スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ガンダムSEED DESTINY 第49話

素直に面白かったんですが、来週で最終回か。せめて一週早くこれを見せて欲しかったなぁ。キラVSレイ、アスランVSシン、アークエンジェルVSミネルバ、インパルスVSドム?、そしてVSメサイアと色々あるのですが、まだ何も決着付いてないから相当はしょられそうです。
まさか次回作があるなんて言わないよね…?

話は、一週飛ばした位の超速展開でオーブを中心にデスティニープラン反対派が集結し、まずは危険すぎるレクイエムを潰す事になりました。本隊はレクイエムを、キラ達AA&エターナルは要となるステーション1を破壊して合流するというスピード命の作戦です。

ガンダムSEED DESTINY 第49話

そこで無用な戦いを避けようとラクス様お得意の演説攻撃を発動します。「軍服への誇りがあるのなら道を空けなさい!」 実に凛々しく堂々とした演説です。
元はといえば自分たちのヤナーリウスを破壊した兵器の守備はザフト軍兵士にもわだかまりが隠せないのは当然です。カガリの時と違ってかなり効いたのはカリスマと状況の違いでしょう。それでも議長の黒カリスマは強大で、戦意を落とすのが精一杯でした。

それからエターナルがガンダム運用艦なので、キラとアスラン、そしてメイリンもAAから移籍していました。やっぱりメイリンはエターナルのオペレーターに収まりましたが、アスランと一緒ならどこへでも!ですね。お陰でダゴスタさんは完全に日陰者となりましたが、アーサーみたいにボケも出来ないしな。

元々強かったキラとアスランがミーディアを装着したことで文字通り一騎当千の活躍ぶり! 演出もいきなりTMRのヴィステージを流して盛り上げにかかります。
やっぱり主役が爽快に活躍すると見ていて楽しい~。2対100どころでは無い戦力差を全く感じさせませんが、それでもステーションを破壊するのは難しい状況に追い込まれます。

ガンダムSEED DESTINY 第49話

一方、その戦いを後方から見ていたイザークは…何だか怒っています。ディアッカの翻訳によると、どうも壊すなら何で教えないんだ!とお冠のようでした。あの破壊を目の当たりにした二人にとってもアスランと同様に、レクイエムはあってはならない物だったようです。

そんな訳で戦場についてもディアッカは「どうする?一応出て行って瞬殺されてくる?」とやる気ナッシングな提案をしますが、それはイザークの誇りが許しません。
「馬鹿者! そんな根性なら最初から出るな!!」
「俺が出る!」さすがイザークは、ザフトの誇り高き軍人です。でもね、
「ボルテールは後ろから支援だけしていろ」
「いいな前に出るなよ。死ぬぞ!」…て、お前もやる気ないじゃないかー!

こうしてアスランの元に辿り着いたイザークは、アスランに向かうミサイルを撃墜して久しぶりの再会、そしてステーション1へのエスコートまでしちゃいます。表面的には怒ったままですが、心の底は仲間想いのイイ奴です。ひょっとするとこういうのもツンデレの部類なのかも知れません。

ガンダムSEED DESTINY 第49話ガンダムSEED DESTINY 第49話

他のMS戦闘では何といってもルナマリア様です。機種変更も関係なく通じ合う姉妹愛。そしてドムとの対決! ここでお亡くなりになるのではとちょっと不安でしたが、ジェットストリームアタックを何とか凌ぎきりました。…というか、再戦したらこの技をあっさり破りそうな気がしてきました。ヒロイン補正は失っても、まだヒロインのお姉ちゃんパワーは健在なようです。

それからAA対ミネルバは艦長の能力差が遂に出たのかAAが絶体絶命のピンチに! そんな彼女のピンチをスクのは勿論不可能を可能にする男の仕事です。

ガンダムSEED DESTINY 第49話ガンダムSEED DESTINY 第49話

AAへの陽電子砲を防ぐ前作と全く同じシチュエーションを再体験することで、遂にムウの記憶が蘇りました!おめでとうマリューさん! 普段はウザイとしか思わない回想も正しい使い方をすれば実に効果的でした。
その後タンホイザーを打ち抜いたり、バリアを張ったりとアカツキは目茶苦茶格好良かったし、正直、このシーンが個人的に一番のクライマックスでした。

メサイアでは、こうしたステーション1での戦闘の最中、議長はレイとシンを呼び寄せてデスティニープラン実現に向けての協力を確認します。当然レイは即答でしたが、シンは悩み回想します。これは彼が主役に復帰するための大事な選択肢でしたが、レイの秘密と苦悩を知ったシンは結局議長への協力を約束してしまいます。

これでシンが主役に戻るのは絶望的に、更にヒールとしてのモチベーションもレイに何歩も後れを取っている状態なので最終回ではどういう結末を迎えるのか予想も付きません。
そしてこの選択ミスを象徴するかのように、シンは主役の証たるキャストのトップクレジットから降格しちゃいました。何だかBAD ENDのゲームの結末を見るような気がしますが、アスランの説得に種じゃなくて頭が割れて精神崩壊、なんてのだけは止めて欲しいなあ。

そして月面の戦闘では、ネオジェネシスまで引っ張り出してきて正に何でもあり、ますます緊迫の度合いを増してきました。どう考えても30分で消化出来るとは思えませんが、ココまで来たらそれはそれで楽しみです。
スポンサーサイト
 
 

コメント

ビデオ録画で見ました、今さっき

タイトルの通り、昨日(土曜日)は見ることができませんでした。ちょうどその時間帯は正座して般若心経やら何やらを聞くという厳かな時間を過ごしていました。身内の一周忌でした…

さて感想ですが、相変わらずミーティアは反則ですねー。何、あの半端ない火力は!!しかも極力殺さないで攻め込んでいるのは感心しました。一騎当千の攻撃力です♪今回はミーティアは破壊されませんでした、良かった。

レイはキラというスーパーコーディネータを作る過程の失敗作という悲惨すぎる立場だったとは…。ASTRAY的展開も織り交ぜてきました。ASTRAYでいうならカナードです。こっちはもっと悲惨なことにキラそっくり!でもレイもアル・ダ・フラガのクローンでなお且つキラを作るための実験体的立場なのでこっちの方が不幸ですね、考えると。確かに可哀相ですし、レイの気持ちも分かりますが、かといってギル議長の計画は極論過ぎる(汗

アカツキ、化けモンです!!いくら強力なビーム反射装甲+シールドで守ったとしてもよくもまあ陽電子砲を打ち消したものです。そのあとのドラグーンシステム使っての防御壁、あれってまんまハイペリオンガンダムの「アルテミスリュミエール」ですよ!!種でいうなら「アルテミスの傘」です。つくづく思うんですけど、アカツキって本当にカガリの機体?しかしタンホイザーが記憶喪失回復に役立つとは…

イザークとディアッカ、輝いてました♪ディアッカは完全にAAに戻りたいようでした、というよりはミリィの元へ。イザークは導火線が短いながらも部下への気配りできる辺りは、成長の跡が見られますね♪

ホーク姉妹、この2人もニュータイプ?何でルナマリがインパルスに乗ってるのが分かったのかがミステリーです。ドムに殺されなくて本当に良かった。ドムが死んだら核爆発ですよね?…という理由で最終回まで残ります(えー

ジェネシス再降臨ということで、ギル議長は完全に正義を履き違えてきました。ジェネシスは確か元々別の使い道があった記憶があります。ザラパパといいギル議長といい、何でこうもまぁ…

来週は5時30分からなので間違えないようにしたいです。理由は大方、TBSの定番の「オールスター感謝祭」でしょうけど(笑

本当に長くてすみません!最終回、短く出来るかどうか不安です(滝汗

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/155-535aeeeb

SEED DESTINY 49話

最近、テロメアが少ない全国のSEED-Dファンの皆様さっそくオーブとしての感想を守り抜きます。

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。