スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯126?感想

完成寸前の記事が消えた悲しさにめげず、再挑戦。

1週間でかなり上達した模様の武神3人娘。
そしてやっぱり朝は起きられない天満。かわいいぜ。

さつきが何で今頃女バスを作ったのか謎でしたが、麻生に近づくためでした。
恋する乙女恐るべし。
早速麻生のタオルで萌えています。

そしてそんな様子をしっかりチェックする天満&姉ヶ崎。
孫子ネタといい妙な共通点があります。

麻生の実家が初登場!「中華 講楽」って・・・一体。
渡鬼ですか。小林先生・・・。

色々あって、さつきの可愛くも素直なジェラシーに感銘する美琴。
当初の読み通り、アソミコ展開ではなく、縦笛いくのかな?
一気にそこまで行かずに、花井のことを再認識する程度かもしれません。
しかし、それこそは美琴にとって大きな一歩になるはず。

そしてスクランがギャグマンガであることを思い出させてくれたララ。
20人前を平らげるとは良い仕事をしてくれました。
来週はきっとサラが出てきて、平和な日常をかき乱してくれることを勝手に期待。


これからはメモ帳に書いてから貼ろうと心に誓いましたとさ。orz
 中華 講楽
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/12-42ad32b4

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。