スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

アニラン10巻レビューのはずですが…&レス

来ねえええええええorz
発送済みのメールは来たけれど、肝心のブツが来ません。
佐川なんか使ってるからダメなんだよ!と憤慨しつつ待つしかないのか…。

手元にはキャプ済みのデータが残してあるのでいつでも見られるからどうでもいいかというと、(お泊まり編を作ってもらうための)制作者への利益還元として買ってた訳ですからそうもいかない。

なにせDVDが売れる→続編制作決定→その為には今後の展開の重要なファクターであるお泊まりをきちんと描く必要があるという壮大な計画です。嘘予告で流れたサバゲーはお泊まりなくして語れませんからね。まあ、壮大すぎて見込みがあるか無いかで言えば、アレですがそこは信者パワーで気にしない。

ということで、楽しみにしていた人がいるのかは不明ですが、手元にDVDが無い以上レビューは後日です。…それだけで終わりではなんなので、昨日買ってきたコミックのレビューをどうぞ。

・ヴァンパイア十字界第5巻
原作者がスパイラルの人と言った方が通りが良い位に、この作品がマイナーであることは書いている本人が分っています。

でも、んな馬鹿な!という展開を推理小説の如く理詰めで進めていくのを読むのは楽しいものです。そういう作品なので、ネタバレ書いたら面白くないので、印象だけ書きます。
この巻ではほぼ全編ブリジット視点での過去編でしたが、一番幸せだった時代を描いていたので、ストラウスとブリジット姐さんの色々な表情が見られて楽しかったです。

これは作画担当の木村さんが後書きで、現代のストラウスは努めて無表情に書いていたけど大変だったので、過去編は自由に書けて楽しかったとありました。
なるほどねー。

そしてこの作品の場合、ある意味本編よりも重要なのが、原作者後書きです。
今までも宇宙人襲来を最初から構想していたとか、トンデモなエピソードが盛り沢山だったのですが、今回はキーアイテムに見えたステラの首飾りの設定が完全に後付けだったというネタばらししでした。

それから過去と現代のミッシングリンクというのはブリジットが敢えて語らなかった赤バラが恐怖されるようになった理由かな。そしてアーデルハイト復活も間近と予告されてるので、おそらくは今までのブリジット視点では予想も出来なかった展開に驚きつつ、楽しませて貰います。



レス
・イドミズさん

> ふおおおおおおおおおおお
> 播磨……おめでとう……
> といいたいところだか……大ボスである天満をみごとに倒したのはいいが……
> 含みを残した裏ボス沢近が残っているぞな!
> 奴は絶対何か仕掛けてきそうだ

何かもう誤解を通り越えた展開にうっひょーと叫ぶしかありません。おそらくは来週、播磨はかなり落ち込んで原稿が手に付かなくなっていそうなので、八雲が立ち直らせる展開が来ると信じています。

それから天満を倒してもしょうがないんですが、あまりのショックで塵になってしまわれた様子なのが逆に心配です。これで親友達に相談して、話が変な方向に突っ走ると嫌だなあ。そうなると裏ボスの沢近さんが絶対に何か仕掛けます。

それにしてもネタだけはポツリポツリと仕込んでいるのですが、彼女の憂鬱の原因はいったい何なのでしょう?
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/154-da98bfee

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。