スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

おにぎり(ブログ開設一周年SS)

早いもので一周年ですよ! 勢いで始めたブログが、まさかここまでアクティブに続くとは正直思いませんでした。そんな訳で、一周年位は自力でお祝いしようと久々にスクランSSを書き上げたのはいいけれど、昔の記事を調べていたら、実は4月5日が初投稿だったと気が付きました。(3月分のはSS書いた記念日です)

まあ、勘違いはスクランの基本と言うことでご容赦を。一日遅れの一周年記念SSはもちろん、播磨×八雲です。テーマは一周年と記念日。楽しんでいただければ幸いです。
◆おにぎり


「播磨さん、差し入れです」
「お、いつも悪いな、八雲」
「このページはペン入れ終わったから、乾いたらトーン頼むな」
「はい。……でも、その前に差し入れ食べてくださいね」
「了解。う~~~ん」
 手伝って欲しい内容を伝え終わると、播磨は思いっきり両手を天に突き上げて背伸びして、筆を休めた
 それは、炎天下の夏の日差しが容赦なく降り注いでいる、とある夏休みの光景だった。
 高校生とは思えない会話だが、播磨拳児と塚本八雲にとっては、日常と化しつつある光景。そして、播磨が卒業すれば、完全に日常となるはずの光景である。

「うひょう。美味そうだなぁ」
 八雲が用意した差し入れは、三角形のおにぎりだった。実は、八雲がある想いを込めて握っているが、早速手を伸ばそうとする播磨は全然気づいている風がない。
「うん。美味い! やっぱりおにぎりは三角結びだぜ」
「ぐちゃぐちゃだったり、四角いのは……もう勘弁だな」
 播磨は、つい思い出してしまった苦い思い出を上書きするように、勢いよく頬張っていく。

「あの……播磨さん」
「何か…気づきませんか?」
 そんな播磨を楽しそうに見ていた八雲だが、播磨が最後のおにぎりを完食した所で、意を決して尋ねてきた。
「え?? うぅ~~む」
 急にそんなことを言われても、播磨には何も心当たりがない。だが、八雲がこんなことを言うのだから必ず意味はあるはずだと必死に考える。
 しかし、いつも通り、八雲の飯は美味いし……。あれ、いつも通りだっけ?

「そういえば、ちょっとしょっぱいような」
 ふと口にした違和感を述べただけで、八雲の瞳は隠しようがない期待に輝いている。どうやらこの方向で間違っていないことを確認して、播磨は更に考え込む。
 しょっぱいおにぎりか……。待てよ、そういえば、今日みたいに暑い日にしょっぱいおにぎりを食ったな。あれは、そう。天満ちゃんに『最低だよ、播磨君』と言われた日だから、日付までハッキリと覚えている。

 日付は…そうだ! あれは丁度一年前の今日じゃないか!!
 一年前の今日は、好きだった天満ちゃんに『最低だよ、播磨君』と言われて落ち込んだ日。そして初めて妹さん…いや、もう八雲か、と出会った日だ。

「そうか、あれから丁度一年かぁ」
「悪ぃな、八雲。すぐに気づいてやれなくて」
 思い出す為に遠くに飛ばしていた目線を八雲に戻すと、ばつが悪そうに頭を掻いて謝った。
「いえ、いいんです。私が勝手に…記念にしていただけですから……」
 そう遠慮がちに話す八雲の顔は、しかし隠しようがない喜びに満ちていた。
 この表情を見て、播磨はホント覚えていて良かったぜ、と何とか覚えていた自分に心底感謝した。そして思う。もっとこんな日を増やしたいなと。

 海、キャンプ、動物達との騒動と去年は色々あった。だが、今年は追試と原稿に終われてまだどこにも行っていない。これじゃあダメだ。今年はもっと八雲との思い出を増やしたい。その為には……。

「よっしゃあーっ!!」
「この原稿をさっさと終わらせて、二人で遊びに行こうぜ」
「もっと思い出を作りにな」
 気合いを入れるやいなや、、怒濤の勢いでペンを走らせる。
 播磨の声に驚きつつも、八雲は静かに頷き、了承する。
「これからもよろしくな、八雲」
 そんな八雲の顔に満足した播磨の感謝の言葉には、八雲は表情を隠すように俯いてしか応えられなかった。

 きっと播磨は何も考えていないと分っていても、つい想像してしまう。二人きりの旅行がどんな思い出を生むのだろうと。そして思う。来年はきっと、もっと沢山の記念日が出来ていると。
スポンサーサイト
 
 

コメント

SS~♪

シロクロさんのSS、久々でも相も変わらず上手で感心します♪記念日が付き合い始めてからじゃなくて、本当の意味での始まりの日だというのはとても良かったです。そこを記念日とする八雲もいいですけど、播磨が気付いた所はもっと良かったです!ぐちゃぐちゃに四角、播磨にとっては思い出でもあり悪夢でもありました(笑

ところで小説の表紙はともかく12巻の表紙はギャグか何かでしょうか?ここら辺なら麻生が妥当かと思ったんですけど…。晶のように表紙を飾らせてくれないとか?しかし小説は3人前、12巻は3人で一人前という感じがします。

本編に関しては菅が堕ちるところまで堕ちた感じがあります…。愛理さんは素直じゃない所がまた♪新キャラは何者なのか、気になります。東郷の関係者だったら濃いだろうなぁ…(汗

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/273-1bf49169

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。