スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯170

うわぁぁぁぁぁぁぁあああな扉絵が激しくアレですが、今週号はスクラン大特集でした。絃子さんと播磨の凄いネタ投下はあったけれど、久々の酒ネタで結局リセットか。今回は内容が多岐にわたるのでパートごとに感想述べる形式にしてみます。

<マガジン表紙>
 当然ながら天満と播磨。何も文句はありませんが、天満の絵柄が変わってきてますね。一言で言うと別人が描いたみたいな…。まさかな…。

<扉絵>
 アニメスクラン二学期記念のVサインと花井の目だと、理性では分ってはいてもキツイ、キツすぎる。せめて八雲がもっと困った顔してないとなあ。
 うん。そうだ。これは夢だ、花井の夢に違いない。それなら納得だ! 花井至福の夢に侵入して晶が花井にイタズラをする。これは素晴らしいシチュエーションじゃないかと一人力説してみます。しかし、中の人パワーは凄い……。

<座談会>
 DVDのインタビューや座談会で分っていたことだけど、声優さん達はスクランのことをよく分っていて、愛してくれているのが伝わってきます。(良くも悪くも)原作読まずにアフレコする声優さんもいるので、スクランはとても恵まれていると思います。能登さんの演技に期待! しかし、奈良の嫌われっぷりは想像以上だ。

<W大プレゼント>
 プレゼントの内容はどうでもいいや、と思っていたら、当選者全員に“手塚本先生色紙に直筆サインプレゼント”だとーーーっ!! 手塚本先生がなければ、このブログは存在しなかったとも言えるわけで、くぅ、運を天に任せて応募するしかありません!

<グラビア>
 伊達眼鏡アイドルのグラビアは……眼鏡が似合ってないんですが、どうしましょう。それとも私の目がおかしい?

<本編>
 うっひょーな展開が色々あったんだけど、結局リセットされたのでどうでもよし。……では寂しいよね。八雲は播磨に義理堅すぎるというか強情すぎるぞ。彼女もまたタイプの違うツンデレな気がしてきた。そろそろ素直になりましょう。

 天満は…アニメでやらないから酒ネタ解禁か? でもちゃんと「俺の従兄弟」で覚えていたのは偉い! しかし、メルカドで烏丸にどうやって渡そうか悩んでいなかったか、おい!?

 播磨は楽しいバカが戻ってきた。ほんのちょっぴり幸せをかみしめる姿が似合います。しかし、播磨もまた欲しかった相手からのチョコがインターセプトと可哀相な奴です。

 絃子さんは播磨のファーストキスの相手(多分強引に奪った)という驚愕の事実が判明。一体何があったのかを補完してくれる、神様の出現に期待してみます。やはり葉子さんは爆弾ネタを沢山持っていることが分ったので、これからも投下お願いします。

<アンケート>
 今回はスクラン大特集だったので、今後に関連しそうな項目がありました。カップリング、エピソード、おまけ、そして読み切りのテーマ。以下、完全に私情モードでお届けします。

 カップリングは、03播磨×八雲しかないっ!! さあ、みんなで送ろうおにぎりの輪。
 脇役達の知られざるエピソードは、迷うところですがサラですね。やはり来日理由が気になります。中の人にも約束していた?からね。他では絃子さん、東郷あたりも気になります。
 おまけは基本的にいらない派ですが、強いて上げればミニ冊子。次点で携帯ストラップです。
 読み切りのテーマが一番悩みます。2と3以外はどれも見たいぞ! とりあえず1のお江戸だランブルかな。しかし、何気に沢近率が高いな、おい。

異論反論オブジェクションな内容なので、思うところがあればよろしく。って、うちもアンケートしてみればいいのか。組み込むのは簡単だし、やってみようかな。
スポンサーサイト
 
 

コメント

謝罪

去る2月16日、「よしお」という名前で投稿させていただいた者です。しばらくおとずれることができなかったのですが、どうやら誰か別の方と混同させてしまったようです。その「よしお」さんとは僕は別人です。混同させてしまったことをおわび申し上げ、名前も「そばや」と改めさせていただきます。ちなみに「よしお」は僕の実際のあだ名ですが、投稿するときは細心の注意を払うべきでした。
さて、改めまして、今度こそ、はじめまして、でお願いします。
TF買いました。これはもう、新規ファンと、PFとOFを買えなかった人にこそうってつけのものですね。第三回人気投票の謝罪文については、なんかかえって疑惑を増やしただけのような気がします。ネットにながれた「締め切り日当日に早売り店にマガジンがならんでいた」という噂を意識しているような・・・
#170の扉絵には僕をはじめどれだけのおにぎり派が石化したことでしょう(笑)。意図を理解してホッとしたわけですが、この花井にはなんか違和感があります。それは学ランの胸元をあけていることです。僕の持っている単行本(10巻まで)をみる限り、花井がこのような学ランの着方をしている描写を見たことがありません。♭22の結城つむぎとのエピソードでも花井は第一ボタンまでキチンとしめています。
で、八雲に近い人でこのような着方をしているのは播磨だけなんです。#145で八雲と屋上で話しているシーンや居候編で塚本家の玄関で八雲と播磨が並んで天満に話すシーンなど、播磨は胸元を開けた学ランの着方をしています。
ということで、僕は播磨ばりにポジティブに、「作者は最初播磨を描くつもりだった」と考えることで扉絵どっきりの精神ダメージをクリアすることにしました。メガネをはずした花井の目がのび太ばりに「3」になるのでそっちにひっかけることにした、ということだろう、とおもいます。本編とは関係のないお遊びみたいなものなので引きずらないようにしたいですね。
けどすでに花井の顔を黒く塗りつぶしましたが(笑)。
そしてアニメの絵コンテも載っていましたが、天満と播磨のツーショットのあれはまさしく「妹さんを幸せにします」宣言の回のものではありませんか!期待が一気にあがりました。
ここを訪れてからシャナやFateを見るようになりましたがシャナがもう最終回なのは残念。けれど楽しませてもらいました。
それから「そばや」も誰かとかぶるようでしたらご指摘ください。

コメント

あの扉絵は写真撮影です
姉さんは二次加工を行う

天満->姐さん
播磨の素顔->花井の素顔
サングラス->メガネ

ビバ!お姉さん♪

何か眼鏡外したどっかの誰かさんが八雲をお姫様抱っこしてた絵があったよーな…。晶はしっかりと目に入ってますよ♪まあ、あんなシーンは最初で最後です。きっと…

今回はかなり自分の好みです♪超姉、好きですから!!ファーストキスは小さい頃というのは嬉しいんですが、播磨が自分の意志でしたほうが良かったかな、なんて思います。葉子さん、播磨がお気に入りだったらもっと楽しいんですけどね(笑

イチさんが今回八雲よりも可愛かったのは自分だけでしょうか?4コマでしたが、最後の今鳥にチョコを口に入れた時の表情は♪ララはいいアシストをしました。

アンケートですか?面白そう♪

なぜか頭には塚本家の光景

ここのところTBが不調にてご無沙汰しておりました。馬鹿侍です。

扉絵は痛いですね~。
本編中であったことではないし、これからそういうことがあることもまずあり得ないというのが救いでしょうか。

今回の話読んだときに、なぜか最初にパッと浮かんだのはなぜか本編には全く描かれていない、塚本家での
「姉さんお帰り・・・あっ、播磨さん・・・」
「おう、妹さん」
(以下略)
というやりとりでした。とりあえず八雲一人では大変そうなので、播磨に天満を布団まで運んでもらって・・・・。
・・・普通に何も起こらなかった気はしますが、いきなり前触れなくネタを引っ張ってくるかも知れません。
いや、一応、○派なんですけどねワタクシ。超半端者ですがw

脇役のエピソードはどれも興味ありますが、今回の話とか見ると是非先生sの青春時代はどこかで描いてほしいな~と思った次第です。

スクランは危険の匂いがいっぱい

 バレンタイン編も大詰め、天満編ですが、このコメントは後に回して・・・3つの袋欲しいです。あと小清水、能登、高橋による座談会は小清水の天然と奈良の変貌に(笑)モザイク部分「好きな女の子」「写真」は見えたけど・・・
 ショート漫画は・・・イチさんかわいい&ララ、ナイスアシスト。好きな男の子にチョコを渡せなくて困ってる女の子、お試しあれ(絶対無理)。烏丸に送られてきた不思議な味がするカレー味チョコ!!作ったのは間違いなくあいつだ・・・でも作る作業は4人でやったよな(#167参照)天満の行動を止めるやつはいなかったのか?カレー作りのとき、ミコチンが止めてたけど(2巻参照)・・・カレールーとチョコの区別がつかなかったのか?それにしても烏丸の胃袋はいったい・・・
 さて本編のコメントですが、播磨は大馬鹿者です。普通に外に出てチョコをもらえば簡単に済む話なのに靴隠したり、歯ブラシ二刀流といい・・・まあ、播磨が馬鹿だからこそこの漫画が成り立つということで良しとして、ベッドで刑部&笹倉が寝ている様を見て、天満は何を想像したのだろうか?もしかして・・・3・・・き、危険だ。でも、見方によっては百合の・・・どっちも怖すぎる。でもなんで天満は播磨の家を知ってるのだろうか・・・多分八雲が教えたのだと思う。TFによると修学旅行は2月となっている。次回は修学旅行編か?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/252-d03c27eb

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。