スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯125 感想

いきなり2話分番号が巻き戻ったのは、…まあいいか。
♭22を21に変更する位だからアリだろうし、コミックと番号ずれたままじゃね。

怒涛の文化祭編が終了し、箸休め?の女子バスケ部創設話。
新キャラの俵屋は、見た目は帯ギュ!の久留間の丸っこい可愛らしさよりは嵯峨野の髪ボサボサVerの印象。
だけど性格は一緒で素直で良さそうだ。
やっぱりバスケもめちゃ上手なのだろうか?

表面上は麻生x美琴っぽい話だけど、美琴は花井の影響で行動しているんで、実は縦笛かな。
要所要所でバシッと決める花井に対して、麻生の竜頭蛇尾っぷりが余計そう思わせる。

そしてほとんど無視されてたのに、いつの間にか仲間に加わっている天満…
この素晴らしい才能で、いつの間にか仲良し4人組になったんだろうと想像すると楽しい。

そして初めてララが可愛いと思えた話であった。
八雲が出ないのがちと残念だけど、こういうまったりした話も好き。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/3-2b93cba6

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。