スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♯141

ここ数日、疲れてそのまま寝てしまっていたので遅くなった♯141の感想ですが、ギャグとシリアスとお色気が渾然一体となった合併号に相応しい内容たっぷりの話でした。

前半の主役は女王様天満と晶。天満は女王様特権で次々と無茶な命令をしていきますが、中でも「晶ちゃん笑って」には美琴達共々思わず驚いてしまう命令でした。そして……本当に笑ったー!! でも読者には見せてくれないのが残念でした。この時だけは花井に珍しく共感してしまいましたが、いつの日にかコミック表紙で見られるのかな?

更に命令はヒートアップして、美琴には王様ゲームでは定番のポッキーゲーム!! しかも相手は男子4人+晶というロシアンルーレットも真っ青な高確率です。
期待と不安を胸にページをめくると、そこには美琴と晶の百合の花園がっ!
胸を反らせている為、美琴の胸の大きさがよく目立つ素晴らしいアングルと素敵すぎる表情に、そっちの属性はこれっぽっちも持っていないはずですが、偉くドキドキしてしまう妙な色気がありました。

周りで見ていた男子も女子も皆顔を赤らめてヤバイヤバイと注目する中で、麻生だけが引き気味だったのは、本来訪れるはずだった運命を垣間見たせいかな。実際、天満は麻生に相手させたかったというフィクサーぶりでした。でも失敗するのが天満です。

それはそうと、その女王天満を影で演出した嵯峨野が一番の黒幕なのが意外でした。いつの間にかどこかの和服メイドさん属性になったのでしょうか?
第三回人気投票があれば司会は嵯峨野で決定だなと思わせる仕切りっぷりでした。


一方、バカ騒ぎをしている天満達とは離れて一人ぼんやりしている播磨でしたが、何と八雲が唯一人だけ播磨の誕生日プレゼントを用意していました!
お泊まりを契機に絃子さんが個人情報をくれたのか、マンガを手伝ってる内に教えてもらったのか謎は残りますが、何にせよ「見てるだけ」の存在から大きな一歩を踏み出した瞬間でしたが……沢近の横槍が入ります。

この横槍をどう考えるかが今後のスクランを左右しそうなのですが、どうにも分かりません。
一番納得がいくのは沢近が播磨の本心に気づいている場合ですが、何時?という疑問が残ります。高級レストランの時に気がついたのか、はたまた読者の知らない世界で何かがあったのか。

もう一つは本当に邪魔したと考える場合ですが、これだと凄く嫌な女になるなあ。とはいえ、笑顔で核攻撃してしまうような、表情からは本心が読み取りづらいキャラなので否定は出来ません。彼女の本心がどこにあるのかはクリスマスイベントまでには分かると思うので、楽しみにしています。

そして八雲のプレゼントをやんわりと断った播磨は、まあしょうがない。
この後告白する気満々だったので、八雲からプレゼントを受け取ると、余計な誤解が広がってしまう恐れがあるのでありがた迷惑だったのは確かです。
でもこの後きっと、アームストロング船長の言葉を思い出させる八雲の小さくても大きな一歩は、♭で補完してくれる―――そう信じて待ってます。頼むぜ!

天満の笑顔が見られれば幸せと断言する播磨でしたが、八雲の一言で明るく見える中に潜む寂しさに気がつきます。つか、八雲と播磨の気持ちがシンクロしていたような気がするのは気のせいか?
いずれにせよ、天満への好感度ならツートップの二人だからこそ気がついた天満の本心。

烏丸がいねえから―――。気がつきたくはなかった現実を前に播磨が取った行動は、正に漢と呼ぶに相応しい物でした。
本来、自分の告白用だった花束を烏丸からの物だと言って、カードを添えて天満に渡します。しかし、カードに書いた烏丸の感じが間違っていたことからあっさりと露見します。
でも実は私も鳥丸だと思いこんでいたので笑えねえ…。orz

女王様権限発動時の天満の真剣な顔は、想いがこもっていてとても良かったです。そして播磨の答えに納得して見せてくれた心からの感謝の笑顔。己の想いより天満の幸せを願う、播磨の願いは立派に果たせたと思います。


もっととんでもドタバタ展開が待ちかまえているのではと予想していた誕生日話はこれで終わりでしょう。予想外にシリアスでしたが、最終回近くで、まだ告白に踏み切れない天満の背中を押す播磨の姿がハッキリと脳裏に浮かぶ展開でした。

そして天満を送り出した後、屋上で一人黄昏れている播磨に寄り添い支えていくのは―――八雲しかいない!
沢近は何か違う路線に移行した感じがしますし、彼女は直情型で漁夫の利狙いとは縁がなさそうなので、私はそう確信しています。

よくループしていると言われるスクランですが、私はループではなく螺旋を描いていると考えています。ただ螺旋がやたら大きいので中々進行しているように見えませんが、今回は小さくても確実に物語に大きな影響を与える進展がありました。
お盆明けに♭で素敵な展開が来ないかと楽しみですが、もう一月かかるかな?
いずれにせよ、連載開始時巻頭カラーからの(八雲)→播磨→天満→烏丸の連鎖が基本だと改めて実感した話でした。
スポンサーサイト
 
 

コメント

八雲!よくやった

とりあえずおわんに山盛りの納豆ONLYは納豆が普通に食べられる私でも胸やけがしそうです

とりあえず嵯峨野が天満化している気がする

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sirokuro.blog7.fc2.com/tb.php/114-508f2520

スクールランブル #141

◇TELLING LIES IN AMERICAようやく悪夢のようなテストも終わり、喫茶メルカドで天満の誕生日会がスタートされた・・・

[続きを読む]

スクールランブル #141 TELLING LIES IN AMERICA

―12Pのバースデーコメディ。テストも終了し天満のバースデーパーティーが喫茶メルカドにて開かれます。司会は嵯峨野。1日女王という事で天満は皆に何でも命令できる権利が与えられる。まず天満はお嬢に納豆を食べてと命令。なんとか食べきったお嬢。その.

[続きを読む]

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。