スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

エルフェンリート EL91

予想の斜め上をひた走る岡本先生は今週もやってくれました。
先週、思いっきり思わせぶりな引きをしたのに自衛隊のほうは完全放置で、研究所サイドに物語りは戻ります。

人類の救世主となる(予定の)荒川は制御装置を外して殺されかけますが、メガネのボディガードのフォローで間一髪セーフ。

作中での発言といい、メガネ男?の正体が気になるところです。
予想では白河の頭+坂東の体なんていうのがありますが、どうなんだろ?
どちらにせよ、かなり意外な人物なのは間違いなさそう。

にゅうVSアンナは、圧倒的質量のアンナが優勢なのかと思いきやスーパーサイヤ人化したにゅうのパワーの前に敗北…。
そしてアンナの計算でも長官は神になれないと予測されてましたが、ここまでは誰もが予想していたこと。

ここからが誰もが予想しなかった展開に!
なんと、ルーシーの母親を手に入れていた長官!

しかも、子供まで生ませてます!!
それも、男のディクロニウス!突然の弟登場!!


えーと…、ルーシーのミトコンドリアイブとしての地位を根本から否定している気がするのですが、いいのでしょうか?

思いっきり引き伸ばし展開な感じで、不安がよぎります。
妙に人気が出た?ためのジャンプ病でなければいいなぁ…。
岡本先生には、心に決めていたラストに向かって無事完走して欲しいと願わずにいられません。


そして今週最大の問題点は、作者の巻末コメント
気になるタレントや芸能人についての質問でしたが、
「能登麻美子」(ナナ役の声優さん)

完全に間違ってます。しかもどっちだか判別しにくい。
質問の内容からは能登さんと答えて配役を間違えた可能性が高いのですが、逆の可能性もあります。
ちなみにナナ役は松岡由貴さんです。
日記でよいので、真相を明らかにして欲しいと思いました。
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/15-8ee14dbc

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。