スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクランへのレス

アニメ前夜だからか、修学旅行開始でいよいよ話が動きそうになったからか多くの熱いコメントをありがとうございました。お陰様でスクランアンケートも順調です。あと二日なのでまだ投票していない方は是非ポチッとやってみてください

・おにぎりさん
・ウエストさん
・そばやさん
・Mrリバウンドさん

コメントありがとうございました。
スポンサーサイト
 
 

舞-乙HiME第25・26話

ほぼ予想通りの展開だったけど、やっぱり燃える!燃えました!!
放映前に感じていた懸念通り、確かにそれぞれの愛の形の結末は削ぎ落せるだけ落とした描かれ方でしたが、必要十分には描かれていたので一安心。ニナの石の正体とかも回収してくれたのは意外でした。

やはり、アリカは夢を選び、ニナは恋を選んだENDでしたが、セルゲイの怪我が良い具合に効いています。一番のネックだった父娘関係がリセットされたし、二人に幸あらんことを。色々な意味で、差し替わった写真が全てを象徴していました。DVDで補完があるのかが気になりますが、しっかりとラストを締めてくれたので十分満足です。ホント、これなら三作目も見たいんだけど、果たしてどうなるかな。

とりあえず今は、まきまきMsマリアの衝撃が抜けません……。反則だよな、あれ。
 
 

切ない愛の形の結末は?(舞-乙HiME)

出来が良いのにレビューしてこなかった舞-乙HiMEですが、怒濤の24話を見てしまっては結末に期待せずにはいられません。今夜は珍しく生視聴しようと思っている位ですからね。だから頼むよスタッフ! セルゲイ以外は生き返らなくていいからね!(※一応彼はまだ生きてるが)

何が怒濤だったかといえば、話の密度、スズシロの登場シーン、今まで隠すんじゃない!と思う新キャラとかありますが、やはりニナとセルゲイに代表されるそれぞれ各人の痛い程切ない愛の形でした。

オトメと王(国民)、チエとアオイ、ヨーコとレイト、セルゲイとレナ、ニナとエルスそしてセルゲイ等々。自分がやることが正しいとは思っていない。しかし、この人のためにはやるしかない。そんな想いが見えて来て、単純にアリカ達だけを応援できない気分になりました。

まあ、これらを本当に残り2話できちんと描ききってくれるのかは不安ではありますが、それもまた楽しみとポジティブにいきます。

しかし、ニナは修羅道に墜ちてでも負けるわけにはいかなくなったけど、アリカも事情を知ったらどうなっちゃうんだろ。

ナギのせいで、セルゲイは状況を最悪の方向に導いてしまいましたが、ヘタレなかった事は高く評価しています。死んで欲しくないと思った男キャラはエルフェンの板東以来ですからね。
 
 

即決・挫折・復活

実はここ一週間ほど勢い余って、PHPとSQLの勉強をしていたのですが、挫折。SQLは5、6年前に何故か買ってた本が役に立ってそこそこ分ってきたけど、PHPはプログラミング経験がないからやはり辛かった。

PHPは分り易い言語というふれこみ通り、確かにミクロでは何をやるのかは分るんだけど、組み上がってマクロになっていくと訳が分らなくなってくる。当然勉強しだしたからにはやりたかった事があったんだけど、無謀っぽいので挫折しました。

しかし、自分で出来ないのなら他人の力を活用するべし。まさに他力本願ですが、素晴らしい物を発見して見事に野望復活! しかし、これがsmartyと言う奴なのか、ド素人でも簡単にカスタマイズできるなあ。

まあ、その読んでいる方は何書いてるんだこいつ?と思うでしょうが、近々良いお知らせが出来るかも知れません。
 
 

スクールランブル ♯171

いよいよ期待していたイギリスへの修学旅行編スタート!のはずが、な、なんだってーな事に……。120ページの原稿がいきなり20ページにされた時以来の衝撃です。毎回ラジオに出ていてイギリスに取材旅行できなかったからなのか京都に変更って、どうよ。しかも理由があり得なさすぎる強引さ。

そりゃイギリスでも京都でもお嬢のホームなのは変わらないけど、修学旅行の行き先を明かしたのはつい2ヶ月ほど前ですよ。しかも発売したばかりのTFには、しっかりと「イギリス修学旅行」と記載されてる訳で、ライブ感覚で書いているというのがネタじゃなくなりそうです。

一体どんなネタを思いついて変更したのか、常人には窺い知ることは出来ませんが、一応考察してみよう。

・会えると思っていたお父様に会えなくて寂しいお嬢。播磨が慰める内にやたら良い雰囲気に…。
・実は京都にトラウマがあったお嬢。それを播磨が打ち破ってくれて良い雰囲気に…。
・京都見物に来たサラのお供で八雲も京都に。播磨と鉢合わせて一騒動。ついに想いが動く…。

うーん、いまいち。やはり常人には無理か。花井が隔離されてしまったし、京都なら八雲の出現確率が大幅UPしたけど、演劇が好きな私でもなんだかなあな心境です。とりあえず、批判を覚悟でこの展開にした以上は、プロの意地を見せていただきたいと思います。

愚痴タイム終了で中身を見れば、菅が良い味出しまくってます。一生もてない呪いの副作用が良い方向に出ています。決して彼の呪いを解いてはいけませんよ。アソミコ阻止宣言が実に頼もしく、そして谷先生へ激しく詰め寄った数コマ後にはしっかり楽しんでいるのには笑いました。

他の面々も初の海外旅行に胸を躍らせていて良かったのに、京都だもんな。飛行機に乗れただけでもマシなのかも知れませんが……。それでも現状を精一杯楽しめるのは学生の特権ですね。

でも、その中で一人無理しているお嬢がこのシリーズの中核を担うのでしょう。そして花井はバスケ編と同じく最初と最後だけの出番なのか。はたまたホントに金髪のYakumoと出会うのか? それにしても主人公のはずなのに天満と播磨の影が薄すぎる……。
 
 

シャナ最終回とスクランへのレス

アニメのシャナは一旦終わりました。思い返すとよく見続けたなと思いましたが、今は劇場版が良い出来であることを願って待っています。

そして、スクランはお茶会ラジオが終わり、いよいよアニメが始まる今週末、というか来週頭。1話のサブタイトルはSchool Rumbleの頭文字SとRで構成する遊び心を発揮しているので、どうなるのか楽しみです。
そういえば、大阪だけもう一回ラジオがあるのは何故? これが塚本<=>天満の力なのか!?

・ウエストさん
・晴天快晴 空さん

どうもありがとうございました。
 
 

Fate/stay night 第12話 「空を裂く」

勢い任せの速攻レビューですので、ご容赦を。前半の山場、セイバーVSライダーの宝具決戦&セイバーの正体バレだったんだけど、残念ながら期待外れの出来でした。戦闘シーンは段々良くなってきていると思ったけど、やはりガチンコ人外バトルを描き切るには、動きもカメラワークも足りない印象。たまにはノエインのカラスVSコサギ位はやって欲しいものです。

それにライダーが魅力を全然発揮しないまま、逝っちゃったのが不満ですね。Fateルートでは確かにこんな感じですが、もっとキャラに肉付けして欲しかった。これではペガサスに乗ったボディコン姉ちゃんでしかないので、せめて魔眼解放があれば良かったと思う。魔眼使えば誰もが知ってるはずなのに、これでは原作知らない人は、正体が分らないでしょう。

士郎石化で大ピンチ&セイバーも能力低下で回避不能→宝具を使うしかない。個人的には、この流れを期待していましたが、どんなもん? しかし、士郎の空気読めなさすぎ&無謀さが極まった回でした。

さてこの先も、シャナのように後半で巻き返してくれるのか不安ですが、ファンとしては信じるしか無いんだろうなぁ。

かなりボロカスに言いましたが、ライダーが散った後、空を見上げる桜の台詞のない台詞だけは良かったと思います。やはり、アニメFateは、タイガーと桜がいないとダメなのか!?
 
 

灼眼のシャナ 第24話

綺麗にまとめ上げたけど、ものの見事にリセットしちゃいましたね。恋のバトル一回戦終了で二回戦開始とはやられました。でも、シャナと悠二が相思相愛だと確認したんじゃ、と思いますが、劇場版のためにリセットしたのだろうか。

とりあえず、「俺たちの青春はまだまだ続くぜ」な終わり方でしたが、一番得したのはヘカテーの好感度を少々ゲットしたシュドナイだな。しかし、原作者が企画が動いていて忙しいと言っていたのが劇場版の事なら、脚本か原案に関わっていそうです。詳細が発表されるのを待ちましょう。

最終回らしく、バトルの方は良く動いていて、各方面それぞれ特色がありました。
怪獣大決戦は、両者力が余りまくりな故に膠着状態。でも、ヘカテーの危機を感じるやいなや、速攻でシュドナイが離脱して水入りとは流石です。一方、メイドVSレディースはレディースの完勝でした。力を使いすぎたのか、ヴィルヘルミナが弱いよ……。それでも足止めだけは頑張りました。

そして最強ロリ決定戦ですが、シャナはヘカテーのエロパワーに太刀打ちできません。ならばとシャナは視聴者相手に頑張ってくれました。そのお陰、な訳ありませんが、悠二がヘカテーの共振から脱して形勢大逆転。教授の装置を壊して仕掛けを止めますが、街に溢れ出た力は凄まじく、時既に遅し。その上、ヘカテーまで暴走しちゃって、どうなるか分らない状態になった街を救うため、シャナが執った手段は――天破壌砕

発動するまでにシャナは悠二が好きだと告白し、悠二は好きとは言わなかったものの、最後まで共に行くと手を繋いだままアラストール顕現。その光景を見たヴィルヘルミナの悲しみが涙を誘います。まさか二度も見るとは、気落ちするなと言うのが無理です。

こうしてたくらみが潰えた以上、首謀者全員逃走は予想通りでしたが、アラストール顕現後もシャナと悠二は無事でした。シャナはアラストールを受け入れても平気な位、器が大きかったとかいう理由でした。何やら魔神の名が廃る気がしないでもありませんが、ここはご都合主義万歳ということにしておきましょう。悠二は火除けの指輪のお陰で助かったそうですが、……アラストールの炎にも効くのかよ!? ひょっとしてあの指輪は零時迷子より凄い宝具な気がしてきました。

しかし、まさかここで裸夜笠を持ってくるとはね。好意を持ち合った二人の会話が微笑ましくてこちらの方が好きですね。そしてシャナの無事を知ったヴィルヘルミナの抱擁。うんうん、本当に良かったと思えるシーンでした。

こうして姐さんもしばらく街にいると決めたので、今まで通りの日常が帰って来てENDING。吉田さんも二回戦開始宣言でまだまだ戦う気は満々です。ついでに池の登場時間は5秒と予想していましたが、15秒くらいあって外れました。さすがに短すぎたか、残念。

TVアニメ終わったけれど劇場版があるし、原作は超・続きが気になるし、まだまだシャナは追いかけていきます。それではまた取り上げる日まで。……12巻レビューは、どうしよう。
 
 

スクラン扉絵レス

扉絵が負のパワーを漲らせていたお陰で、皆様から多くのコメントをいただいています。私はその件と私生活の件があって少々ブルーなので、いつもより辛めのレスとなっているかもしれませんが、ご容赦下さい。

・よしお改め「そばや」さん
・おにぎりさん
・ウエストさん
・馬鹿侍さん
・Mrリバウンドさん

コメントありがとうございました。今回は本気で長いです。
 
 

当てられたよ

某地方の小さなドラッグストアでビールと栄養剤を買って帰ろうとしたら、車の左後ろを当てられてた。幸い、犯人が名乗り出たので相手持ちで修理になったけど、ホント当るのは懸賞と宝くじだけにして欲しいものです。

傷は後部バンパー左側にかなりとバックドアに多少のへこみ、と駐車場事故にしては結構でかい気がする。新しい車だし、バンパー交換と板金かな。とりあえず明日、エンジンオイル交換ついでに見積もり出して貰います。

払い渋りが起きるような案件じゃないはずだけど、いくらくらいか分っていた方が、週明けにする保険会社との話もスムーズに行くと思う。

しかし、精神的にへこむ話の次は、文字通りへこむ話が来ちゃったなあ……。そんな訳で楽しいレビューは、ちょっとキツイ。
 
 

八雲誕生日おめでとう

本日、3月23日は塚本八雲の誕生日ということで、お祝いしたかったんだけど、すいません! 絶対に間に合いません……orz でも、おめでとう八雲!

とりあえず、半年のブランクを破って書き始めるのが精一杯でした。代わりにSSではない別のものをでっち上げたけれど、これは公表するかは謎です。

しかし、去年の盛り上がりが嘘のようですねえ。分校の絵板は嘘のように静かだし……。正に祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり。盛者必衰の理、といった様相です。

そんな中、スクランへ皆さん熱いコメントを入れてくれたけど、扉絵のダークフォースが燃料では悲しいよ。とりあえず、私の心の中では、あれはエイプリルフールネタだと思うことにしました。アニメ開始前日は4月1日だしね! あと、そうそう。スクラン二学期はやはり2クール26話の模様です。

本当はコメントにレスまでやりたかったけど、確実に0時超えるのでまた後でやります。それからアンケートが割と好評なので一安心。やはりサブキャラの読みたいエピソードの方が粒揃いなので盛り上がっています。今の所はサラと先生'Sが二強。そして意外と強い動物軍団。流石です。
 
 

スクランアンケート開始!

アンケートをやってみようかな、と書きましたが、やることに決めた。作った。設置した。
そんなわけで本番のアンケートを送る前に気軽にポチッとやってみてください。アンケート期間は本物と同じ4/1までです。

しかし、こういう事をすると2カラムだとサイドバーが歪になるなあ。3カラムタイプに変えてみようかと、余計なことまで考えはじめてしまうのが恐ろしいところですが、期間限定なので気にしない方向で行きます。

アンケート内容ですが、ここは歴としたおにぎりブログなので結果は見えているはずだし、無駄に荒れそうなカップリング投票は省略します。読んでみたいサブキャラ・エピソードと読み切りのテーマについてのアンケートだけ行います。項目は本物と同じですが、良い意見があれば追加します。

ノリと勢いだけで始めたこの企画。投票がないと寂しすぎるので、ご協力よろしくお願いいたします。無論、連続投票は菌糸もとい禁止ですよ!
 
 

スクールランブル ♯170

うわぁぁぁぁぁぁぁあああな扉絵が激しくアレですが、今週号はスクラン大特集でした。絃子さんと播磨の凄いネタ投下はあったけれど、久々の酒ネタで結局リセットか。今回は内容が多岐にわたるのでパートごとに感想述べる形式にしてみます。

<マガジン表紙>
 当然ながら天満と播磨。何も文句はありませんが、天満の絵柄が変わってきてますね。一言で言うと別人が描いたみたいな…。まさかな…。

<扉絵>
 アニメスクラン二学期記念のVサインと花井の目だと、理性では分ってはいてもキツイ、キツすぎる。せめて八雲がもっと困った顔してないとなあ。
 うん。そうだ。これは夢だ、花井の夢に違いない。それなら納得だ! 花井至福の夢に侵入して晶が花井にイタズラをする。これは素晴らしいシチュエーションじゃないかと一人力説してみます。しかし、中の人パワーは凄い……。

<座談会>
 DVDのインタビューや座談会で分っていたことだけど、声優さん達はスクランのことをよく分っていて、愛してくれているのが伝わってきます。(良くも悪くも)原作読まずにアフレコする声優さんもいるので、スクランはとても恵まれていると思います。能登さんの演技に期待! しかし、奈良の嫌われっぷりは想像以上だ。

<W大プレゼント>
 プレゼントの内容はどうでもいいや、と思っていたら、当選者全員に“手塚本先生色紙に直筆サインプレゼント”だとーーーっ!! 手塚本先生がなければ、このブログは存在しなかったとも言えるわけで、くぅ、運を天に任せて応募するしかありません!

<グラビア>
 伊達眼鏡アイドルのグラビアは……眼鏡が似合ってないんですが、どうしましょう。それとも私の目がおかしい?

<本編>
 うっひょーな展開が色々あったんだけど、結局リセットされたのでどうでもよし。……では寂しいよね。八雲は播磨に義理堅すぎるというか強情すぎるぞ。彼女もまたタイプの違うツンデレな気がしてきた。そろそろ素直になりましょう。

 天満は…アニメでやらないから酒ネタ解禁か? でもちゃんと「俺の従兄弟」で覚えていたのは偉い! しかし、メルカドで烏丸にどうやって渡そうか悩んでいなかったか、おい!?

 播磨は楽しいバカが戻ってきた。ほんのちょっぴり幸せをかみしめる姿が似合います。しかし、播磨もまた欲しかった相手からのチョコがインターセプトと可哀相な奴です。

 絃子さんは播磨のファーストキスの相手(多分強引に奪った)という驚愕の事実が判明。一体何があったのかを補完してくれる、神様の出現に期待してみます。やはり葉子さんは爆弾ネタを沢山持っていることが分ったので、これからも投下お願いします。

<アンケート>
 今回はスクラン大特集だったので、今後に関連しそうな項目がありました。カップリング、エピソード、おまけ、そして読み切りのテーマ。以下、完全に私情モードでお届けします。

 カップリングは、03播磨×八雲しかないっ!! さあ、みんなで送ろうおにぎりの輪。
 脇役達の知られざるエピソードは、迷うところですがサラですね。やはり来日理由が気になります。中の人にも約束していた?からね。他では絃子さん、東郷あたりも気になります。
 おまけは基本的にいらない派ですが、強いて上げればミニ冊子。次点で携帯ストラップです。
 読み切りのテーマが一番悩みます。2と3以外はどれも見たいぞ! とりあえず1のお江戸だランブルかな。しかし、何気に沢近率が高いな、おい。

異論反論オブジェクションな内容なので、思うところがあればよろしく。って、うちもアンケートしてみればいいのか。組み込むのは簡単だし、やってみようかな。
 
 

スクラン多め+シャナコメントへのレス

スクラン二学期放映が間近に迫り、シャナが終わってしまうとは、気が付くと時の流れは早いものですねえ。うちのブログももうすぐ1周年。果たしてどうなるのか誰にも分らないけど、楽しんで逝ければと思います。

スクランに大きな動きがあったので、最近では珍しく?スクラン多めのコメントです。

・ウエストさん
・おにぎりさん
・Mrリバウンドさん
・晴天快晴 空さん

どうもありがとうございました。
 
 

Fate/stay night 第11話 「鮮血神殿」

何か忘れてると思ったら、Fateのレビューを忘れていた。えーと、忙しいので超短縮版です。

課題の戦闘シーンは人外バトルっぽさはまだまだだけど、確実に向上しています。次回の決戦では、総力を挙げて頑張ってくれることに期待!

あとは士郎が実は凄い事が徐々に判明してきたので、後々への伏線もバッチリ。しかし、士郎は放り出された時だけは分別が良かったけど、本当に無謀な奴だよなあ。

この歪みも魅力だけど、彼がセイバーを呼ぶ決断をしたのは、タイガーの事があったからでしょう。タイガーはこのまま退場になるのは勿体ないけど、絡みようがないのでしようがないか。

慎二は、行動が外道でヘタレていて素敵すぎます。次回、さっくり死んでくれる方を希望。

士郎とセイバーは、初めて二人で力を合わせた実戦を経て、本当の意味でマスターとサーバントになりました。だけど、このまま良い感じには進まないのが二人の運命。いよいよ運命の時が迫ってきましたが、魔力補給はどうするのか。ちょっと楽しみ。
 
 

スクールランブル ♭37

今月もバレンタインネタ@もてない男サイドでした。スクラン唯一の彼女持ちである梅津が混ざっていますが、気にしない。というか、円の梅津いじりが、段々洒落にならない領域に走っているのが怖い…。せめて梅津のためにも、中身が特別であることを祈っています。しかし、でかいのは誰用だ?

先月、菅が窓から捨てたチョコが巻き起こした喧嘩を止めたのは、最も悲惨な人吉田山の変わり果てた姿でした。やはり誕生日がバレンタインという、持てない男には素敵すぎるネタが活用されちゃいましたが、髪を下ろしたままだと別人だなあ。

さすが一時代を築いただけあって、MMR風説明&リアクションは面白い! でももうちょっと劇画調にして集中線使わないと、パロだと分って貰えない気がします。閑話休題。

そんな吉田山を見て、今までの悩みや怒りが小さいことに気が付く菅&梅津でしたが、実は何の問題解決にもなってないんだよね。より不幸な人を見て優越感を感じただけですから。菅は…ともかく、梅津には円の心をハッキリ確認して欲しいところです。しかし、吉田山は随分簡単に復活したな。さすが、サイテーでサイコーだぜ。

オチの奈良は寒すぎるので、ノーコメント。スクラン随一のモテ男ハリーはやはりハリーだった。人間が平等だというのは確かに嘘だね…。しかし、あれだけのチョコを下駄箱に詰め込んた女子の執念と優しさが怖い。

柱で告知されていましたが、12巻と小説が4/17同時発売されます。アニメ放送開始後狙いで発売をずらしましたね。13巻はストックあるし、いつも通りの6月に発売かな?

そして問題は小説だよな。「~恋、知りそめし頃に~」というサブタイトルなので、過去編っぽい感じです。遂に天満が烏丸を好きな理由が描かれるのなら買いだけど、どんな内容か気になります。過去編なら、作者サイドしか書けないし、神SSと比較もされなくて丁度良さそうです。神SSといえば、クズリさん。100のお題達成おめでとうございます。本当に凄い!

気が付けば、もう21日になろうとしている……。やばっ。

P.S.
他の漫画だけど、影虎がついに告ったーー!! これからは忍びの恋ではなく、お忍びの恋になるのか。播磨もそろそろ頼むよ。
 
 

灼眼のシャナ 第23話

教授の罠にかかり、苛烈な戦いを強いられるシャナ。ただのフレイムヘイズでしかなかった少女は、遂に悠二が好きだと自覚し、“炎髪灼眼の討ち手”から“炎髪灼眼のシャナ”というフレイムヘイズの少女となりました。シャナがすっかり悠二の虜?になったヘカテーとどう対決するのか。恐ろしいけど、楽しみです。

一方の想われ人である大罪人・悠二は更に罪を重ねている(ようにしか見えない)が、遂に反省してくれました。相応の罰は受けて欲しいが、二人の思いが結実した大団円となるか!?

だけど、次回予告の「少女は炎の中で笑う」というナレーションが不気味…。ひょっとして、シャナが過去編で触れた天破壌砕を使うのかも。その場合、外には莫大な存在の力が溢れている事がご都合展開への鍵かも知れません。

それから今回も、やっぱりヘカテーがヤバイ。体勢・台詞が先週の比ではないパワーアップぶり。台詞だけ聞くともはやピーです。それにしても、ヘカテーはやって来た邪魔者・シャナとどう戦うんだろう? 

他の組み合わせ、マー姐VSシュドナイはド派手バトル担当、ヴィルヘルミナVSベルペオルが知略戦?になりそうなので、こちらは精神戦かな。もしも、ヘカテーが莫大な力でごり押しするなら、シャナがそれを上回る力としてアラストール召喚は考えられる流れです。

しかし、今回一番輝いていたのは間違いなく教授&ドミノです。素晴らしい仕掛け&量産型ドミノによる攻撃と、リアクションが最高でした。ドミノの自前SEが実にドミノっぽいし、可愛らしくて楽しかった。それにしても、マー姐が外から攻撃するだけで壊れるとはさすが教授。どこか一本抜けているのは、この手の悪役科学者のお約束です。

それでも、彼らがどこかのバトルに参戦すれば簡単にパワーバランスが崩れるんですが、どうするんだろう。まさか自分たちだけ逃げる、のは止めてほしいな。それなら星黎殿ごと逃げてくれ。それならヘカテーが死ななくて済むからさ!

最後になるけど、マー姐と子分達のやり取りが期待通りの熱い展開で満足満足。出来ることを最後までやり続けた彼らには、最高のご褒美ですね。彼らにも祝福があらんことを。

シャナ23話アイキャッチ
いつか来ると思っていた逆バージョン! こっちも似合うのであります
 
 

シャナ・スクランへのレス

ブログの真の楽しみ、コメントへのレスが遅くなってはいけないと毎度の反省。遅れるのは原稿だけにしようと日々思っていますが、中々上手く行きません。原稿といえば、あの日には何とかしたい、と思っています。……思っていますとも。シャナのレビューは明日かなぁ。

・Mrリバウンドさん
・晴天快晴 空さん
・ウエストさん

コメントありがとうございました。
 
 

スクールランブル Treasure File

買ってきましたが、微妙。ハッキリ言って、PFの記載事項を12巻分までに若干改訂した物です。見覚えのない内容はOFの分なのかな? PFが買えなかった人と新規ファンには良いけど、既存ファンには不満の残る内容でした。でも、八雲と播磨の珠玉の名言で飾られていた裏表紙だけは完勝かな。

一番期待していたカラー絵は、これといって目新しい物は収録されていません。八雲の相合傘には少し期待していたんですが、ほとんどコミックスの表紙やカラー絵のみ収録でした。

ただし、良くなった点もあります。人物紹介だけは、PFで別記載の中学時代が一緒になり、コミックスに収録だった通知表が一つになったので見やすくなりました。

あとは矢神高校の情報がかなり詳しく紹介されていたので、SSを書く人には参考になりそうです。それ以外だと、サブタイトルの元になった映画や音楽の紹介が12巻分まで収録されているのが私には目新しかったです。

しかし、書き下ろしが全然無いなあと思っていたら、最後に姐さんの追加ラフ絵がありました! 初号機なので、長髪で今より冷たそうな目をしていますが、着崩した浴衣姿がヤバイ。着崩れした浴衣の間から覗く太もも…! 姐さんはいつの間にか、いや最初からプロ狙いのお色気担当だった模様です。

あと、アソサラの人たちに残念なお知らせが……。人物相関図で麻生と美琴が両思いになっておりますです。えぇぇぇ~~~!!

何にせよ、いらないおまけを付けたせいで重版出来なかったPFが安く、簡単に手に入るようになった事だけは意義があります。でも、正直、一年遅かったような…?

P.S.
第三回人気投票が、一応締め切り間違いのお詫びと共に再集計されていました。比較すると八雲と奈良がやたら伸びています。これ以上疑義を挟んでもしようがないけど、奈良は…組織票が入っていたのかな。そのくせ、中位のさつきやつむぎは一票も増えていないし、やはり謎の多い結果です。
 
 

スクールランブル ♯169

やはりやってきましたバレンタイン@沢近編。やはりこちらも八雲同様、進展しませんね。しかし、何かキャラが変わっているというか、中の人繋がりで雨宮さんみたいな妄想キャラになっています。

「そんなのに頼るなんて自分に自信がない証拠よ」と言いつつ雑誌を買って悶々とするところは楽しかった。気になる乙女心がツンデレしてます。あとはまあ、どうでもいいや。

あ、でも、姐さんの野球はシチュエーション作りだったのだろうか? そして花井と同様に暴走播磨をスナイプと。乙女達のバレンタイン戦線は姐さんが影で操っているのか……恐るべし!

お嬢は一応、意中の相手にチョコは渡せた…けど、誰が渡したか分らないし、そもそも播磨は気づくのだろうか。その後の行動を見る限り、気づいて無さそう。さて、来週はアニメ化記念で巻頭カラー他おまけ沢山。いよいよ満を持して天満のバレンタイン?

P.S.
英語の話以来、播磨が背景キャラと化しているんだけど、今までの魅力はどこへ行ったんだろう。これじゃ人気なくなりそうだ。それからお前もDタイプだったのかっ!!
 
 

Fate/stay night 第10話 「穏やかな幕間」

セイバーと剣術修行、イリヤと公園デート、そしてセイバー裸祭りに凜との魔術修行開始と戦いの間の日常のようで非日常な出来事がそれぞれうまく描かれていました。だけどセイバーは、腹の虫がなっても裸を見られてもお堅いキャラのままだ。真面目キャラだからこそ、ギャップが光るとはいえ、そろそろ解禁しませんか? それともずっとこのままかなあ…。

しかし、原作の時にも思ったけれど、士郎もビックリのイリヤの無防備さは何なんだろうなあ。まあ、どう見てもイリヤのお父さんはあの方でしたし、そういうことで納得しておけばいいか。セラとリズも見られたしね。

こうしてお楽しみイベントが詰め込まれた一日が終わった訳ですが、その間に期待通り、確実に本筋も進行していました。その上、予想外のイベントも!

アバンからいきなり寝ぼけ眼の凜による強烈な先制攻撃にはやられました。凜の朝に弱い設定がやっと見られたー。そして(稽古の為を伏せて)学校を休むと言った士郎と視線を交わすタイガーの表情と納得の仕方が実に良かった。これが今回、一番好きなシーンでした。

「現実で敵わぬなら、せめて想像の中で勝てる物を幻想しろ」

そして一日の終わりに一番大事な伏線が来た!
凜の行う魔術修行が実り薄い事を分っているアーチャーが士郎へ珍しくアドバイス。これでバーサーカーVSアーチャーの流れは確定。その前に、来週はいよいよライダーとの決戦! 楽しみにしているので、頼むよ、本当に頼むよ…。
 
 

灼眼のシャナ 第22話

話の流れは、バルマスケ側では存在の泉計画が始動し、フレイムヘイズ側はシャナの傷の完治を待ってヴィルヘルミナと共に星黎殿に乗り込むまで、とゆったりとしたテンポでした。しかし、その分、各人各様の想いを丹念に描いてくれたので、最終決戦に向けての気合いは十分補給できました。

“自分ではどうしようもない気持ち”について語るアラストールとヴィルヘルミナの場面は動きこそ少ないものの、ヴィルヘルミナの微妙な変化が実に良かった。自身のフレイムヘイズを愛した男と敵である紅世の王を愛した女の会話に深みが出るのは、過去編をしっかりやったお陰ですね。やはり彼女はスタッフに愛されています。

それにしても、佐藤や吉田さんが「フレイムヘイズではなく平井ゆかりに頼む」という展開にはしびれました。なるほど、8巻の展開をすっ飛ばしたのにはこういう意味があったのか。原作だと平井ゆかりという存在はシャナに置き換えられてしまうけど、それがないアニメ版だからこそ出来る技です。

フレイムヘイズとしての使命と人としての想いは、今までシャナを二律背反として縛っていたけれど、これで両者が一つに融合できそうになってきました。まだ答えは出ていないけれど、きっと正解に辿り着いてくれるはずです。

そして見守ることしかできない人間達の気持ちもしっかりと描かれています。佐藤と田中は、自分たちでは持ち上げることすら出来ない宝具・吸血鬼を“悠二を救うため”にシャナに託し、吉田さんは「坂井君が好きなゆかりちゃんなら信じられる」と自分と同じ想いを抱く少女を信じて、悠二を助け出したい気持ちを託します。

自分たちの無力さに怒り嘆き、それでも出来ることを探し、言葉を掛けた彼らの気持ちをシャナがどう受け取ったのか。姐さんも駆けつけてくれそうな次回が楽しみです。

だけど、こんなに熱い展開の本筋が、どうでも良くなりそうなヘカテーパワーが炸裂! 露骨さはないんだけど、何かエロイよ!!ヤバイよ!!精神世界でヤッてるようにしか見えないよ!! それとも私が汚れているだけ…?orz

しかしまあ、シュドナイじゃないけれど、ヘカテーに変な色が付きそうで怖いんですけど……。その時は、悠二シネシネ団でも結成するしかない!?

シャナ22話アイキャッチ
吉田さんの気持ちが良く表われています…
ライバルが託した想いを叶えるのは主人公の努めだぞ!
 
 

相互リンク追加&レス

申し出があった馬鹿侍さんの“ミスター馬鹿侍の戯言”相互リンクしました。リンク先増やしたのは何時以来だったかなあ。アニメが始まれば、こういう話も増えるのかな?

でも、アクセス解析によると、うちはスクランよりもシャナSSサイトと思われているらしい……。この話はまた別の記事にするとして、八雲の誕生日も近いし、リハビリに1本書いてみるのもアリかなぁと画策中。例によって、思うだけで終わる可能性も高いけど、何とかしたいのもまた事実。



久々のおにぎりのお陰で、スクランへの熱いコメントが届いていますのでレス

・馬鹿侍さん
> いつもお返しのTBなど、ありがとうございます。
> リンクフリーということで自分のサイトにてリンクさせていただきましたが、アニメも始ま
> るということで(?)もしよろしければ相互リンクしませんか?差し支えないようでしたら
> よろしくお願いします。

冒頭に書いたように、こちらからもリンクしました。今後ともよろしくお願いします。

> 前回の伏線から考えて可能性としては一番ありそうな愛理のバレンタインがスルーされたの
> は、そこはスクランですから納得としてw
> ここで八雲とはちょっと意表をつかれました。献身的で相変わらず健気だな~、というか播
> 磨金払うかちょっとは遠慮するかしなさいとw
> そんな雰囲気漂ってますが、天満のバレンタインが今週で終了だったら切なすぎますね。

このまま愛理のバレンタインがスルーされるとは考えにくいけど、もう14日の夜なので厳しい感じです。今は物語を進めないようにしているので、あるとしたら、結局渡せなくて翌日に「余ったからあげる」みたいな展開かなあ。



・ウエストさん
> ゴディバは美味しい&高価
> 八雲が播磨に渡そうとしていたチョコと思われます。流石に手作りはまだ早かったというこ
> とでしょう。でも、おにぎりには変わりなし!!ストーキングしてる播磨に健気に食べ物を
> 作ってあげてる八雲、最高♪

箱に書いてありましたね。さすがに手作りとはいかないものの高級チョコを贈ろうとしたなんて、いいぞー八雲! わざわざメニューにないサバミソ定食を作って運ぶなんて本当に凄いよ、最高♪

> 晶は最近、輝いてます♪とてもいいことです。彼女には周囲を温かく見守りつつも、面白お
> かしく立ち回ってくれたらそれでいいです。花井虐め、もっとして欲しいです(ひでー

そういえば、ウエストさんはSSで晶を活躍させていましたねえ、と遠い?記憶が蘇ってきたり。屈折した愛情表現なのか、単に面白い玩具なのかが分る日は…きっと来ないだろうから、楽しんだ者勝ちだと思います。

> 話変わって、シャナのことです。21話見ましたが、こちらの悠二の街を出る際の心構えに
> 「シャナと一緒に街を出ることを嬉しく思う」ということが殆ど無いことに絶望…。「街を
> 守る為」というのは確かに原作でも動機の一つでした。でもアニメではそれだけしかないせ
> いか、止むを得ずとしか見えないです…。幼子のシャナに悠二への思いを伝えるのは酷です
> よー。あと絶望したのはいちいち全身変化をするシュドナイ。部分変化しないのはファンと
> しては…。あの程度の大きさだと「神鉄如意」の大きさも微妙な感じですよ。ベルペオルの
> 炎が金じゃなかったことも疑問です。「おじさま」発言、あればいいですねー。声優ネタで
> しかないんですが(苦笑
>
> スクランのことを書いたのは久々です。懐かしい気持ちですよ。では。

確かに、街を出る決意は悲壮な想いで一杯で、嬉しく思う気持ちが全然ないですね。赤子の頃から、一番人間らしいのがヴィルヘルミナ、というトンデモ環境で育ったシャナが“好き”という気持ちを理解し納得するのは大変です。この部分の成長が残り2話で上手く描かれることを祈っています。

徒の炎の色は……制作の都合なのか、かなりいい加減ですね。特徴的なメリヒムの虹色でさえ、それっぽかったのは最後だけだった。なにやら「おじさま」発言を聞く前にヘカテーがピンチ!?な予感がするのは気のせいでしょうか。この後、22話感想を書きます。
 
 

スクールランブル ♯168

うっひょー。世は無常とか言っていたら、八雲メインのバレンタイン話がキター!!
でも、相変わらず八雲の気持ちはハッキリしないままなのかぁ…。端的に言うと、一歩進もうとして一歩も進まなかった話でしたが、それでもチョコを渡す男性として播磨を意識していたし、その点は満足しました。

以前なら、天満が播磨を呼び出して勝手にチョコを渡すセッティングをしそうなんだけど、余裕がないだけなのか、はたまた播磨を八雲の恋人として認める気がなくなったのか。迷惑なことが多いけれど、やはりお姉ちゃんパワーがないと進行が辛い。

そんな八雲は、店内から外はよく見えないから大丈夫と言いつつも、しっかり播磨に気づくし、仕事中もずっと外を気にしていました。一応、想いは育ちつつあるのかな。そうだと良いのだけれど、気持ちに踏ん切りを付ける絶好のイベントが過ぎてしまったので、どうなるか心配です。この分だと、播磨と天満の関係が変わらないと厳しそうだ。

しかし、本当に八雲は献身的です。わざわざサバミソ定食を作ってあげたり、団子や飲み物奢ってあげたり…って、播磨よ、後輩の女の子にそこまでさせるなよ! 天満ストーカーなのは目をつぶるにしても、これでは八雲のヒモだな。

でも播磨がずっと居たという事は、天満もずっとメルカドに居たわけで、塚本姉妹はどちらも想う相手に渡せないまま終わりそう。来週もバレンタイン話は続くのだろうか? その場合、満を持して主人公天満、ではなくお嬢の予感。それとも5人娘全員のチョコが花井の元に集結する超展開、な訳ないな。

そしてオチの姐さんのグッジョブ&ハイタッチから察するに、やはり先週のヤバイチョコは姐さんのスナイプであると断定して良さそうです。花井にとっては、地獄の底に行ってでも欲しかった八雲のチョコが危険物扱いですからね。花井イジメここに極まれりです。でも、八雲さん。やり場が無くなった物を何でも伊織にあげるのはやめましょう。
 
 

トリニティ・レス

コメントの返信は貯める物じゃないと思いつつも、はや一週間。現在、このブログの三本柱であるシャナ、スクラン、Fate関連のコメントへのレスです。長すぎるので、続きを読むで全文表示します。

・White Snowさん
・Mrリバウンドさん
・Tさん
・ウエストさん
・晴天快晴 空さん

どうもありがとうございました。
 
 

Fate/stay night 第09話 「月下流麗」

ライダーが何をしたかったのかは意味不明でしたが、慎二の命令だからなぁ。肝心の戦闘シーンは以前よりかなりマシになったので、この勢いで頑張って欲しいものです。とはいえ、セイバーVSアサシン戦はゲームのエフェクトをそのまま使ってるよ、おい、でしたが……。動きのある戦闘はライダーに持って行かれたのが残念だけど、TVアニメだし我慢か。プロモの流用もしていたけど、人外バトルならこの程度はやってくれないと困ります。

前にゲームの方が迫力があったと書いた通り、斬撃エフェクトは良いエフェクトです。しかし、燕返しまでそのままだったのにはさすがに参りましたが、後でフォローがあったからまあいい、か。

小次郎の秘剣を受けて、セイバーも遂に剣を解放し始めますが物言いがついて勝負は延期。だけど剣を解放しただけで強制スリープしちゃったので、宝具を使ったら間違いなくヤバイね。そしてそれに気づいていたアサシンの眼力は凄すぎます。Fateルートではおじゃんになった彼との再戦があるといいなあ。

そして舞台は衛宮邸に戻り、凜を含めた三者面談に。セイバーは相変わらずの調子だったけれど、「自分よりも他人が大事」という士郎の性格に思うところがある模様。やはり似た者同士です。セイバーが、士郎の自分が戦うという無茶な主張を、士郎の鍛錬をすることで認めるとは、絆がちょっぴり強くなったと感じさせるお話でした。

さて次回はタイトル通りの幕間ということで、イリヤとの公園デート&お風呂でドッキリイベントとサービス回の模様。こういう時にも本編の重要な伏線をちらっと進めてくれると嬉しいな。
 
 

灼眼のシャナ 第21話

みんなの予想通り、シャナとの溝が埋まらないうちに悠二君は囚われのお姫様となりました。って、シャナが~~!? まあ、次回予告によると、シャナ王子様はヴィルヘルミナと共に救出に向かう模様なので安心か。あと次回は、やっとヘカテーの出番がたっぷりありそうだ。今回、「私は貴方の物ではありません」は聞けたので、残る「おじさま」に期待しております。

シャナは、何時着替えたんだよ?というツッコミをしたくなる制服姿で悠二を助けに入りますが、心は未だ迷ったまま。あわや本気でヴィルヘルミナと戦闘開始か、と言うところでアラストールがフォローして事なきを得ますが、自分がどうしたいのかが全く見えないままでした。

シャナの混乱は、悠二が一緒に街を出ると宣言しても変わらず。悠二の理由が「街を、みんなを守りたい」からなので、無意識にシャナが求めていた答えと違うせいだろうな。シャナは「君と一緒にいたい」とかその気持ちの先にある言葉を聞きたかったのでしょう。

一方の悠二はシャナが求めていたはずの決意を伝えたのに何故か怒るし、訳分らない状態。フレイムヘイズ=シャナと考える悠二には想像も出来ない展開なのだろうけど、やはり鈍感は犯罪ですね。それでも最後のあれでフォローは入ったはず。そろそろ気づけよ。

このお互いの齟齬は、シャナが的確なフォローを貰えた原作との違いが上手く生かされていました。

しかし、今回のサブタイトルはシャナよりは吉田さんの心情にこそ当てはまりそうです。だって、せっかくの告白が、坂井君は人間ですと言ったことが、街を出る決心に繋がったなんてショックですよ。ちなみにお守りの効果は封絶の感知&行動可能の模様。これで吉田さんも蚊帳の外にはならずに済むけど、それ以上の機能はなさそうだなあ。

それから最近株価が鰻登りの佐藤&田中は、悠二と一緒に街を出ると宣言。佐藤と違って田中よちょっぴり未練があります。そういえば、オガちゃんはどうするんだよ! つか、どうしたんだよ?

そして今回最大の被害者はヴィルヘルミナさん。愛娘同然のシャナには刃を向けられるは、シュドナイに浚われそうな悠二を破壊しようとしたら……。フィレス関連の苦悩はないけど、やっぱり辛い役回りです。でも応援していますYO!

シャナ21話アイキャッチ
高さは違うけど、天下無敵の2TOPなのであります。身(ry
CM前にSEがなかったのが、心情を表していて印象的でした
 
 

スクールランブル ♯167

これがラジオ効果なのか、バレンタイン戦線主役は、まさかの姐さん!!
ストーカーしていた天満と美琴はこのまま描写なしで終わりそうだけど、途中で抜けたお嬢は来週やるのかな? 個人的には、一切描写の無かった八雲も絡んで欲しいと思いつつも、今更修羅場る理由もないし、来ないだろうなと諦めています……。ああ、世は無常なり。

こうして煩悩を捨て去れば?、間違いなくほとんどの読者から期待されていなかった晶主役のバレンタインは素直に面白かった。特に、理事長室に転がる謎の甲冑。最近シャナにはまっているので、天目一個にしか見えないYO!

晶が理事長室からどうやって出たのかとか、野球部はさておいて、西本との密会には思わずええーっ!? でも、逆に何か包みを貰ってるんだよね。西本からのブツはエロ関係以外考えられないが、それともバレンタイン戦線の個人情報収集か? お嬢のバレンタイン奮戦記(撮影失敗)なら謝る理由も納得だけど、謎が謎を呼ぶ密会でした。

そして舞台は神社へ。そこで待っていたのは修治。まあ、こいつなら納得です。皆で分けてと完全義理チョコなのに、一つだけ食べるとトンデモない目にあうチョコが……。修治は、そんな危険なチョコは持ち帰ってくれと当然の対応。姐さんも素直に従うし、天満と美琴も納得して一件落着かと思いきや、強烈なオチが待っていた。

姐さんは、帰り道にいわくありげに危ないチョコを見つめていましたが、おもむろに放り投げるとチョコは、花井の口の中へ!! 姐さんの本命チョコゲットおめでとう?

宣言通りの強烈な効き目に、やっと帰ってきた花井が一発でダウンします。だけど、譫言が「ヤークモただいま」って!? あの話は実話だったのだろうか?
実話だった場合、この譫言からして残る気だったのを姐さんが叩きだしたのかもしれません。だから顔が黒かった? ……カイトマンネタなしもちょっぴり残念かな。

しかし、晶は花井には終始キツイんだけど、理由あるのかな。実は花井があの人で、すっかり晶のことを忘れていて怒っている、なーんて展開ならうっひょーだけど、無茶すぎるな、うん。

無茶といえば、スクラン二学期を制作するコメットも心配です。4月からベムリメイクまで始まるそうで、おいおい大丈夫?と心配せずにはいられません。先週のCapetaみたいに無駄CG祭りをやる体力は果たして残っているのだろうか。それでも、スタッフの愛は知っているので、何とかしてくれると期待しています。
 
 

Fate/stay night 第08話 「不協の旋律」

やっぱり戦闘シーンがないと安心してみていられるというのが第一印象。次回は、セイバーVSアサシン、そしてライダーVSキャスター?とバトルメインの展開になるので、汚名をそそげるかに注目です。ちなみにアサシンの声は三木眞一郎! Fateの男性声優は皆ハマリ役ばかりで良い感じです。

話の流れは、慎二からの協力要請を断って家に帰ったら、またも帰りが遅いとお冠なセイバーさん、そして凜が押しかけてキター! あとはそこからのトラブル解決?と楽しい日常パートでした。タイガー曰く「どこのラブコメじゃーっ!!」な押しかけスクランブル状態。そういやあのゲーム発売されたらしいが……興味ないし、まあいいや。


押しかけ凜
表は笑顔で、裏は……なシーン。さすがです遠坂様!常に優雅たれ

今回最大の見所は、桜が聖杯戦争に関わらないように、もう士郎の家に来るなと凜がプレッシャーをかけるが、跳ね返す桜のシーン。そしてあっさりと凜に言い負かされるタイガーのコンボでした。

桜は内心、とっっっても思うところあるはずだけど、あえて士郎の前には見せないように健気に頑張る本当によい娘さんです。今の所…。あと今回もタイガーは愛されてるなあと痛感。彼女なしにアニメFateは語れません。

それから、マスターとサーバントは似た者同士になりやすいと説明があったように、士郎とセイバーは単独無謀イノシシ武者同士。セイバーは、妙に冷静な士郎の態度に満足できず、一人で暴走して龍洞寺に突撃。いよいよ久々の戦闘シーンです。今度こそ頼むぜスタッフ!
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。