思うのは無理はないけど、まさか風呂入ってないのをこういう風に持ってくるとは流石です。

「あんたの捜し物はあんたの命より大事だって言うの!?」という荒川の啖呵が通じたとは思えませんが、メガネは目の前にワクチンと開発者がいるとは夢にも思わないまま、案内役のつもりで同行させます。

そのメガネはやっぱり強かった。
華奢な体格の割に、変態帽子男が使ったボウガンや板東さんしか使えないと言われていたタングステン弾を使うわとやりたい放題で進みます。

ですが、島の崩壊には勝てず。
荒川が巻き込まれてワクチンごと穴に落ちそうになるのを何とか助けますが、重くて引き上げられません。

やっぱり板東さんほど力持ちではないようです。
その為、重そうなケースを捨てろと言いますが、これこそメガネの目的からいうと荒川の命以上に重要な物。

これを捨てると神様計画が大きく狂うので、荒川は迷います。
そこに何も知らないメガネの啖呵返し!

「それはお前の命より大事な物な物だってのか!?」

実に凛々しい説得に荒川も決断してケースを捨てて一言。
「あーあ、ワクチン捨てちゃった」

「えぇー」
2ページ前の凛々しい表情はどこへやらのズッコケ顔で以下次号。


本来最高に利害の一致するコンビだった荒川とメガネ男でしたが、こうして相互の意思疎通の不十分さから人類の未来への希望は再び闇の中へ…。

また荒川が頑張って開発するしかないと思いますが、果たしてどうなるのか?
2週間後にはきっと我々の想像を超える展開が待っているはずです。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/31-c3380eb2

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。