スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル第11巻限定版

本編感想は未だに書く気になれなかったりしますので、コミック感想から。
バスケのユニホームを両軍直したりとかなり手は入ってましたが、今改めて読み直しても読者が読みたい話と作者が書きたい話がずれたまま突き進んじゃったなあという感じでした。
♭の方は良い感じなので、やっぱり週刊連載は大変なのかなあ。

とまあ、すんでしまった過去(本編)はちょっと物足りない内容でしたが、その代わりに書き下ろし要素がかつて無い充実ぶりでした。

まずは表紙の東郷。ララだと思っていたので意外でした。だけど、塗りの感じが今までと変わって格好良いな!
ぶっちゃけ、今まで表紙になった男キャラの中ではダントツです。裏がララだったのもちょっぴり意外。相棒じゃないのかw

そして表紙と並んでお楽しみなのが中表紙ですが、烏丸&天満と忘れ去りそうだった正統派カップル物できました。これも塗りの雰囲気が今までと違いますが、二人の雰囲気が良く出た良い絵でした。

それから折り返しの冴子&三原も素晴らしい!
特に三原は今鳥アイに補足されるブツを持っていることを証明してくれましたね。
冴子も黒いセーターがとても似合ってます。さすが小悪魔娘。

そして中表紙をめくると目次&カラー絵なのですが、何とYシャツ一枚だけの姐さんキターー!!

胸元は下品にならない程度に緩ませつつもリボンは外さない。
そして大事な所は決して見せない。さすがプロです
もうね、伊織にはメザシ100匹あげるからどいてください、と心から願ってしまうマーベラスな絵でした。

あと、なぜか巻末にオマケ漫画が、しかもさつきとララの未来編?
お互いに正統進化してオトナの魅力が加わっていますが、関係は昔のまま。実に良いスールです。

さて、ここまでは通常版でも一緒ですが、限定版にはシングルサイズのDVDが付いていて、22日に発売されるOVAの予告とTV版総集編っぽいミュージッククリップが収録されています。

そのOVA予告ですが、キタキタキター!! まさに冬の八雲スペシャル!!
サラとの出会い、幽霊の少女、そして雲形定規夢のコンボが大炸裂しています。いや~、信じていて良かった良かった。
雲形定規は情報統制が完全にされていたので、入っていないんじゃないかと不安でしたが、最大の目玉だったのかと思うと22日が待ち遠しい~。

それから他の内容も凄いな。げんしらんぶるをやるとは思いませんでした。マンモスにモザイクがかかってましたが、これCGですね。ドジビロン5号を元にしたのか新規で起こしたのかは不明ですが、相変わらず無駄に気合いが入っていそうで期待が持てます。
多分、他にも悪戯が仕込んであるに違いないので、そちらも楽しみにしています。

スマイルや吉田山の野望など、メイン以外が活躍する話もあって、多くの人が楽しめる内容なのもいいねえ。何といってもこのOVAは「1学期補習」という2学期をやる気満々なサブタイトルですし、八雲の恋物語スタートという側面が強調されているので、今後の展開にも期待しています。

P.S.
私のヘボいダメ絶対音感だと幽霊の少女役は願望通りに小清水さんかなと思いましたが、猛者の方々のご意見お待ちしております。しかしまあ、あのシーンは最近のサンライズに負けてなる物かという触手への間違った気合いを感じちゃう素敵っぷりでございました。
スポンサーサイト
 
 

コメント

分からん!サッパリ分かりませんぞ!

麻生はいったい美琴のどこを好きになったのか?11巻を読んでみても良く分かりませんでした。…バカなのは自分ですか?まあ、普通の単行本な感じですね。可も在れば不可も在る、そんな印象です。

DVD、サラとおにぎりとララと幽霊な女の子が良かった!!幽霊の女の子、自分はサッパリ分かりませんでした…(涙)。自分の予想としては田村ゆかりさん、名塚佳織さん、宍戸留美さんの3択の中から来ると思ってたので。でも、聞く限りは違いますねー。花井の裸は素直に「瞬殺!!」したくなりました♪ハリーの出番もあるんですよね。檜山さんを贅沢な使い方して!

あと描き下ろしのララとさつきちゃん漫画、最初はわざわざララだと説明はいらないと思いました。が、よく見てみるとウリ2つのキャラが頭に浮かびました。BL○○CHの四楓○夜○さんです。正直、あのお方が髪を下ろしたら今回の描き下ろしのララになってしまう気が…(汗

シャナはあのラブラブ兄妹が出てきましたね。ディープはカットされてるのでしょうか?自分の地域ではまだ放送されて無いので、これからが楽しみです♪あとは千草ママVSアラストールの対決も!シャナの悠二好きレベルがこれから加速度的に強くなるのでお楽しみにです♪

ようやくゲットしました限定版。

バスケ編楽しかった自分はやっぱ少数派なのかな~と思った今日この頃。
でも意外とバスケ編自体は短く、後半の単発ネタはテンポよくて良かったのでは?と思います。
向こうもその辺は良く分かってたのか、書き下ろしやら表紙、折込やら他が充実してましたしね。

OVAの名前通りアニラン第2部の放送にも期待したいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/188-538fce4d

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。