スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル二学期 第15・16話感想

16話を見た後にもう一度15話視聴したけど天国やね~。16話は勿論出来は良いけど、播磨的には失楽園・地獄行ですからね。さて17話は一体どうなっているのやら。

しかし、こうしてみると八雲とお嬢は播磨の背中に惚れたのか? これはタンクトッパーとしての拘り!?



☆第15話「締めだされた男/招かれた男/試された男」

やっぱり微妙な八雲の心理描写が省かれてはいますが、文句を言ったら罰が当る出来だよな。とにかくコロコロと良く表情が変わる播磨と天満が楽しい。そして「播磨さんの役に立ちたい」八雲の健気さがサイコーでした。あと原作の原子分解から妖怪変化へと変更したのはグッジョブ!! 天満のショックぶりと話の繋がりが両立します。

あとは、五島編集長と八雲のやり取りがアニメ的に美味しかったな。貴方は巨神兵ですか!? それと天満の八雲コスプレ&友人の物真似。スカートの色が違うだけで某吸血姫っぽさが大分消えたし、演技が楽しかった。それにしても同じ服を着ていながら、あのまな板っぷりには泣いた。



◎第16話「誰にも縛られたくない~/もう学校や家には帰りたくない~/暗い夜の帳の中で~」

いきなり絃子さんと葉子さんのスノボwith烏丸で始まるとは、やるなスタッフ。そして本編も原作の良さだけをうまく表現したとしか言いようがない出来でした。まさかスクランでジャマーがかかるほどのシーンがあろうとは……。(そこかよっ)

播磨はあんな事をしては失楽園して当然ですな。誤爆といい再告白でも、播磨はルパンダイブやる気満々と随分飛躍した発想なのが浮かれッ振りを象徴していました。

こうして美琴に拾われたけど、彼女は本当に友人思いの良い娘さんだ。業務命令:逃避行は彼女無くしてあり得なかった。

あと、この辺りから露骨ににじみ出してくる、原作の矛盾点をさり気なく潰しておいたスタッフは良い仕事をしています。さて次回は矛盾の塊、総本山ですがいかに調理するのか楽しみにしています。
スポンサーサイト
 
 

スクールランブル ♯187

本編の前に、あにピモに注目です!
スクラン17話のあらすじに天満を狙う謎の影登場!!

姐さん以外いないよな……。これは闇の彼方に消えた我が妄想の具現化か!?(妄想についてはこちら

ちなみに脳内補完では、晶が愛理に美琴の家に行くよう勧めたり、スズキマサルが吉田山を縛り付けた後に襲われる事になっています。さてどうなるか、次回が楽しみです。(まだ16話見てないけどね……)

とはいえ、イブのオチは私程度の頭ではどうやっても整合性取れないからなあ。絶望した!にならないことを祈るのみです。



さて本編。カラー扉絵は、ホントに夏らしく水着でした。しかもお色気最強の絃子&葉子さんペアときたか。

「ちょっと派手すぎないか?」
「そんなこと無いですよ~
みたいな感じで、眼福でございました。

そして肝心のお話は13P&久々の八雲メイン。美しい姉妹愛が描かれてはいたけれど、う~む。

結局、冬休み以来、八雲はやせ我慢のし通し。いつか素直になると信じ続けて早半年以上経ちましたが、もう無理かねぇ…。いやいや、これがちょっと変わる切欠になってくれたらいいなあと希望的観測をしておきます。

とはいえ、友達を沢山呼んだり、明るく話せるようになったのは進歩です。一年生からも播磨の話が一切でなかったのが微妙ですが、今回は「女だけのスクラン」ということで除外かな。 え、烏丸? 彼はUMAなのでセーフですよ。

それにしても、サラが喋るとやっぱり凄い。久々に魅せてくれました。

「私たちの茶道部は平和だったけどね」
「でも食べさせる相手がね~~」
「ブーー 八雲は私のだよーー」
「麻生先輩から旅行中になんかアプローチありました?」

特に最初と最後のはかなりの黒さを、なぜか感じさせてくれます。
そういえば公言されていた、サラの見せ場はいつ来るのでしょうか?
 
 

スクールランブル二学期DVD 第1巻レビュー

スクールランブル二学期のDVDを買ってきました。まあ、色々と思うところはあるのですが、良くやってくれているアニメスタッフに還元するにはこれしか方法が無いのでしようがない。一学期の時のような詳細レビューはやる時間も気力も無いので、極簡単に。

初回特典の書き下ろしは……なんか微妙。キスをテーマにこれからも書くのでしょうか? そして通常パッケージは、やっぱり八雲が微妙すぎる。

ポストカードはエロ会議の時の嵯峨野と絃子先生。敢えて言おう。ナイスチョイス!と。
そして本編は、2話エンドカードが一番の見所かも?



スクールランブル二学期特典

<特典映像>
○スクラン☆オフ会

 今までのインタビュー形式とは打って変わり、オフ会の名前通りに雑談形式。ちなみにタイトルは、スクラン☆お茶会のをそのまま流用だったりします。

 お相手が小清水亜美さんだった事も手伝って、とにかく雑談が凄すぎる。そして奈良のダメ出しトークが盛り上がりすぎです。
 以下、スクランに関係ありそうな、なさそうな部分を抜粋。

<小清水サイド>
・2話は出番が少ないっ!
・最近、ヒロインは八雲と愛理ちゃんだと思い始めた(遅っ)
・天満はギャグのヒロイン!?
・着物と撮影会の機会が欲しいそうです。
(↑しかしまあ、スタイル良いねえ…)
・でも胸が気になる鶏肉大好きな二十歳。(胸にモザイクがっ)
・必死で天満っぽくない天満像を語る

<清水サイド>
・小林先生は「あの人」のことは何も考えていないらしい
・頑張ったアドリブがカットされました……
・小清水さんの現代っ子スタイルを激しく羨む。
・芸歴長いねえ。13年!?

 他、色々あったけど、こんな感じです。
 予想通り、次回は能登麻美子さん

○番宣映像
 15秒と30秒が2本ずつ。違いは最後が放送開始か放送中か。でも15秒バージョンは最後のかけ声が変わっていて、芸の細かさを感じた。でも好きなのは30秒バージョンですとも。ええ。

○設定資料集
 コスプレ中村とパピヨンマスク軍団まで収録。



<予約特典>
○ドラマCD

 予約特典という事になってますが、通販系以外の初回出荷には付いていると思います。肝心の内容は……出番が少ない小清水さんのガス抜きオンステージ状態。ドラマは6本あるけど、5本は本当に短いミニミニドラマ。

 そしてメインドラマは「あたまのわるい」おにぎり展開かと思わせて天満の独演会でした。他はいわずもがな。しかし、八雲は本当に健気だねえ。ちなみに、私の心の目には、エロおやじ顔した天満が浮かんできましたが、皆様はいかがでしたでしょうか?
 
 

スクラン、アニメ色々のレス

うーむ、15話はもう一度見てからレビューしようとしたら一週間過ぎてしまいました……。
どうせ遅刻だし、アニランDVDのレビューから片付けるか。とはいえ、詳細レビューはやる時間も気力も無いので、極簡単に纏める予定です。

まずはコメントへのレスから。
晴天快晴 空さん、そばやさん、Mrリバウンドさん、ウエストさん、コメントありがとうございました。

そしてこれを書いている間に知った衝撃の事実!
ガンガンWingで新連載ってなんじゃそりゃーーー!!

この時期に他社で連載持つなんて、どうやら悪い推測が当っているということかなぁ……。
 
 

ウエストさんへのレス

馬鹿侍さんへは向こうでコメントしたので良しとしよう。あちらは密かなガス抜きスポットですが、遂に場末のブログにまで『スクラン』バトンが来ちゃいました。折を見て答えるとします。



・ウエストさん
> 箸休めー♪
> 今週のスクランはそんな感じです。ララが大文字焼きを見たがっていましたが無理ですよね?確か秋…?

お盆にやるみたいですね。見たことありませんけど。

> ウメマドは円にも問題ありますが、ウメにも問題ありますね。何も言ってあげないというのは人としてどうなのかなと思います。言わないと、表現しないと伝わらないものも一杯あるのですから♪シロクロさんの言うとおりの理由じゃなかったら円は晶クラスの腹黒…(汗

それはそれで晶が酷いな。我慢は男の甲斐性なのか? 梅津には試練の時が続きます。しかし、なんだろね。円は過去、相当酷い振られ方をしたのかもしれません。心の傷を梅るんだとダジャレ。

> イマイチはいつも通り♪真・王道は何だかんだで順調。アソミコは…どうなんでしょう?タナトキは見守り継続ってことです♪
>
> しかし花井はとことん動物に嫌われてますね…。見た目で動物が警戒しそうなのってサムの方なのに。それがどうして花井に攻撃するのか不思議です。播磨だったら、じゃれ合ったりするんでしょうね♪もちろん八雲と一緒♪…ねえっすけど(笑

花井は人気投票といい動物に敵いませんね。播磨と八雲の正しい?動物ネタはまた見たいなあ。

> 冬木は仕事熱心です。しかし姐さんも写真撮らせてあげても…。冬木役の吉野裕行さん、最近はよく声を聞きます。まあ、それだけです。

私も旅行ではカメラマン役を仰せつかっておりましたので、冬木の気持ちは分ります。

> ♭、ララは何も悪くない!以上。そういえば世間はスクランゲームが発売されてますね。自分は買ってませんけど。今は「つよきす」です♪PS2版ではなくてPC版の。はまらないと侮っていたらものの見事にはまりました。しばらく抜け出せそうにないです。ではー♪

間違いなくえん罪なんだよね。オチを纏めきれずに強引に投げっぱなしたように感じるのは気のせいでしょうか。ゲームはPS2を持っていないので完全スルーです。「つよきす」は一年くらい前の作品だっけ。フカヒレというキャラが凄く良いらしいと聞き及んでいます。アニメは相当酷い模様ですが、ゲームは面白そうですね。
 
 

2006春アニメ総評レビュー&夏アニメ雑感

空前の本数だったけど、良作もそれ相応に多かった春アニメと視聴継続作品の纏めレビューです。後半は今期の作品レビューですが、不作だなあ。何か良いのがあれば紹介して欲しいくらいです。なお、作品名の前に付いてる記号は個人的評価です。

★涼宮ハルヒの憂鬱
 アニメーションはTVアニメの常識を破る超クオリティ。ギターやベースを弾く手の動きを描くとかあり得ないし、その他細かい演出ととことん動かす事に拘った志は凄いの一語に尽きます。もう見ているだけで楽しい作品でした。しかし、「憂鬱」を細切れにしたのは理解できるんだけど、短編まで細切れ&時系列グチャグチャにしたのは納得いかない。でも、長門かわいいよ長門。

☆BLACK LAGOON
 >この調子で突っ走ったら凄い作品になりそう。
 こう書いたけど、ナチス、人身売買、テロなど危険なネタを軽やかに消化して、本当にこのまま突っ走ってしまいました。なんでこんなところにゴールがあるんだよ!なラストだったけど、二期制作が発表されたので次も期待しています。

○capeta
 やっぱりフォーミュラは良いなあ。最初はぎこちなく感じたけど、スタッフもカペタと一緒に成長しています。父ちゃん格好良かったよ!

○ウィッチブレイド
 一番評価が上がった作品。親子の絆をうまく生かして作れば、と書きましたが、いやはや様々な親子と愛のかたちを提示してくれました。でも16話を見て、激鬱展開が頭をよぎったんだが、出来れば外れて欲しい。それから予告の手紙朗読が好きだったんだけど、14話予告が白紙の便せんと家の設計図、そしてBGMだけなんて反則でした。だけどOPは酷い。完全にMAD状態なのが、今後のストーリーへの不安を余計煽るんだよなぁ。

○桜蘭高校ホスト部
 1話時点では個人的今期ベスト作品だったんだけど、ちょっと評価は下降気味。まあ、100点を期待していたら75点だったという感じですけどね。

○うたわれるもの
 Fateを含め、ここ最近のゲーム原作物では間違いなく一番の出来。スタッフが作品を愛し、理解していると感じられるのが違いかなあ。そしてそれを発揮できる予算とスケジュールか? アルルゥとエルルゥを筆頭に演技は素晴らしいし、CGを効果的に使った戦闘シーンが良いね。今後はかなり雰囲気変わりそうだけど、上手く繋いでくれると信じています。。

●吉永さん家のガーゴイル
 百色が良かったから何とか完走。本来はもっと評価が高い作品でしょうが、重い話はリアルで間に合っていますのでこの評価。

●Fate/stay night
 ファンとしては残念ながら義務感で完走。Fateルート+αで特に酷い改悪をしたわけでもないのに、なんでこうなったんだろうなぁ。2話で感じたように、細かい演出の至らなさや戦闘シーンの迫力のなさが原因かな。まあ、デモンベインで現在絶賛苦戦中の黒田洋介さんがかつて言っていたようにゲームのアニメ化は難しいんだろうな。でも14話が神だっただけ、月姫よりは遙かにマシ。

▲ひぐらしのなく頃に
 ダイジェストとして楽しむつもりでしたが、なぜ原作が人気あるのか未経験者に伝わらないようでは失敗しているというしかない。冒頭では殺害シーンなんかより、各編ごとの見所を軽く解説するなどして、ループを上手く楽しませるようにする工夫が必要だったと思う。既に積みつつある状態。

▼機神咆吼デモンベイン
 俺は何故まだ見てるんだろう?と不思議になる酷さだが、ドクターウエストの活躍だけが楽しみで視聴継続中。どうでもいいけど、アンチクロスの面々は古代ローマ皇帝の名前なのね。



<新番組評価>

●ゼロの使い魔
 ハリーポッターとシャナと各種テンプレ設定のごった煮状態。テンプレ設定によるテンプレ展開をテンプレ通りに楽しめるか否かがポイントか?
 故に中の人の人選まで、ツンデレカップルのテンプレ通りにシャナと悠二の人なのには笑った。どうせなら剣の人もマルコシアスの人にすればいいのにな。今期はこれ以外継続予定がないのでしばらく見守ります。

×となグラ!
 1話Aパートで脱落。志がないエロは嫌いです。

×まもって!ロリポップ
 酷すぎ。噂のMUSASHIの後継者となるのか? というか、よく春アニメは崩壊した作品があれ一本で済んだなあ。やはり制作体制への無理の表面化は避けられない模様です。
 
 

スクールランブル ♯186&♭41

ネタが貯まりすぎだが、各個撃破するしかない!? まずはスクラン原作レビューから。


♯186

予想通り箸休め。少しだらんぶる形式でしたが、何かまあネタが黒いぞ…。
梅津と円がまたも爆弾ネタ。あの極上スマイルが梅津を試している以外の理由ならヤバ過ぎるなぁ。

田中と永山は古風すぎるが、天満と烏丸は突飛すぎます。常人には不可能ながらも、それでも着実にコミュニケートを取っている模様です。烏丸は天狗も似合うな。
つーか、田中は今の所最強の勝ち組だなぁ。裏山鹿。

そして修学旅行最大の進展を見せた、と思われるイマイチ。まさか自転車で行くとはね。奈良って山を沢山超えないと行けないような気がするし、近畿は電車賃が凄く安かったような気がするんだが、細かいことは突っ込まないでおこう。
今鳥の態度は相変わらずと言えば相変わらずなんだが、代わり番こにして、平地&下り坂が今鳥で上り坂がカレリンの方が良かった気がする。いや、良くない?

「麻生広義、車好き。関係ないが。」関係ないが一番の切れ味でした。とりあえず麻生は何も出来なかった模様。菅GJ!

遂に明かされる花井負傷の真実。これを信じろと言う方が無理だと思います。以上、ササミュエルの代わりに頬を殴られた花井であった。

そしてとうとう実現した冬木VS晶のカメラ対決。何かが激しく間違ってますが、やっぱり姐さんの完勝。そうか、晶が表紙にならないのは被写体が逃げていたからだ! 冬木が表紙のカメラマン説浮上。さて、清水さんならずとも、晶はいつ表紙になるのか気になります。

ラストを飾るのはおキヌさん。アプローチをあっさり撃墜しますが、空太ネタといい、カゴもマジネタなのかもね。でも脈なしなのは間違いない。

次回は巻頭カラー。前回は首の上から先はとっっっっっても見たくない物でしたが、どうなるかな。きっと夏らしく癒してくれると信じておこう。ちなみに表紙がエアギア。こっちは話の筋がさっぱり分らないけど、なぜか楽しい……。



♭41

こちらも修学旅行。一条が出たならララの出番? 誰もが知ってる昔話のネタをスクラン風にアレンジ。いやー、現代は世知辛いですな、とオチまでプロレス技の投げっぱなしジャーマン。何だかんだ言っても、ララはやっぱりお父さんが好きなんだね、という所で纏めておこう。

しかし、ララは何故か出てくる度に可愛さが増量されてるなぁ。髪が伸びて目の描き方が変わったせいか、お父さんの幻を見たコマなんか、あと一息でヤークモだ。



ネタばらし!?
マガスペ巻末恒例の作者の一言。お題は「あなたが肝を冷やした体験募集!!」なので、色々と怖い体験談が語られています。そして我らが小林先生のコメントは以下の通り。

「旅行から帰ったら、出発前に終えたハズの現行が1枚残っていた」という夢を見ました。

…… そ れ 夢 じ ゃ な い だ ろ ! !

そうか、謎のおまけだランブルの暴れカゴ&空太解説の理由はこれだな!! その証拠?に今回は10ページありました。仕事が早いことを褒めるべきか編集のテキトーさを嘆くべきか難しいところです。以上、勝手な妄想でした。
 
 

スクラン諸々のレス

この時間になってしまったので、15話視聴は明日の楽しみになりました。コメントを読みましたが、やはり修学旅行編は微妙と感じた人が多いんですねえ。

投げっぱなしにしなければもっと評価は変わったかも知れないけど、長くなりすぎてもイブみたいになるし、これでいいのかな。ファンとしては悲しいけどね。

ウエストさん、晴天快晴 空さん、Mrリバウンドさん、けさん、コメントありがとうございました。
 
 

スクールランブル二学期 第12~14話感想

貯まっていたアニメをある程度消化したので記事作成。この後は、これまた貯まってしまったコメントへのレス。そして15話鑑賞の予定です。レビューが今日中に書けるかはかなり怪しい……。



●第12話「パーフェクト、禁止!/立ち入り、禁止!/半ズボン、禁止!」

 やはり元が元だけに面白くするには限界があったか。本来はダブル主人公の誕生日という一番美味しいイベントのはずなのに勿体ない。
 しかしまあ、絃子さんにあんな出番があろうとは。竹槍からアイアンメイデンまで各種トラップがあったけど、最強のトラップは毒音波攻撃であろう。



○第13話「振りかえればヤツがいる。/カラスマの名にカケて。/謎はすべて解けた!」

 金田一少年ネタと百物語の雰囲気が話と見事に組み合わさって面白い! 正直、ここまで面白くなるとは思いませんでした。顔ネタを上手く使い倒した上にEDまで凝っていて、遊び心に乾杯



◎第14話「at エルカド/in アメリカ(26F)/with アメリカ(16h)」

 期待と不安でドッキドキでしたが、期待通りの出来でホントに良かった。いや、でも贅沢を言えば、押し倒しシーンと天満と烏丸の事を聞いたシーンでは、あとちょっと余韻が欲しかったな。他はテンポも良いし、原作でおかしかった部分もサラリと修正してあったし、女神像が無駄に回るわで、とても楽しく見れました。ところで(26h)は26時という事だろうか?

 そして久々のオリジナルパートはキャラの性格が見事に表現されていて、文句なしの出来映えでした。まさかAパートでの晶の被り物がここでリンクするとはね。キャラの細かい設定が生かされていたし、舞ちゃんと西本の関係が良い感じに描かれていたのはグッジョブ!!

 あと語るとすれば、やはり播磨の危険発言のオンパレード。他人のアイデアと言うことで、おそらくタッチと北斗と車田漫画とらぶひなのパロを挿入とスタッフもやりたい放題ですね。こうして馬鹿をやればやるほど、呆れて帰ってしまわない八雲の健気さが引き立ちます

 八雲は流されているだけのように見えても、暴走播磨をしっかり正しい方向に導いていく名編集能力を発揮。そしてスーパーアシスタントぶりが見られて満足満足。鼓動も高鳴り、いよいよ次回はアレだ。特大の燃料となるか!?
 
 

スクールランブル ♯185

あれま、一杯伏線残っていたのに修学旅行が終わってしまった。
結局播磨以外に誤解包囲網が完成しただけか。本来は「だけか」と言われる事ではないけれど、修学旅行ならもっと色々と話が動くはずだと思っていたので、こんな感想になってしまいます。その上、レスでも書いたように話の繋がりや連続性もぶっ飛んでいるのがマイナス点です。

それにデジャビュコメディーっていうけれど、先週のコピーじゃ……。これじゃ手○○コメディーですよ、小林先生。

そして何といってもお札の使い方が期待外れ。
結局二人で張り直しに行くのはあり得ないとしても、大切にしていたわけでもない。まあ、確かにあんなお札を持っていた時点で有罪確定ですが、本来持っている事自体が色々と変ですよと天満記者には言いたいところです。

それと役者丸の待遇が随分違うのは、天満とお嬢の違いというか、どっちが正ヒロインなのかを見せつける為なのか?

さて、播磨は再び色々と詰んだ状況に追い込まれましたが、ここからどう脱出しようとするのか、はたまた諦めるのか。役者丸と一緒に見守りますか。



とまあ、徒然なるままに書きつづったけど、我ながらネガティブだなあ。とはいえ、無理矢理ギャグにするのもなあ……。

他にポジティブになれそうなネタでも書くかね。書くなら、『ワールドエンブリオ』とガンガン系から何本か軽くが候補です。でも、その前にやると言ったことをやるとしよう。
 
 

スクラン二学期11話&レス

やっと11話を今頃見ましたが、良いな!
ぬか入りラーメン指入りから、芋煮会そしてAVは見事な膨らまし片でした。矢印とか妙似の女優とか遊んでますね。惜しむらくは、サラと田中・永山の話はもう少しだけテンポが良ければなあ。それだけが残念でした。

今回は花井の変態度数がか~なり高くなってたけど、面白ければそれで良し。というか、これが今回の話を貫く骨格でした。しかし、芋煮会のは心が読めなくても十分怖いです。

そんな訳で本来ならサラスペシャルな内容だけど、ナポレオンと漢の道をひた走る西本にMVPを進呈します。

それから中々更新できない間にコメントが貯まってしまいすいません。
イドミズさん、そばやさん、ウエストさん、Mrリバウンドさん、コメントありがとうございました。
 
 

スクールランブル ♯184

・・・・・・・・・・・・・・・・
さて何と書けばいいでしょうかね。
どうせ外す展開になることは読めていたけど、播磨ごとギャグまで外しすぎ。

1ページ目の『子連れ狼』パロは寒かったけど、ギリギリ許せる。久々の美琴との絡みだし、花井もホテルに籠もりっぱなしでは辛いしね。

問題はそれ以降。役者丸のイメージを筆頭に色々と壊れたなぁ。まあ、あれだけ人相が変わっていては、ファンの天満でも分らないでしょう。というか、絵のタッチからすると、JOJOネタだったのかな?

それにしても、モデルになった人物が簡単に分るキャラであれはないだろ。イカならまだしも、不条理ギャグにも最低限のマナーはあると思うんだけどねえ。

そしてマガスペを見ていない読者用なのか、なぜか暴れカゴ講座が…。こんな事に紙面と時間を費やすくらいなら、もっと他にやることがあるだろうと思うのは間違ってますかね……。
 
 

♯183とアニラン感想のレス

随分遅くなってしまいましたが、コメントのレスです。
アルゼンチンにブラジルまで負けるとは、ちょっとショック。そしてW杯を見る暇があっても、録画機に辿り着けない生活中……。それにしても、そろそろアニラン見ないとレス出来ないよ、おい。そういや懸賞の写真もまだだったなぁ。

ウエストさん、Mrリバウンドさん、コメントありがとうございました。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。