スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクランゲームと5巻BOX絵

スクランゲームの情報のためだけに、10年ぶり?位にゲーム雑誌買いました。
PCゲームはたまにやりましたが、家庭用ゲーム機はその位やってません。
あ、PS版ダビスタはやったな。あれは本まで買ったけど、本体はエミュでやってたからPS以降のゲーム機は触ったことありません。

閑話休題

記事を見た限り、PS2版は個人的な勘ですが、地雷臭いオーラを感じます。
あちこちで言われていることですが、主人公播磨で普通のギャルゲーか天満主人公だったら仲人プレイがしたいわけで…。
どういうシナリオで行くのか興味半分怖さ半分ですが、全50話でオリジナル16話なので原作準拠?が34話。
立ち絵も微妙すぎだし、限定版のおまけには心惹かれる物がありますが、PS2を持っていない以上、今の所回避確定。


そして対するPSP版。こちらはかなり良さそうな気がします。
立ち絵・イベント絵が何枚か公開されていましたが、かなり良さげ。
みんなで海行ったのか、水着は原作の海準拠+八雲付き!

「柱ツッコミ」システムはおいといて、何気にこの記事の柱「PSPなら電車の中でも漁船の上でも遊べるね。」には笑いました。
記事を書いたライター達もかなりのスクランファンの模様で微笑ましいです。

その上、「視点切り替え」システム搭載!
少なくとも天満以外に、播磨美琴視点に切り替え可能の模様。
更に、「キャラクター相関図」システム!
お互いの印象でストーリーが変化ってことは、推理ゲームの名を借りたギャルゲー?

これで多くのスクランファンの願いは叶うのか!?
八雲を押し倒してるイベント絵もあるし、八雲分高めの内容が期待できます。
心して続報を待ちたいと思います。

出来れば、推理なんかそっちのけで楽しく遊べる内容になってることを切に希望!
本当に期待通りの内容だったら、PSP買おうかな…。





それからDVD5巻のBOX絵が公表されました。
意外に普通のポーズの姐さんで、ちょっぴり期待外れ。
多分、清水香里さんのインタビューは一番面白いことになりそうなので、楽しみです。



コメントへのレス
アソサラ神の仲田さん、はじめまして。
許すも何も光栄です。コメントありがとうございました。
でも、生霊云々言ったのは私じゃありませんよ~。しかも「逝き霊」って…。

>もうこれだけで連載終了までだって耐えられるね、
>ヲタの妄想力舐めるなー(な

さすがです。まさにヲタの鑑!
くそ忙しいと言いつつ差し替える辺りは流石です。

>もうね、最高。二人して指切って双方向で
>指チュッパキャップス。気分は東鳩(PS版)

残念ながら元ネタを知りませんが、脳内では既に素晴らしい絵ができあがっている模様!
双方向指チュパ絵の完成を楽しみにしています。
スポンサーサイト
 
 

新番組総評

4月の新番組も大体出揃ったので、個人的な感想。

・SPEED GRAPHER  公式サイト
 今期一番のお気に入り。萌えはないですが、退廃的な雰囲気が良く出ています。良く言うとビバップを超常バトル物にした感じかな。
 シナリオ展開がかなり強引なところがあるし、変態男@小安があっさりやられてエェーですが、ぶっ壊れた連中が織りなすストーリーに期待しています。怖いのは竜頭蛇尾になるGONZO病だけ。

・うえきの法則  公式サイト
 キャプ絵貼りまくってますが、実はこれだけ楽しめるアニメになるとは思っていなかった。原作の持ち味を殺しまくるアニメが多い中、上手くアレンジできている。
 後はこのまま変な方向に走らず進めば原作知ってる人も知らない人も楽しめるはず。作品が完結しているのも大きなプラス材料。

・トリニティ ブラッド  公式サイト
 1話しか見てないけど、この勢いが続くのなら期待できそう。だけどGONZOだからどうなるかが怖い…。
 飛行艇がLAST EXILEのデータの使い回しっぽい感じだったり、神父の正体がやっぱりだった事は気にしない。
 提供が能登さんだったので、まだ出てないヒロインの声なのかな?


視聴継続決定はこれに地上波エルフェンリート、話のネタに見ている種運命といったところ。

この位の本数だと楽で良いと思う今日この頃。参考になるか分かりませんが、どれも見て損はないと思います。
 
 

エルフェンリート EL93

物語は予想通り荒川サイドへと移ります。
色々まだ謎はありますが、メガネ男はやはりウイルスの情報を探しに潜入したスパイだった模様。

そんな訳で根強く囁かれていた白河クローンとか板東さんの改造人間説は消えました。
代わりに板東さんの弟説が浮上しました。

実は目の前の女が目的の物を持ってましたが、荒川があまりに臭いわ下着姿という事で、変な女、位にしか想わなかったのが運の尽き。

もうちょっと話を聞けばミッションコンプリートだったのにね…。
まあ、確かに先入観なしに見るとそう思うのは無理はないけど、まさか風呂入ってないのをこういう風に持ってくるとは流石です。

「あんたの捜し物はあんたの命より大事だって言うの!?」という荒川の啖呵が通じたとは思えませんが、メガネは目の前にワクチンと開発者がいるとは夢にも思わないまま、案内役のつもりで同行させます。

そのメガネはやっぱり強かった。
華奢な体格の割に、変態帽子男が使ったボウガンや板東さんしか使えないと言われていたタングステン弾を使うわとやりたい放題で進みます。

ですが、島の崩壊には勝てず。
荒川が巻き込まれてワクチンごと穴に落ちそうになるのを何とか助けますが、重くて引き上げられません。

やっぱり板東さんほど力持ちではないようです。
その為、重そうなケースを捨てろと言いますが、これこそメガネの目的からいうと荒川の命以上に重要な物。

これを捨てると神様計画が大きく狂うので、荒川は迷います。
そこに何も知らないメガネの啖呵返し!

「それはお前の命より大事な物な物だってのか!?」

実に凛々しい説得に荒川も決断してケースを捨てて一言。
「あーあ、ワクチン捨てちゃった」

「えぇー」
2ページ前の凛々しい表情はどこへやらのズッコケ顔で以下次号。


本来最高に利害の一致するコンビだった荒川とメガネ男でしたが、こうして相互の意思疎通の不十分さから人類の未来への希望は再び闇の中へ…。

また荒川が頑張って開発するしかないと思いますが、果たしてどうなるのか?
2週間後にはきっと我々の想像を超える展開が待っているはずです。
 
 

サラ・アディエマス ミニアルバム感想

サラのイメージミニアルバムを購入したので簡易レビュー。

なんていうか、天満が主役のはずのサラを完全に食っています…。
そんなサラですが、最大の見せ場はトラック3の「ヴァンパイア」

アソサラの方々なら、これだけでいつの日か来るアソサラ展開まで戦えるはず!
きっとアソサラ神の誰かがとっても素敵な絵を描いてくれる事でしょう。

それにしても盤面に描かれてるサラと八雲の出会いエピソードや二人きりのバイト話がないのは、なんでだろ?
これはアニメ2期でやるからだと信じよう。

あと流星雨の時の音楽が好きだったのが購入動機でしたが、いやうまい使い方したなぁ…というのが感想。
おいしいところだけ使ってますw

このCDに入ってる夕顔のようにオルゴール版が出たらまた聴きたい良い曲です。
あと、美琴CDは聴いてなかったので知らなかったけど、生天目さんは歌上手い!

そして最後の1分間質問コーナーに小林先生が乱入!
「血ィ、吸うたるかぁ~」
中々渋くて良い声しています。


それから、播磨CDの売り上げ伸ばしたいならお泊まり補完するだけで沢山売れますよ~。
…多分、そうならないだろうけど、とりあえず初回版1枚予約しました。
待て!しかして希望せよ、の心境で一月後まで待っています。
 
 

スクールランブル ♯128

話の中心は間違いなく天満だけど、八雲の書き込みがスゴイ!!
そして予想が2/3当たって、播磨&今鳥+東郷の参戦!
話がどこへ転がるのか全く見えませんが、盛り上がってきました。

Yakumo128s.jpg

まさに姉想いパワー∞!(右上)
背景に花まで浮かべて天満のために気合いの入ったお弁当を渡します。
妹の喜ぶ姿を壊したくない天満は首になったことを告げられず、元気に家を出ます。
だけど、練習には混ざれず、公園のブランコで一人寂しくリストラされたのを言えないサラリーマン状態に…。


練習ではマガスペに続き、こちらも菅が出張ります。そして同様に話の踏み台にされて散りました。
もしかして5人目は菅なのか?


翌朝、天満は今度こそバスケやめたのを八雲に言おうと寝間着のまま台所に行きます。しかし!

姉想いパワー∞×3!(左) 背景に浮かぶ花まで大増量!
おにぎり展開の照れた八雲も良いけど、母親みたいな愛情を降り注ぐ姉想いパワー全開な八雲の表情は素晴らしい!

みんなの分も作ったという3倍増しのお弁当を受け取ってしまい、もはやクビとは口に出来ません。

そして悲哀も3倍に…。それでも、ドカ食いと言われようが妹のために残さず食べる天満は本当にいじらしい。いいお姉ちゃんです。
できれば練習に参加しようというプラス方向で発揮して欲しいところですが、天満がこうしちゃう気持ちもとてもよく分かる。

そんな訳で早速太った天満を心配する八雲(右下)。心配させまいと天満はまたまた適当な嘘を言ってしまい、余計ドツボにはまります。

そしてそんな天満に救いの手を差し伸べたのはなんと東郷!
そして播磨と今鳥!
しかも播磨は怒ってます。バックで炎がめらめら燃えてるよ!

これは愛する天満ちゃんをはぶった奴らへのリベンジ展開なのか?
特訓ではなくてなぜか対抗試合になりそうな予感をひしひしと感じさせながらアウトロー軍団が誕生。
次回はどうなる?謎展開のまま2週間お預け…。
こうなれば播磨が八雲の愛情弁当を食べる描写さえあれば何でもいいやと思う今日この頃。



コミック化は時間がかかるし、分厚いマガジンをいつまでも置いておきたくないので、デジタル保存を開始しました。

慣れると割と簡単だし、スクランはページ数少なくて助かる。
でも、今回の八雲は特別気合い入れて綺麗にしたので疲れました。

ついでに雑誌でしか見られないカラー物も取り込んでみました。
といっても、マガスペ先月号のKAGETORAですが。

kagetora.jpg

コータロー亡き今、スクラン以外で唯一マガスペで楽しみな漫画なので週マガには行かないで欲しいな。
しかし、由姫ちゃんはスクランと違ってサービスしまくり…。嬉しいけどね!

八雲は水着姿のサービスすらほとんど無いのに、こんなに萌えるのは反則ですよ、小林先生。
次号の2色カラーや夏辺りに勝手に期待して待っています。
 
 

うえきの法則 第04話

なぜか回を追う毎にキャプ枚数が増えていくうえき…。
そろそろ歯止めを掛けないと危険です。

ueki4-1s.jpg

神様は相変わらずぶっ飛んだ方で美女とオールナイトで遊んでるようですが、本気になればちゃんと仕事もします。

めぼしい候補所5人を選んで今後の展開の前振り。原作はよく覚えてないけど、うえき入ってたかな?
あと、ロベルトの解説が若干グレードダウン?

それにしても、「才がなくなっても100倍頑張れば良いだけだ」、とさらりと言ってのける植木はかっこいいね。

すっかり世話焼き女房役が板に付いた森ちゃん。
植木が消滅しない手がかりをつかむために、風邪のお見舞いを装って襲撃。家捜しを開始!

病人にすることじゃないよ!と突っ込みたくなる非道っぷりだけど、笑顔が可愛いので許す。

そしてついにPCから妙な物を発見!「うえきの法則」
そして追加された才…

ここでバトルシステムの本質が説明されます。
これから将来ある中学生に未来を託すために、本来生まれた段階で持っている才という設計図をバトルを通して増減させるのが目的でした。

ただし、どうも余り良い才は追加されないようで、無くした才に比べてどうしようもない才ばかりですが…。


そしていよいよ最初の強敵、李崩とのバトル!
森ちゃんも勝てば才が増えることから積極的に応援するようになります。
しかし、さっさと負けるのが本当は一番の近道なのになぜ気づかないのかは謎だ。
舞-HiMEみたいに負けると洒落にならないペナルティがあるわけでもないし、この辺の説得力がちょっと弱いけど、気にしない方向で考えましょう。

ueki4-2s.jpg

バトルの方は、能力を使わなくても目茶苦茶強い李崩に押されまくりますが、機転を利かせて互角の勝負へ。
植木はちゃっかり気に入ってた帽子を奪いますが、李崩もすぐに奪い返す白熱した展開へ。


ueki4-3s.jpg

…と思ったら、押しまくられて、植木ピンチ!
森ちゃんも涙ながらに止めようとしますが、さすがに無理。

しかし、ここでも植木の発想で李崩をバネにはめて一撃を食らわせます。
完全に本気になった李崩ですが、やっぱり能力は使いません。
代わりに使ったのは7年間の厳しい修行で身につけた必殺技の体術「岩窟王」!
本当に岩を砕く破壊力!これ食らったら植木死ぬぞ、おい…。

なぜそんな名前なのか知りませんが、巌窟王は名作ですから一度は読んだ方が良いです。
あと原案にしたアニメの方も面白いのでお勧め。

そしていよいよ決着!というタイミングで次週へ引き。
上手いなぁ…。また見るしかない。
そして次回はいよいよロベルト・ハイドン登場!
 
 

エルフェンリート第04話

地上波エルフェン第4話は予想通り、カット&スモーク祭り!
おまけにキャプミスりました…orz
カットしすぎて尺が足りなくなったのか、第5話冒頭部分が追加されてます。

元々原作からかなり端折られている上に、ナナの見せ場2つがズタズタにされているので分かりにくいところだけ解説。

・ベクターは痛みなど感じて集中できなくなると出せない
 ナナは手足を切断されてこの条件下にあったが、パパの登場で一時的に集中力を回復してルーシーの脳をいじくって?ベクターを出せなくします。

・嘘を激しく後悔する蔵間
 ナナを安楽死させるために嘘をつきますが、見抜かれていました。
 「さよなら」と穏やかに言うナナに激しく後悔します。それが元で海のシーンに繋がります。

とにかく完全版を見たいならDVDを買うなり借りましょう
ただ、ここの部分はアニメでは心理描写が少ないため、原作読んだ方が分かり易くなっています。

そしてマユが抱えている問題もだんだん明るみになってきましたが、次回で明かされます。
…が、これまた今回以上にヤバイネタなのでカット食らう可能性高いです。

これを乗り切ったら、後は物語の流れにぐいぐい引っ張られるはず。楽しみましょう。

それから、やっとDVDが届いて14話見られました。
期待通りの出来だったので、後でレビューします。
 
 

鹿島VS磐田(2-1)

今日もスタジアムに行ってきました。
そして30分以上並んでの大行列に耐えて、ハム焼き食べました!旨かった~
まさに並んだ、買った、食った!

試合の印象は現地で感じたままに書いてるので、実際には違うかもしれませんがご容赦を。

とにかく、深井様本当にありがとうございます、な試合でした。
最初のチャンスを冷静に決めたあのシュートは素晴らしかった!
幸い、怪我はさほど酷くなさそうで一安心ですが、あの危険なタックルを流しやがった西村は噂通りのダメ審判

カード乱発の印象があったんですが、前半はこのプレーを含めて何故か流しまくります。
カードをポケットに入れてくるのを忘れたのでしょうか?
そのせいかかなり危険なプレーが多くなってきます。

そして足が痛い中、深井が放ったシュートのこぼれ球を小笠原が押し込んで2点目!!
しかし、ここで深井を下げて増田を入れたことからチームバランスが狂って行きます。

増田が入ってからは攻撃の勢いが目に見えて低下…。
それまでは面白いように岩田の最終ラインを切り裂いていたのに、うまくいかなくなります。
そして何度かあったフリーでのシュートも全部ふかしちゃうし、攻撃も守備も全然ダメ。
これなら中島か興梠入れて本山を2列目に下げた方が絶対良かったな。

更にDFラインで下らないパスミスが連発して危険な状態を何度も迎えます。

そして後半。いきなり磐田に点を取られてヤバイ感じに…。
ガンガン両サイドの裏を狙われて押し込まれてピンチの連続。

明らかに前半と後半ではラインの高さが違っていました。
そして明らかに磐田寄りの笛を吹き始めた西村。
数少ないチャンスがファールにされて潰されます。

まあ、中山へのフェルナンドのプレーが逆判定だったのはバランス取ったのか?
とにもかくにも、終始攻められっ放しを耐え抜いて勝利!
往年の強さを全く感じない内容でしたが、やっぱり磐田に勝つのは格別です。


個人的選手寸評

・深井
 怪我の野沢の代わりのスタメンだったが、いきなりシュート決めるは2点目のアシストといい、大活躍!
 それだけにタックルで痛んで交代したのは惜しかった。

・青木
 守備に追われてもそつなくこなしてた感じで良かった。
 ミドルが決まってれば最高だったが十分見返せた。

・増田
 去年のいい感じのプレーがまるでない。これじゃあ興梠に抜かれるぞ。

・アリ
 千葉戦で感じた守備の不安が露呈。後半グダグダの戦犯か?

・曾ヶ端
 ナイスセーブを連発!アテネの借りを返した!個人的にはMVP。
 
 

PF入手!

まともな値段の出物があったので、ついにプライベートファイルを入手しました。

5巻が発売される前にはもうスクランに嵌ってたので、買う気になれば発売当時に買えたんですが、邪神人形が嫌で回避してたら入手不能に…orz

しかし、SSまで書き始めたとあっては、持っていた方が絶対いいので、ヤフオクチェックして狙ってました。

読んでみての感想は、間違いなく定価分(1780円)の価値はあります。
邪神人形がなくて安くして、限定発売なんかにしなければ、もっと売れたはず!

講談社は下手に妙な商売に手を出して、かえって損したと思います。
関係ありませんが、9巻の発売日は6/17で限定版なしだそうです。


・PFを読んでの妄想

塚本姉妹には、どうみても隠し設定の陰が見えます。
特に天満は小学生の頃に幼児退行したとしか思えない節が…。
八雲絡み?そこまでオカルト&シリアス路線に行くとは思えませんが、気になりました。

肉じゃがSS書いた時は、お姉さんの過去を単行本から読み取ったんですが、概ね当たっていたようでホッとしました。
さすがにあそこまで純情可憐な学生時代だとは分かりませんでしたが…。
この設定を生かして、改良するかもしれません。

そして一番の驚きサラ!
コナンばりの無茶推理で、PFに書いてあることと書いていないことから驚愕の妄想が膨らみました。

近い内に妄想を形にしたいなぁ。
サラと○○ファンに何言われるか分かりませんが…。

まあ、妄想が仮に当たっていても、絶対に原作で語られることはなさそうなネタですけどね。



それからカラーページがコミックのより大きくていいですね。
♭1のカラー版見ると余計に姉と妹がにしか見えません…。
それがこの姉妹のいい所でもありますが、天満幼すぎ!

そして♯1のコピー付見開き絵を見て、おにぎりを確信しました。
(絵はコミック1巻の目次と同じ)

・播磨 「横恋慕のアウトロー」
・八雲 「見てるだけの妹」

天満と烏丸が両想いではないのに、横恋慕は酷いな…。
そして、見てるだけの妹という謎のコピーで登場している八雲!
これはきっと、そういうことなんでしょう。
 
 

スクランDVD第4巻

scrum4-1s.jpg

scrum4-2s.jpg


一部で期待されていたシャイニングウィザードの差し替えはなし。
26話EDでは動いていましたが、やはりあれも一発芸だった模様。
別に作画が悪いわけではないし、しょうがないでしょう。


4巻の特典映像
「生天目仁美×周防美琴」インタビュー

scrum4-3s.jpg

 ・スクランの感想
  美琴役決定後に読んだ。女の子が読んでも面白い、誰にでも受け入れられる作品だと思った。

 ・美琴のイメージ
  一番女の子らしい。
  ちょっと地味だけど、いたら一番現実的にかわいい女の子。

 ・美琴と似ているところ
  キャラとリンクしているところがある(例:小清水)
  割と見守ってるところ。男っぽいところ。

 ・美琴と似てないところ
  スタイルの良さ(胸の大きさ)

 ・似ているキャラ
  美琴。見た瞬間、インスピレーションが働いた。
 (あんないい女じゃないけどね)

 ・やってみたいキャラ 
  花井だけど、あえて高野。
  高野はちょっとおかしいところが清水さんとも似ていて余計可笑しい。
  高野の言動に毎回クスッと笑わせてもらっている。

 ・それではやってみましょう!
  だね
  「ちょっと顔を動かすところがポイント」By清水香里

 ・高校時代
  スポ根バレーボール部部員。泣きながらコートに立っていた。
  高校=部活だったので、その頃味わえなかった甘酸っぱい感じが味わえて楽しい

 ・スクランの見所
  自分のお気に入りのキャラを見つけてくれれば楽しめると思う。
  テンポもとても良くて面白いので、落ち込んだときに笑ってくれればいいな、と思う。

 ・ファンの皆様へ
  皆頑張ってます。(天満ちゃんなんかアドリブを一杯入れつつ…)
  面白いところが一杯ありますので、何遍も楽しんでください。

 ・美琴で一言
  ちったーまじめに考えろー!

次回は「清水香里×高野晶」



・キャラ設定資料集
 美琴の立ち絵。(制服と道着)
 ハリマ、カラスマ、テンマ、ハナイ、テンノウジ
 奈良+ナンパ男、4人娘の水着姿

・美術資料  
 廃墟の校舎、エルカド、姉ヶ崎のマンション、カレー屋の通り、花井道場

・版権画像
scrum4-4.jpg

 制服八雲とナース天満
 走ってる?天満と八雲
 プール掃除の時の天満、愛理、美琴+烏丸、



ひしがたさんがやるのか分からんので、試しにやってみた。
毎週思ってたことだけど、やっぱりあの人は凄いと思いました
こんなの聞き取ってタイピングするだけとはいえ、億劫です。
それを毎週、漫画を読まなくてもいいくらいに描写するんだから、空恐ろしい情熱と文章力です。
私はヘタレなので、画像で誤魔化させていただきます。

それにしても、ポストカードのED絵の方はお姉さんズ用なんだろうけど、何だかな…。
もうちょっと良い絵を使ってあげて欲しかった。
八雲もいるから、いいけどさ。

あと、美琴の書き下ろしも躍動感はあっていいんだけど、根本的にこの制服が似合ってない気がする…。
一番似合うと思うのが道着なのは、…どうなんだろう?

次回は姐さんの当番なので、表紙絵が拝めそうです。
一体どんな素敵ポーズか、今から楽しみです。

あとは、生天目さんがスポ根少女だったとは意外でした。
若くて演技力もあるので、てっきり声優目指して勉強していたのかと思ってました。
そしてやっぱり、小清水さんは天満のように愛されてるんだな、と微笑ましく思いました。
 
 

コメントへのレス

秘密コメントなので名前は伏せてレスします。

肉じゃがSSにコメントありがとうございます。
あれはお姉さんが昼寝している播磨にキスをするというシチュエーションだけ思いついて、資料(2巻)を読んでいる時にこんな風に書けそうだな、と感じたままに書きました。

お姉さんは好きなキャラなので、また何か閃いたら書くと思います。



うえきのロベルト十団について、正確な情報をありがとうございます。
雑誌連載はずっと読んでましたが、コミック持ってないので誰が誰だか細かいところまでは覚えていませんでした。
あと、新作読みました。とても楽しく読めたので、続きに期待しています。
 
 

エルフェンリート EL92

驚愕の斜め上展開!!

毎週毎週、岡本先生は読者の予想を超えた展開を披露してくれますが今週は凄すぎ
先週は週刊化に伴う引き延ばし展開か?と危惧された唐突な弟登場でしたが、その心配は杞憂でした。

やっぱり弟君の頭にはマリコクローンと同じ制御装置が付いていました。
でも、そんな便利な物があるなら、ルーシーに付けておけば何も問題起きなかったのにな…。
実用化されたのがルーシーが逃げていた間だったのでしょうか?
普通に後から思いついただけなんだろうけど、そういう風に解釈しておきましょう。

お陰で凶暴性は欠片もなく「おねーたま」とショタファンの心をくすぐる?容貌・仕草と言葉遣いです。
ルーシーもちょっとは萌え…なかったようです

そして誰もが気になっていたルーシーの母親ですが、やっぱり死亡していました。
しかし、ただでは死なせない研究所!
28号以上の凶悪改造で卵巣と子宮を確保しようとしましたが失敗。
しかし、これは女性擁護団体から猛烈なクレームが来そうな表現です。

一方、長官は自らの一族が普通の人類と交わりすぎたために力を失った教訓から、純血の維持に拘ります。
やっぱり、ルーシーと弟を交配させようと企んでいました。
それにしても“アダムの父”ですか…。なんか前言ってた“新人類の神”から大分後退したような気がします。
聖書でアダムを作ったのは神な訳だから、確かに神…なのか。苦しいけどw

新人類の神となるべく、長官は「同族」のルーシーを口説く長演説をかまします。
確かに人の中に居場所がないルーシーは悩み、内面世界に突入。
遺伝子の声と対話します。

そしてコウタとの決別シーンの回想。
ここでルーシーは今まで生きてきた意味を思い出したようです。
そこに長官の人類を滅ぼし、新人類の世界を作ろうという誘い。

何かを決断したルーシー。
長官&弟君をW首チョンパ+カツラ飛び!!

親子揃って、演説中にチョンパされました。
そして長官はルーシーの「同族」ではなく、愚かな人類の一人だった!
この辺の展開は、ナディアのガーゴイルを彷彿とさせる哀れな末路でした。
それにしても弟君までやられるとは…。防御しろよ!
それともルーシーのスピード&パワーが凄すぎたのか?
ブルドーザーのような展開の前には、この程度の疑問は霞んでいきます。

さすがのルーシーも正真正銘の同族&何も悪いことはしていない弟君を殺したことは気に病んでいます。
「もうすぐ私もそっちに行く」
…ルーシーは血族と己の死を決意しているようですが、やはりコウタに復讐されるために生きるのか?
ベタすぎる展開な気がしますが、納得のいく展開になるよう信じましょう。

しかし、長官も自業自得です。
自ら全能の予言者と呼んでいたアンナに隠し事するは、結局言うこと聞いてないし…。
言うことを聞いてもらえない予言者ほど悲しいモノはありません。

そんなアンナでしたが、お父さんへの愛は本物。
アンナは長官を殺したルーシーに決死の攻撃を仕掛けますが、返り討ちにあい、研究所の首脳陣は全員死亡という急展開!

この結果、蔵間&ナナコンビは研究所にたどり着く前に当初目的のほとんどを無くしました
長官は死んだし、研究所もディクロニウスの暴走で破壊されたし、どうなる?どうする?

そして人類を救う鍵を持つ荒川&謎のボディーガードは無事脱出できるのか?

更に、復帰第1話で出てきた国家権力の謎兵器からの攻撃が予想されます。
何となくナナ達はこっちと戦うことになりそうな悪寒。

とにかく3勢力+1の抗争とワクチンの行方がどうなるか、来週も楽しみです。


「ひどい父親ではなかった」
この言葉の意味は今ひとつ分からなかったんだけど、まさかのルーシー妊娠?


アマゾンに頼んでたDVD7巻の発送通知コネーorz
スクランDVD4巻のはなぜか来たのに…
 
 

スクールランブル ♯127他 感想

嵯峨野かわいいよ嵯峨野天満切ないよ天満の声が充満しているのが容易に想像つく展開。

美コちゃんガンバル系の展開だと想ってたので、意外な展開。
まあ、あの6人+お姉さんが真面目にバスケをやるとこうなるよ、という話ですね。
縦笛ファンはやっぱり肩すかしを食らいそうな雲行きです。

バスケ組は嵯峨野の名仲人ぶりも良かったけど、個人的には一さんGJでした。
美琴に絡む今鳥に対して、ボールぶつけたりと成長ぶりが楽しかった。

あれは絶対、今鳥と美琴の会話が気になって、つい力が入りすぎて、思いっきりリバウンドしたボールが当たったんでしょう。
すばらしいコントロールと今鳥を殺さないようにとの気遣いです。
今鳥を追い返したのも、美琴と絡んで欲しくなかったからで、“知ってる”とはいえ、目の前でいちゃついて欲しくない心の表われですな。

そして、一方の天満。
はたして天満に救いは訪れるのか?
播磨と今回邪険にされた今鳥が天満を鍛える王道展開希望だけど、こういう期待は絶対外されるだろうな…。

とにかく久々に八雲が見れたので、満足…してちゃいけないね


マガスペ
マガスペのスクラン増刊号は事実上の休載…。
まともなのは4コマ2本で、しかも主役は菅!

しかし、主役なのに完全にアソサラの引き立て役なのが菅らしい。
バスケ編が始まって以来、登場が待たれていた(黒)サラが遂に登場!

さっそく余計な真似をしやがった菅に対して麻生公認のお仕置きを食らわせます。
そして、麻生はサラにああいう愚痴をこぼす位の間柄だということも判明!

一時はまともなフラグがないことから存亡の危機が噂されたアソサラですが、根っこは相当深く静かに張り巡らされているようです。
サラさすがだよサラ!

色々書いたけど、言いたいことはただ一つ!
~そうで韻を踏みたいは分かるけど、なんでおにぎりがその他の関係なんだ…orz

まあ、編集が適当に作っただけさ、そうに決まってる。ハハハ


ついでにその他の感想
・ハヤテ
作中時間が進まないことではスクラン以上のハヤテですが、今週のは面白かった
らんまの許嫁交換みたいな展開!こういうの好きです。
ただのパロ漫画だと想ってましたが、この辺の展開の妙は一流かも。
 
 

うえきの法則 第03話

先週のバトルの続きから開始!
ueki3-1s.jpg


助太刀に入った佐野もあっさり能力の源である手拭いを取られてピンチに。
それでも植木を守る決意の佐野に最大威力の攻撃が!という所で、植木が覚醒→反撃で勝利という王道展開。

相手が糞すぎたお陰でこの王道展開が実に気持ちよくはまります。
そしてバトルに介入した神候補はルール違反で地獄行き。
これ伏線です。試験に出るから覚えるように。

場面は変わって、かなり傲慢そうな陸上部部長とダメ部員の口論。
部長の言うことは尤もですが、ここの陸上部って名門なのか?
極論すればその辺の公園で走っててもOKだし、中学の部活でそこまで言うなよ…。

この足立の方もねぇ…。走るのが好きなのか、速く走るのが好きなのか、どっちかで立ち位置は大きく変わるんだけど、明らかに後者だね。

勝ち抜いて走りの才を手に入れようとします。
一方、部活時間の森と植木。森かわいいよ森
友達の子もレベル高い。そして森の行動に呆れてる…。

誰が見ても植木にストーカーしてるようにしか見えません。
今ではすっかり落ち目の植木に恋する乙女にしか見えません。
とにかく、心配そうに植木を見つめる様子が、森かわいいよ森。そして趨っている時は結構かっこいい植木。
実によい光景です。


ueki3-2s.jpg


そして足立はうまいこと植木を誘い出して、ゆがんだ怒りと嫉妬と欲望をぶつけて襲いかかります。

しかし、バトルの描写・演出がどんどんハガレンっぽくなってくるなぁ。
錬成系バトル物なので、似るのはしょうがないけど、キャプ絵にした地面から杭出すのはやり過ぎ…。

足立は走りに対する己の気持ちを植木にぶちまけますが、あっさり植木に言い返されて敗北。

植木の言い分も尤もですが、こと走りに関しては明らかに才能>>>努力で、フルマラソン位にならないと無謀です。

バトルが終わって、まったりしている時に植木が次に無くす才が走りの才と知った足立がわざと、何かしそうな雰囲気で起きます。
そこに部長がやってきてきつい一言。
むかついた植木が走りの才を捨てて成敗しちゃいます。

驚く足立。そして足が遅くなった植木の練習を見て、やっと改心したようです。
これで目出度し目出度しで終わるのかと思いきや、まだ続きます。

佐野の引っ越しで自動的にバトルが延期。
そして佐野の台詞から、ロベルト十団キター。
…9人しかいないって?大丈夫、10人になりますから。

そしてへっぽこ能力者を瞬殺。その気配を察知した李崩登場!
しかも小安声だよ!
次回は序盤最大の山場。
それにしても、次回予告の川上さんの声は弾けてる…。
 
 

エルフェンリート 第03話

地上波エルフェン第3話の感想です。

今回目立ったカットシーンは次回予告だけ。
凶悪ルーシーの顔と最後のナナのカットが置き換えられました。
やっぱりフィンガーは無理だったようです。

4話は下手するとカットだらけになるか、真っ白で見えなくなりそうな悪寒…。


1,2話と衝撃的な展開で突き進みましたが、3話は人物関係の掘り下げ中心。
気付かずユカを何度も泣かせるコウタは、やっぱりこの時点で主人公失格だよな。
ユカはなにかあれば、にゅうにゅうなコウタに焼きもちやきます。

最初見た時は能登さんの演技は微妙だな~という印象でしたが、能登ボイスに適応?した今では結構いいなと思ってしまう不思議さ。

棒読み寸前のようで実は棒読みではない、不思議な境地を開いているお方です。

これで物語の基本要素であるコウタとユカの過去、ルーシーとコウタの因縁、マユとわん太の絆、ディクロニウスについての謎が出揃いました。

そして、室長とナナの絆…
模造品、という言い方がされますが、ナナは紛れもなく心から信じている。
この違いがルーシーとナナの対比になっていきますが、アニメではそこまで行きません…。


3話で初めてナナの魅力に触れた方々へ。
4話中盤で見るのを止めず、最後まで見てください。
絶対に損します。
 
 

課題と構想中のネタ


祝!2000HIT OVER!!


開設間もないのに、これも偏にスクランファンの皆様のお陰です。
もちろんエルフェンファン、うえきファン、鹿島サポの方々の力もあればこそです。

前置きが長くなりましたが、課題と構想中のネタについてです。

課題は何といっても三人称で書けるようになること。
今の所、作品全てが一人称。
何となく書いた肉じゃがSSも一人称…。

そのせいで、ネタはあっても書けなくて止まっています。
このように、課題はハッキリしているのに次回作?はまたもや一人称っぽい予感…orz

・海を見に行きました(仮)
ひしがたさんの妄想大爆発に触発されて、何となく頭にあったネタをまとめてみたら、結構いい感じ。

出だしだけは出来たので、ちょっとだけ公開します。
本当はタイトルも決めてありますが、ネタバレしそうなので伏せてます。
「夕陽と○○と○○」
当てたら何か素敵なモノをプレゼントするかも?
…応募者いないだろうけど。

web拍手付けてみました。
お礼SS1本ですが、よければ拍手していってください。
 
 

お昼寝(妙・播磨)

内容充実のため、最後の完成品を投入します。
これもIFスレ投稿作品です。割と加筆訂正しました。

なぜか肉じゃがで、原作の補完系SSです。
またもや一人称。そして制作時間も今までで一番短かったりします。
ちなみにPF持っていませんので、設定が違ってるかも知れません。


 
 

JEF千葉VS鹿島アントラーズ(2-4)

今日も生観戦!そしてアリさん先発!

前半はとにかくお互い中盤のチェックが厳しく、前節大宮戦とはレベルの違う引き締まった展開。
さすが名将オシム監督。主力が引き抜かれても、強そうです。

前半はそれぞれ少ないチャンスを生かして得点を挙げます。
まずは鹿島!
フェルナンドのパスに鋭く反応した小笠原が冷静にゴール墨にシュートを突き刺します。

これでこのまま勝ちにいけないところが今一つ不満…。
すぐにJEFの佐藤に上手くDFラインを抜けられてゴールを決められてしまいます。

前半はお互い激しく中盤で潰しあいながらも、持ち味を出した好ゲームでした。

試合は後半早々、大きな転換点を迎えます…。

上川劇場炸裂!!!

新井場の突破を倒したストヤノフに一発レッド!

嬉しいというより、あまりに不可解なジャッジ…。
間違いなくイエローは出るプレーでしたが、レッドが出るようなプレーには見えませんでした。

とにかく、この判定で試合の流れは決定付けられました。
それまでが良かっただけに、審判が試合を壊すのは本当に止めて欲しいものです。
こいつもプロ審判だっけ?岡田、西村といい、日本にはまともな審判はいないんだなぁ…。

モットラムさーん、現役復帰してくれませんか?

こうして拮抗していたゲームの流れは完全に鹿島ペースとなり、猛攻が始まります。

ここで粘ってカウンターを仕掛けたい千葉でしたが、軽率なプレーが運命を分けます。
千葉ゴール近くのサイドラインを割りそうになったボールを阿部が追いかけず、小笠原が全力で追いかけてギリギリ追いついてしまいます。

小笠原がそんな位置でドフリーになれば結果は決まっています。
岩政が見事に決めて、鹿島勝ち越し!!
そして小笠原自身もこの日2点目のゴール!!!

でも今日は守りきれない鹿島…。すぐにハースのスーパープレーで一点差にされます。

しかし、今年の鹿島は違います。ここからもガンガン攻め込んでチャンスを山のように作って、良いプレーはしていても最近ゴールがなかったアレックスにもゴール!!!!
キーパーに当たった時はまたダメかと思いましたが、跳ね返りを更にシュートしてのファインゴールでした。

他にも、ギリギリでDFに掻き出されてしまった野沢の芸術的ループシュートなど、惜しい場面も山盛りでした。

審判の問題はありますが、とにかく2-4の大勝!
がっちり首位をキープして次は磐田戦です。

ガンバレ青木、野沢!!
目に物見せてやれ!



個人的選手寸評

青木……プレスにビビッタのか周りが見えていない感じ。囲まれてる味方に何度もパスして危ない危ない。

野沢……消えてる時が結構あった気がするけど、よく貢献したと思う。でも、もっとゲームを作って欲しい。

アリ……ドリブル突破は凄い迫力&そんな凄い斬り返しじゃないのになぜかガンガン抜いていた。
それから長いサイドチェンジのパスもズバズバ決まっていて攻撃力は凄い選手。
しかし守備がとりあえずライン外にボールを出しとけ、という感じでボールを奪って攻撃に繋げるところまでいっていない。
内田のほうが守備は安心してみていられる印象。
 
 

エルフェンリート EL91

予想の斜め上をひた走る岡本先生は今週もやってくれました。
先週、思いっきり思わせぶりな引きをしたのに自衛隊のほうは完全放置で、研究所サイドに物語りは戻ります。

人類の救世主となる(予定の)荒川は制御装置を外して殺されかけますが、メガネのボディガードのフォローで間一髪セーフ。

作中での発言といい、メガネ男?の正体が気になるところです。
予想では白河の頭+坂東の体なんていうのがありますが、どうなんだろ?
どちらにせよ、かなり意外な人物なのは間違いなさそう。

にゅうVSアンナは、圧倒的質量のアンナが優勢なのかと思いきやスーパーサイヤ人化したにゅうのパワーの前に敗北…。
そしてアンナの計算でも長官は神になれないと予測されてましたが、ここまでは誰もが予想していたこと。

ここからが誰もが予想しなかった展開に!
なんと、ルーシーの母親を手に入れていた長官!

しかも、子供まで生ませてます!!
それも、男のディクロニウス!突然の弟登場!!


えーと…、ルーシーのミトコンドリアイブとしての地位を根本から否定している気がするのですが、いいのでしょうか?

思いっきり引き伸ばし展開な感じで、不安がよぎります。
妙に人気が出た?ためのジャンプ病でなければいいなぁ…。
岡本先生には、心に決めていたラストに向かって無事完走して欲しいと願わずにいられません。


そして今週最大の問題点は、作者の巻末コメント
気になるタレントや芸能人についての質問でしたが、
「能登麻美子」(ナナ役の声優さん)

完全に間違ってます。しかもどっちだか判別しにくい。
質問の内容からは能登さんと答えて配役を間違えた可能性が高いのですが、逆の可能性もあります。
ちなみにナナ役は松岡由貴さんです。
日記でよいので、真相を明らかにして欲しいと思いました。
 
 

鹿島アントラーズ VS 大宮アルディージャ(2-0)

休みなのを良いことに、ほぼ1年ぶりのスタジアム生観戦!
やっぱり鹿島スタジアムは見やすくて最高です。
もっとも、他には国立しか知らない人ですが、間違いありません!

そして食い物が非常に充実しているので、無理して持ち込んだり食べてくる必要がありません。。
お勧めはモツ煮。絶対食べましょう!
食べたことはないけど、チキンケバブまで売っていました。

されど最大の難点は交通の便・・・。
車がないととてもじゃないけど、相手の大宮サポは平日開催には行けません。
鹿サポも遠い人が多いのかガラガラ・・・。
その為、入場者数は7000人をやっと超えた程度でした。

閑話休題


寒い観客席はおいといて、試合の方は見に行って良かったと思える好ゲーム。
未完の大器、野沢がいよいよ覚醒か?
惜しいシュートを何度も放ち、そして青木のシュートの跳ね返りに反応!
見事なダイレクトボレーでゴールに叩き込み、ゴール!!

野沢は全国的には名が知られていませんが、小笠原や本山らの日本代表クラスを擁する鹿島の中でも「天才」と呼ばれ続けた男。
まあ、天才故に伸び悩んでいたのですが、セレーゾ監督の熱心な指導とFW起用が彼の覚醒を促しました。
この得点は彼の正確な技術があればこそでした。

そしてこのゴールのアシストをした青木もこの試合は大活躍!
昨年は山本@アテネ代表監督(現磐田)に自信を潰されて低迷していましたが、少しずつ自信を取り戻してきたようです。
24日の磐田戦では是非とも恩返しのゴールを決めてほしいものです。

後半は、あれがオフサイド?という惜しいシーンの後から、かなり大宮に押し込まれる展開に・・・。
ポストに助けられる危ないシーンもあった後、野沢に変わって深井を投入。

すっかりレギュラーを野沢に取られた深井も早速魅せます。
PAにドリブルで切れ込み、倒されてPKゲット!
小笠原が見事左隅に決めて、大宮の士気を削ぐ追加点。
これで試合は決まりました。

他に印象に残ったのはアリ。
重戦車のような迫力あるドリブルでのオーバーラップが印象的でした。
それから、アレックスは1対1は決めて欲しかったなあ、と。

鹿サポ的には、行って良かったゲームでした。
次節のJEF戦は無敗同士の対決で大きな山場になります。
こちらも応援に行けたら、と思います。
 
 

スクールランブル ♯126?感想

完成寸前の記事が消えた悲しさにめげず、再挑戦。

1週間でかなり上達した模様の武神3人娘。
そしてやっぱり朝は起きられない天満。かわいいぜ。

さつきが何で今頃女バスを作ったのか謎でしたが、麻生に近づくためでした。
恋する乙女恐るべし。
早速麻生のタオルで萌えています。

そしてそんな様子をしっかりチェックする天満&姉ヶ崎。
孫子ネタといい妙な共通点があります。

麻生の実家が初登場!「中華 講楽」って・・・一体。
渡鬼ですか。小林先生・・・。

色々あって、さつきの可愛くも素直なジェラシーに感銘する美琴。
当初の読み通り、アソミコ展開ではなく、縦笛いくのかな?
一気にそこまで行かずに、花井のことを再認識する程度かもしれません。
しかし、それこそは美琴にとって大きな一歩になるはず。

そしてスクランがギャグマンガであることを思い出させてくれたララ。
20人前を平らげるとは良い仕事をしてくれました。
来週はきっとサラが出てきて、平和な日常をかき乱してくれることを勝手に期待。


これからはメモ帳に書いてから貼ろうと心に誓いましたとさ。orz
 
 

うえきの法則 第02話

本人は結構自虐入ってるようだが、相変わらず、森かわいいよ森状態。

「鼻の穴に指を突っ込むとブスになる能力」って…
そして変化しないオチには笑った。当然夢オチですが。

そしてイカズ神様の合図の下、100人の中学生による超能力バトル開始。
この辺はガッシュの影響?なのか担当が同じなのかは知りません。
そういえばガッシュはいつの間にか3年目突入してますな。
ゾフィス戦の改悪がショックでそれ以降見てませんが、原作回帰してきた様で何よりです。

とにかくダメ亭主の尻を叩くが如くの世話焼き女房振りを発揮する森の奮闘振りがかわいいが、現実は甘くなく…。

最初の相手は相性最悪な炎を操る平。しかも性根も最悪!
減才の説明が入り、一般人の森ちゃんが植木の盾になる勇気!
そして森ちゃん殴るなんて酷いぞ。地獄に落ちろ、この野郎!

植木も少年漫画的王道ど根性を発揮して終に弾切れに追い込みますが、相手に予期せぬ援軍が登場。
タママ声というだけでかなり狙った感がありますが、これまた根性の悪い担当神候補の助力に傍観していた佐野も植木の助太刀に参戦!
次週が楽しみな引きで終了。

bscap0000s.jpg

 
 

エルフェンリート 02話

エルフェンリート地上波放送第2話感想です。
ネタバレはしない方向でやっていきます。
カット&ぼかしされたシーンの真の姿は↓。

bscap0001s.jpg


凄いシーンだらけで誤解を招きそうですが、カットシーンの寄せ集めだからこれだけグロ&エロなだけで、お話としては良くできています。
そうでなければ、だれがこんな長文書くものか。

この話の見所は何といっても、対板東戦とにゅうのお着替えなんですが、後者がばっさりカット・・・

うーむ。ここでカットするか。キャプ絵左下のシーンですが、3話冒頭で補完できるから余り問題にはならないという考えかな。
元々尺が通常より長く、カットは必然なので致し方なし。

しかし2話でこれだと、中盤以降は必要なシーンだらけでどこ削るのか予想もつきませんが、以前の編集版と違い、プロの仕事は感じさせてくれるので信じるしかないな。

今回DVDキャプを使用したので目潰しシーンがありますが、これはAT-X放送時にはありません。
ちなみに板東さんがやられる前に、原作では戦略をモノローグで語っているのですが、アニメではカット・・・。
だもんで、分かり難くなってますが、佐藤の腰の手榴弾を撃つつもりでしたが、ルーシーに先手を取られて敢えなくやられた次第です。


そして、そして遂にエルフェンリート最人気キャラのナナが初登場!!
スクランファンに分り易く説明すると、八雲&天満属性のキャラです。
そして彼女の良きコンビのマユ&わん太も登場。
この子たちが織りなすサブストーリーにも注目!

bscap0005s.jpg


--悲しき模造品--
この次回予告のナレーションを聞くだけで涙腺が緩んでしまう。
とにかく健気なナナの活躍は必見です。
 
 

門真市グルメ情報

長らく大阪の門真市に出張していましたが、本日関東に戻りました。
門真は特に面白みのある町じゃなかったけど、お気に入りのお店は何件か出来たので、紹介します。

といっても、門真市駅周辺、イズミヤの向かい側の通りの店だけですけどね。


・ラーメン専門店桂花亭
ラーメンは普通のとチャーシューメンだけなので、実質1種類のみ!
ネギやメンマなど具もたっぷり。ゴマをたっぷり浮かせたしっかりボディの豚骨スープがうまい。
味の割に21時位までは結構ガラガラな不思議なお店。
から揚げセット(760円・から揚げ3個+サラダ+山菜おこわ)がお得。
週1回くらいは通ってました。

・力餅
うどんは関西風の柔らかタイプなので、讃岐うどんの強い腰に鳴れていたので、合わなかった。
実はここのお勧めは丼物。中でもカツカレー丼(700円)が良かった。

・天
飲み屋だけど、ここも良かった。
お店は小さいけど、サクサクの天ぷらとアットホームな雰囲気がお勧め。
焼酎が色々揃っています。


プチ引っ越しだけど、地上波エルフェン放送地域なので、レビューには問題ありません。
 
 

エルフェンリート EL90

祝!週刊連載再始動!!
今まで舞台は楓荘と研究所周辺のみでしたが、いきなり国家レベルの介入展開

イージス艦を含む強力な戦闘集団がただの輸送用ですか…(笑)
実際高波のせいで転覆しちゃったけど、素で転覆しそうなほど重い物体は一体なんだ?

中身からすると、28号みたいなディクロニウス応用兵器っぽい感じだけど、謎。
アンナみたいに巨大化&超パワーアップしてるのかもしれない。

やはり予想通りに、復帰第1話は読者の予想を裏切る展開でした。
話の規模がいきなり大きくなったけど、艦隊指令の態度など岡本節は要所要所に炸裂してるので来週も楽しみです
 
 

エルフェンリート 01話感想

グロだけでも、エロだけでも、萌えだけでもないエルフェンリート。
その3つが渾然と混ざった上に織り成すストーリーが素晴らしいので、表面にとらわれずに中身をもっと見て欲しい。
賛否あるだろうけど、視聴者の絶対数が跳ね上がる地上波放送には期待しています。

肝心の放送ですが、やっぱりグロシーンは徹底して白くしたり、黒くしたり、カットしてますな。
冒頭の腕が千切れてるカットや心臓が…とか。でも、おもらしはノーカットw
乳首もNGだけど、その割に消し忘れが目立つのはご愛嬌か?

シーンカットに関しては、元々AT-X専用(CMなし)で作られていた為、通常作品より70秒位長いから必然です。

中盤以降はどんどん話の密度が濃くなって、不要なシーンがないといて良いほどなので、うまく編集してくれることを切望。

やっぱり4話、そして5話のアレが最高にヤバイだろう。
だけど、話の根幹に関わるので、単純なカットや隠しで逃げて欲しくない。
スタッフガンバレ!

本当は比較画像掲載したいけど、下の記事もあるし要望次第ということで。
 
 

エロゲみたいな事件…

信者の少女に性的暴行をしたとして、「聖神中央教会」代表の主管牧師金保容疑者を逮捕

このニュースを知った時は、エロゲみたいな馬鹿な事が…と思ったがマジだった。
ゲームでしかありえないはずのシチュエーションが、現実によって崩されるとは、正に事実は小説より奇なりだ。

一言だけ言わせて貰えば、少女たちの純真な心と体を踏みにじったお前が悪魔だろうが!
本当に宗教は怖い。

韓国といえば、竹島問題でまたヒステリックな反応してるな。
あの大統領は北の回し者じゃないか?と疑ってしまう。
 
 

スクールランブル ♯125 感想

いきなり2話分番号が巻き戻ったのは、…まあいいか。
♭22を21に変更する位だからアリだろうし、コミックと番号ずれたままじゃね。

怒涛の文化祭編が終了し、箸休め?の女子バスケ部創設話。
新キャラの俵屋は、見た目は帯ギュ!の久留間の丸っこい可愛らしさよりは嵯峨野の髪ボサボサVerの印象。
だけど性格は一緒で素直で良さそうだ。
やっぱりバスケもめちゃ上手なのだろうか?

表面上は麻生x美琴っぽい話だけど、美琴は花井の影響で行動しているんで、実は縦笛かな。
要所要所でバシッと決める花井に対して、麻生の竜頭蛇尾っぷりが余計そう思わせる。

そしてほとんど無視されてたのに、いつの間にか仲間に加わっている天満…
この素晴らしい才能で、いつの間にか仲良し4人組になったんだろうと想像すると楽しい。

そして初めてララが可愛いと思えた話であった。
八雲が出ないのがちと残念だけど、こういうまったりした話も好き。
 
 

新番組感想

新番組アニメ感想
今期はちゃんと情報収集していないので、手当たり次第に見てみる事にした。
ついでに一度やってみたかったので、キャプ画像も貼ってみた。

・メルヘブン
サンデー原作アニメ。
原作の変な温さがそのままなのは、それはそれで良かった。
まあ、そこが嫌いなので切っちゃう予定。
記憶が薄れてるが、概ね原作通りの展開だったのでファンなら安心の出来。
ARMデザインなど気合は入ってそうなので、好きな人は期待して良いかも。


・うえきの法則
こちらもサンデー原作のアニメ。
この作品もかなり幸せなアニメ化の予感がする。
アバンの様子から、中盤のロベルト戦で終了かな?
あそこで引くのが丁度綺麗に終わるし、期待できそう。

1話を見ての感想は、良く出来てるけど、あまりにお涙頂戴な展開が続くと視聴継続は辛いかも。
記憶があやふやだが、こちらは原作を多少いじって話を分かり易くした感じ。
才の増減という面白い設定をかなり前面に押し出してきたのも好印象。
そして車からドリルを出す悪徳医者のセンスには笑った。
でも、何より一番驚いたのは、森が萌えキャラ化してることだったりする。

立派な萌えキャラに変身

本当にあの森?

ドリル装着




・エレメンタル・ジェレイド
原作未見。スクランの後番だから見たが、キス合体変身物?
もうちょっと色々設定ありそうだし、OP・EDが結構好みなので様子見。
内容はさておき、シスカの弾けっぷりが楽しかった。
ラピュタっぽい展開からどう脱線できるかがポイントかな。

elegel1s.jpg
 
 

祝!地上波放送開始

今週からエルフェンファンにとって、待ち遠しくもあり、怖くもあった週刊連載復帰&地上波放送開始!

連載の方は影(真)の主人公、ナナと蔵間パパが遂に再会!
最強タッグ?でディクロニウスが暴れまわる研究所に乗り込む燃え展開!
…のはずだが、この作者は斜め上展開が好きなので予断を許しません。(笑)

そして先行放送地域では規制っぷりが話題の地上波エルフェン。
DVDが今月中に全巻出るので、ファンには安心して規制のかかりっぷりを楽しむネタアニメになりそうです。
とはいえ、今でも1巻の初回限定版が買える状況はセールス的にヤバさを感じるので、これで新規ファン開拓を切に希望。ついでに2期も。
とにかく今夜の放送が楽しみです。

ブログ始めてみました。テンプレートや見た目はゆっくりカスタマイズ予定。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。