スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯152

色々と時空の歪みが発生していますが、まさかないよなと思っていた直球ど真ん中な展開にちょっとビックリ。だけどお見合い会場にいざ乗り込んだら、速攻で破滅しそうな播磨が今から目に浮かびます。一読者としては楽しければそれで良いのですが、彼に明るい未来は訪れるのでしょうか?マンガの完成共々気になるところです。

そして、ヒゲで1ペアなら漫画家とアシスタントならフルハウス位行くよなとおにぎりブログらしいささやかなことを想像したオチでした。


物語は先々週の「今日は親は帰って来ない」をあっさり無視して、なぜか美琴の両親が帰ってきています。しかも、なぜかナカムラを高校生の麻生だとわざと思いこんで夕飯までご馳走しています。今まで播磨を弄っていたツケが回ってきたのか散々に両親から弄られ倒される美琴が可愛くてしょうがありません。さすが弄られ女王美琴です。

それでも所期の目的であるナカムラの足止めにはなりましたが、麻生との仲は既に両親公認ですか……orz

そしてナカムラが麻生のことを知っていたのは、やはり沢近から聞いていたようです。
「次から次へと男を色香で惑わす」
「そのくせ恋愛には興味ないふりして男の妄想を掻き立てるのが上手い」
等々

えーと、あなたたちは本当に親友ですか?と問いつめたくなりましたが、彼女なりの親愛の表現なのでしょう。しかし、これ告白された回数を自慢していた初期の沢近さん自身にも言って聞かせたい台詞です。

一方、天満を追いかけていたはずの播磨と沢近ですが、湯冷めしたのか沢近がくしゃみをしたので一時休憩を取ることにしました。そしてここから怒涛の旗展開が始まります。

しかし原付とはいえ、バイクで休憩が必要な距離とは一体お見合い会場はどこなのでしょう?

沢近邸だとばかり思っていましたが、よく考えるとどこかの料亭かホテル、もしくは一流レストランのはずですね。隣町程度ではないようなので、あのレストランではなく都内のホテルが有力候補でしょう。

本来、播磨的には休憩など取っている場合ではないのですが、骨の髄までフェミニストなのは絃子さんの教育の賜物なのか。それでも隠しきれないいらつきで体が震えていると、沢近さんは自分同様に寒いのだと誤解します。まあ誤解だと思う方が無理なので、当然の反応ですが毛布は一枚しかありません。


従業員Aさんを暖めるためには…二人で一枚の毛布を使うしかありません。形は少々違いますが同衾という奴ですね。さすがに恥ずかしくて沢近さんがどうしようと悩んでいる様子に播磨が気づきます。

その様子を見て播磨が思ったことは…襲われるんじゃないかと警戒しているとこれまた凄い誤解をします。この二人の反応の違いは、そのまま相手への好感度の違いなわけで、いかに播磨側の印象が悪いのかがわかります。

しかし、心配そうにこちらをちらちら見ている女の子を見て「ウッゼエエエエ!!」と思える播磨は本当に凄い奴です。

とりあえず会話を…という軽い気持ちで始めた会話が意外にシリアスなものになったのはポイント高いです。播磨らしさがよく出ていました。ただし、普段の自分への態度とまるで違うので播磨が違和感しか感じていないのが悲しいところ。

従業員Aさんの力強い語りにいたく感動した沢近さんは好感度MAXハートになって、一気に一緒の毛布イベント発生させちゃいました。そして更に偽装恋人依頼までキタ━(゚∀゚)━!

これで安心したのか沢近は眠ってしまいましたが、初めて播磨が彼女に女を感じた重要なシーンでした。しかし、その後寝言で全てをチャラにしてしまった辺りが彼女が沢近愛理である所以でしょう。あの顔のまま会場に行くのか激しく気になるところですが、次回の展開を心待ちにしています。

このように予想したよりもかなりベタな展開でお見合い壊しに行く模様ですがどうなるのかな。

天満のお見合い阻止しか頭にない播磨は軽いノリで偽装恋人役を引き受けたけど、先程自分で言った周囲の状況に流されて絶対に後悔する展開になるだろうな。

個人的な予想では、速攻で天満に播磨とバレて八雲や自分だけじゃなく愛理ちゃんにまで手を出すお猿さん扱いされてしまいそうです。そして播磨=従業員Aさんと知った沢近さんがどう行動するのかがポイントです。こうした周囲の状況に流されまくる播磨が必死で抗い、その5本の指で切り開く未来がどうなるのか楽しみです。

何にしても、裸で羽交い締めにしても一緒にお風呂に入っていても女と感じなかった播磨が初めて違う感情を持ちました。これで八雲と同じく女と認識されたことがある最低限のスタートラインに着いたと言えます。ちなみに天満はゴールライン手前にエントリー済みですが、本人がどこかに行ってしまっています。

ただし、修学旅行orスキー旅行で使うんじゃないかと思われた毛布ネタを使ってしまったので、ココで進展させないと厳しいかな。彼女がどう自分の未来を切り開き成長を遂げるのかにも注目しています。
スポンサーサイト
 
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/172-6cb76795

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。