スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯156へのレス

いつの間にか一週間経ってしまった今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。
レスが遅くなってごめんなさい。

・Mrリバウンドさん
> 八雲すごいよ八雲
>  茶道部員3人が床にはまり、そこに天満からの電話、高野、サラだけでなく、われわれも
> この後に訪れるオチが見えてきました。それでも助けてくれると信じた八雲・・・多分天満
> がはまったあと、
> 「姉さんを信じた私が馬鹿だった」
> こう思ったのでしょうか。

天満は我々の予想通りの行動でしたが、さすがにあそこまでの瞬殺っぷりはねえ…。八雲は私がバカだったと思うより救助を期待したみんなに悪いと思っていそうです。

>  天満の頭のではブラックユーモアがあふれてました。白骨化した3人の前に、大きくなっ
> た高野、しかも老化してない。というより塚本天満の辞書に「飢餓」という文字はないので
> しょうか、1巻では「塚本天満、少しバカ」と横のところに書いてありますが、勘違いだけ
> でなくバカの度合いも播磨拳児を凌駕してます。
>  八雲のテレパシー?のおかげで助けに来た播磨サンタ。4人が落ちてくる位置にマットを
> 置いたりしていることから、早い段階で気づいたのでしょうか?それにしてもピコピコハン
> マーがでかい、まるで某漫画の100トンハンマーみたい・・・花井は無事に矢神市に帰っ
> てきました。しかし、小熊猫の決闘で眼鏡を奪われたその姿は、「○ラえ○ん」の「のび
> ○」みたいでした。
>  高野の長台詞は3巻以上です。この場面がアニメ化したら、清水香里さん大変ですね。

100トンハンマーとは懐かしい。昔の漫画のネタを使うのが好きだなと思います。しかし次々と天井から足が突き出てくるのは凄くシュールな光景だ。花井は無事戻ってきたようでお疲れ様でした。だけど、道場ではまともなのになぜの○太化していたんだろうな。
晶を表紙にしない小林先生ですが、清水さんの長台詞は聞きたいみたいですね(笑)


・イドミズさん
> 正月帰郷できるかしら
> とりあえず姐さんサイコー
> 格好・言動・全てにおいてステキです
> ッていうか結果発表の時からずっと……あの格好か……
> それにしても八雲のテレパスィーは一応届いた様子……オプション付きだけど……
> 今からでも遅くない!考え直せ!播磨!!

正月に実家に帰る習慣がなかったりしますが、やっぱり家族と過ごしてのんびりしたいですね。聞こえてくる噂から来年も目茶苦茶忙しそうですが、しっかり休める事を祈っています。

それはともかく、あのシチュを作り出した姐さんはサイコーでした。
テレパシーはきっと届いたと信じています。……勝手に傍受した輩もいますがね。
>
> 追伸
> 姐さんJOJO風味と来ましたか……

やっぱりあれはJOJOネタだったか。あそこだけ画風が違いましたからね。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/186-038396d9

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。