スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ガンダムSEED DESTINY 第47話

正直、先週と今週の2話を1話にまとめていればもう少しポジティブに見ることが出来たんですが、今週も想像通り総集編寸前の使い回しで話を展開していく種運命クオリティでした。以上。

……で終わりではなんなので、もうちょい書くとしよう。

まずは明らかにキャラの知性が数段下がってると思ったら、嫁の単独脚本でした。ただし、キラの使い方だけは抜群に上手かったのは愛のなせる業なのでしょうか。アスランやラクスを慰めるシーンは何時にも増して良い感じでした。

しかし、メイリンが画面には出ているだけで、ただの背景キャラなのはなぜ? 彼女はAA組の中で、客観的に最もザフト軍内のミーア時代を知る人なのに発言無しとはな……。

それから遂にデスティニープランが発表されましたが、コーディネーターはともかくナチュラルはどうするつもりなのか未だに不明です。

それにこういった事は密かに進行させて気づいたら……、という風にしないと無理でしょう。この段階でこんな事を発表しても、反乱を起こしてくれと言ってるような物です。

人類総コーディネーター化(家畜化というか奴隷化)は、ブルーコスモスでなくとも反対の声は強い上に、誕生するのが社会の部品扱いでは反発必至です。

とにかく強引に「議長は悪」という路線が出来たけど、本当にきちんと結末を迎えるのか未だ半信半疑です。

デスティニープラン反対派と議長派との抗争に構図が変わるのか知りませんが、何だかなあという感じです。
この辺は、パクリ元モチーフにしたZガンダムのエウーゴVSティターンズが、ZZでVSネオジオンに変わったスムーズさを見習って欲しかった。

ま、まさか三作目があるなんて言わないよね……。
スポンサーサイト
 
 

コメント

緊急特別番組?

ミーアの追悼番組みたいな内容でした。もしくは「月刊ミーア」のテレビバージョン?

分かったことといえば、ミーアは本気で平和を願っていたこと、ラクスに並々ならぬ尊敬の念を抱いていたこと、中身は普通すぎるということです。人間らしいキャラだったと思います。強い部分も弱い部分も。

デスティニープラン、戦争を止めるには理想的です。欠点があるとすれば、適正に合わせての作業の決定でしょう。適正=幸せではありませんから。夢や自由がない人間は、ただの生きる屍に等しいです。正しい=求められているわけでもありませんしね。ギルなら、こんな計画を立てなくても、人は付いてくると思うんですけどね。

話変わって、Fateのアニメ版の声優さんも続々と決定してます。サーヴァントは小次郎とバーサーカー以外、マスターは葛木さん以外が判明しました。ライダーは浅川悠さん、ランサーは神奈延年さん、キャスターは田中敦子さん、イリヤは門脇舞さん、慎二は神谷浩次さんです。結構、豪華に見受けられますがシロクロさんはどうお考えでしょうか?分からない声優さんがあれば出来る範囲でお教えしますので。

ネタバレって時として、見るべきではありませんね…(涙

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/144-eab198c5

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第47話「ミーア」

自分探し~ミーア・キャンベルと共に。

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。