スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ガンダムSEED DESTINY 第41話

前回総集編はデュランダル視点での回想+新要素もあったからまだ見れましたが、今回は本当に何も捻りのない総集編でした。

本来なら満を持してのアスラン・キラ視点で、この戦争を振り返るはずでしたが、二人がとっくに主人公しているので、何も新鮮みもなく、ただ同じ事を繰り返し見せられているだけでした。

シンを邪険に扱いすぎたツケがここで出てしまいましたが、今回のシンはつくづく脇役ですねえ……。せいぜい心に傷を持つ共感可能な悪役、といったところでしょうか。……共感の獲得にも失敗している気がしますがね。
ちなみにシン役の鈴村さんはラジオで「だって主役はキラ様だし~」と言ったとか言わないとか。

このタイミングでこういう総集編を挟んだ編成意図は、時間稼ぎ以外には、これからはアスランとキラが主役であると示すためでしょう。しかし、シンが全然主人公していなかった脚本のせいで全く効果がありませんでした

しかし、キラはウズミ演説も持ち出して話し合いで解決しないといけないと言っていますが、力を持つ相手に話を聞かせるためには、話を聞かせるだけの力が必要なのも事実。それが新自由であり、AAであり、エターナル、そしてオーブなのでしょう。

AA組とザフトでは、結局力と対話の比率および微妙な方向性の違いしか感じられないというか、ザフトを無理に悪にしようとしているとしか思えないのがマイナス点。
正直、視聴者にとってもラクス襲撃が無ければ、議長が信じられないから反抗しているAA組は単なる国際テロ組織です。

そんな今放送でしたが、最大の見所は……次回予告ですね。ストフリとドムが地上で活躍(益々嫌な予感が…)、新正義登場、そしてネオがAAの危機を救うため戦う!?
来週は時間変更のおまけ付きなので注意しましょう。



レス
・ウエストさん

> 鈴子・ジェラード
確かに見た目、活躍して無いように見えます。ひょっとしたらその通りかもしれません。
> その一番の原因は間違いなくマリリン戦でしょう…。あの時は速攻で気絶してリタイアでしたから。その隙に(?)他のメンバーが活躍しましたからね。
> 特に佐野と森は分かり易いほどに…。でも、彼女も活躍してます♪アニメでも始まるドグラマンション編、あとブチ切れたりとか。
> 彼女はマスコットでもあり、立派な戦闘メンバーです!個人的には5人目のほうが…(汗

鈴子が活躍してないように見えるのは確かにそれもありますが、ぶち切れた原因も活躍してないじゃ無かったかな。
五人目は本当になんだったのでしょうね……。

> PSP、未だに誰のシナリオもクリアーしてない始末です。今日、久々にプレイしたのですが、2週間ぶりでした…(汗
> 種デスの総集編、なんだかぁ…。そんな心境。

それは……いくらなんでも。実は最終章だけキャラを変えてプレイすれば八雲まではすぐにオープンします。ウエストさんはPS2版を買ったはずでしょうが、各所の感想を見るにつけPSP版は相当恵まれている模様です。
ちなみにおつかれサマーシートを近日入手予定です。もちろんゲームは買いません。

・イドミズさん
> マガジンSGは天満編のしおり以外全てもっているので……どことなくうれしさが見つからないのですが……てん
> PSPの2.0VERは壁紙機能がついたので自作してますw
> ……GIF対応になったのにアニメGIFは対応していないのがちょっとなぁ……

SG増刊はしおり持ってない人以外、スクランファンが買う理由は無いですね。大きな絵で播拳蹴が見られたのが意外に収穫かも!?
PSP2.0はかなり機能が増えたんですね。そのうちファームアップを考えるかも知れませんが、実質室内専用の状況では新機能のほとんどが意味無いのが辛いところです。

> ちなみに……いまさらだが笹倉先生の愛車って……NSXなんだろうかそれともNSX-Rなんだろうか………
> 顔はNSX-RなんだけどケツはNSXなんだよなぁ……8巻のおまけマンガに出てきたNSXはレース仕様(だったと思う)だったし………一体どれなんだろう?

おまけマンガだとアキュラNSXで、マガスペのは北米仕様のNSXらしいです。
何でわざわざ北米仕様なのか考えてみたのですが、国産スポーツ車だと280馬力制限がかかっているので、回避のため?
もしそうなら、笹倉先生は根っからのスピード狂だと思います。
スポンサーサイト
 
 

マガジンSG増刊号&レス

既出ばかりで価値はいまいちでしたが、しおりを持ってないので良しとします。
特別長編を書いた時とは、忙しさが全然違うのでしょうがないです。
ちなみに、カットされてる八雲の分は別の機会で見たのですが、ギャグとしては明らかに他四本からレベルが落ちていました。カットされてもしょうがないけど、何か切ないな。

初期作品から夏の終わりの戦い、そして文化祭などスクランの名場面集になっていますが、漫画ネタがなかったのが寂しいところ。八雲が絡んでいる話は基本的にギャグよりシリアス分が高いのでショートギャグと銘打たれると収録しにくいです。動物ネタもギャグというよりちょっと良いお話でしたしね。

スクランだけだと勿体ないので、とりあえず濱中アイを読んでみよう。



レス
・イドミズさん
> アニメ……そうか…そんな時期ですか……
> アニメの時間は大抵仕事中か熟睡中ですなぁ……(亡)
 業界にいるからといって、やはり実際に見てるわけでは無いんですね。スケジュールもノルマも厳しい仕事だから当然か。

 エウレカセブンのED絵は本当に凄いですね。どうやって書いたんだろう? 2クール目から変わってしまってちょっと残念です。
 エルフェンリートの原作は……ねえ。デッサン目茶苦茶なのは作者も認めています。最初はみんなネタ漫画として見ていたんですが、いつの間にか引き込まれていたという恐ろしい作品です。最近はデッサンもかなり普通になってきましたし、アニメ化された7巻まで見ると印象が変わると思います。
 ガンダムフルマラソンは昔やりましたが、違う世界が見えるので止めましょう。

> PSPから書き込み
> 沢近のキャラが少し変わってしまった感じのする今回。
> ますます天満が高校の受験に受かったのか謎が深まる
> 追伸
> PSPでの書き込みは面倒だ
PSPは2.0のファームからwebブラウザが標準搭載されましたが、やっぱり文字入力は面倒なんですか。私はファームアップしてませんが、つくづく微妙な機種ですねえ。
 現在、私のPSP唯一の用途であるスクランゲームはのんびり進行中です。噂ではサラ視点があるそうですが、道のりは険しそうです。

・ウエストさん
> シロクロさんの正直者♪
 正直すぎたかな。うえきは、速水奨さんや大塚周夫さんみたいな大御所クラスを中学生役に起用したスタッフは凄いと思います。
 アニメ化当時からハガレンに似てると言われてましたが、エドVSエンヴィー対決とはやっぱり狙ってるんでしょうかね。
 新EDは確かに鈴子が目立ちますが、鈴子は仲間になってからそんなに活躍してなかったような……? 確か原作でもネタにされてた記憶がありますが、みんなのマスコットだからそれでいいのだ!

> 種のアカツキ情報、ためになりました♪でも、0083は見たこと無いです…(涙)。
> イザークの後ろのMSってグフではないんですか?公式HPでアカツキを見ましたが、種の中でもトップクラスのカッコよさ!!見て損は無いと思います。ドムのパイロットが出てたのはどうかと…(汗
 0083はかなり後から作られたお陰か、初代と同じはずなのにMSが格好良いですよ。そんなに長い話ではないので、見て損はないと思います。

 イザークの後ろのはグフか。ザク、グフ、ドムと来たら次は……と思いこんでいたせいで、失礼しました。
 ドムパイロットはOPで見せてるし、黒い三連星をそのままパクってる時点でどうでもいいです。どうせ最終回近くで殺すんだろうから、構図をそのままパクるなよ、とお祈りしておきます。

 
 

スクールランブル ♯140

八雲おそるべしっ!!(天満談)
右の絵だけ見覚えがありませんが、既出絵とはいえ破壊力抜群なのが3枚も並ぶと壮観です。中でもワンダー表紙から何度も利用されてる水着姿の八雲は最高だぜ!
八雲は作中ではまだ15歳半ば。そして天満も圧倒的質量の八雲の胸囲驚異だと思っていたのか! これで彼女が素敵な笑顔を身につければ完璧! そんな展開が来ることを心から願っています。
ついでにコミックの発売スケジュールも発表されていて、3ヶ月ごとに新刊が拝めそうです。

それにしても3枚共出番があるのにカメラのピンが来ていない天満は、例えるとカレーライスのライスなのかな……。無いと困るけど微妙に主役ではない、そんな感じ。その時の主役と共に盛り上げる、本編と同じ扱いといえそうです。

ちなみにプロレベルのポートレート撮影では、ピンが目と耳のほんの数センチずれるだけでピンぼけ扱いになる被写界深度で撮影します。そういう視点で見ると天満……、と思ってしまいますが、ここは姐さんの優しさを感じましょう。



さて本編は真っ当に期末試験その2。前回が播磨苦闘編とすれば今回は天満苦闘編……というか四人娘苦闘編ですね。天満に勉強を教えた高野・周防・沢近は本当にお疲れ様でした。

試験と言うことでモブの方々も出番があります。田中と永山がっ! 本当に吊り橋効果万歳!な事になってます。永山はサバゲーでの活躍以来、すっかり天満の和風美人属性をかっさらってしまった感のあるとても良い娘です。

田中がなんか羨ましいからいちゃもん付けてやると、マルクス=アウレリウスの時代は戦争をしないことを幸福と考えるなら幸福ではありませんでした。それまで盤石だったローマの防衛線が突破されたのは彼の時代で、皇帝自身最後は戦場で客死します。
ただし、彼が有能な君主であったのは事実ですし、人類(ローマ人)が最も幸福だった時代の終わりといえるでしょう。
これ以上は長くなりすぎるので割愛しますが、語る相手がいないと役に立たないぜ! チクショー!

そして梅と円は相変わらず梅にはきついやり取りが続いています。円は有名選手なので当然な扱いなのでしょうが、こちらはガンバレ梅!となぜか素直に応援したくなります。
久々登場の冴子はやっぱり猫科だなぁと思いました。稲葉の姉さん説が信憑性を増してきた気がします。そして三原はああ見えて、やはりかなりの常識人のようです。

さて、播磨と天満はどうしたのかというと……どちらも追いつめられています。
播磨は留年先生に取り憑かれたのかマンツーマンでの指導?で勉強に勤しんでいました。先週と漢字が違いますが誤植かな。

一方の天満は、播磨と違って現実逃避のあまり、たれぱんだ状態になって魂が抜けています。柱のツッコミが実現した方が個人的には楽しかったりしますが、二日とも壊滅した後でやっと烏丸君のことを思い出します。
でも、彼は来年はいないはずなんですが、……気にしないでおこう。

見かねた高野達が天満を救う展開になりますが、天満は想像以上の強敵でした。天然で漫才が出来そうな天満の解答には部外者は笑うだけですみますが、教える方はたまった物ではありません。

それでもなんとか物理を詰め込みますが、あまりの難攻不落ぶりに生き残ったのは氷の意志を持つ姐さんだけでした。やっぱり天満は凄いぜ!そしてこの時の沢近の百面相ぶりはとても楽しかったです。

もはや物理公式だけで頭がパンパン状態の天満にどう日本史を教えるかで悩んでいる時に美琴から素敵なアドバイスがっ!
「全て自分の好きな人に絡めて覚える」という美琴の素敵提案に、「ねえねえ、奥さん聞いた?」モードになる沢近と高野、そして必死に否定する美琴が楽しすぎます。

本人は否定していますが、間違いなく神津先輩を使って実践していたんでしょう。そうでなければ美琴がこんな素敵なアイディアを思いつくとは思えません。
烏丸君パワーが発動できるので、天満も乗り気です。八雲の心配事がやっと一つ解消されたようで何よりでした。

本当に徹夜したのかはさておき、烏丸君効果はバッチリでした。でも全て枕詞に「烏丸」が付いていては意味がありません。そしてそれをそのまま書き写した吉田山は真性のバカだと思いました。
終了直前に気づいた天満と気づかなかった吉田山で明暗が分かれた上に、留年先生に取り憑かれるとは哀れな奴です。隣が播磨でなかったのは選択科目だから席替えしたんでしょうね。


これで期末試験も終わり、公約されていた盛大な誕生パーティーが来週開かれるのか? そして播磨は絡むのか!?が焦点です。来週は合併号なので、素敵な展開を期待しています。
 
 

視聴アニメ決算レビュー&レス

4月からの新番組も終わったり2クール目に入ったわけで見てきた感想をどどーんといってみよう。

・スピードグラファー(放映中)
 前番組の巌窟王ほどの破壊力はないけれど、安心して見られる良作です。
 時々ヤバイ位グロいシーンに耐えられれば面白いと思うが、最近ややマンネリ気味。ラストスパートが掛かるかどうかが鍵。

・エウレカセブン(放映中)
 レントンのモノローグを多用した演出がマイナス点ですが、それを引いてもレベルの高い作品です。13時間前の作品よりこちらの方が好きなのですが、何というか語るネタにはしにくい作品。このまま最後まで頑張って欲しいと願っています。

・うえきの法則(放映中)
 原作通り進行してるので、しばらく見てない回があったけど、鈴子が活躍し始めてからは欠かさずチェックw
 良くも悪くも安心できる作り。川上とも子さんが観鈴ちんと同じ人とは思えない飛ばした演技をしてるのが楽しい。彼女たちを含め、上手い声優さんしか出ていないので安心です。

・トリニティブラッド(放映中)
 一応まだ見てるけど、スゲー微妙な作品。早々に見切りを付けて能登アニメのつもりで見てたら、能登さん出てこない…。そのエステルが最近やっとメインキャラになったみたいだが、いつ切ってもおかしくない。

 しかし原作のネタバレ読んて、不憫なアニメ化へと評価はちょっと変えました。シリーズ構成+クロノクルセイドを単なる鬱アニメにした富岡のせいにしよう。
 ちなみに春先まで許せない脚本家第一位はときたひろこさんでしたが、月姫の罪はスクランの出来で許すことにしました。

・その他
 フタコイは途中で切ってしまいました。キャプサイトで一応話は追っていましたが、見続けたら評価は変わったのかも知れません。しかし、そこまで引っ張れなかったのもまた事実。

 エルフェンリートは実質再放送なので、今更語ることはありません。私が初めてDVD全巻揃えた作品です。グロシーンに耐性があれば、見て絶対に損はしない良作です。

・今期の期待作
 フルメタTSRがダントツ一位。実際に素晴らしい出来です。ふもっふのコメディ路線からシリアスに変わったのでちょっと不安でしたが完全に杞憂でした。
 こうなるとGONZOが作った1作目が微妙だったのがちと惜しい…。だけど、能登さんを風間役にした人は偉いと思います。でも、開花したのはふもっふの時でしたけどねw

 あとはガン×ソード、かみちゅ。D.C.S.Sは…音夢かさくらが再登場してからでいいや。前作も面白くなったのは後半のシリアス展開からでした。あれは神がかっていたと今でも思います。



レス
・イドミズさん
> 得点のチケットの裏に判子はおされているのかきになるのぉ……
>判子はないです。パーティーの時には、チケットの文章からみて、会場の場所が押してあったのでしょうか?

> あの期間にいったい何回遺体として転がっていたことか(笑)
> ちなみにアニメに出てきたドジビロンロボとその後漫画に登場したドジビロンロボはほんの少しデザインが違う(漫画のほうが初期デザイン)
……お疲れ様です。スクランの作業は天国だという話でしたが、CGは時間掛かるのかな。
デザインの違いは分かりませんでしたが、特典のラフ絵を見て格好良いなと思いました。

> >放映当時気づかなかったんですが、敵ロボのSEがちゃんと入っていたり細かい仕事がしてあります。流星雨もCGでしょう。
> 当時本社で転がっていた遺体の数の愛が込められています
あの流星雨には、100やそこらではきかない数の遺体の愛がこもっているんですか。アニメ作りは本当に大変なんですね。ご苦労様でした。

・ウエストさん
> シンにいい餌を議長は与えましたね。ネビュラ勲章にフェイスの紋章。
> レイにもフェイスの紋章与えたのにルナマリアに何もなしというのはえこひいきです!
> ユウナに関しては一言です。「バカすぎる…」
お陰で独断専行してもシンを咎められる人がいなくなりました。悪役路線をひた走らせるため…なんだろうなぁ。ちょっと不憫です。ルナはしょうがないよ!
ユウナは嫌味な奴だけど判断は真っ当だったんですが、完全にバカキャラにされてしまいましたね。でも、こいつがいなければ話は数倍シンプルで面白くなったはず、と考えるとこれでもいいか。

アカツキの装甲はPS装甲ではなくてビーム反射素材だそうです。0083を思い浮かべればいいのかな。カガリが実際に戦わない分には目立つし、金ぴかも含めて良いデザインだと思います。さすがに百式の名前はパクりませんでしたが、EDにはイザークの後ろにゲルググにしか見えない機体が…(汗

虎サメはOS載せ替えたのか、キサカさんもコーディネーターなのか? 確かに気になります。
というか、虎サメがまた出てくるとは思いませんでした。さてフラガは一体何に乗るんだろう。

南里さんが歌っていたカガリのテーマ曲は良かったです。さすがとしかいいようがない歌唱力でした。あのインタビューの人と同じ人にはどうしても思えないのが怖いところです。
 
 

ルパン三世SP 天使の策略 夢のカケラは殺しの香り

能登さんが出演するということで、10年ぶり位にルパン三世SPを見ました。しかし、時の流れの無情さを感じたというか、何というか切ない2時間でした。

下手に似ているから未だに耳になれない栗山ルパンはこの際置いておくとして、久々に聴いた銭形、不二子、五右衛門の声が軒並み老け込んでしまっていて、嬉しさよりも悲しくなりました。
特に銭形警部の声から生気が抜けてきているのはマジでショック。不謹慎な話ですが、覚悟を決める日は近いかも…とさえ思ってしまいました。

曲がりなりにもドラえもんのキャスト一新が成功したようなので、ここらでルパンもまとめて変更した方が良いと本気で思います。
ただし、肝心の話が面白くなければ意味がないのですが、ここもヤバイなあ…。

話のオチが最初から最後まで読めるストーリーなのはルパンの新作としてどうかと思います。あと最後のエミリーの場面は、銭形を絡ませて欲しかったなぁ。あれじゃ折角の父っあんの感情が意味無いので、勿体ない。
いっそのこと、城平さんに脚本書いてもらえば、常人には予想のつかないストーリーになるはずですが、今作を見ていて見え隠れする予算の問題から難しそうな気がします。

こうした訳で作品自体はかなり辛口の評価にならざるを得なかったのですが、能登さん自身は良い演技していたと思います。
ちょっと強気系の演技に、心の壁が崩れ去った後のいつもの声での独白、そして最期。どれも声の良さと相まってこの時だけは幸せな気分でした。
それに内面描写があるのは事実上ソフィーだけだったので余計印象深いキャラになりました。これもシナリオの問題点と言えそうですがね。

ルパンを一躍国民的アニメに仕立て上げた宮崎監督が言っていた「若い世代が育っていない」という言葉を如実に実感する羽目になった今作品。
そろそろ本気でてこ入れしないと、ルパンシリーズ、ひいては日本アニメそのものが終わってしまいかねないと感じてしまいました。しかし、それだけは一ファンとして避けて欲しいものです。
 
 

ガンダムSEED DESTINY 第40話

冒頭はネガ反転での回想シーンですが、悪夢感を出したかったのでしょうが、滑っています。キモイよ。さすがのシンもアスランとメイリンのことはトラウマになっているようです。そしてシンを見つめるレイの視線は、使えなくなったら背中から撃ちそうな気がします。

そしてシンとレイを二人まとめてフェイスにする議長の思惑は? こうまでしてミネルバに偉い人を作りたがるのは、タリア艦長に自由に動かれるとまずいのかな?

一方、オーブ側ではあっさりとジブリールを匿ってるのがばれますアークエンジェルは全然ばれないのに、ジブリールが来た途端に情報が漏れるのは、セイラン家やジブリールに人望が無いせいなのか、実は猫がスパイなのか?

早速、議長はジブリール引き渡しを要求しますが、ユウナはあのバカにした口調で舐めた返答をします。この状況でよくそんなことが言えるなと別の意味で感心しますが、怒った議長は戦闘開始を命令します。
それにしても二年で完膚無きまでに破壊したマスドライバー再建しているとは、凄いぞオーブ!

もう居場所がばれてるのに余裕綽々のジブリールは、自分が宇宙に行ってレクイエムを奏でれば、と謎の発言をします。奥の手があるなら早く使えよ、と思ってしまいますが、親父との会話にならない会話が楽しすぎます。

そんなこんなで戦闘開始。初動の遅れと士気の低さから防戦もままならない状況に、見ている方もユウナの態度に軍部の方々同様に不快指数急上昇。そして、ついにカガリが立ち上がります。父親の遺産という百式アカツキに乗り込み、まずは軍部掌握に成功します。

ここでのカガリはクレタ沖での苦い経験を生かしてまずユウナに自分が国家元首だと認めさせてから逮捕するという高等テクニックを披露します。この時の発言だけは唯一のユウナGJでした。そしてユウナをぶん殴って逮捕した軍部の方々もナイス! やっとスッキリした。

あとはジブリール引き渡せば何とかなるかな?という所までこぎ着けますが、ミネルバから「俺がオーブを焼き尽くしてやる!(違」と決意したシンがカガリの前に現れて引き。

そして来週は……総集編!
このタイミングで総集編ですか~。へー、ほー、ふ~ん。種の時代から分かっていたことですが、シリーズ構成は逝ってよし。
その次でアスラン復活と。登場タイミングが目に見えるようだ。頑張れアスラン。そしてメイリン。髪下ろしてる方が絶対ツインテールより可愛いぞ!



いや~。地震凄かった。震源近いので、久々にズシーンと下から来ましたが、少し停電しただけで物が崩れるほどではありませんでした。
電車はえらい影響が出たみたいで、家にいて良かった。
 
 

アニランDVD 第7巻

Anirum07-1s.jpg


一条のデート話、というよりドジビロンが素敵ソングと共に全てを持って行ってしまった放映当時大反響の回と♭とナチュラルの傑作選、そしておにぎりにとって記念すべき八雲担当開始&体育祭への助走の話と今回も見所沢山です。
その上今回は特典が豪華で、流星群の話は各話チャプターにスクィーズ版(16:9)が収録されています。さらに特典映像にはドジビロンノンテロップED収録。そして東プロデューサーのコラムで話題になった打ち上げパーティーの招待券に使ったドジビロン映画チケットも封入されています。CG部も忙しかったはずなのにここまでやった遊び心に乾杯! そして視聴者に還元してくれたどこかの偉い方、ありがとうございます。

インタビューは、ヤンマーニで一躍歌手としても有名になった南里さん。彼女の演じる一条登場回のみ、CMに主役をやったガンスリンガーガールのCMが流れるという期待の星?です。

7巻の特典映像
「南里侑香×一条かれん」インタビュー

scrum7-2.jpg

 ・スクランの感想
  第一話をみんなで見たが、あまりに面白くてお腹が痛くなってしまった。
  
 ・一条のイメージ
  男の人がビックリするくらいの力持ち。腹筋を一日何千回もやっているんじゃないかというスポーツオタクというか、スポーツに毎日励んでいるとても不思議な女の子。
  でも、性格的には凄く引っ込み思案で、ある意味とっても女の子らしい繊細なかれんちゃんです。

 ・一条と似ている点
  おどおどして中々声が前に出なかったり、人見知りする点が被っている。自分も凄く仲良くなった人とはわーっと話せるが、初対面の人とは自分から話しに行けない所が似ている。
  
 ・一条との似ていない点
  普通に考えて、あり得ないくらいスポーツばかりやっている。

 ・自分と似ているキャラ 
  これが私だ、といえる子がいなくて一番似ているのは自分が演じてるかれんちゃん。
  凄くスポーツが得意なところは似ていないけど、普段の性格が似ていて頷く部分が多い。

 ・やってみたいキャラ 
  やってみたいキャラはいっぱいいる。晶ちゃんにも憧れているけど、一話をみて一目惚れをしたのは天満ちゃん。

 ・それではやってみましょう!
 「烏丸君が私を見てる。烏丸君が私を見てる。烏丸君が私を見てる~」
  こう言っていた天満ちゃんが可愛くてKOされてしまいました。。

 ・高校時代
  高校時代は女子校だったので、いつも夢見る乙女でした。共学に通ってる子の話を聞くと「あ、いいなあ」と思っていた。
  でもそれなりにとても楽しくて、高校生の頃は無邪気に色々なことを夢見ていたなあと思って、懐かしく思ってしまう。一番の青春時代だったのかな。

 ・スクランの魅力
  現場も含めて、出ている人、登場人物がみんな凄く生き生きしてキラキラ輝いているな、と思った。OAを見た時に本当に高校時代のワクワク感、ドキドキ感を思い出す。
  お話はもちろん、台詞と台詞の間とか笑える部分が凄く多いので、笑いが詰まっているスクランは最高だと思う。

 ・ファンの皆様へ
  私も凄く個人的に楽しんでいます。一条かれんという私の役は他の登場人物とちょっと違うと思っていて、凄く可愛らしい、そしておかしな不思議キャラだと思っているので応援よろしくお願いします

 ・一条で一言
 「あなたの大切な人はいつも傍にいる」

次回は「浅川 悠×刑部絃子」「大原さやか×姉ヶ崎妙」



・キャラ設定資料集
 一条かれん(制服、作業着、アマレス、私服)
 天満、ララ(アマレス姿)
 ドジビロン(ピンク、ブルー、レッド、イエロー、グリーン)
 ドジビロンロボット
 マラカスコング(敵ロボ)
 笹倉葉子
 八雲(ウェディングドレス)
 サラ(シスター)
 八雲(メイドVerウェイトレス)
 ララ(制服)

・美術資料  
 矢神高校(トレーニングルーム)、教会(外観、礼拝堂)、矢神ギャラリー、ララの生まれた町

・版権画像
 パジャマパーティー(四人娘+八雲、サラ、かれん、ララ)
 体操服でズッコケ天満



インタビューはごく普通でしたが、これがヤンマーニ歌っていた人とは思えないというのが第一印象。マイクを握ると性格が変わる方なのでしょうか?
なんかこの辺の性格や歌が上手い設定が、一条にフィードバックされている感じがします。

ポストカードはトレーニング中のかれんとドジビロン集合ポーズでした。メイド八雲や振り袖八雲は次巻で……来ないだろうな。あと版権絵にはあまり興味がなかったのですが、今回のパジャマパーティー強化版はツボでした。みんな可愛いし、髪を下ろしたサラが凄く新鮮です。
書き下ろしBOX絵と通常ジャケ絵はどちらも気に入りました。特に通常版はやっと八雲が可愛く描かれるようになってきました。

放映当時気づかなかったんですが、敵ロボのSEがちゃんと入っていたり細かい仕事がしてあります。流星雨もCGでしょう。歌の一番良い部分を使った演出と相まって素晴らしい出来でした。だけど、「ここでキスしちゃっていいかな?」の時の台詞の間と八雲の表情が素のままなのはなぜだ~~!!



レス
・イドミズさん
かれんまで手を出したのは暴走属性持ちだからと言うことで。
PS2ご臨終ですか。南無。今時煙を吐くとは中々壮絶な最期ですね。

> 追伸(遺書)
> お仕事フィーバー!!
> 一人で……60くらい掛け持ち!
> あっはははははは………
> ………
> ……
> …
> お仕事増えたー(喜)
60カット掛け持ちという事なのかな? CGの場合、どうなってるのか知りませんが、段々遅くなってきている書き込み時間から、忙しいのは良く伝わってきます。
喜んでいるんだし遺言と言わず、約束のあの日まで生き延びてください(笑)
それにしても、大幅増員したという噂のCG部ですが、大変みたいですね。ひょっとして増やした人員が使い物にな(ry
 
 

スクールランブル ♭30&レス

先月号のお風呂セットの申し込みを忘れていて締め切り当日に申し込みました。正直な所、今月号のテレカみたいな方がありがたかったんですがまあいいや。届くのを楽しみにしています。

書いてる途中で寝てしまい、投稿が遅くなりました。
今月も本編のSide-Bという事で、ララの髪型チェンジ話でしたが、予想外の面白さに笑わせてもらいました。
美容院代は結構高いから、ララが自分で切ろうとしたのは自然ですが、自分で自分の髪を切るのは目茶苦茶難しいのでやっぱり失敗……。

でも、ララの趣味には合わなかったかも知れないけれど、失敗した髪型も十分キュートでした。しかし本人が失敗と思っている以上、そこはやはり女の子。他人には見せたくないのでほっかむりで髪を隠して一条に相談しますが、そっちの方が目立つよ!

困った一条は早速親友の嵯峨野に相談しますが、勧められた美容院はナウバード。一条もよく知ってるようですが、戸惑っています。
嵯峨野のあの難しそうな髪型をセットしてくれる腕の良い美容院という事で、ララ美容院初体験。
ララはプロのシャンプーテクニックにご満悦でしたが、―――やっていたのは天敵の今鳥でした。気づいたララは早速挨拶代わりのバックドロップをお見舞いしますが、あのスカートなら当然見えて良い物が見えないのがスクランクオリティです。

言われてみれば、ナウバード(今鳥)という安直なネーミングでした。今鳥は家の手伝いをするタイプに見えませんが、テクニックはそれなりにあるようなので、かつてお姉さんに頼まれて積極的にやっていたのかな? そして今鳥がララの相手をしたのは、きっと嵯峨野の陰謀でしょうw

矢上町では知り合いが多すぎるので、遠征をすることにしましたが、一条が珍しく見栄を張って渋谷で切っていると答えてしまいます。
おそらく一条が美容院を紹介するのに困った理由は、ここの常連だったからでしょう。それをララに言えなくて次なる悲喜劇の幕が上がります。

渋谷に着いた二人ですが、渋谷名物スクランブル交差点のあまりの人混みに呆然とします。初体験のララはともかく一条は、直ってきた内気属性が発動してしまった模様です。

ぐるぐる目玉になって、白状してララに謝る一条が原点回帰したかわいさでした。そんな訳でパニック状態の二人に渋谷名物?のナンパ男が声をかけた所、問答無用でぶっとばしてしまい、渋谷のギャングと全面戦争に突入します……。

相手がヤクザなら講談組が王道ですが、ギャングなので渋谷マーベラス。マーベラスといえばアニメやゲームでお世話になった会社ですね。しかも本社が渋谷なので、笑うしかないネーミングです。

普段見ることのないタイプのモブ子さん達も結構可愛いなぁ、と別の所しか見ていませんが、そこは作中最強の武神二人。あっさりとギャングを全滅させて一躍渋谷の女王に躍り出ます。

一条はこの段階で逃走したのか、ララだけが取り上げられますが、ほっかむりがララ・ルックと呼ばれ流行ってオイオイ…。
さらにはCDまで出して全国デビューか!?と思われましたが、売り上げは散々だった為、元の生活に戻ってしまいます。
色紙を見ても分かるとおり、素材は良いので、もし一条とのペアだったらそのまま違う世界の住人になったかも知れません。

結局どこで髪型を整えたのか不明ですが、今の髪型になるのにものすごい紆余曲折があったお話でした。



レス
・イドミズさん
> 今回のPs2版スクランはさすがに発売日に買いにいけそうにない今日この頃……
> ………って八雲がーーー
> なんてこったい………
> 留年先生………夢にでてきそうだよ
元々PS2を持っていない私はゲームの方は完全スルーですが、オマケの数々にだけは心惹かれます。値崩れしたところで中古に手を出すのが良いかな?
でも、何か面白い話があれば遠慮無く教えてください。

♯は面白かったんですが、確かに最後の八雲留年先生はマジヤバイ。予想に反して今後に意味ある話だったら、天満の進級もマジヤバイ。でも私が一番怖かったのは弁当箱の顔ですね。

> とりあえずPS2の花井は許せないとだけ逝っておく
> あと万石サイコー
えと……、花井が一体何をしでかしたんだろ? 万石は格好良いね! ホランド最高ー!(違

・通りすがりさん
文字だらけで色気のないブログへようこそ!
ヴァンパイア十字界は単行本も全部持っていますので、当然宇宙人襲来が初期構想だったのは知っています。
知っていてもああ書くしかない発想と蝶・展開っぷりですが、1巻の後書きに他とは違う物にしてやるという意気込みが書いてあったので、これからも読者が予想できない路線をひた走ってくれるでしょう。
アーデルハイトが宇宙人側にいたって驚かないぞ!

ちなみにスパイラルの方は最近の物しか見ていないのでさっぱり分かりません。ダイジェストを見て初めて元は推理物だったと知りました。
 
 

スクールランブル ♯139

うわーーい。播磨の誕生日が華麗にスルー! マガスペも同時発売で忙しい!
先週、柱で確認までしてたから、てっきりセットでやると思っていたのでちょいショック。来週か来月の♭でやるのかな? ♭だったらうっひょーな展開が期待できそうです。
今回のはスルーのダメージは結構あるけど、話自体はとても面白かったです。

随分放浪したりテストもまともに受けてないわで密かに心配されてた播磨の進級問題がネタでした。そして、播磨に初ツッコミを入れた老教師が留年先生という怪談キャラとして再登場!
PFでは幽霊の女の子と同じ段でチラッと紹介されていましたが、まさか同類だったとは……。なぜか人間に優しい?お化けに好かれている学校のようです。

そんな訳で2話の留年だろ!は、一応取り返しが付く段階だったみたいで、それで進級できたのだと解釈しましょう。
それにしても今回はマジでヤバイのか会う人会う人の顔が全て留年先生に見えてしまい、女性キャラにまで魔の顔が迫ります
一条はおろか、沢近、周防、嵯峨野までも留年先生に見えて播磨は逃げだしてしまいます。

完全にノイローゼ状態になった播磨が頼ったのは……絃子さんでした。しかし疑心暗鬼状態の播磨はいきなり悪霊退散チョップをかましますが、絃子さんにあっさりと袖から出したモデルガンに受け止められて、きついお仕置きを受けます。きっとドアを開ける前のゴソゴソは、播磨の叫び声からこの事態を予期して武装を固めていたのでしょう。素晴らしいあうんの呼吸です。

「大体学校では絃子先生だろうが」と言いますが、刑部先生のはずでは……。単なるミスか、先生と付ければいいと考えるようになったのか知りませんが、とってもレアな眼鏡バージョンと相まって、うっひょーな瞬間でした。
相談前にいざこざはありましたが、絃子先生は播磨のオカルト話を真剣に聞いて、播磨の精神状態も考え最高のアドバイスをしてくれました。

それは、耳無し芳一作戦! 英単語を体の隅々まで心を込めて書き込むという、どうみてもカンニングにしか見えない対策ですが絃子先生の真意は?
そして真剣に実行するバカは尻にまで書き込みますが、本家同様耳には書いていません。しかし早速カンニングに間違われて泣く泣く消す羽目になりましたが、奇跡が起ります。

もはや進級は絶望的と諦めた播磨。しかし、何と問題が分かります!
しっかり心を込めて書いた事で、単語をちゃんと覚えたお陰のようです。つまり播磨は頭自体は悪くないけど、基礎学力が決定的に足りないパターンでした。絃子先生GJ!!
どうやら播磨はこれで大丈夫なようです。

そして一方、家に帰った天満が見たのは、留年先生顔の八雲でした。これは播磨が絃子さんの顔のままだったのに比べると、数段ヤバイ状態っぽいです。ちなみに個人的には高野の一人時間差は天満相手だったと考えてます。
勉強しないで食い歩いていたツケがやってきたのか?
妹と同級生になってしまうとお姉ちゃんの立場も大ピンチ!?

と書いたけど、天満は平気でしょう。多分これは、のっぺらぼうの話のオチなので、ビックリして終わりで続きがあるネタではないはず。
かつて英語の教科書でMujinaというタイトルで読んだことがあるので、英語のテストだったのもそのせいかな?

マガスペ分は朝までには投降予定。
 
 

ガンガン感想&レス

たまにはガンガンの感想でも書いてみよう。

・鋼の錬金術師
 ヒューズ中佐暗殺から根強く囁かれていた大陸錬成陣説が作中で否定されましたが、惜しいのも確か。もう一捻りの内容がまだ見えませんが、発動するとアニメ版を遙かに超える惨劇が起きそうです。

 対ホムンクルス戦はエンヴィーも参戦してきて、次号が楽しみ。

・ヴァンパイア十字界
 実はハガレンの次に楽しみだったりする。ヴァンパイア伝奇物だったはずなのに宇宙人が攻めて来るという城平さんの超展開が楽しすぎる。
 同じ雑誌でスパイラルの脚本も書いてるせいか、推理小説風に事実の並べ替えで次々と真実が変わっていく展開は見事。そして今回の話でストラウスの真意が見えた気がします。

 ブリジットの考えと違い、ストラウスは自分が王に戻っても結局は滅びると考えたのでしょう。これは以前の言動からも明らかです。しかしこのままにしていても血族は滅びてしまう。
 そこで、人間の恐怖と復讐から血族を守る為に、人間の力だけでは倒せない自分とアーデルハイトが人間とダムピールの共通の敵になるように振る舞ったのでしょう。そして真実を唯一人知るブリジットの口を当分の間塞ぎ、都合の良い噂を流布させたと推測します。
 ただし、これもブリジットが知らない空白の5日間にストラウスとアーデルハイトの間で何かがあったと考えるのが自然なので、まだまだ仕掛けがあるでしょう。

・ソウルイーター
 何というかエキセントリックな人物ばかりですが、着実に進むストーリーに作者の凄いセンスを感じさせます。次号からの燃え燃え展開が楽しみ。



レス
・イドミズさん
> ふふふ……
> ふははははははははh!!
> あーっはっはっはっはっはっは…………
> 食費がヤヴェエorz
やっぱりか!!
ご購入は計画的に……
PS2版の雑誌評価は予想通りの惨状ですねぇ。

> なんだか悲しくなってくる播磨の不運っぷり……
> 姐さん……何とかしてやってくれよ……冒頭でDSをグリグリしてないでさぁ
姐さんは基本的に手は貸さないからねえ。今回のは不運と言うより、準備不足でしょう。レストランの値段くらい調べろよ!
もしも、自分の誕生日を伝えられなかったのなら……不運というかご愁傷様というしかありません。


・ウエストさん
> 本編ですが、ルナマリとシンのキスまでのプロセスの短さには…(汗)。
今回のキラとラクスの絡みを見てると、マジで何これ?ですね。実はこれもデスティニープランの一部なんだよ、と強引に納得…出来ないな。
デスティニープランは以前に予想した通りの物っぽい感じでで、全体主義思想を色濃く感じさせてくれました。

> しかし、インパルスでのルナマリの活躍は何となく分かる気がします。
> だって、射撃苦手なのにガナー使ってるのは変ですからね♪本来なら白兵戦が得意だと思いました。
そうか、そういえば下手だと自分で言ってたし、インパルスは相性が良い機体だったと言うことかな。

> さて、スティング君の死に様は個人的にはよかったと思います♪
確かに生体CPUとしては幸せな最後でした。アウルやステラと違い、正に強化人間らしい散り方でしたが、ラリってるだけに見えたのは脚本のせいにしよう。乗ってたのがデストロイでなければ再生怪人臭が消えて、もっと良かったんですけどね。
 
 

ガンダムSEED DESTINY 第39話

真の主人公とヒロインはかくあるべし!と断言できるキラとラクスの愛情と信頼の深さを感じさせてくれる回でした。
描写の深さがシン&ルナとは比較不能の濃厚さで、やっぱりキラ&ラクス、そしてアスラン&カガリ主人公ペアであることを強烈にアピールして、フリーダム撃墜以来のもやもやを全て吹き飛ばしてくれました。。

旦那がメイリンを連れ込んで何かと微妙な立場になったカガリは、ちゃんとメイリンの気持ちに気づいています!
しかし、カガリは正妻の余裕?を見せて面倒を見ると言い放ちます。でもさり気なく指輪をアピールする可愛らしいところも見せつけてくれます。
今作では良いところの無かった彼女ですが、これで株価は急上昇! でも来週はオーブに悪魔のシンが攻め込んでくるようなのでまた泣き虫モードみたいなのが残念です。
わざわざオーブに逃げ込んでくるジブリールはひょっとして議長とグルなのか、それとも踊らされているだけなのか判断に苦しみます。

しかし、この会話を隣で聞かされたネオは何というか……、俺、ここにいて良いの?な気分でしょうね。その効果か、ちゃっかり記憶が残っていることを披露してくれたネオ大佐がフラガ少佐に戻る日も近そうです。

ラクスのピンチにアスランの励ましを受けたキラは、ルージュを借りてついに宇宙へ飛び立ちます。
電圧の設定で色が変わるのか懐かしのストライクカラーで、これぞ主人公!なタイミングでエターナルのピンチに駆けつけます。諦めかけていたラクスも嬉しさ大爆発で、描いた方はアニメーター冥利に尽きる、本当によい表情でした。

しかし、2年の歳月はストライクを過去の遺物にしたのか、かなり苦戦します。だが、これも全てはストライクフリーダム登場のための前振り。ピンチはでかければでかい程燃える物です。

ラブラブカップルぶりを随所に見せつけながら格納庫に行く二人ですが、それよりもストライクフリーダムへと案内したラクスの表情が曇るところやその想いを分かった上で嬉しいと言うキラを見て本当に良いカップルになったなあと思いました。

そして新型機に乗ったキラの強さは圧倒的の一言。フリーダムを遙かに凌ぐパワーとスピード、そしてビームシールド&ドラグーンシステムが加わった新型フリーダム。今までのレインボービーム+ドラグーンの立体的な射線には死角なしという正に無敵!といった強さで、デスティニーが霞んで見えます。

レジェンドの売りだったはずのドラグーンを先に見せつけた事で、レジェンドの立ち位置が中ボスクラスに決まった気がしました。
やっぱり、最後は議長がジオングに乗るという超展開が待ち受けている気がしてきました。初代ファンにとっては冒涜以外の何者でもない展開ですが、どうなるのかな……。

それにしても戦闘終了後のさり気ないやり取りにさえ、互いを気遣う想いがあるこの二人は、戦闘マシーンモード一直線のシン達とは全く違いますね。ルナマリア復権の目があるとすればここですが、難しそうだなぁ……。


色々忙しくて更新滞っていてすいません。
レスいただいてる方へは、後日改めてレスさせてもらいます。
 
 

スクールランブル ♯138

待ちわびていた割にいきなり来たので、唐突な感がぬぐえない天満の誕生日話です。一応、同じ誕生日の修治を出汁にして一緒にお祝いしていますが、播磨との合同誕生会を期待していたから、ちょっと残念でした。

誕生日に天満がフリーなのを知った播磨は一夜漬けでデートコースの研究をしますが、所詮は一夜漬け。ボロがこれ以上ないくらいに出まくって、行く先々で外しまくります。そして容赦なく突っ込む晶と修治がトリオ漫才を見事に奏でます。

一方、修治は八雲ではなく天満と一緒だけど、のようです。ライバル関係との事ですが、同じ誕生日と言うことでこの日はシンパシーを感じたのかも知れません。

起死回生の高級レストランは想定以上に高級すぎて予算不足という有様ですが、見栄を張ってフルコース4人前の暴挙に出ます。料理は値段通りの絶品で天満達は大満足ですが、支払えない播磨には涙の味しかしない状態に……。

それでも覚悟を決めた播磨は謝って、茶道部カフェの時のように皿洗いでも何でもしようとした時、ここで偶然会食していた沢近が救いの手を差し伸べてくれました。

実際、フルコース4人前なら10万オーバーしそうな店では、皿洗いで返済は無茶なのでこのオチは良かったと思います。
さすがお嬢だぜ!な沢近の女っぷりの良さも好印象でした。今後に繋がる貸し借りネタになるのか予断を許さないのがスクランですが、バイク代と相殺扱いにした方が効果的だとは思います。

これで無事天満に播磨の誕生日を伝えられたのか謎ですが、来週はいよいよ播磨の誕生日でしょう。普通に考えると天満が八雲に伝えるし、妹の彼氏だと思ってるからお祝いするように後押しするでしょう。あとはここにどう天満や沢近が絡むのかが面白くなるかどうかのポイントです。おそらく誕生日の裏話は確実に♭で来るので、そちらも楽しみです。

ちなみに沢近の会食相手は、支払いが沢近なのでデートでないことは間違いないと思います。おそらくは社交界のお付き合いか接待だろうから、お見合いの線もないでしょう。
 
 

姉さん事件です!・八雲視点&レス

色々忙しい中、こつこつプレイ中の姉さん事件です!は、途中でフリーズしたので、お嬢視点はすっ飛ばしクリアで本命の八雲視点をプレイしました。八雲でプレイすると本当にガンガン播磨との好感度が上がりまくります

相関図の台詞もかなり細かくて、「播磨さん」「漫画頑張ってください」「もっと動物の話をしたいな」「一生懸命って素敵だと思います」とかなり細かく変わります。
播磨に至っては「いいお嫁さんになれるぜ」ですから、お似合いだぜ!お二人さん

でも、お互いに相手を思いやる気持ちは満ち溢れているのですが、恋愛感情一切無しとは……やるな、スタッフ!
何かを間違えているのかエンディングもまともな絡みはないけど、まだまだ見てないところも多いだけだと信じてプレイします。
あと、やっぱりあった名探偵八雲! 迷探偵天満とは比べ物にならない推理が冴えわたります。

ただし、心が視える設定はいまいち扱い切れてなかった気がしますが、全部見ると印象変わるかな?
とりあえず、あんな事を考えてる男を家に上げてあげる八雲は本当によい娘さんです。……というか、見えてるメリットを全然生かしていない気がします。最後にちらっと播磨の心が視えるのを期待していたけど、果たして?

それからサイドストーリー的な周防・沢近視点はまともにプレイしていないので、こちらも後で楽しみたいと思います。一条は完全にモブしてますが気にしない。
それと八雲視点クリアとツッコミ回数?でミニドラマ解禁の模様。
ただし、私は今の所、お嬢のミニドラマだけなので、見たEDによって増える気がしますが、見てないシナリオが多すぎて、回数が足りていないだけかも知れません。



レス
・漢の道をひた走るイドミズさん
> PSP版は後2本増える予定w
……3本買ってるのにあと2本買うとは恐ろしい!PS2本体も買い換えなので、せめて食費が無くならないように気をつけてください。

PS2版は雑誌の評価では本当にヤバイ出来みたいなので、複数買いは止めた方が良いと思いますが、漢が決めたならひた走ってください。おまけだけなら私も欲しいけどw
ちなみに電撃の評価はPSP版がC、PS2版が唯一のD判定でした。

> 涼風見てねーw
見て欲しい意味だったとは失礼しました。でも、原作が好きじゃないし、他に見るものが多くて手が回りません。お許しをw
仕事が忙しくて大変でしょうが、スクラン3Dは期待していますので、ゆっくりでも作業の進展を心待ちにしています。

> ファースト好きの人間からすればフザケルナといいたげなMSがわんさか!
本当にねぇ……。しかもネーミングもデザインも全然捻りがない有様です。ゲルググまで出るという噂があるし、この分だと議長はジオングに乗りそうな勢いです。そしてあの構図で……悪夢だ!!

> ガンダムは何時からボーイずラブアニメになったのさw
多分Wからじゃないかと思います。美少年主人公が5人もいれば好き勝手に妄想する輩はいくらでもいます。高松監督作品のXも変な耽美系美青年双子がいたし……。
そういう層を狙うのは商売としては間違っていないのかも知れませんが、複雑な心境になりますねぇ。
 
 

ガンダムSEED DESTINY 第38話

OPとEDが変わりましたが、前の方が好みでした。特にOPは使い回し多数だし、やっぱり主役ポジションはキラ&新フリーダムだったりとツッコミ所満載です。
そしてルナマリアショッーーーク!!な今回はシンが実に主役っぽい活躍をしましたが、何かがずれていると感じるのは私だけではないはず。

一度フェイントをかました後に結局キスしましたが、この二人は完全に傷の舐め合いカップルですなぁ。シンの動向には常に目を光らせているレイも、シンの精神安定に繋がるならと交際を認めている模様。

それにしてもこの二人はアスランとメイリンが生きていることを早晩知ることになるわけですが、どうするんだろう?
やはり、ロゴスに騙されていると誤解したまま突っ走るのかな…。それは見ていて詰まらないし嫌な展開だけど、そうなりそうな予感がします。まずは来週、倒したと思ったキラが大活躍するので、シンの驚く顔が見物です。

戦闘の方は予想通りに始まり、ただ一つの例外を除いて予想通りに終わりました。そう、例外とはルナマリアの大活躍!キスのお陰でヒロイン補正がかかったのか、遂に赤服らしい大活躍を見せてくれました。しかし、レジェンドは全然活躍しませんね。メイン武装がドラグーンなので宇宙に行かないと真価を発揮できないのでしょうが無いのでしょう。
そして我らがスティング兄さんはしっかりと期待に応えて、デストロイ搭乗!見事なまでの再生怪人&やられっぷりでした。合掌……。

来週は待ちに待った新フリーダム登場なので期待が高まります。連合敗北の余波で動揺したオーブをキラ以外のAA組が掌握して宇宙に行くのかな?次回の大活躍が楽しみです。

アスランがカガリとメイリンを今後どうするのかも問題ですが、このアニメで一番問題なのは、アスラン×キラが一番お似合いのカップルに見えることですね。今週のは絶対ヤバイって!
 
 

姉さん事件です!&レス

姉さん事件です!は声を聞いてしまうために予想通り中々進んでいません。もうすぐ周防視点が終わるので、多少手を抜いて早く八雲視点プレイをしようと思います。周防もとてもよい子ですが、八雲視点はきっとうっひょーな展開が山盛りのはず!
しかし、これだけのボリュームの物をやるのにPSPはちょっと向いていない気がします。結構本体が重いし、読み込み待ち、特にセーブ&ロードが気になりました。

キャラ設定は花井のストーカー度が少々ヤバイ領域に行っていたり今鳥がMだったりと原作とは違う方向に味付けされていますが、脇役なので気にしない、気にしない。
メインの5人は良い感じで動いてくれてるので、ファンなら十分楽しめると確信しました。まだ購入を迷っているなら初回特典が残っている内に買って損はないと思います。PSPが無い場合は…その内買いましょう、PSPを!



レス
・AKIさん
> 天満は結構内に秘めるダークサイドで悩んでいそうですね、影で
> 確かに周防美琴、高野晶、沢近愛理はレベル高すぎますから。
周りのレベルが高すぎるのは確かで、それが逆転した世界というギャップを素直に楽しめればいいんですが、何か天満のキャラと違うとしか言い様がない感じがあっていまいちでした。
話の大筋自体は夢オチであっても好きな展開なのですが、本筋とは言えないダークな部分が目に付いてしまいマイナス点でした。

・イドミズさん
> 巨大化天満は姉ヶ崎先生よりも年上に見えるのは私の気のせいだろうか……
精神年齢が完璧天満の方が高いので、そう思うのは無理無いところです。

> 涼風見てねーw
> おいらはかかわってねぇけど少しだけCGくるよ……
> 気づきにくいところに名!
私も見てないので、何とも言えませんが評判は……のようですね。
スクランでも廊下とかさり気ない場面で使っていましたね。背景の作画簡略化が目的かな。
CGといえば秋にCG部大活躍のアニメが始まるという噂を耳にしたので、忙しいことだと思います。

> スクランのために今月は死んでみる
日曜まで買いに行けないはずのゲームを発売日にどのような手段を使ったのか本もまとめ買いとは…脱帽です3。
お昼に全力疾走で抜け出したのでしょうか?もうそろそろ気兼ねなくプレイ出来る頃でしょうから3本分楽しんでください。
それはそうと、今月はPS2でも出るんですが、こちらもDXパックを複数買い?本気で財布の中身が心配です。
 
 

PSP姉さん事件です!ファーストインプレッション

スクランファン期待のPSP版ゲーム、姉さん事件です!を現在プレイ中です。思いの外ボリュームたっぷりでまだ第5章。1周目すらまだ終わってませんが、簡単にファーストインプレッションをレビューします。

Neesans.jpg

何といっても、まずは特典のスリーブケース!書き下ろし八雲がほのかに艶やかで目茶苦茶可愛いです
ゲームを起動するとアニメのノンテロップOPが始まりますが、綺麗だな~。4:3のままなので左右に黒帯残るのがちょっと残念だけどしょうがない。

絵は事前情報通り、アニメ版準拠。立ち絵も含めてもっと大画面で見たかった綺麗さで満足な出来映えです。
シナリオ自体を云々するのは時期尚早ですが、キャラのイメージを良く掴んだ行動と台詞には誰しも納得行くと思います。例えば播磨はこれでもかという位に天満バカ一直線です。

それから開始前のキャラ選択画面の服装や選択時の台詞など小技も色々仕込んであって、芸が細かいです。ファンならこれだけで微苦笑出来るでしょう。
ただ、時系列が原作と異なり少々特殊で、人間関係は夏休み後半が基準みたいです。ゲームは夏休み初日から始まりますが、姉ヶ崎先生が既に保険医だったり、播磨が天満の好きな人を知らない等の違いがあります。

それで私は八雲ルート(ある、よな?きっと…)目指して播磨視点オンリーでプレイしていますが、八雲は勿論、特にお嬢はらしさが良く出ていて良い感じです。他のキャラも勿論それぞれの良さが出ていて好感触。中でも晶のフィクサーぶりはお前が犯人だろ!と言いたくなるくらいです。

そして何といっても声優さんの演技が素晴らしい!スキップするのが勿体ないので中々先に進みません。ファンなら十分満足行く出来を予感させてくれます。あとはラストがどうなるかだけですが、期待に応えてくれることを信じています。


あ、あと1つだけちょっぴりネタバレ言わせてください。響きの良いペンネームキター!!
 
 

スクールランブル ♯137

今週は何といって良いのやらの二段夢オチでした。アニメの悪夢?を思い出した王道派の方が多そうな内容で、私もアニメ見てなければだまされたかも知れません。しかし、天満のブラックな部分がかいま見られた展開だったのは意外でした。

理想の天満の身長や勉強・料理の腕前がまんま八雲なのは、やはり心の奥底ではお姉ちゃんとして思うところがあるようです。しかも姉妹の仲が良いのは相変わらずですが、八雲が天満みたいなドジッ娘にされています。
それに、他の親友達がそれぞれバカキャラになってるのも……なんて言えばいいのか分かりません。まあ、一言でいえば、周りを下に見せて対象を上位に際立たせるよくある手法でしょう。

しかし、この姉妹の良さは姉と妹の立場が精神面以外は逆というギャップなので、本当にこのキャラだったらあまり面白くない漫画になっていたでしょう。
♭1の冒頭が良い例ですが、妹にしか見えないけれど、心はしっかりお姉ちゃんしている天満が好きなので、こんな風になっていなくて良かったと思います。でも、こんなのも八雲かわいいよ八雲!で新鮮でした。

それからこの夢の話ですが、最初から天満と播磨の夢が混ざり合ってると考えるべきでしょう。例えば冒頭の「天満ちゃん」と呼びかける沢近は天満自身が違和感を感じています。
おそらくは播磨の沢近への金持ちで気にくわない思いが影響したのでしょう。

それから後の「塚本さん」と呼びかけられるまでは播磨アイ補正が掛かっているだけで、天満の純粋な夢だと思います。播磨の夢では、さすが天満ちゃんの妹さんだぜ!と尊敬し世話になっている八雲をドジッ娘にはしないでしょうし、周防や高野のこともさほど知っているとは思えません。
そして「塚本さん」と呼びかけた男は天満の夢では勿論烏丸君でしょう。おそらくは、天満の夢らしくカレーデートではなく、ケーキバイキングデートに行った夢を見たのだと思います。

それ故、播磨登場からオチまでは純粋に播磨の夢だと思います。たとえ夢とはいえ久々に格好良い播磨が見られたのは大満足です。それにしても夢オチでさえ、天満が播磨を意識するように前進しないのは悲しいモノがあります。

現実にあのように告白できる日が来るのか分かりませんが、八雲に気持ちが行くためにも必要なイベントなので、私は気長に待っています。いや、納得いく形ならそのまま成就しても構いませんがね。
 
 

姉さん事件です!な人が多いかも?&レス

イドミズさんのコメントを読んで、買いに行けないなら通販があるよな、と思って普段お世話になってるAmazonで朝調べたらPSPゲームにしては大健闘の47位でした。(PS2版よりかなり売れています)

scrumPSP.jpg

しかし、19時の段階では61位までダウンしました。凄い急降下ぶりにどこまで落ちるのかウオッチする楽しみが出来そうな位です。なぜそんなにダウン?と思うかも知れませんが、罠に気づいてキャンセルが続出した為でしょう。なぜなら、Amazonで購入すると初回特典の八雲スリーブケースがもらえません。この旨はFAQにも記載されてるので転載します。

> 18. 限定版や外付け予約特典の付いた商品も買えますか?
> 商品の詳細ページでご確認ください。詳細ページに明記されている場合を除き、商品に封入されているもの以外の「外付け予約特典」等はお付けしておりません。
> また、「(初回)限定版」と明記されていない場合は、通常版のお届けとなりますので、あらかじめご了承ください。

そう言うわけで、このブログを見に来る人であれば当然欲しい初回特典ゲットのためには普通のお店で買うしかないようです。もしAmazonで注文していたなら、近場のお店に問い合わせるか予約した方が良さそうです。

それから肝心のゲームの出来は、レビューが週刊ファミ通に載っていました。おまけややり込み要素もあって、原作ファンなら十分期待できる内容とのこと!(評価:7、7、6、7)
楽しみだ。早くやりたいぜ!


レス
・イドミズさん
> スクランのためなら死ねる
> ただ発売日に買いにいけないのが少々心残りか……私が買いにいけるのは……日曜か
いきなりこうきましたか!死ぬ前に例のブツを…w
ゲームの方は安心して遊べそうな出来なのでホッとしています。ネタバレは避けつつレビューする予定なので、まずはそちらで楽しんでください。

SSの方は…もうちょい時間掛かりそうです。ゲームが出る前に完成させないと益々遅れそうです。
、> 八雲、その頬の朱は何故かな?w
実はこの程度の感想でも十分に役に立ちます。お陰で改訂すべき点が分かりました。読んでいただき、ありがとうございます。

> 中学時代の戦友から電報、さすが京都……いまだにスクランDVD1巻の初回版が新品で出回っているとは………正月帰省するまでにのこってるかな?(2個目手に入れるつもり)
DVD2個目ですか…。私はDVDを買い揃えることに決めたのが遅かったので、1巻初回版を手に入れるのに苦労しました。買い揃える理由は当然、続編でのお泊まり実現の為!!
DVDは3月中旬ではまだ残っていた近所の店にもとっくに初回版はなくなり、順調に売れているようです。一応、4月初旬に大阪で売っているのは見かけましたので、関西がねらい目?

・ウエストさん
> 彼は一体いつから主人公の座を放棄したのでしょうか?遠い昔のような気がします…
私の記憶では…最初から主人公の座を放棄していたような気がします。彼はアスランに対し素直になってきた頃が一番輝いていたなぁ。キラもなよなよした主人公だと思っていましたが、後の活躍でそのイメージは払拭されましたが、シンには望むべくもありません。

> シンとルナマリはこのままだと傷の舐め合い?
正にかつてのキラとフレイ様の関係ですね。再来週辺り、シンがルナマリアのベッドから出てきたらどうしよう……

> レジェンドがグフに一切ダメージを与えていないのはどうなんでしょうか?個人的はざまあみろです(笑
> MS戦がVSデストロイオンリーと思うと複雑です・・・
殺る気満々だった割に、全然当たらなかったですね。レイはやられる心配がないからシンへの逆説得に集中したのでしょう。
来週はデストロイオンリーとは…。通常部隊が軒並み投降しちゃうのかな?スティング最後の活躍の場になりそうなので、そこだけは注目ですね。
 
 

ガンダムSEED DESTINY 第37話

seed37-1.jpgseed37-1.jpg

メイリンが生きてて良かったー!!
そして、過去のアイドルルナマリア様が…シンとくっつくのかよ、おい!
ちょっとシンには勿体ないぞ。考え直すんだ、と心の中で叫んでしまいました。シンが珍しくルナマリアに謝り抱擁して、妹を失った悲しみにつけ込むという、この時だけは実に主人公らしい行動を取りました

アスランに引き続き、メイリンも脱走が発覚したら、あっさりと罪をでっち上げられてしまいます。レイとシンに追いつかれて大変なアスランでしたが、戦闘しながらシンを説得しようとします。しかし、いつの間にかアスランは核心に至ったらしく、「彼らの言葉は、やがて世界の全てを殺す!」とシンにぶちかましました。
この先の言葉が聞きたかったのですが、「議長のために」と凝り固まったレイがそんな説得を許すわけもなく、シンは黒い誘導にまんまとはまって、お得意の逆ギレ種割れ発動であっさりグフを撃破してしまいます。

seed37-1.jpg

グフもかなり良いMSでしたが、アスランといえども最新鋭ガンダムには敵わなかったか。あのビームシールドとかゴッドフィンガーは反則の領域ですな。もう1年戦争が続いたら、月光蝶をばらまけるようになるかも知れません。(笑)

しかし、あっさりやられたと思ったら、すぐに救助の手が回っているのは、よっぽど前作のポゾンジャンプが批判されたのでしょう。でも、あの爆発に耐えるとは凄く丈夫なコクピットです。そして何でキサカさんが連合にいるのか謎でしたが、彼こそが本物のスパイだったようで、二人を連れてオーブに帰国かな?

翌日、さすがのシンでさえ、アスランとメイリンを撃った事には沈鬱になっていました。しかし、議長とレイのコンビプレイの前には素直に悲しむことさえ出来ずに戦闘マシーンへ一直線…。さすがにシンが哀れになってきました。そしてミネルバクルーに至っては、艦長以下全員やりきれない複雑な心境を抱えながら、最後の戦地(のはずだった)ヘブンズベースへ出撃します。

一方、我らがAAはいつの間にかオーブに帰国していました。ザフト+連合の作戦を知ったラクスとキラは、ここからオーブの危機を察知するコナンばりの推理力を発揮します。オーブはプラントに一番友好的な国家でしたが、それ故に邪魔なのか?議長はザフト以外の対抗勢力は全て潰すつもりでしょう。この辺の辻褄や伏線の回収など、もう残り話数が少なくないし、せっかく面白くなってきたので最後まで突っ走って欲しいものです。
 
 

ふぉ~りんらんぶる♪&レス

七夕が待ちきれずに、とりあえずスクランゲームを買ってみました。
そう、我らが分校の総力を結集した?「ふぉ~りんらんぶる♪」です。DL販売なので、簡単に買えて便利ですが、ゲーム自体はそうはいかなかった…。

fallingrumble.jpg

内容は必殺技付きテトリスですが、ゲームブランク歴10年の私にはきついぜ!キーボードでプレイしていますが、ゲームパッドは小細工しないと対応してないのも同人ならではかな。

全部の画像を見られる日は遠そうですが、ちょこちょこ遊べそうなので、気長にやっていきます。それにしてもごがつさんの絵は可愛いね~。(現実逃避とも言う)



レス
・ウエストさん
メイリンは死なない、という言葉を信じて今日の放送を待ちます。死ぬ展開だったら、あちこち騒ぎになってるでしょうから気を大きく持っています。いくらレイが黒くても仲間だったメイリンは撃たないよな。

> で、スティングですけど彼は本当は強いんです!ただ、運がないだけ…。
> カオスは宇宙じゃないと実力が出せない機体。

そうか。あれ適正は宇宙だったのか。やっぱり再生怪人としてデストロイに乗るみたいですが、新自由と正義のかませ犬でしょうか?
スティングへの熱い想いを受け取ったので、一緒に最後の活躍を心から願っています

・イドミズさん
> 最近スクランのノリが初期のころに戻ってきた感じで個人的にはなんだかうれしい感じ
> ………なんだかララの髪形が変わってからものすごくかわいく見えます

確かに原点回帰しているのを感じます。ただし、私は1巻の頃の展開は……?で、巻末の♭シリーズを見て、主役が変わって面白くなったなあと思った位ですので、あんまり戻りすぎると困りますがね。
ララの髪型の件は同意です。見事に暴力キャラからお姉さん&萌え?キャラにクラスチェンジしました。これからの活躍も期待してます。
 
 

Girls on Film(高野視点のおにぎり)

6月中に1本書き上げるのを目指していましたが、結局短編SS前編が関の山でした。
普通のスクランSS書いたのは久しぶりでしたが、ちょっと変わり種?で姐さん視点のおにぎりです。ちなみにこれはウエストさんのSSを読んで思いついたネタです。
書き上がる目処がついたら、色々と手直しした上で新生S3に初投稿する予定です。


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。