スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:・序

映画は結局見逃したのでDVDを注文。感想は……噂通り面白い!
Rebuildがどうのこうの書いてあるが、ぶっちゃけTVシリーズ序盤の総集編だ。しかし、新しい切り口や見せ方で飽きさせないのはお見事でした。
破の予告がネタでなければ、次は誰も知らないエヴァになるので楽しみです。まあ、三号機と四号機の運命は、悲しいけれど一緒なのだろう。

ところで特典のフィルムがどのシーンか分かる人がいたら教えてください(笑)。

ヱヴァ・序フィルム
スポンサーサイト
 
 

スクールランブル ♭62(最終回)

大変お久しぶりです。♭最終回は幽子との決着だと思っていたので、ちょっと意外な八雲の読心ネタでした。しかし、すっかり忘れ去られた設定になったとばかり思っていたが、ちゃんと生きていたようです。

これも恋愛と並んで八雲が越えなければいけない壁の一つであり、ハッピーな方向に向かったので、最終回に相応しい納得のエピソードでした。

それにしても冒頭の「軽い」「重い」「性格の話?」は深いなあ。普通に考えると生理の事だろうが、本当にマッチョなお方の脳みそからの発想なのだろうかと疑ってしまう。睡眠のことだったらゴメンナサイ。

それから八雲が能力を友人達に打ち明けようと決心した時に幽子の絵があるのは、再会した時言われた事を思い出したせいでしょう。あの時は殻に閉じこもったままでしたが、今度は前に進みました。

せっかく出来た友達を失うかもしれない、決意の告白。

返ってきたのは暖かい抱擁と“心の声”。「かわい~~」はフォントが違うし、心の声だと受け取りました。そう考えると、その後の「遠ざけていたのは私の方だったの」と繋がります。つまり女の子の場合、発動条件に八雲自身の好意、心の壁を低くする必要があったのでしょう。別に八雲がサラ達を友達と思っていなかったとかいう低次元の話ではなく、胸襟を開く仲へと発展したということです。だからこそ、曇りの無い笑顔。それにしても本当に良い子達だなあ。



私は、ずっと前から八雲自身の好意が能力に影響すると仮説を立てていましたが、実証されました。こうなると八雲本人の気持ちに関係なく発動していた男性側には逆の条件があるとMMRは予想します。

要するに、八雲が好きな男性の気持ちは読めないのだと。これ、滅茶苦茶キツイです……。一番気持ちを知りたい人の気持ちだけは分からないのですから。逆に見えるとヤバイという。
うん。やっぱりこんな欝設定は無い方がいいな(笑)。

♭が終わったとはいえ、再開が確定しているので、どう模様替えするのかが楽しみです。♯と統合してマガスペへ完全移住か、新2年生編主体でリスタート?
タイトルは“スクールランブルL”だな。……分かりにくい上にちょいと不謹慎なネタですいません。えー、マガジンの大功労者だった蛭田先生はどこへ消えたんでしょう。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。