スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

灼眼のシャナ 第22話

話の流れは、バルマスケ側では存在の泉計画が始動し、フレイムヘイズ側はシャナの傷の完治を待ってヴィルヘルミナと共に星黎殿に乗り込むまで、とゆったりとしたテンポでした。しかし、その分、各人各様の想いを丹念に描いてくれたので、最終決戦に向けての気合いは十分補給できました。

“自分ではどうしようもない気持ち”について語るアラストールとヴィルヘルミナの場面は動きこそ少ないものの、ヴィルヘルミナの微妙な変化が実に良かった。自身のフレイムヘイズを愛した男と敵である紅世の王を愛した女の会話に深みが出るのは、過去編をしっかりやったお陰ですね。やはり彼女はスタッフに愛されています。

それにしても、佐藤や吉田さんが「フレイムヘイズではなく平井ゆかりに頼む」という展開にはしびれました。なるほど、8巻の展開をすっ飛ばしたのにはこういう意味があったのか。原作だと平井ゆかりという存在はシャナに置き換えられてしまうけど、それがないアニメ版だからこそ出来る技です。

フレイムヘイズとしての使命と人としての想いは、今までシャナを二律背反として縛っていたけれど、これで両者が一つに融合できそうになってきました。まだ答えは出ていないけれど、きっと正解に辿り着いてくれるはずです。

そして見守ることしかできない人間達の気持ちもしっかりと描かれています。佐藤と田中は、自分たちでは持ち上げることすら出来ない宝具・吸血鬼を“悠二を救うため”にシャナに託し、吉田さんは「坂井君が好きなゆかりちゃんなら信じられる」と自分と同じ想いを抱く少女を信じて、悠二を助け出したい気持ちを託します。

自分たちの無力さに怒り嘆き、それでも出来ることを探し、言葉を掛けた彼らの気持ちをシャナがどう受け取ったのか。姐さんも駆けつけてくれそうな次回が楽しみです。

だけど、こんなに熱い展開の本筋が、どうでも良くなりそうなヘカテーパワーが炸裂! 露骨さはないんだけど、何かエロイよ!!ヤバイよ!!精神世界でヤッてるようにしか見えないよ!! それとも私が汚れているだけ…?orz

しかしまあ、シュドナイじゃないけれど、ヘカテーに変な色が付きそうで怖いんですけど……。その時は、悠二シネシネ団でも結成するしかない!?

シャナ22話アイキャッチ
吉田さんの気持ちが良く表われています…
ライバルが託した想いを叶えるのは主人公の努めだぞ!
スポンサーサイト
 
 

コメント

スクラン&シャナのコメント

スクランバレンタイン編第2弾はお嬢ではなくヤクモンのストーリー・・・それにしても喫茶店なのにサバ味噌&みたらしとは、某有名ドラマ(キム○ク主演)に出てくるバーみたい。もしかしたら八雲がわざわざ材料を買って作っているのかもしれない。播磨よ天満のことはあきらめろ!!あんたのことを思っている人は他にいないよ・・・
 関西でのスクランの時間帯が判明しました。火曜日の27:10から27:40ですか・・・この時間帯は現在は能登さんが、それ以前は堀江さんと生天目さんが出ていたアニメが放送されてた。これも何かの縁なんだろうか・・・しかし残念なことに出演者の一人が変わることが判明、ショックです。
 シャナは最終決戦に向けて動き始めてますそして久しぶりのマー姐さん!!今までどこに行ってたのしかも燐子(字・・・あってるかな?)に囲まれてるし・・・それにしてもあの3人(佐藤、田中、吉田)のシーンは最高です。
 3月第一週のお茶会のマンスリーパーソナリティーに対してツッコミを入れたくなりますが・・・面白ければいいんです!!スクラン出演者の間では能登の物真似がはやってるのでしょうか・・・

シャナ・Fate・スクラン

今回の話は久しぶりに突っ込み所(ブルードザオガーに関してのみ)が多かったですが、いい感じにまとまっていたと思います。シャナがザオガーを回収していましたし、アニメではシュドナイではなく、ヘカテーの力を吸収し、悠二を強化させるのかな?大罪人もさすがに自分(orシャナ)の想いに気づきかけてきたので、今後の展開に期待。
それにしてもエロかったなぁ、ヘカテーは。
Fate・某情報誌の情報では、12話のライダーとの戦いでセイバーが宝具開放とのことです。この話で慎二がどうなるかによって、金ピカの登場の仕方が変わりますね。
スクラン#168は久しぶりの八雲メイン話だったのですが、播磨と八雲の心の交流が無く、その上播磨のストーカーっぷりが痛すぎて素直に喜べませんでした。花井より性質が悪いですよアレは。

今、自分たちに出来ることをする

佐藤と田中がこの道を選んだのはとてもいいことだと思います。背伸びをして無理をするよりも、自分たちで出来る範囲で力になるほうのが、よっぽどかカッコいいと思うので。吉田さんも自分の力の無さを悔やんでいましたが、シャナに「平井ゆかり」として想いを託す、いいじゃないですか♪

「渾の聖廟」はどうやら枯れることの無い存在の力の泉ですね。零時迷子の制限を取り除いた、まさに夢の永久機関です。「両界の嗣子」とか永遠の存在のマリアンヌ、簡単でしょうな…。ベルペオル、悪どっ!独り占め?

ヘカテー、ありえないまでの饒舌ぶり…。小説でも滅多に喋らない(…出番がない)のに、楽しそうに喋る喋る。相手が悠二なのが不満です。おじさま相手に楽しくお喋りして欲しいなー、もー!

シャナも残す所、あと2話…ですよね?収拾がついて欲しいです、特に気持ちの面は。ヘカテーが消えないことを祈ります。もしそうなったらロリーな千変の将軍が理性すっ飛ばして暴れそうですが…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/243-3d6a6ca5

灼眼のシャナ 第22話

「揺らぐ炎」悠二、一美ちゃんのことは思い出さないのかよっ!?一美ちゃん好きとしては釈然としない話でしたが、悠二×シャナ好きにはゴールインが見えてきた感じです。前回、

[続きを読む]

灼眼のシャナ 第22話 「揺らぐ炎」

「やっと、ヘカテー@能登が活躍しはじめたな」 「決戦前夜と言った回でしたね」

[続きを読む]

灼眼のシャナ 第22話「揺らぐ炎」感想

今回のメインは能登のエロボイスでした(えー次回予告でわかっていたことですが、シャナはどてっ腹に穴を開けられても無事でした。フレイへイズの回復力は伊達じゃない。フレイムヘイズの使命と一人の少女としての恋。その間にシャナの心は揺らぎます。ヴィルヘ....

[続きを読む]

(アニメ感想) 灼眼のシャナ 第22話 「揺らぐ炎」

灼眼のシャナ Assorted Shana Vol.1/ドラマCD (釘宮理恵、日野聡、川澄綾子、他)相変わらず能登さんの攻勢はとどまるところを知りません。アニメで彼女の声を聞かない日はないのではないかと思えるぐらいです。さて、本編のほうでは吉田さんを応援しつつもやっぱりシャ...

[続きを読む]

灼眼のシャナ第22話「揺らぐ炎」

てぃ~っす!かなり久しぶりのシャナの感想になりますが,まぁ読んで行ってくださいよ!前回シャナは串刺し,悠ニは誘拐と波乱万丈伝でしたがシャナは悠ニを助けることができんのかい↑という話ですたい!

[続きを読む]

灼眼のシャナ ♯22 「揺らぐ炎」

“頂の座(いただきのくら)”ヘカテー の能力が明らかになったものの説明不足感は否めませんな。悠二の器とヘカテーの器の擬似共有。うーん、ヘカテー・・・戦闘面では全く役に

[続きを読む]

灼眼のシャナ 第22話

       「揺らぐ炎」 すっかり捕らわれのお姫様酒井悠二君。こんなところでも、ジェンダーフリーが進んでいるとは……。 今回はヘカテーに、というか能登さんにあれ

[続きを読む]

レビュー・評価:灼眼のシャナ【アニメ】/【第22話】 「揺らぐ炎」

品質評価 25 / 萌え評価 25 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 38 / お色気評価 18 / 総合評価 22レビュー数 59 件  悠二がシュドナイにさらわれてしまった。連れて行かれた先は、御崎市上空に現れた星黎殿。シュドナイたちバル・マスケの城砦だ。バル・マ

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。