スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル小説 ~恋、知りそめし頃~

17日発売だと思っていた小説版スクランですが、流通ルートがコミックとは違うのか、もう発売されていました。まだざっと読んだだけですが、各キャラエピソードと烏丸視点によるプロローグ&エピローグという構成。そして肝心の内容は、原作に微妙に味付けをした補完系だったので、過剰な期待をしていると肩すかしかなとも思いますが、そこはそれ。キャラクター設定をうまく生かして分り易くしているし、一見関係なさそうな話を上手く繋げたりで、この辺は流石プロの腕前でした。

目新しい話は今鳥と美琴の肝試しだけだと思いますが、これは発表する機会を窺っている内に、今鳥が一条との関係が強くなりすぎてお蔵入りになった話なのでしょう。漫画には今更出来なかった謎が一つ解明したし、これだけで世に出た価値はあるかも!?

それから意外な事実と言えば、播磨の机に相合傘を書いた犯人も判明しています。あとは伊織が結構ヘタレだったのも意外でした。原作者挿絵は微妙に見覚えがあるのもありますが、書き下ろしが各キャラごとにあるので、ファンならこれだけで損はないはず。昔の絃子さん@ショートカットのビキニ姿とか東郷の妹、そして八雲だけ2枚で見開きまで使っちゃってます。

そんなわけで、私個人は十分楽しめたし、物語構成の勉強にもなるので良いのですが、問題点が一つ。それは、校正不足で誤字脱字がいくつか見受けられること

142ページの「引っ越し屋さn」は論外ですが、159ページの「同好の志」は「同好の士」の間違いだと思います。まだ他にもありそうですが、校正担当には深く反省して欲しいと思いました。

なお、続きを読むに各エピソードの概略と挿絵について纏めました。ネタバレしないようには書きましたが、読みたい人だけどうぞ。
<エピソード概略>()は挿絵のキャラ 青字は個人的感想

・播磨拳児(絃子とサングラスを外された播磨)
 天満との出会いエピソード+α。幽子よ、お前もか……。

・塚本天満(天満をおんぶする烏丸)
 烏丸君との日々是苦戦ラブコメ+プロレスとアイス

・塚本八雲(八雲と播磨)
 八雲の能力と播磨との出会い+雲形定規。何時の日かきっと…。能力をまともに描くと重いなぁ

・沢近愛理(イブニングドレス姿の沢近)
 肉じゃがとリレーとリムジンにクレー射撃。

・周防美琴(空を見上げる美琴)
 神津先輩との事と花火その後。やはり縦笛はいいねえ。

・花井春樹(八雲をさらうマスクと黒マント姿の姐さんと花井)
 八雲との出会いから体育祭までの悲しき?メモリー。

・高野晶(目をつぶった晶)
 シチリアでの話の真相? あの人設定が生きていることを確認

・今鳥恭介(濡れた美琴と今鳥)
 D奮闘記。キャンプでの肝試しの秘められた真相。

・一条かれん(映画館で腕を握る一条と今鳥)
 今鳥との出会いと初デート。

・吉田山次郎(吉田山と沢近)
 不良三国志というよりは、吉田山視点による播磨のハーレム日記、かも。

・東郷雅一(上半身裸で朝の鍛錬をする東郷とお玉を左手に持った妹)
 朝の日課とハリーとの出会い。

・ララ・ゴンザレス(ララ)
 スマイル話+α

・姉ヶ崎妙(キスしちゃうぞ、な妙ちゃんと涙流して寝ている播磨)
 播磨との出会いから別れ、再会

・刑部絃子(大学時代の水着姿)
 ヌード絵と結婚式の話。川合君との関係も判明。

・伊織(月を背にした八雲:見開き絵)
 八雲との出会いから居候までのいきさつ。天満……。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/283-65db9a40

スクールランブル 小説版

※初めにそれっぽさを出すために敬称略でいかせていただきます。馬鹿侍(打ってこい・・・!垂涎のイーピン・・・!    儂のこの・・・アソミコ・・・ドラ12っ・・・!数

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。