スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

全員頑張ったんだけれども・・・

日本もクロアチアも得点を奪えずにスコアレスドロー。勝てなかったのは残念だけど、悪夢の十分間を忘れさせる守備が最後まで出来たのは良かった。とはいえ、川口様々な試合でした。

攻撃面では、小笠原も攻撃の起点として使える4-4-2の方が良さそうに感じました。二人までは徹底的に押さえ込む事は出来ても三人は無理ですからね。

ただし、残念なことにラストパスの精度が悪すぎ。あれでどうにかしろというのは、スーパーFWがいない日本には酷な話です。

そのFWでは玉田、大黒に期待している人は多かったと思います。しかし、残念ながらレギュラーFWの柳沢、高原との差だけが見えてしまいました

なぜなら、玉田が入っても目立つのは高原だけで、攻撃の起点にもなれない。その上、得意のドリブルもほとんどなし。大黒が入ってからは、前線へまともにパスすら通らない。これで点を取るのは無理な話でしょう。

これで予選突破の可能性はほとんど無くなってしまいました。だけど、日本サッカーの集大成として、ブラジルに一矢報いる……のは無理としても、驚かせる事くらいは期待しています。
スポンサーサイト
 
 

オーストラリアに大逆転負けかぁ

柳沢を応援している管理人にとっては、何とも複雑な試合になってしまいました。やはり柳沢は座敷童なのか!?

彼がいなくなってから鹿島はタイトルから遠ざかり、メッシーナは降格。前回大会でも出場しなかったトルコ戦で敗退……etc。そしてこの試合でも、彼がいなくなってからの惨状は皆さん見ての通りでした。

柳沢自身は、怪我上がり&酷暑なので動きは万全とは言えませんでしたが、それでもパスを引き出しチャンスを作り、前線でキープしたりと十分役目は果たしてくれました。

いつもの悪い癖も出てしまいましたが、中村の得点は柳沢と高原がキーパーを結果的に挟み込んで生まれた訳だしね。

それまで危ない場面はあったけど、チャンスも作り続けていた後半も残り10分少々、柳沢に代えて小野を投入。そしてここから全ての歯車が狂ってしまったと感じました

ハッキリ言って、戦犯は小野を投入したジーコと小野だと思います。小野はボランチで入ったのに攻撃したがって守備がボロボロになるわ、ボールが全然落ち着かなくなるわで、あれよあれよと3失点……。

なんといっても小野がパサータイプだったのが致命的だった。柳沢を下げてしまっては、高原しかボールの受け手がいない。そうなると相手の守備は簡単ですからね。大黒投入は完全に後手後手だし、削った守備の穴を突かれて更に失点と最悪のパターンにはまってしまいました。

こうして、グループリーグ突破はかなり難しくなってしまいましたが、ブラジルの破壊力に期待しつつ、何とかチームを立て直して欲しい。それと今回戦犯認定の小野は、自分がしなければいけない役割をしっかり果たしてくれれば良い選手なのは間違いありません。次に失敗を取り返すプレーをしてくれることを期待しています。
 
 

首位陥落…orz

出発が遅くなったので、駐車場がやばかったけど、地元の方の好意で何とかして貰えた。
自由席だったが、キックオフギリギリだったのに偶然良い席に座れた。
茨城の名産品がメチャ美味かった。玉造牛の串焼きウマー!!
満員で真っ赤なスタジアムの大音量の声援と雰囲気は凄かった!


後は、後は勝ってくれさえすれば最高だったのに……。ヽ(`□´)ノきしゃー!
あの展開で引き分けは、完全に負け同然。しかもガンバは勝ったので首位陥落してしまいました。

後半は鈴木を野沢に代えてカウンター狙ってれば3点目取って勝負決めてただろうにな~。マジで後半の鈴木には敵意が沸きましたよ。

今後に尾を引きそうな嫌なゲームになってしまいましたが、上手く気持ちを切り替えて首位奪還に頑張って欲しいものです。
さて種運命見ないと……。SSも……。(´。`;;;) ハァ
 
 

鹿島VS磐田(2-1)

今日もスタジアムに行ってきました。
そして30分以上並んでの大行列に耐えて、ハム焼き食べました!旨かった~
まさに並んだ、買った、食った!

試合の印象は現地で感じたままに書いてるので、実際には違うかもしれませんがご容赦を。

とにかく、深井様本当にありがとうございます、な試合でした。
最初のチャンスを冷静に決めたあのシュートは素晴らしかった!
幸い、怪我はさほど酷くなさそうで一安心ですが、あの危険なタックルを流しやがった西村は噂通りのダメ審判

カード乱発の印象があったんですが、前半はこのプレーを含めて何故か流しまくります。
カードをポケットに入れてくるのを忘れたのでしょうか?
そのせいかかなり危険なプレーが多くなってきます。

そして足が痛い中、深井が放ったシュートのこぼれ球を小笠原が押し込んで2点目!!
しかし、ここで深井を下げて増田を入れたことからチームバランスが狂って行きます。

増田が入ってからは攻撃の勢いが目に見えて低下…。
それまでは面白いように岩田の最終ラインを切り裂いていたのに、うまくいかなくなります。
そして何度かあったフリーでのシュートも全部ふかしちゃうし、攻撃も守備も全然ダメ。
これなら中島か興梠入れて本山を2列目に下げた方が絶対良かったな。

更にDFラインで下らないパスミスが連発して危険な状態を何度も迎えます。

そして後半。いきなり磐田に点を取られてヤバイ感じに…。
ガンガン両サイドの裏を狙われて押し込まれてピンチの連続。

明らかに前半と後半ではラインの高さが違っていました。
そして明らかに磐田寄りの笛を吹き始めた西村。
数少ないチャンスがファールにされて潰されます。

まあ、中山へのフェルナンドのプレーが逆判定だったのはバランス取ったのか?
とにもかくにも、終始攻められっ放しを耐え抜いて勝利!
往年の強さを全く感じない内容でしたが、やっぱり磐田に勝つのは格別です。


個人的選手寸評

・深井
 怪我の野沢の代わりのスタメンだったが、いきなりシュート決めるは2点目のアシストといい、大活躍!
 それだけにタックルで痛んで交代したのは惜しかった。

・青木
 守備に追われてもそつなくこなしてた感じで良かった。
 ミドルが決まってれば最高だったが十分見返せた。

・増田
 去年のいい感じのプレーがまるでない。これじゃあ興梠に抜かれるぞ。

・アリ
 千葉戦で感じた守備の不安が露呈。後半グダグダの戦犯か?

・曾ヶ端
 ナイスセーブを連発!アテネの借りを返した!個人的にはMVP。
 
 

JEF千葉VS鹿島アントラーズ(2-4)

今日も生観戦!そしてアリさん先発!

前半はとにかくお互い中盤のチェックが厳しく、前節大宮戦とはレベルの違う引き締まった展開。
さすが名将オシム監督。主力が引き抜かれても、強そうです。

前半はそれぞれ少ないチャンスを生かして得点を挙げます。
まずは鹿島!
フェルナンドのパスに鋭く反応した小笠原が冷静にゴール墨にシュートを突き刺します。

これでこのまま勝ちにいけないところが今一つ不満…。
すぐにJEFの佐藤に上手くDFラインを抜けられてゴールを決められてしまいます。

前半はお互い激しく中盤で潰しあいながらも、持ち味を出した好ゲームでした。

試合は後半早々、大きな転換点を迎えます…。

上川劇場炸裂!!!

新井場の突破を倒したストヤノフに一発レッド!

嬉しいというより、あまりに不可解なジャッジ…。
間違いなくイエローは出るプレーでしたが、レッドが出るようなプレーには見えませんでした。

とにかく、この判定で試合の流れは決定付けられました。
それまでが良かっただけに、審判が試合を壊すのは本当に止めて欲しいものです。
こいつもプロ審判だっけ?岡田、西村といい、日本にはまともな審判はいないんだなぁ…。

モットラムさーん、現役復帰してくれませんか?

こうして拮抗していたゲームの流れは完全に鹿島ペースとなり、猛攻が始まります。

ここで粘ってカウンターを仕掛けたい千葉でしたが、軽率なプレーが運命を分けます。
千葉ゴール近くのサイドラインを割りそうになったボールを阿部が追いかけず、小笠原が全力で追いかけてギリギリ追いついてしまいます。

小笠原がそんな位置でドフリーになれば結果は決まっています。
岩政が見事に決めて、鹿島勝ち越し!!
そして小笠原自身もこの日2点目のゴール!!!

でも今日は守りきれない鹿島…。すぐにハースのスーパープレーで一点差にされます。

しかし、今年の鹿島は違います。ここからもガンガン攻め込んでチャンスを山のように作って、良いプレーはしていても最近ゴールがなかったアレックスにもゴール!!!!
キーパーに当たった時はまたダメかと思いましたが、跳ね返りを更にシュートしてのファインゴールでした。

他にも、ギリギリでDFに掻き出されてしまった野沢の芸術的ループシュートなど、惜しい場面も山盛りでした。

審判の問題はありますが、とにかく2-4の大勝!
がっちり首位をキープして次は磐田戦です。

ガンバレ青木、野沢!!
目に物見せてやれ!



個人的選手寸評

青木……プレスにビビッタのか周りが見えていない感じ。囲まれてる味方に何度もパスして危ない危ない。

野沢……消えてる時が結構あった気がするけど、よく貢献したと思う。でも、もっとゲームを作って欲しい。

アリ……ドリブル突破は凄い迫力&そんな凄い斬り返しじゃないのになぜかガンガン抜いていた。
それから長いサイドチェンジのパスもズバズバ決まっていて攻撃力は凄い選手。
しかし守備がとりあえずライン外にボールを出しとけ、という感じでボールを奪って攻撃に繋げるところまでいっていない。
内田のほうが守備は安心してみていられる印象。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。