スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

School Days 第12話 「スクールデイズ」

よっっしゃあああああ!!! 思わず快哉を叫んでしまう素晴らしい最終回でした。今までに溜め込んだ鬱憤を晴らすだけでなく、歪ながらも純愛ENDに持っていった力量は本当にお見事。最初はネタ作品と馬鹿にしていたけれど、全力全開で作ったスタッフに敬礼。終わってみればDVD欲しくなりそうな、立派な作品に化けていた。

まず納得するには最低限誠の死は必須だったんだが、ここで世界を奈落の底へ叩き落してくれたお陰で胸がすく。言葉様の言葉責めSUGEEEE。恋愛は理屈じゃないとはいえ、ああまで天に吐いた以上、唾が帰ってくるのは必然です。刹那の想い、過去の言動、そして誠と言葉のディープキスと怒涛の追い討ち。不協和音と世界の絶叫が最高のシンフォニーを奏でていました。

そして文化祭での劇が絡むとは上手い! 単純に刹那の想いを表していたのかと思っていたが、こっちの伏線だったのか。あれは世界のDQN行動の事だったとはねえ。

ここで更に追い討ちを掛けるように、誠から中絶を勧めるメール。つまり、盛んにおなかを摩っていた世界と誠との絆が、完全になくなることを意味していた。さすがは言葉。誠の不始末もしっかりフォローしています。この純愛ぶりを見ていると、誠死ねの気持ちが失せて、言葉が幸せならそれでもいいやと思ってしまいそうになる。

しかし、誠が更生するには既に罪を犯しすぎていた……。

結果、手料理のように赤ちゃんが捨てられ、全てを失うことを恐れた世界は誠を包丁でメッタ刺しに惨殺! 回想と音楽がより一層、一撃一撃に込められた思いを想起させてくれました。ある意味名シーン。

もちろん誠惨殺はすぐに言葉の知るところとなり、潰れたトマトと共に種割れ言葉様覚醒!

誠の携帯で世界を呼び出すとは策士です。しかも誠の生首持ってくるとは。そりゃ放送出来なくなる訳だ。二人の争点は唯ひとつ、赤ちゃんの有無。そして女の戦い、もとい包丁VSノコギリはノコギリの完勝!

ノコギリENDのはるか上を行く狂気と純愛の物語へ。

なんと腹を裂いて直接妊娠を確かめる徹底した夜叉ぶりです。
こ、これが言葉様なのか。子宮の裂け目から言葉様を映すカットは、台詞も相まって凄すぎる。アニメならでは演出だが、考えた人は天才。絶対お払いいけよ!

「やっぱり、嘘だったんじゃないですか」
「中に誰もいませんよ」


予想通り、世界は想像妊娠でした。誠との動かぬ絆欲しさで生んだ妄想だったが、この程度のヤンデレで言葉様にかなうはずがありませんでした。言葉様、最狂、最恐、最凶!!

そして勝者・言葉様は誠の生首を抱いて心中航海へ。ある意味、夢見たシチュに近い、波と共に去りぬといったところか。しかし、始まりはほんのささやかな、当たり前な乙女の願いだったはずなのに、どうしてこうなっちゃったんでしょうねえ。

とはいえ、ここまで貫き通すと、歪だろうと美しいと思ってしまえる純愛のカタチでした。ここまで頑張って作品を昇華させたアニメスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト
 
 

天元突破グレンラガン 第26話 「行くぜダチ公」

何度見ても星型グラサンはどうかと思うが、シモンと超銀河グレンラガン無敵すぎっ! 敵は裏技使っても対抗不能なら、次は精神攻撃を仕掛けるお約束展開。どうも精神攻撃というよりは量子物理学だか何かをベースにしたIFの無限分岐に囚われたみたいです。まあ、ノエイン見ていたお陰で分かったような気になっているだけですけどね。

しかし、どんなIFがあろうともカミナの存在は絶対だった。

そこで情けないカミナを用意したのか。うーん、こんなコソドロ兄貴は見たくNEEE! 泥棒はともかく、分け前がみみっちい……。1話で「弟分の物を横取りできるか」と言っていたカミナはどこいった!? と思ったら、本物現る!

さすが本物はスケールと無茶苦茶さが違う。久々にカミナ節を堪能しました。やはりどんな事があろうとも、絶対にシモンはカミナと出会い、目覚めるのです! そしてそれはヨーコも同じ。目立ちたがりな夢ばかり見ていたが、キタンとの結婚だけはお断り、らしい。こちらのカミナは無言の再会だったが、これも男のケジメらしくて良いな。

そしてあとはシモンとヨーコに導かれるように、いや量子世界の観測者の地位を乗っ取ったから、シモンが認識している、あるべき存在に戻ったってところか? ひそかにヴィラルが一番幸せそうな夢見ていたが、あれはあれで男のロマンだよなあ。エルフ耳…。

こうして量子世界を脱出して、シモンは遂にニアの元へ辿り着いた。が、これ本当に次で終わるのか? ブータが副官だったのは意外すぎたが、また超進化しないと1話の大人型には程遠いしなあ。ニア奪回して俺達の戦いはこれからだENDしかなさそうだけど、お手並み拝見です。

ついでの考察。「螺旋の民を滅ぼそうと思えば出来るのになぜしない?」

アンチスパイラルは螺旋王の問いかけをとぼけていたが、言えるわけはない。螺旋の民を滅ぼし尽くせば、今度は逆スパイラル・ネメシスが起きるはず。何故ならスパイラル・ネメシスの説明が逆になるだけで、今度は銀河が散り散りに離れてこれまた無と帰る。そして彼らの世界は非常に不安定な場所。つまり戦う意思さえなければ、いてくれた方が都合が良いので、シモン達の止めを刺さなかったのでしょう。

要するにバランスが大事。だから、アンチスパイラルをぶっ倒して終わり、にはならないと思うんだけどねえ。それとも逆回転ドリルで相殺するのだろうか。
 
 

また斧事件発生と責任転嫁

長野で「父親オノで殴った」中学生出頭と京都事件の模倣犯が出現しちゃいました。どう考えても、朝っぱらから斧がどこで買えるのか、どう殺したのかを詳細にお茶の間へ報道しまくってたワイドショーの影響でしょう。

スクールデイズやひぐらしを、事件との関連性や影響を考慮して放送休止した判断は良識ある判断として許容できなくもないが、その裏でマスゴミはワイドショーのネタにするダブルスタンダードをやっている姿勢は同じ報道機関として問題ありといえる。

そして早速ごまかしの煙幕きました。

おので切りつけ相次ぐ 凶行はアニメの影響?
ちょ、そりゃねーよ(苦笑)。何でもアニメやゲームに罪を擦り付けるなYO!
犯行の手口が京都とそっくりなのに、なおもこう結論付けようと馬鹿とマスゴミ……。
この国はもうダメかもしれんね。絶望した!@久米田先生おめでとうございました。はああ。こりゃAT-Xも無理だな。
気分が落ち着いたらグレンラガンのレビューします。
 
 

スクールランブル ♭55

遂に来た! 八雲の誕生日エピソード!! 悲しい冷静な分析通り、友達とのハートフルなお話でした。会場はメルカド。最近変なコスチュームが多かったが、和服は変に媚びず美しくて実にいいチョイスです。

意外と段取り悪いのは、しっかり者のサラと榛名を料理担当に回したせいで、美樹主導になったせいでしょう。その美樹とさつきが妙にドジっ子していてサイコーでした。八雲はケーキを見ちゃっても、あんなに瞳をうるうるさせながら聞かれては、本当のことなど言えるハズありません。

内緒のつもり、なのが逆に素敵です。

ゆっくりゆっくりと言っていたのだから、寄り道して播磨のお見舞い(一度目)をしてくれていると大変よろしいのですが、それは想像の翼を広げすぎか。

「八雲が驚くよねー!」と期待されてしまい、「わっ」「ぎゃっ」と驚く練習をする八雲が可愛すぎる。でもそれは本人も気付いたように違うよね。たとえサプライズではなくなっても、友達が自分の為に一生懸命用意してくれた想いが、自然に表情を作ってくれました。驚くというより、楽しそうな笑顔が蝶・サイコーでした。笑顔っていつ以来だっけ?

それに店長が頼んだ謎のお使い内容といい、普段より多いお客さんということは、店長公認で常連客含め、看板娘の誕生日を全員で祝ってくれたのでしょう。ああ、実に良い話でありました。天満の見事なオチ以外は!

しかし、相変わらず何のSide Bなんだか。これは本編からのこぼれ話という意味に変わったということかな。もっと自由な時系列で話を作りたいのか、それとも♯本編が終了してもしばらく♭が続く布石かな。多分、前者の方だろうけどね。
 
 

スクールランブル ♯242

クラスイベントとして期待していた要素が、ギュッと凝縮されていて楽しかった。これは良いモブ祭り。普通に歩くだけでは、女子グループで纏まってしまうのは当然。そこで晶が用意した秘策はどっちかわかるんだ門(効果音はひみつ道具登場時のがお勧めだ)。

想い人の有無を巡って話題騒然!

そこへ一番乗りを果たしたのが田中&永山。うぉぉぉ、あのヘタレだった田中がカッコいい! 恋は男を強くした。しっかりお揃いのリュックだし、手を握って共に通過する姿はラブラブだね。祝福すると同時に、菅の気持ちも理解できる(笑)。

さて、こうなると最初に成立したものの、最近はブリザードのような隙間風が吹き荒れる梅津と円がどうなのか? 円は「いる」の法を通って、感激する梅津だが冴子の一言で地獄に落ちた……。確かに「いる」=梅津が好き、ではないからなあ。晶はホンマ鬼や。しかし、良かったなと言われる時点で間違いなくおかしい。おかしすぎて一番の笑い所でした。

他の悪女四人娘では、おキヌだけが「いる」に進んだが、「いない」にすると面倒くさいからそっちに行っただけな気がする。ちなみに悪女と書いたが、円以外は遊び人、見習い、観察者だし、本当に悪女は円だけだろう。

個人的に答えが気になるのは、舞ちゃんと隣子、そして晶ですね。つむぎもここで勇気を見せるかどうか!? かれんはカマトトぶってんじゃねーぞ(笑)。

そんな中、天満がまたしても足りない子ぶりを発揮した。烏丸がいないから「いない」を選ぶのは違うだろ! それをいつの間にか追いついた播磨が見て、天満は烏丸に愛想をつかしたとこれまた当然勘違いする。ああ、なんと言う勘違いスパイラル。

これで次回、八雲をつれたまま、播磨が「いる」に進んでひと悶着発生は確定!

あれだけゴツイ手錠なので外せる訳ないからなあ。田中&永山と同じ行動と見られて、クラス中に勘違いされること間違いなし! どんな勘違いの渦が沸き起こるのか楽しみです。それから八雲も運命の決断をするのか、それとも引っ張られていくだけなのかに注目しましょう。そっと播磨の手を握って進んだら死ねるぜ。

そしてそれを見つめる愛理の反応やいかに?

既に門をくぐったのかどうかだが、台詞では通過済み、絵では通過前に見える。まあ、美味しい方を使うのでしょう。22P以前なら、八雲と播磨の姿を見て両手に手錠の可能性もあったが、今の愛理にその行動力はあるのかどうか。まったり宣言通りなら、昼寝している間に追い抜かれたウサギと同じ展開となりそうだ。プライド高いと大変ですね。

それにしても改めて手錠している播磨と八雲は、播磨の顔が凶悪すぎて犯罪者にしか見えない。手錠隠せよ。それで手を握っていればサイコーだったんですがね。八雲は赤面しっぱなしですか、うっひょー。
 
 

30万HIT達成ありがとう

いつの間にやら30万HITに到達していました。最近はあまり更新していなかったのでゴメンナサイって感じが先に立つのがちと問題ですが、めでたい事には変わりない。

これも皆様のお陰です。ありがとう!

冗談抜きで気がついたら超えていたので、何も記念品を用意してません……orz。明日中に用意できなければ、しばらくお待ちください状態になると思います。

とりあえず何かは用意する予定。
 
 

School Days 第12話放送休止

さすがオーバーフロー。まさかアニメ版でも伝説を打ち立てるとは、呪われているとしか言いようがない。この三ヶ月間、誠がどう殺されるのかが楽しみで見ていたのに、まさかのお預け!!

「だけ」を付けようと思ったが、予想以上に楽しんだから、それは失礼だと思い外しました。閑話休題。

原因は、京都で起きた女子高生が斧で親父を殺した事件の影響だというから、運がないにも程がある。ゴールデンタイムにレイプや殺人描写やりまくってるんだから、過剰反応だと思うんだけどねえ。関係者はお払いに行くべきだろう。
参考リンク>School Days:京都の父殺害事件で最終回の放送見送る 女子高生の暴力シーンを考慮

そんな訳で最終回放送は地上波全滅。しかし神は見捨てなかった。どうやらチバテレビは来週放送してくれそうです。とりあえず珍しい物を見たので貼っておきます。
スクールデイズ最終回差し替えEPG

 
 

スクールランブル ♯241

この上ない王道展開をおにぎりでサンドイッチしており、大変おいしゅうございました。しかし、播磨のアンゴラ行きが、八雲を表舞台へ強制参加させる布石だったとは!

見事な釣り球、目くらまし。今更旗?とは思っていたが、まさかこう繋げてくるとは完全に予想外でした。こんな強引な展開でも、播磨が播磨らしく馬鹿やってくれると何故か納得できる。愛戦士と化した播磨はナカムラを倒し、決死のダイブで天満のピンチへ駆けつけた。そしてナカムラが付けた手錠をこれ幸いと取り付け無事救助!と思ったら、相手は八雲でした♪

先生、間違いなく当たってます! つか、思いっきり抱きしめてます!!
顔も超・接近で赤面! 困惑と驚きと嬉し恥ずかしの比率は好きに想像するとしよう。個人的には2:1:3:4かな。だけど見事なフィッシュオン。これぞ海老で鯛を釣る!

同じく勘違いでお姫様だっこした事もありましたが、あの時はお互い知り合い程度。しかし、今は共に積み重ねた時と想いがあります。その上、手錠で繋がれてるので簡単にスルーされるハズがない! いよいよ八雲が恋心を自覚するのか、それとも雨宿りのため、廃校で二人っきり八雲Verとでもいくのか!? これは楽しみになってきた。

それにしてもさすが播磨アイ。天満ってこんなに可愛かったっけ!?と目から鱗が落ちました。最近はたれ天満か丸天満のイメージしかなかったからなあ。

こんな男がそう簡単に心変わりされてはこちらも困るので、まず八雲はハッキリと想いを自覚する事から始めましょう。まだまだ天満の心配ばかりしている子なので、播磨と行動を共にすることが変化のきっかけになると良いなあ。

<蛇足>
手錠ネタは怪物王女見て思いついてたりするのだろうか? ただ単に八雲と中の人が同じキャラが鍵なし手錠に繋がれて戦いに行く、ってだけですが。え、けちょんけちょんにけなしていたのに、なぜ見てるのかって? リザ可愛いよリザ。これ以外に理由はない(笑)。ちゃんと描いてあれば、黒田キャラなんだから可愛いに決まってるだろ!シクシク
 
 

スクールランブル ♯240

さすがに最後?の長編シリーズだけあって、予想外の面白さが戻ってきて、いい感じに盛り上がってきています。3週分貯めてしまったがコツコツといきまっしょい。

烏丸の事情を知る八雲は心配顔。それでも天満は烏丸の参加を信じ、見事なスピーチを披露する。いつもの馬鹿っぷりが嘘のようだ。やれば出来る子主人公。最後は10年後の姿を描いて〆にするのもいいね。

そして八雲は最悪の事態・不参加ではなく炊き出しで参加する。これで播磨との絡みは保障されたようなもの、と思ったら、一発ギャグの塊だと思っていた前回の流れを引き継いでいたのには驚いた。

ネタだと思っていたのに、播磨がナカムラに拉致られて本当にアンゴラ行き。しかし、絃子さんの態度を見る限り、傭兵業ではなく、牧歌的な観光旅行と思ってそうだ。あの~、アンゴラって物騒なところですよ!

播磨があさっての方向へ暴走するのはいつものことだが、さすがに歩行祭キャンセルはないはず。そうなると播磨のピンチを救うのは愛理? だが、今更終わった旗をやられても、正直困るのが本音。播磨の運命やいかに!?
 
 

天元突破グレンラガン 第25話 「お前の遺志は受け取った」

絶望の海を希望の海に変えて立ち上がるってのは予想通りだったんですが、キキキキキキキィィィタタタタタァァァァンンンンンン!! どうせ殺すならキタンかヨーコと書いたが、本当に殺しやがった。

「下から支えていた」というヨーコの評は的確の一語。初登場の印象が悪く、最近までカミナのバチモンみたいな感じでしたが、シモンとは違う頼もしさがあって好きになったのになあ。

ひょっこり生還しても不思議じゃないからヴィラルを予想してたが、それでは「遺志」の重みが減るので、やっぱりキタンになってしまうのか。カミナの生涯を濃縮したような展開でしたが、バチモンではなくキタンとして散ったと思います。

そんなキタンをヨーコが男として認めたのは、カミナを凄い奴だと言った辺りからかなあ。それまではヘマしても減らず口叩いていたけど、素直になったしね。キスだって特攻するから許した訳ではないでしょう。

しかし、ヨーコのキスはなんという死亡フラグ。それとも、生命を代償に奇跡を起こす特殊スキルか!? カミナとキタン、どちらも死んだと思わせてからのギガ・ドリルブレイク発動! あれは正に男の魂の象徴でした。

そしてあれを平気で使いまくるシモンは本当に凄い男なのね。傍にいたブータまで凄い螺旋力を持ったのも道理!? それか7年ぶりに生えた尻尾の力か。ヴィラルがやっぱり置物状態だったがこれで解決。久々のツインエンジン、そして数多の螺旋族の力を得てついに変形!

ゴーグルが伸びただけならオシャレだったが、星型はビミョーだろ!とシモンに突っ込んでしまった。でもまあ、二人の遺志を受け取った証でもあるのか。超銀河グレンラガンは艦っぽさが残った重厚感あるデザインがいい感じ。なお、言い回しには言外に込められた意味があります(笑)。

P.S.
ここまで辿り着いた螺旋の戦士が結構いたんですが、辿り着けなかったロージェノムは小物、だったのか……。しかし、成功率は0が何個並ぶのかと思ったら、シンプルに一つだったとはね。それだけ奇跡の価値は大きい。次回は精神攻撃メイン?
 
 

School Days 第11話「みんなの誠」

いやはや物凄い超展開の連続にビックリ。やっと人の皮を被ったケダモノに天罰が下り始めたが、この程度ではぬるいぬるい! 被ってる人の皮を剥いで、海水に叩き落す因幡の白兎というかトルコ式処刑のように、じっくりとなぶり殺しにしてくれると期待しています。いや、普通に考えるとそうはならないんだろうが、普通じゃない作品だから何とかなるさ!

誠は言葉の壊れっぷりを目の当たりにして、ようやく己の罪を自覚した。精神崩壊妊娠と二人の女性の運命を狂わせた男に対し、天はどのようなを下すのか、予告のサイレン音を楽しみにするとしよう。

<追記>
光と世界の電話の内容と、いくら人間の屑とはいえ誠の行動が噛み合わな過ぎるので、一連の流れを整理してみよう。恋人らしく聖夜を過ごす為、世界が誠のマンションに襲来するも、誠は逃げ出すように外出。ガールハントにいそしむが全滅、そして言葉と再会する。

明らかに面道臭がって、誠は世界を避けてる。それであの態度だと、世界もワンダーランドへ精神がいってるような……。世界の目が描写されていないのが不気味です。こうなると妊娠も、誠への依存心が育んだ想像妊娠の方が筋が通りそう。そうなると最終回で暴れるのは世界? ま、誠が死ぬならどっちでもいいけどさ。

以下は思いの丈がオーバーフロー(笑)して、つらつら書いただけなので、読みたい人だけどうぞ。
 
 

天元突破グレンラガン 第24話 「忘れるものか この一分一秒を」

今まではカミナしか死ななかったのに、景気良く次々と散る大グレン団メンバー。苦戦の描写には死も必要とはいえ、富野アニメじゃないんだからさあ。今まで描写の薄かったサブキャラばかり散られても、正直困るのが本音です。

これでは一分一秒は視聴者と同じでも、シモンが感じてる痛み、怒り、悲しみを理解できるかと言われれば難しい。殺すにはちょっと仕掛けが足りなすぎた感じです。これがキタンやヨーコならこんなことは言ってられないんだけどね。漫才や救助はご馳走様でした。

それでも、ジョーガン&バリンボーは比較的目立っていたし、ギミー&ダリー救出しての死なので報われた方か。戦場では間違いなく英雄と呼ばれる行為でした。そして悲しみを乗り越えて己の義務と責任を果たすレイテさん。二役やってる寺田さんの演技もGJでした。

こうして犠牲を払って稼いだ時間で超銀河グレンラガンに変形・大逆転!、と思ったら罠にはまってエネルギーがゼロに……。てっきり予定調和になると思っていたので、これは意外でした。

あの海は今までに散った螺旋族の絶望を集めた海? 絶望で螺旋エネルギーが下がった描写はあったので、底の抜けたバケツ状態になったのでしょう。まあ、巨大な絶望さえも希望に変えるのがシモンの力だと信じているので、大逆転を楽しみに待つとしよう。

そもそも何度でも絶望の淵から這い上がってくるのは、他ならぬアンチスパイラル自身が認めた宇宙の理ですからね! しかし、これから1話アバンの状態になるとは思えないんだが、まさかあのね…はないよな!?
 
 

School Days 第10話 「心と体」

覚悟していたんだが、予想を遥かに超える展開に唖然。Aパートまではスタッフ死ねと思っていたが、Bパートのイカレっぷりは異常。盗撮上映会での天誅からは壊れた笑いに支配されてしまった。

これは各キャラが最悪の方向へと進む総BAD ENDコースとなるのか?
光などサブキャラまで含め、全員幸せになれないっぽい予感。

そうなると不幸度は他の追随を許さない言葉が更に不幸になるんだろうなぁ。前回の赤いしずくと波紋がマジでレイプの隠喩で、心身ズタボロにされた挙句、世界とフォークダンスを踊っているのを見せ付けられてしまった。既に悲惨なんてものじゃないが、これより上って一体なんだ!?

それでも気丈に振舞っていたが、誠からハッキリと別れ話をされて「誠君の彼女」という唯一精神を支えていた柱が折れて、ついに精神崩壊……。誠がせめて学祭前に振ってれば、こうはならなかったんだろうけどねえ。

最後、怪しげな荷物を持っていましたが何する気ですか? 世界の首をチョンパするにはまだ早いし、刹那の裏切りを告げて打たれ弱い心を攻める方針か? 最大の味方を失い、誠も信じられず、有力な友達も精神崩壊中だし、今の世界にはかなり効きそうだ。

最後に明かされたが、そもそも席交換しなければこんなことには……。世界の笑顔みたさに己の想いを捨てた刹那が諸悪の根源? ああいう形で身を捧げたのは、本意ではないと思いたい。今回EDの待ち受けが刹那固定だったのは、お別れ記念なのかアレの心境なのかは次回で分かるだろう。

それにしてもだ。俺、誠のこと誤解していてゴメンよ。

ありえないと思ってはいたけど、加藤との情事を我慢したのかと思えば、完食した上で世界と踊りに行っていた。正直、あなたの性欲を見くびっていましたゴメンナサイ。しかも昨日の今日で情事にふける絶倫さんでした。そして刹那相手には今までのヘタレが嘘のようなジゴロトークまで展開する。ならばエロ魔王なのかと思えば、言葉のピンチはスルー。イイ女は全員俺のもの!くらい逝っちゃってればまだ許せるんだが、とことん中途半端な存在だ。

コイツは磔にして、切り取ったち○ぽで女の子達が戯れているのを見せ付けるくらいやっちゃってほしいね。これなら「みんなの誠」を実現できるぜ!
 
 

パピヨンフェスティバル・レポート

行ってきましたパピフェス。お金はなくても全員、愛情たっぷりなイベントで蝶・サイコー! 私、本当は落選してた剛太だったんですが、K県の方から招待状を譲っていただき参加できました。ありがとう!

でも、元が剛太なので、やっぱり席は後方orz。それでも感動のお裾分けができればいいなあと思い、筆を執ります。DVD8巻のサインみたいな展開を見せてくれましたが、この手のイベントは初体験。なお、マジ長いので注意。

 
 

天元突破グレンラガン 第23話 「行くぞ最後の戦いだ」

前回の燃えて燃えて燃えまくれ!の後にこういうお話が来ると良い端休めになります。第4部シモン編は、静かにメラメラと燃える出だしでしたが、カテドラル・テラ改め超銀河ダイグレンにあの旗がはためくシーンは最高でした。お話はロシウ自殺阻止と反攻準備完了までだけど、第3部では悪く見えたロシウ軍団がオセロの如く白くなって好感度UP。

キノンは前回搭乗時シンクロする気ゼロだったが、今回はロシウを救いたい気持ちでシンクロ率400%。恋は時空を超える!? その後のシモンはカミナモード全開パンチで、ロシウの目を覚ます。カミナの死が残したものをより深く考えたのは、やはりシモンでありました。

ロシウもあのパンチで無駄に背負っていた重荷がどこかへ飛んでいったのか、良い顔するようになった。「人一人の重みを感じていたい」は名台詞ならぬ殺し文句でありましょう。しかし、キノンの好意を友情と捉えていたあたり、かなりの朴念仁だなあ。

それから官僚の鑑として、嫌味な奴だったギンブレーまでもが変わった。これが生ける伝説の威力! テッペリン攻略時のダイグレン団の旗でを見て、少年の瞳を取り戻した。その後のロシウとのやり取りは、彼にも気合と根性があることを示してくれた。地球が無事だといいなあ。

しかし、超銀河ダイグレンに乗り込んだシモンの顔を見て誰これ、と思ったのは私だけであろうか。カミナパンチを会得して、レベルMAXになったせいなのか? 丸っこさが完全にどこかへいったのは、ちょい悲しい。

あとはまあ、宇宙仕様の服装が凄いねえ。どこかで見た気がするヴィラルもだが、特にヨーコ! キタンの目が釘付けである(笑)。出所後のおっぱいコントでも感じていたが、会議での掛け合いといい、キタンは本気でヨーコ狙い。越えるべき壁は、惣一郎さんよりも高く厚いと思うが死なない程度に頑張ってくれ。というかね、死亡フラグにしか見えなくて怖い。

それはそうとリーロンは難しい説明を「気合」と「恋」と分かりやすく翻訳してくれる良い技術者です。そして司祭様の言葉は残念ながらテンパリロシウには届きませんでしたが、良い味出してくれました。しかし、あの声で「人間とは面白い」と言われるとどうしてもマーボーが浮かんでくるのは秘密です。アーネンエルベこと固有結界・中田譲治は買ったけどまだ聞いてないorz。早く聞こうっと。
 
 

School Days 第09話 「後夜祭」

台風の影響で書く暇ができました。まだ次の話は見ていませんが、周回遅れの話題なのでさくっといきます。

前回が「刹那Days」なら今回は「加藤Day」といったところ。加藤は言葉をイジメる性格ブスにしか見えなかったが、結構健気で可愛いところもあるんだなあと印象が上方修正しました。で、問題はダイレクト・ボディアタックが成功したのかどうかだ!

普通に考えると、途中で理性が勝ってやめたんだよな。しかし、あの種馬が据え膳を食わぬとは信じられない。ヤるだけヤって世界との約束を守ったとしても驚かないぞ。まあ、着衣の乱れが少ないので、失敗したんだと思っておこう。しかし、イカ臭そうな休憩室である。つーか、すぐ傍に言葉いるんだがどうやって出入りしたんだよ!

こうして可愛いところを見せた加藤と裏腹に、言葉は今回一際悲惨だった……。

3匹目の泥棒猫を発見、1匹目は学祭デート&自分に先駆けてボディアタック実施、そして2匹目はフォークダンスを踊るのに成功。届かぬ言葉(メール)を送り続けても無駄でした。届いても速攻で人参につられる種馬相手では意味がないね……。

それでも一途に誠LOVEなのに、奏介と妙な事になってしまった。えーと抱きしめただけですよね? ラストの赤いしずくと波紋がメッチャ気になるんですが、最後まで軍曹が突撃かましたなんて事はないよな!? もしもヤってしまったのなら、スタッフはどこまで言葉をイジメる気なんだぁ~~~~!!

その一方、幸せそうに踊る世界達を見つめる刹那の心境やいかに。このままフェードアウトするとは思えないし、触れてしまった恋の花のせいで、彼女もまた身を焦がされるのであろうか。アア、ツギヲミルノガコワイ。
 
 

スクールランブル ♯239

詰め合わせにする予定でしたが、気がついたら朝だったのでスクランのみでいきます。1ページごとのオムニバス形式でしたが、ちょいとビミョー。歩行祭のネタ出しで大変なのか、時間稼ぎ? とりあえず中心人物ごとに軽くレビューします。

○かれん、今鳥、ララ
告白する気満々のかれんが可愛い。可愛さあまって、想いが天を突くほど暴走してます。今鳥はララと恋仲とは思わないが腐れ縁が続くね。
当日は今鳥の処刑決定→逃亡劇が、かれんの計画にどう影響するかが見物か!?

○奈良
生きていたんだ……。しかも、何故か地味にもててる。そんな汚物は消毒じゃー!!でもあの軍団には裏切り(たい)者が多数いるはずだが、もう諦めたのか?

○花井&空太
何が面白いのか分からなかった。いや、それが狙いか?
とりあえずサラは美樹に諦めさせようと頑張っている、らしい。

○天満
そのリュックはどこから調達したんですか(笑。あの河童再登場。
これは通り雨が降る展開もあるのかな。

○烏丸
考え事で胸が詰まっていたら、食べ過ぎて腹も詰まった?
天満の誘い方で思い悩んでいたなら、凄い進歩だが予測不能。

○播磨
まず必要なのはアフリカへ(傭兵に)行くことではなく、精神科でカウンセリングを受けることだと思います。テンパってますねえ。
お陰で久々に見目麗しく登場した絃子さんがスネてしまい、すっかりツンモードに。どこが播磨の安住の地か、魂に刻んでこさせるスパルタ教育?

一方、真に受けるナカムラもナカムラだ。愛理も播磨のアンゴラ行きを知ったけど、ただのギャグ描写だよね。これで播磨のアンゴラ行きで揉めたら、歩行祭が修学旅行の二の舞です。歩行祭は修学旅行で遣り残したことを回収するつもりだと思っているので、そういうのは勘弁願います。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。