スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

武装錬金 第09話

色々と規制の壁が心配された回でしたが、極限まで鍛え抜いたアスリートの如く、無駄なく綺麗に話が纏まってて面白かった~。ブラブラブラボー!!
無論、カットされた部分は変態バーガー再びを始め、多々あります。しかし、それらが贅肉にしか感じられないくらいに見事な圧縮&改変!!

その上、ギャグ、迫力、エロスの三拍子が高次元で揃っているんだから言うことなし!

ギャグ、というかストーリーが自然に流れていったので、あれがない、これがない、と気にならないし、バトルは2話以降、一番良い感じだったかも。ちゃんとアニメ、してました。
そしてエロスとは無論、銭湯ですが、なんと女性陣まで女湯へレッツゴーのサプライズ!!
その上、まひろアイでスリーサイズ公開、そしてジャミングに頼らぬふもっふ並のスーパーブロックまで完備の充実ぶり。

更に男湯部分は長さ比べ完全再現とは分ってるなぁ!
リーゼントはあんなに長いのに最下位の岡倉哀れ……。で、パピヨンがブッチギリのトップですか!? さすが完全変態。美味しいところは全て持って行きます。

そして自主規制より遙かに大きな○ASRACの壁をものともせず、合い言葉完全再現キター!!
声と色が付いて、益々手に負えない変態っぷりに抱腹絶倒。

いやはや、本当にアニメ化でもう一つの新しい命を手に入れた、と言って良いかもしれません。変な勘違いをしない、愛あるスタッフに恵まれて幸せな作品です。

次回はこれまた入魂の力作っぽいので、蝶・期待。
その次は、世間の闇がサイコーにヤバイ回ですが、こちらも頑張れ! なお、お母さん役は大原さやかさん。
スポンサーサイト
 
 

中の人も好色皇?第21回うたわれるものらじお

ホント力也さんがかつてなくデレデレしていますねえ。富坂さんは可愛いからなぁ。親父ギャグまで飛び出すし、ええいこの中年親父めっ!! 広告代理店に勤めていたら、一週間もしないうちに富坂さんを喰うとみた。(古いネタですいません)
しかし、隣にこの上なく想ってくれてる柚木さんがいるのに、若い子にデレる力也さんは実は凄い度胸!?というか実はM?

そのお陰で柚木さんがぶっ壊れまくり。

本人が目の前にいるのに、「他の女」呼ばわりしたり、フォークで机に穴を開けたり、ついには浮かれポンチと罵ったりと、お上品なぞどこかへいったぶち撒けぶりが楽しい楽しい!!

まあ、そういう反応を引き出すべく工作している節が伺えましたが、柚木さんの反応は間違いなく素なのでノープロブレム。例えば、あっちゃん騒動の時は、仕掛け人の日高Dを睨んでいる柚木さんが簡単に思い浮かびます。だから、あの反応が演技なら、むしろビックリです。

というか、演技なハズのイントロドラマの「何ですってぇ~~!!」が演技に聞こえません……。
あれは絶対、CDドラマ2の予告だろうから楽しみ♪
参戦表明をしたクーヤ役の富坂さんは良い声してるし、これから人気出るハズ。
腹ぺこ声優として!!

ゲストほったらかしで進んでいるようでいて、しっかりゲストの株を上げるんだから不思議ならじおです。冗談抜きで、レッドガーデン主役より、こちらの方で名前が売れたと思う。

しかし、何だか本当に中の人とキャラが融合して来ちゃったというかなんというか。やはり、富坂さんがクーヤ役に決まる下りで言われていたように、お二人も“なるべくして成った”のでしょう。魂の波長が共鳴しまくりっ!

そう言う意味で、ドリグラをキャラでやるのは良い試み。早速自爆しまくってる方もいますが、これからも続けて欲しいな。

ところで、マカビンビンの顛末はどこいった?


○迷言・珍言
普通に考えたら、「箱根の皆さーん」で決まり。だけど、それでは詰まらない。
というか、報われなさすぎる柚木さんを応援する迷言はないかなあ。
誰か教えて!と言ってみる。

名投稿なら間違いなく、「赤ちゃんが生まれました」なんですけどねえ。
普通の投稿に見せかけて、最後のカウンターは凄かった!
 
 

スクールランブル ♯203(204)

読み通り、王道バレなし!! わざわざ東郷まで使って煙幕も完璧です。
だけど、ツンツンじゃなくてドジッ娘路線かよっ!?
ホントに愛理さんは播磨にメロメロなんですねぇ……。

とはいえ、1ページ目の見せていない表情に闘気の名残が感じられました。
しかし、美琴の時のようにならずに済んだのは成長ではなく、やはり天満が烏丸を好きだと知ってる余裕からでしょう。
それに、女としてのスペックで天満に負けるはずがないという自信

相手が美琴や八雲だったら、絶対にぶち切れてます。

まあ、仮定の話をしてもしようがないけど、天満の魅力をドジとアホと見たのはちょっと、ねえ……。間違ってるとは言わないが、高慢と思われても文句は言えないな。
そんなこんなで、愛理さんは播磨に振り向いて貰おうとドジッ娘修行スタート。

しかし、演技が天然に敵うハズがない!!

自動販売機、靴下?
甘い甘い。天然ボケ相手には、話にもなりません。
そしてナース……。……やり過ぎ。

女播磨を通り超えて、天満二世まで突っ走りますか?
あれで照れなければ初期天満の域に達したのですが、人としては正解です。

それにしても天満と播磨は、馬鹿やってる分にはホント息ピッタリ。
いっそ姉弟になっちゃえ!と思うくらい相性抜群!!

うん、やっぱり良いなあ、このコンビ(決してカップルではない)

しかしまあ、面白いかどうかは別にして、予想通り、女の子は黒くしたり悪くしたりしない。泣かせもしない、というポリシーを感じさせる展開でした。

それ故、王道展開だった「あいこら」とどちらが面白いかと論じる気はありません。でも、漫画としては、間違いなく「あいこら」の方が展開楽で面白くしやすいけどね。

さて、茨の道をひた走る「スクラン」は一体どう話を纏めるのやら。
 
 

コードギアス 反逆のルルーシュ 第08話 「黒の騎士団」

ゼロの正体を煩く詮索しない扇グループを抱き込んだだけでしたが、ギアスでお手軽仲間作りは杞憂でした。そんな萎え展開の代わりに「正義の味方」という素敵にトンデモな宣言をしてくれました。ホント、ルルーシュは良いエンターテナーです。

普通なら失笑物の「正義の味方」という絵空事を実現できる、と見せつけた上での宣言だったので、かなりインパクトありました。それに、ルルーシュの甘さと野望を両立するには良いフレーズです。ブリタニアの弱肉強食を否定しつつ、お茶目な人の良さをカモフラージュできます。

カレンもそうだけど、ブリタニアは憎いがブリタニア人が憎いわけではないからね。

何にせよこれでゼロの表向きの狙いは世間に知れ渡った。日本解放戦線も汚名返上のために、藤堂が早めに接触してくるかな? そろそろ噂の紅蓮弐式を見たいんですけどね。

一方、スザクは結構冷徹というか、我慢を知っていると言うことでしょう。
「組織の人間ですから」と言いつつも、一旦命令さえ下れば熱い熱い!

オーダー以上の仕事を成し遂げる無敵ロボっぷりがサイコーでした。好き放題に暴れさせて良い戦場をセッティングしてあるので、いくらフリーダムしてても楽しめます。

でも、人質救出という成果は、ゼロに取られてしまいました。
しかし、これは結果重視のルルーシュと過程を重視するスザクの違いというべきか。
とはいえ、これだけ鮮やかな過程を見せたので、コーネリア殿下の覚えも良くなりそうです。

そのコーネリアは、やはり予想通りシスコン。
そして、シスコンはシスコンを知る!
消極的作戦行動から、ルルーシュにユフィーの事を見抜かれてしまいました。

それにしても何よ、あの少女時代!
どうしてこんなにケバブって美味しいよねっ!、凛々しくなってしまわれたのか。
やはり家庭環境、なんだろうなぁと、あらぬ想像が働く絵でございました。

あとは、色々雑感。

普段はおちゃらけた言動が素敵なロイドですが、スザクがホテルに突っ込んだ時だけ本気になりました。
ランスロットを壊さないでねと軽口は言ってるけど、やっぱり本当に良い人っぽい。更に株上昇!

そして今回も竹P節が炸裂。
富士山が、富士山がぁ~~~。単なるレアメタルの鉱山扱いです。
冒頭の超豪華列車とその下で貧困にあえぐ日本人という構図といい、見事竹Pオーダーに応えてやがります。

それとスザクに異様に怯えていたニーナは、やはりトラウマ持ちの模様。
ゲットーで置き去りにされた時、一体何が? つーか、何でそんな所に?

しかし、次が8.5話って何よ!
公式には、途中で見始めた視聴者のためとの事ですが、ぶっちゃけスケジュールの問題だろうなあ。
まあ、今まで濃すぎたから整理するには丁度良いとポジティブシンキング。
 
 

Fate/Zeroだとぉぉぉ!

TYPE-MOONとニトロプラスの偉い人とのコラボ小説企画が告知!公式サイト
ホント、コミケでサプライズをやりたがりますねえ。個人的には、サプライズより新作を……ですが、勿論買うさ。

題材は10年前の第四次聖杯戦争。
それを虚淵玄さんが描く!


残念ながら、虚淵さんの作品はやったことがありませんが、ニトロプラスの礎を築いた偉いシナリオライター様なので、裏切られることはないでしょう。
そりゃまあ、奈須文で読みたくはあるけれど、それよりは新作シナリオ書け!!なのでノープロブレム。

Character material同様に冬コミで発売だけど、年明け早々に一般?販売されるだろうから、その時買う予定です。
 
 

武装錬金 第08話

今回はゆったり目かといえば、結構端折りまくりだったのは武装錬金らしいというべきなのか。やはりギャグは流れを阻害しない&放送倫理に抵触しないのしか無理っぽい感じなのはしようがない、か。

お陰で、舌噛み切りギャグと手足付け替えギャグはさようなら。でも、特訓の達人だ!~その方が格好いいから、はテロップの出方とハモり具合が良かった。あと、カズキの魂ギャグが特訓の激しさを物語っていて良い感じでした。

こうして日常パートは良い具合に強化されてたんだけど、斗貴子さんの戦闘シーンが……。
パピヨン戦は変態成分しか残ってNEE!! 斗貴子さんの狂気が中々素敵だったんだけどなぁ。その上、動きがあるシーンはほとんどカットだったような。下手な物見せるよりは、お前らで想像しろって事なのかー!?

まあ、ゾンビ(違っ)達の動きとか中々怖くて良い感じだったし、まっぴー怖いよまっぴーだったし、ツボは外してないんだよね。 四次元パンツにハアハアすれロボ。

やはり、あまりに大きな予算の壁、スケジュールの闇、ということだろうな。

しかし、作中の時間はともかく、次回でいきなりカズキ強くなるんだなあ。
そういえば次回は、これまた大きな○ASRACの壁があるけど、どうなる!?
 
 

コードギアス 反逆のルルーシュ 第07話 「コーネリアを撃て」

ルルーシュ、組織の力に敗北し、己の組織を作る事を決意するの巻。
コーネリアとの知略戦は、あっさりとイカサマの手の内を読まれてしまうわ、テロリストが言うこと聞かないわで敗北。やはり、武器・人員まで現地調達は無茶すぎた。

その上、ゼロの存在を知らなかったクロヴィスと違って、コーネリアはわざと誘ったのにワンパターンで挑んだから当然の帰結でしょう。信用できない味方を全て下がらせて、信用できる部下で掃討するのは強引だけど理にかなっていました。

こうして“想定外”の敗北。そしてパイロットの顔検めにはルルーシュパニック。絶体絶命のピンチはC.C.に助けて貰い、上記の決意に至る訳ですが、さてどうするのでしょう。

普通なら、仲間を集めて頑張るわけですが、カッコツケのルルーシュがそんな普通の主人公をするはずがない。何せ“思い通りに動く駒”だけが欲しいので、ギアスでどうにかしてしまいそうな悪寒がします。カレンは……愛の力でどうにかなるさ!? あの照れ顔は恐ろしい破壊力でございました。

あとC.C.は、ますます中の人が沢山いるっぽい感じだし、やはり若本皇帝に力を与えていたっぽい。この謎が解けるのは終盤かな。しかし、皇帝は凄い人だ。倒されるなら倒されるで本望とか言いそうな御仁です。

まあ、こうしてルルーシュはスザクと出会うわけだけど、この出会いはDVDを買わないと見れない模様。どこかで見たけど、毎回特典のピクチャードラマに収録予定との噂です。これはDVDを買え、という谷口皇帝のギアスでしょう。うまいな、この野郎!

それにしてもスザクは、虐殺の片棒担ぐかも知れなかったのに脳天気だなあ。何も知らなかったんだろうけどね。ランスロットが出てくると知略戦が成り立たないフリーダム状態だし、まあいいや。ランスロットに対抗出来る戦力が出てくるまでは、こういう扱いでしょう。

しかし、ヤン・ウェンリーもビックリの6階級か7階級特進して准尉になるとは、ホントに世界が変わったな。パイロットは准尉以上という規定があったのでしょうが、律儀に昇進させてくれるコーネリア殿下は良い人です。普通はこれで打ち止めなんだけど、さてどうなる?
 
 

スクールランブル ♯202(203)

鬼だ、鬼神が降臨した。果たして愛理さんが鬼の形相でにらみつける相手は播磨か天満か?
うっひょー、次回はどうなる!?


……と思えないのは、どうせ王道バレしないだろうと達観しているから。散々痛めつけられてきたので、今更信じられないのは当然です。ええい、そんなファンに誰がした?

お陰様で、声なき声で咆哮するお嬢の姿から、機神咆哮○○○○○○!!
な~んて事を考えてしまうようになってしまった。伏せ字の中身はデモンベ……ではなく、メカサワ○カさ!!と誤魔化してみる。
まあ、今何を読んでるかバレバレな妄想でございました。

それにしても、こういうシチュを作りたかったからといって、天満がダイエットの決意如きでケーキを食べない!?

そりゃあ、普通の女性キャラなら万能のキーワードなのだが、天満は考える前に食ってるハズだからなあ。ここは、他の料理を沢山食べて理性が働いている状態だと解釈してあげるのが優しさでしょう。うむ、馬鹿キャラにしすぎるとホント扱いに困るねえ。

ああ、でも天満にはもう一つ属性があったか。

それは、播磨関係の派閥がイーシャンテン位まで進むと役満で叩き潰す魔性の女属性
今頃、ファンの悲鳴を美味しく頂いているとかいないとか。

しかし、自分の時はつれないし、ケーキ拒絶したのに、天満とは仲良くお話しして、播磨がケーキをバクバク食べてるからって怒りすぎです沢近さん。

……そういえばこの構図、何か見覚えがあると思ったら、♯24“播磨、天満と烏丸が仲良くお弁当を食べてるのを目撃して失恋”と同じだ! 天満、恐ろしい娘。

こうなると次回は、セルフパロ?
「お嬢様、学校へ行く時間でございます」
「いかない」
「昨日も休まれましたが……」
「いかない。おとこのこもおんなのこもしんじられないからいかない」

さて、ホントにこんなシロ沢近さんが来るのか、とちょっとワクワクしたんだけど無理か。これ王道に気付かないとあり得ないね。

やはりツンツン沢近さんが来るのか、まさかのキャット沢近さんが来るのか、そしてやっぱりスルーのどれかでしょう。
 
 

スクールランブル ♭45

おそらく、ほとんどの人が忘れていたお話のSideB……。
先生、トライアスロンなのにバイクがありません!!
よって花井選手は失格だと思います。と、野暮ツッコミ入れたくなる。

それにしても、海流凄い。
なにせ、フェリーでも一日以上かかるのに、ほんの数時間で津軽海峡?から矢神海岸に流れ着くって無茶すぎるなぁ。
まあ、それを言ったらトラックもだけどね。

この謎を解く鍵はただ一つ。
ノー○ラス号に救助されたのだ!

ナディア30話予告@NHK

ほら、何となく似てるでしょ。褐色の美少女もヤークモでクリア!!(ヲイヲイ)
だが、いくらノーチラ○号でも無茶な時間と距離。そこで、花井が第二エンジン・バイクを必死に稼働させて間に合わせたのです。

おお、これならちゃんとトライアスロンしてるぜ。完璧!!
……ギャグマンガって大変ですねぇ。
 
 

武装錬金 第07話

ヒャッホゥで蝶サイコーに変態成分が煮詰まってたぜ!
怒濤の連続変態ギャグコンボ。もはや、この作品は早回しがデフォで、視聴者がクロックアップで対応するしかない!? でも、説明台詞が多いのだけは勘弁な。
(そうなっちゃうのは分るけどね)

唯一残念なのは、ブラボーが解毒剤を届けるシーンがカット確定なこと。声真似なしで中継ネタをやるなら、こっちをやって欲しかったなあ。

これ以外は、“その方がカッコイイから!!”の台詞通りにブラボーが格好良かったし、あの衣装で動くパピヨンが見られて眼福眼福。その上、「罵って下さい!」の和月野ブヒ郎がご本人様だったという遊び心満点な仕様。

しかも、ヒャッホゥさんの為に、男の浪漫ドリルのおまけ付だ!!

そうそう。「蝶サイコー」が割と落ち着いた感じだったのは、「心がはばたけない」心境を重視しての演技だろうと推測。ということは、最高にラりった「蝶サイコー」は最終回にならないと聞けないのか!?

だけど、ロッテリやが店名変更されたのは、ちょっぴり残念。やはり、変態過ぎてタイアップや宣伝にはならないと判断されたか。……まあ、正常な判断だけどね。

さて、エンドカードから、遂に斗貴子さんが追い出されてしまいました。次回もブラボーな出来だと信じていますし、こっちのネタも楽しみっ!!
 
 

スクールランブル ♯201(202)

謝れヒャッホウ先生に謝れ!! 推定5分の命だけどさ(笑)
折角、今夜アニメに登場するのに、こんな所で目にしようとは。

「蝶サイコー」でなかっただけマシ?
まあ、こっちだと確実にネタでは澄まなくなるな……。

ちなみに、上のネタが分らない人は武装錬金ドットコム参照のこと。
ちょっと何書くか分らんので、無理矢理短く纏めますか。

ツンデレって何?なデレデレお嬢様
久々登場の烏丸カッコイイ!! 漫画道驀進中。
それに引き替え、は、播磨orz 漫画道転落中。


播磨は、デビュー前の新人が何抜かしてやがる!?状態ですねえ。
こんな事言えるようになるのは、週刊1本、月刊2本連載を抱える超人気作家になってからにしろっ!!(あれ?)

これが魂の叫びなのかどうかはおいといて、烏丸のような時期は当然あったのでしょう。

そして播磨の漫画はスーパーアシスタントYを呼べばあらかた解決してしまう。というより、いないと無理。実際、一人で書いたら受け取り拒否ですからね。
それ故、八雲を出すに出せないというか、意地でも絡ませる気がないというか。
結局、漫画はヒキの柱にあるように、話のネタにしか使わないのが透けて見えました。

その裏で、どこまでも続く誤解の一方通行。こちらは意地でも絡ませます。
しかし、ホントに引っ張る。まさか笑拳ネタ?の後に、お誘いの電話とはね。

つまり、播磨の本音は「面倒臭い」で間違いない。
だからといって、お嬢様が胸キュンキュン状態で待っていたのに播磨が来ない。ショボーンな展開になるかというと、今の展開ではあり得ないだろうなあ。



これにて今週の話は終了。先週のフォローを一つ。
そうか、あれは「フレミングの法則」だったのか。ま~ち~が~え~た~~。

ま、まあ、習ったのは中学の時だったと思うし、忘れて当然さ!
それに、鳥をフラミンゴに変えればOKOKと自分を慰めてみる。
 
 

コードギアス 反逆のルルーシュ 第06話 「奪われた 仮面」

もっと真面目な話だと思っていたのに、とんでもない馬鹿話だったという恐ろしさ。
さすが、あの人が生徒会長になれる学園。奇人変人が入学条件なのかと疑いたくなるノリの良さ!! やはり、レジスタンスや死んだはずの人が通える学園は一味違います。

キスのご褒美に萌え燃え!!(誰もが本気だと思う会長パワー…)
お前ら忍者か!?なカレンストーカー親衛隊。
ナナリーの「にゃ~」に雄叫び上げまくりっ!!
(当然さっ!)

いやはやサイコーな学園です。

それにしてもルルーシュ……。
お茶目さんを通り越して、うっかりさんと言うしかない。

ブリタニア史上最悪の犯罪者から最高に間抜けな犯罪者になるところでした。仮面しまうのをそっちのけで、妹とお茶したシスコンぶりが仇となったか。

その上、スザクに危うくゼロの時の事を言いそうになるし、女生徒にギアスかけたなら、協力させてから記憶消せばいいのにetcとうっかりしまくり。どこかのうっかり侍ならぬ「うっかり皇子」と命名したくなる慌てん坊さんです。

こんな調子で、本当にブリタニアを倒せるのか少々心配になってきます。

そして、私が勝手に命名したルルーシュ君と違い、すっかりみんなから「オレンジ」と呼ばれるようになってしまった我らが全力伯爵は、今回も絶体絶命のピンチ!!

謀反の疑いこそ晴れたものの、三階級降格オレンジ畑を耕すかの二択って……。


階級社会の軍隊で三階級降格は、実質死刑ですよ。
しかも、純血派からコーネリア軍主導に変わっても「オレンジ君」の汚名付。

死にたくなる屈辱ですが、ここは全力で再び這い上がってくれ!!
いや~、オレンジ君はすっかり良いキャラになったなぁ。

本当は、ルルーシュとスザクの友情や、若本皇帝についても書いてたんだけど、投稿直前にPCごと吹き飛んだので割愛。

とりあえず皇帝の計画とニーナの動向に注目かな。
あと、クロヴィス殿下は他の皇族にも愛されていたが、そんなんじゃあの一族的にはダメダメ、なんだろうなぁ。

しかし、お遊び回のはずなのに、それも半分しか書いてないのに既に結構な分量……。
そりゃ5話感想が纏まらないはずさorz
 
 

小島亜也登場の謎は解けた!

特に発表も企画もなく、東Pのコラムにあった「200回に注目」が何のことかサッパリ不明。その上、思わせぶりに出てきた新キャラは何?でしたが、たれ込みでやっとその理由が判明しました。ちなみに、たれ込みは♯200コメント欄の「知ってるヒトにしかわからないネタ」を参照してください。

↓は200回に注目ソースとなった、東Pコラムの引用です。

某月某日
「スクールランブル二学期」打ち上げ。スタッフキャストがたくさん集まって大騒ぎの打ち上げでした。超豪華な賞品が揃った福引き大会にはあっと驚く賞品もあって大盛り上がり。小林先生ありがとうございました。で200回に注目。みなさん本当にお疲れ様でした。


小林先生が用意したあっと驚く賞品とは、「200回に登場する権利」
そして、小島亜也さんが獲得したという訳か。
だから、その事を知っている東Pにとっては、200回に注目なのね。

……そんな内輪ネタ、分る訳ないって!!

普通は、その超豪華景品を読者にもプレゼントするとか、アニメのプロデューサーだから三学期発表?とか思う罠。

それでもって、小島さんは再利用する気がない一発キャラだから、影響のない架空世界で出そうと決めて、こういうネタを選んだと思って良さそうです。

なんというか、ノリと勢いだけで突っ走ると後々大変だなあと思う次第であります。
 
 

武装錬金 第06話

祝!パピヨン生誕祭!!

予想以上期待以下という言葉がピッタリなのが少々残念。でも、覚悟していたよりはずっと良い出来でした。期待に届かなかったのは、詰め込みすぎて余韻が無さ過ぎな事。

そして一番残念だったのは、「次郎さん」連呼のカット。ここは「次郎さん」と聞く度に徐々に狂気に歪んでいくパピヨンの顔を思い浮かべていたので、返す返すも残念だなあ。

これと父親とのやり取りが、パピヨンの狂気と孤独、哀しさを表していると思うので、入れ込んでいたんですけどねえ。個人的には、ここでパピヨンは完全に人間への未練を断ち切ったのだと思っています。

とはいえ、後は良い感じ。

志々雄ネタもやったし、何よりパピヨンの蝶・変態ぶりがサイコー!!

ビキパン一丁で変態なポーズと台詞の数々はブラボーと言うしかない。やはり動いて喋ると更に変態がパワーアップしますねえ。四次元パンツちょっと欲しい……。

原作に変な色は付けずに、リスペクトした上でやらなきゃいけない事はしっかりやっているので、最後まで安心して楽しめそうです。
今回は姿だけだったブラボーの変態ぶりにも期待!
 
 

スクールランブル ♯200(201)

200回記念でカラー&増ページ。しかし、推理物なのに金田一じゃなくてコナンネタなのはどうなのよ?
ところで東さーーん、発表何もないんですが……。真の200回はまだのようです。(この件はこちらを参照)
うん、そう思わないとやってられんな。烏丸ツッコミもないし、何よりも

「主人公の座を死守すること200回!」
「主人公の座を死守すること200回!」
「主人公の座を死守すること200回!」

(つд⊂)ゴシゴシ
どうやら先週まで読んでいたのは、スクランじゃ無かったらしい。


そんな訳で、スクラソの感想。
ずーーーっと崩れていたので、可愛いと別人に見える天満。
サラと八雲が可愛かった!
この鑑識官、誰?(アニメスタッフの模様)
播磨……酷いorz
嵯峨野の出番どこーー?


あと、天満の推理の強引さは別に良いのだが、いくら何でもあのオチは酷いなあ。
しかし、オームの法則かぁ。忘却の彼方に行ってるので、指伸ばすのしか覚えてないや。

という訳で新説。

伸ばした指の形は紛れもなく「L」
イニシャルがLなのは、唯一人。ララ・ゴンザレス!!
この方がE=RIより余程分り易くて動機も納得?出来るんだけどね。


まあ、覗きで足滑らせて頭打つのと大差無いから、いいや。
 
 

電源交換

メインPCが明らかに不調なので電源交換。初代SilentKing400WからHEC-400WA-TZに換装しました。結果、症状改善。ついでに結構静音化になりました。

不調に気が付いたのは、サスペンドから復帰できなくなった時。
というか、コールドブート不能、その上、オーバークロック警告のおまけ付なのも発覚。
(勿論、オーバークロックしてません)

マザーのコンデンサーが死んでいないのを確認したので、CPUが起動する電力を確保出来てないと推測。それなら上記症状に説明が付く。

よって原因は12Vラインの出力低下と断定。

交換するか少し迷ったけど、HDDその他パーツを巻き添えに死なれたら困るので、転ばぬ先の交換を決意。しかし、そう予算があるわけではない。

それで5000円前後で良さそうなのを探した結果が上記の選択。決め手は、この価格帯では珍しいメーカー3年保証の自信でした。電源はしばらく使わないと何とも言えませんが、現状は満足しています。

次は、マウスの左クリック不調か。分解清掃だけで直ってくれると嬉しいのだが、さてはて。
 
 

スクールランブル ♯199(200)

東郷が弾けまくり!! そして、あの修学旅行が面白い話だったかのように錯覚させる、晶の超編集ぶりはさすがでございます。特攻野郎Aチームの完璧パクリ&半分C組だぞ、おい!だが、面白ければそれでイイ。久々にピョートルが登場したのもツボ。

ちなみに、Aチームの本編はまともに見た覚えはないが、あの自己紹介部分だけは覚えてます。

こうしてまんまと晶の策謀が学年公認アルバム?となってしまい、播磨と愛理の仲はどうなってしまうのでしょうかねえ。

おそらく、未だ天満以外眼中無しの播磨が、他の女を意識するように仕向ける作戦なのでしょう。しかし、そう事が上手く運ぶかはきっと作者にも不明だと思われ。

ついでに更に憶測を進めると、修学旅行での取りこぼしがかなり回収できそうだ。DVD収録用にお芝居をするが、本物の婚約者ショーンがいちゃもん付けたり、意識しまくったりと色々ハプニング発生の演劇パート2になるのでは?と思っていますが、さてどうなる。

しかし、お芝居有りの段階で既に「アルバム」じゃないな……。

それにしても、利害関係一切なしの仕切り大好き馬鹿キャラって、ホントーに便利ですねっ!!

その代わり、相棒はお星様になってしまいましたが、まあいいや。次回もこのネタなのかどうなるのか分りませんが、いよいよ疑惑の200回。一体何が発表されるのか楽しみです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。