スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

スクールランブル ♭62(最終回)

大変お久しぶりです。♭最終回は幽子との決着だと思っていたので、ちょっと意外な八雲の読心ネタでした。しかし、すっかり忘れ去られた設定になったとばかり思っていたが、ちゃんと生きていたようです。

これも恋愛と並んで八雲が越えなければいけない壁の一つであり、ハッピーな方向に向かったので、最終回に相応しい納得のエピソードでした。

それにしても冒頭の「軽い」「重い」「性格の話?」は深いなあ。普通に考えると生理の事だろうが、本当にマッチョなお方の脳みそからの発想なのだろうかと疑ってしまう。睡眠のことだったらゴメンナサイ。

それから八雲が能力を友人達に打ち明けようと決心した時に幽子の絵があるのは、再会した時言われた事を思い出したせいでしょう。あの時は殻に閉じこもったままでしたが、今度は前に進みました。

せっかく出来た友達を失うかもしれない、決意の告白。

返ってきたのは暖かい抱擁と“心の声”。「かわい~~」はフォントが違うし、心の声だと受け取りました。そう考えると、その後の「遠ざけていたのは私の方だったの」と繋がります。つまり女の子の場合、発動条件に八雲自身の好意、心の壁を低くする必要があったのでしょう。別に八雲がサラ達を友達と思っていなかったとかいう低次元の話ではなく、胸襟を開く仲へと発展したということです。だからこそ、曇りの無い笑顔。それにしても本当に良い子達だなあ。



私は、ずっと前から八雲自身の好意が能力に影響すると仮説を立てていましたが、実証されました。こうなると八雲本人の気持ちに関係なく発動していた男性側には逆の条件があるとMMRは予想します。

要するに、八雲が好きな男性の気持ちは読めないのだと。これ、滅茶苦茶キツイです……。一番気持ちを知りたい人の気持ちだけは分からないのですから。逆に見えるとヤバイという。
うん。やっぱりこんな欝設定は無い方がいいな(笑)。

♭が終わったとはいえ、再開が確定しているので、どう模様替えするのかが楽しみです。♯と統合してマガスペへ完全移住か、新2年生編主体でリスタート?
タイトルは“スクールランブルL”だな。……分かりにくい上にちょいと不謹慎なネタですいません。えー、マガジンの大功労者だった蛭田先生はどこへ消えたんでしょう。
スポンサーサイト
 
 

スクールランブル ♯269

本当にすんなり終わるのかはまだ謎ですが、いよいよ最終章突入です。
八雲と播磨、両者にとってもっとも大事な人・天満がいない日常が描かれました。

八雲はぽっかり心に穴が開いているのは隠せないが、それでも明るく振舞っています。もちろん猫に分かって、友人達が分からないはずがない! こうしてサラをはじめ、自分の友人、そして天満の友人も八雲を励まそうと塚本家に集って大晩餐会となり、伊織は出番なしとお昼寝タイムとなりました。

そんなみんなの心遣いに応えて、八雲が笑顔を見せる。いい笑顔だが、エビパーティーの時と比べると、どことなく寂しさが混じってると思うのはうがち過ぎかな。だけど、八雲は入学当初はメンバー全員に面識がなかったのに、すっかり交友関係が広くなりました。これは播磨や天満より、ある意味分かりやすい成長の跡でしょう。肝心の人物が抜けてますが、楽しみは最後に、と思っておきましょう。

あと、なぜか花井まで来たが、美樹がいるせいなのか、はたまた美琴の手前なのか、すっかり八雲病の熱が下がったなあ。これなら近々、花井は心の整理をしっかりつけて、夫婦漫才始めそうです。

そして播磨サイド。
こちらは……何と絃子さんが播磨を慰めていた。しかも、いつもとは明らかに違う態度で!!
失恋した弟を気遣う姐と取るか、後釜狙う気と取るかは自由だが、人生の先輩らしさが良く出ています。これで前回ポッキリ折られた超姉フラグ復活!?と思わせて、やっぱり完膚なきまでに粉砕されたという……。以上、人間関係が変わりそうで変わらなかった現場からでした。

そして渦中の天満は、一人でアメリカ行っても何も出来ないだろうと思っていたら、ナカムラもといワタナベ(絶対同一人物だろ!)のフォローが付いたので一安心。これはアメリカでの様子もちゃんと描きそう。

さて、この調子で播磨が気付かぬままに立てていたフラグを解消しながら、天満の恋の行方を追う構成なのか、それとももう一波乱起きるのか? 次回が楽しみな展開です。
 
 

スクールランブル ♯268

1話でこんなに綺麗に王道を完結させるとは見事というしかない。
一部で過剰反応されていた播磨の変態さんバレが、あっさり流されてたのも好印象。今更蒸し返してグダグダやるネタじゃないからね。無論、嘘偽りのない瞳と天満が「あれは事故」と思えるだけの積み重ねがあればこそ。

最後の独白といい、天満はやる時はやる娘でした。

こうして主人公1が消え、物語をいよいよ収束させるのか。それともアメリカドラマの如く、てこ入れなのかは次回の展開を見れば分かるでしょう。まあ、サングラス投げたし、前者と予想しています。
しかし、そうなるとヒゲも剃るだろうから、見慣れないキャラになりそうだ(笑)。

あとは、ついでに超姉と旗も終了させたが、ネタの超姉はともかく、旗は・・・容赦なく切り捨てたなあ。今まで本当にお疲れ様でした。
とりあえず播磨は八雲と一緒に傷を癒しあってくれればいいと思います。どう進もうとすぐに新しい恋は芽生えないし、芽生えたら萎えます。
 
 

スクールランブル ♯267&♭61

♯267
少年が大人の男へ成長した超王道展開。ず~~~~っと寸止めされてた播磨のリピドーが溢れまくっていて素敵です。分かりきっていようが何だろうが、良い物は良い!!
そして静かに見守ってきたお姉さん役・絃子さんも成長を喜んでいるようです。まあ、ちょっぴり寂しい気持ちもある、と信じてますが欲目?

こうしてちょっとアダルトでシリアスな展開をぶち壊すのが天満らしい。

パスポートは本当に必要だったのか(笑)。播磨が持ってるとは思えないが、アンゴラ行きかけてたのにな。というか、天満は取得済みなのだろうか? そこから心配なのですが、漫画だし何とかなるか。どうでもいいが、宮野木JCTは湾岸線じゃなくて東関東自動車道。東関道でみると成田ICの中間点なのは合ってます。昔はあの辺よく通りました。


♭61
殿!花井城は完全に包囲されてございまする!と言いたくなる完全包囲のフルボッコ。茶道部+稲葉が総がかりで、花井の八雲フラグをへし折りにかかってます。
……などと小難しい話はどうでもいい。半ばネタだと思っていた茶道部派(でいいんだっけ)がマジネタに!?

晶は花井を小学生の男の子風にいじめていただけなのか? 断定するには証拠が少なすぎて難しい。難しいといえばキスした場所も。

1.おでこ(言葉どおり)
2.鼻(鼻フェチなんだよ!)
3.唇(最後のコマと反応からこれしかない!)

やっぱり唇かなあ。美琴もいるのに謎が謎を呼ぶ。イタズラかマジ恋なのか、答えは10年後、プレイボーイ誌で判明します。
 
 

スクールランブル ♯263~266

八雲誕生日おめでとう!と書くために何とか本日復活。
ついでに本編でも神風が吹いているようで何より。とはいえ、冬休みの強制終了の悪夢が脳裏をよぎるので、過信は禁物ですよ!

途中、亀仙人の姿を幻視しそうになったが、概ね多くの人が待ち望んだ展開。
天満の恋を成就させるために、播磨が男のやせ我慢!
そして八雲は、播磨が置いていった恋心を察し、拾う!

空気になりかけていた仲良し四人組設定も、天満の押しかけ女房作戦?を手伝うために一致団結といい感じに機能している。ずっと便秘状態だったストーリーが一気に流れていく様は爽快そのもの。やっぱり無理な引き伸ばしは良くないね!

だから、こうして大団円にうまく向かっているけれど、あと半年は続きそうなのが最大の不安材料でしょう。あれだけ宣伝していて、DVD付くし、9月までは終わると思えない。その後の展開はさすがに無いと思うが、果たして……?

ちなみに私は三学期反対派でしたが、OVAであれば賛成です。修学旅行やオハイオなんかわざわざ見たくない。だが、面白い部分だけ映像化されるなら反対する理由はありません。正直、単品OVAとしてはスクランに商品価値はもうないだろう(ペイラインに乗らない)けど、こういう方式があったとは素直に感心しました。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。