スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♭35

本編のSideBのはずですが、微妙にパラレルっぽい展開?
だけど実に良いスクランでした。

虹話以来に久々につむぎの心情が語られましたが、しっかりと想いは高まる方向に進んでいたようです。しかし花井本人は八雲好きと公言しているのに、ライバル視してるのは美琴なのね。

まあ誰が見ても八雲相手には目はなくて、端から見てると花井と美琴はカップルにしか見えない。そういう事ですな。

あのデートにしか見えない二人を見れば当然ですね。しかしこれ、クレープまで食べさせてあげてるんですが、アソミコ絶賛展開中のタイミングでやっていいのだろうか。つむぎから見ると、美琴は麻生と花井で二股しているようにしか見えないんですが…どうするんでしょう?

このまま幼馴染みの高い壁を麻生とつむぎが乗り越えて、それぞれと結ばれる展開なのか。はたまた近すぎて気が付かなかった想いに気づくのか?

いずれにせよ、つむぎにはさつきと違って逃げずに戦って欲しいと思うし、結果はどうあれ応援したい娘です。もしも花井が旧校舎で床にはまったままだったら、つむぎが助けて一気に接近なんて展開があるとかなり混沌としそうですが、無理だな。うん。

そして久々登場の冬木は相変わらず心眼が冴えまくってます。つむぎに粉かけてましたが、一条のおにぎり狙って嵯峨野のを食べたりと気の多い男なのでどこまで本気かな?
だけど本当に良い事言ってるのが今鳥との違いです。

そういえば、笑い合ってる二人を複雑そうな表情で見つめていた女の子がいたはずなのですが、そろそろその娘の内面描写をしてくれないかとサンタさんに願っています。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/189-72b5cb81

スクールランブル ♭35

スクールランブル♭35の感想です。今週は諸事情により短め(の予定)。久々のバンド組、それもあまり出番もなかった冬木&つむぎでした。最近モブ達の恋愛模様も描くようにな

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。